【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃー : 偵察中です!
2017年02月27日 (月) | 編集 |
今日も窓際で偵察中のマーフィー。
何を見ているのでしょう?

 

窓には腰の高さ(人間の)まで目隠しシートが貼ってあるので、実際には「見ている」のではなく、音を聞いているのかもしれません。
誰かの足音、誰かの気配……。
留守番中もそんなことをしているのか?と思うと、ちょっと切なく思います。

 mfy@20170127Living02.jpg

何かを感じると立ち上がって、目隠しシートの上から目視確認!

 mfy@20170127Living03.jpg

私もマーフィーの後ろから、目視確認しましたが、誰もいません……。
それでも目視確認するのですから、本当に人間には分からないことを感じているのだろうと思います。
また、大好きなおばあちゃんの家に行きたいのかな???
スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記
【仕事】協議用資料
2017年02月25日 (土) | 編集 |
よく「……についての協議があるから資料を作っている」という話を聞きます。
そんな話があると本当に一所懸命に資料を作っている人を見かけます。
本当に綺麗に……。
でも本来、協議用にはそんな資料は必要ありません。
簡単なレジュメがあり、図表に番号が振ってあり……その程度のもので良いはずです。

何度か『手段と目的』について書いています(例えば、ここ。興味がある方は、検索フォームからご覧ください。)が、目的は協議をすることであって、綺麗な資料を見ることではありません。
確かに資料は綺麗に越したことはありませんし、何をするのか?が分からないものでは困ります。
しかし……それ(資料作成)に掛かる時間を考えると綺麗な資料作成は、決して生産的とは言えないと思います。
必要なことは、キチンと協議をして結果を出すことですから。

困るのは、そういう綺麗な資料を上司が求めている場合です。
目的が歪んでいる……そうとか思えませんが、そうすることが必要と信じている人がいたりします。
あくまでも協議用の資料は協議用に過ぎず、後に残すべきものではありません。
綺麗に作るのであれば、その結果を残し