【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【武道】目を閉じての寝技
2016年08月28日 (日) | 編集 |
先日、柔道教室に見学の方が来られました。
見ているだけでは面白くないでしょうから、「簡単な」運動を一緒にしましたが、この「簡単な」がクセ物。
普段屋外で遊んでいる子供にとってはそれなりにできるようなことなのですが、そうでないと「できない……」になります。
実際、私が関係している柔道教室に入ってくる子供のほとんどは、どちらかと言うとそういう子供が多く、そうでない子供で「柔道が強くなりたい!」という子供には他の道場を勧めたりします。
理由は……私が関係している柔道教室の目的が、「上手に身体を使うことができるようになること」であって、「柔道を強くすること」ではないからです(結果として強くなることは否定しません)。
「上手に身体を使うことができるようになる」という目的に向かうための手段として「柔道」を使っている……そんな感じです。

さて……稽古を続けていると色々なことができるようになります。
今回のタイトル「目を閉じての寝技」もその一つです(二人のうちの一方は、目を開けていなければならないです)。
子供たち(この表現自体がおかしいように感じるのですが)と寝技の稽古をする時に、時々(全体を観ている指導者が別にいる場合でないといけないので)しています。
もちろん力もスピードもかなり加減して……ですが、それでも何とかなることが多く、不思議がられます。
でも、これは特別なことではなく、稽古を続けているとできるようになります。

今、稽古している子供たちも、最初は「できない……」ということが多かったのですが、段々と色々なことができるようになります。
それだけ身体の使い方が上手になっているということなのでしょう。
やはり「継続は力」なのだと思います。

 budo.jpg

スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】こうめvsせん : 見つめ合う……
2016年08月27日 (土) | 編集 |
玄関のところでゴロゴロしているコウメとセン。

 ume-sen@20160827issyo01.jpg

この距離で見つめ合って……でも男同士なんですよね。

コウメを見つめるセン。

 ume-sen@20160827issyo02.jpg

安心している顔ですね。
本当は、もっと近くにいたいのだろうと思うのですが、急に近くにいくと慣れていないコウメが逃げ出すので、これぐらいの距離が今は良いのかもしれません。

一方のコウメの顔は、こんな感じ。

 ume-sen@20160827issyo03.jpg

随分、ノンビリした顔になってきたように思います。
この距離でこの顔ができるようになったのは、随分と進歩したというか……随分と変わったというか……。



可愛い仔猫ちゃんたちの幸せを願って、転載します。

危険な防砂林から仔猫たちを救って!非常識な里親募集

詳しくは、しっぽを持った天使を見て下さい。

あまりにも非道いことを平気でする人間が存在する……そのことがとても悲しいです。
一つでも多くの命が救われ、幸せになってほしいと思います。

テーマ:日記
ジャンル:日記
【社会】子育てと核家族化 #02
2016年08月26日 (金) | 編集 |
前回の続きです。

子育ての場合、核家族化の問題だけでなく、近隣の人との関係も大きな壁ができています。
これも大きく報道されましたが、保育園を作ろうとしたところ、予定地近隣住民が騒がしくなるとの理由で反対し、建設が取り止めになってしまったりしています。
確かにそれなりに騒がしくなるのでしょうが、それを仕方がない……と思わないでクレームに走る……。
この国はどこまで懐が小さくなってしまったのでしょう?
保育園が騒がしいのであれば、少し煩い車やバイクの音はどうなのでしょう?
オトナでも屋外で大きな声で話している人もいます。
ワンコが散歩中に吠えることもあるでしょう。
というか……近所に騒がしい家族が引っ越してきたらどうするのでしょう?
そもそも社会的に待機児童が問題視されている時代なのですから、みんなが少しずつ譲り合っていくしかないように思うのですが……。

この辺りの感覚も核家族化することで薄れてしまったところなのかもしれません。
世代を越えて暮らしていれば、生活のペースの違いが分かりますし、各々で感覚的な違いがあることは理解できるでしょう。
その感覚が薄れてしまっていることも核家族化のマイナス面だと思います。
それがクレーマーの増大に繋がっているのだろうと……。

また核家族化が進むことと並行してコミュニティの崩壊も進んでいきました。
それが何を生んだかといえば、行政コストの増大です。
元々近隣の人が集まってやっていたことを行政に何とかしてもらう……確かにバブル期には税収も多く、行政で担うこともできたので、当時の行政マンが引き受けてしまったという面もあるのでしょうが、それが今でも引きずられてしまっているのはどうか?と思います。
そんな中で「地域で子育てを」というスローガンを立ててもどうにもなりません。
立派な旗は立てるものの、旗を振る人がいないのですから……。

 (続く)

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】せん : 随分と慣れてきたなあ~
2016年08月25日 (木) | 編集 |
2階から鈴に音をチリチリさせながら階段を降りてきたので、リビングに来るのか?と思っていたのですが、途中で鈴の音が止まったので、様子を見に行ってみると……。

 sen@20160825Living01.jpg

階段を下りた所でゴロンとしていたセン。
どう考えてもリビングの方が居心地が良いように思うのですが……。
そんなセンの顔。

 sen@20160825Living02.jpg

光の加減によって目の色が変わるセン。
この写真では左目が青っぽくなっています。

そして……やはり居心地が良いリビングに向かったセン。
行った先は、ここ。

 sen@20160825Living03.jpg

エアコンの風が直撃する場所なので、敬遠されるのか?と思っていた場所なのですが、コウメもセンもこの棚を使っていますから嫌いではないのかもしれません。
でも……風に向かって顔を向けていて嫌ではないのかな?と思ったりします。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】こうめ : ご飯
2016年08月24日 (水) | 編集 |
時々、センと一緒にご飯を食べる姿を見かけることがありますが、それでも一緒よりも一人の方が落ち着くようです。

 ume@20160824gohan01.jpg

ムシャムシャとご飯を食べるコウメ。
思ったよりも良いスピードで食べるのが……。
カメラのスピードが追いつかないので、上手く撮れないことが多いんです。

 ume@20160824gohan02.jpg

顔の動きが激しくて……。

ということで安定して取れるのは、後ろ姿。

 ume@20160824gohan03.jpg

コウメの後ろ姿……短い尻尾をユックリとフリフリしながら食べているのが可愛いんです。
どんどんセンとの距離が縮まっていますから、毎日一緒にご飯……という姿を見ることができるようになるかも……と思っています。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【教育】英語教育 #05
2016年08月23日 (火) | 編集 |
前回の続きです。

そもそも……何度も書きますが、英語はコミュニケーションツールです。
それを使って、何を伝えるのか?の方が大切です。

さてさて……外国の方と本気で話をしようとすると「個人の在りよう」を話さなければならなくなります。
それは日本という国の歴史だったり、文化だったり、宗教だったり……それらと自分自身の関係(距離感を含みます)だったり……。
そういうことをキチンと伝えられなければ、相手の信用を得ることはできません。
そして信用できない人とは、本気で話をして(聞いて)くれません。
日本人同士であれば、それでも付き合ってもらえるでしょうが……。

学生時代、英語が達者な同級生がいました。
大学に入るまで、必死で英語を勉強していたとのことで、語彙も豊富で発音もキレイだった印象があります。
でも彼は勉強以外のことをあまり本気でしていなかったようで、上記のような話になると応対に困っていました。
一方の私は、カタコト英語でしたが、なぜか外国の方に話しかけられて困ったことが多々あります。
ですから「私と話をしても会話が続かないから、キチンと英語を話せるヤツと話をした方が良いんじゃないの?」と聞いたことがあります(カタコト英語とカタコト日本語のやり取りで、そんなことを聞いてみました)。
それに対する答えは、とても辛辣なものでした。
道具だけ立派でも……ということでしたから。

例えば最新型のパソコンを買っても、それを使いこなせないのであれば、旧型のパソコンをキチンと使いこなした方が良いことは分かると思います。
車でも同じです。
そう考えると分かりやすいのでしょうが、ツールとしての英語よりも、伝えるべきネタをキチンと学んだ方が良いのではないでしょうか?
国際人というのは、英語が話せる人ということではなく、外国の人に本気で相手にしてもらえるような人というのが、ベースになのだと思います。

 (続く)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー : 一緒が良いのかな?
2016年08月22日 (月) | 編集 |
リビングでユックリと時間を過ごすマーフィー。
コウメとセンは二階の寝室にいるので、こうしている間はマーフィーの時間の進み方が違うのかもしれません。

 mfy@20160822furo-mae01.jpg

で……「マーフィー、お風呂に行くよ!」と声を掛けると、こんな顔。

 mfy@20160822furo-mae02.jpg

一緒にお風呂に来るのか?と思ったのですが、お風呂の音に反応してやって来たのはコウメでした。

そしてお風呂上がりは……。
待ってたよ~という顔をするので、こんなことに……。

 mfy@20160822furo-ato01.jpg

いつものことなのですが、この時間が私のストレス発散になっているように思います。
マーフィーの癒しパワーをもらって、明日も頑張ります。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【Goods】THE BIG GIG
2016年08月21日 (日) | 編集 |
8月も終わりに近づいて来ましたが、8月になると思い出すのが、かつてあった伝説の野外ライブです。
それがコレ。

 DVD@KaiBand(the_big_gig).jpg

THE BIG GIG
そう名付けられた野外ライブが行われたのは1983年8月7日ですから、今から30年以上前です。
これが伝説と言われるのは、場所が特殊なためです。
新宿副都心と言われる高層ビルの間【注】に2万人の観衆を集めて行われました。

とは言え、まだ一人でウロウロできる年齢ではなかったので、実際に行ったわけではありませんし、今のように個人で色々な情報を集められるような時代でもなかったので、知っていたのは伝聞ばかりです。
私の周りに年上の知人が多かったためか……色々な話を聞いていました(好んで聴いていた音楽も同世代が聴いていた音楽とはズレていました)。
曰く……周辺の交通が大混乱していた。
曰く……周辺の自動販売機が売り切ればかりになっていた。
曰く……火事ではないか?と思われるぐらいスモークの煙が出ていた。
そんな話を聞いて、行きたかった!という思いが強く、8月になると思い出してしまいます。

その様子を初めて目にしたのは、まだVHSビデオが全盛だった頃です。
会場を引きで撮った部分は、ステージの側方や後方にビルの灯りが見えたり、車のヘッドライトが走り抜けて行ったりいきますから……こんな場所でよくライブができたものだと思っていました。
ビデオを見て色々と印象に残っていましたが、一番印象に残っていたのは、そんな場所に大型クレーンでミラーボールを吊していたシーンでした。

某大型WEB販売サイトを見ているとDVDが目に止まり、ついクリックしてしまい、久しぶりに観て楽しみました。
数曲未収録の曲があるのは残念ですが、充分に堪能できました(フルバージョンを出してほしいなあ……と思います)。



【注】
・通称“ZONE”と呼ばれた都有5号地
・現在、都庁が建っている場所
 (Wikiより)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記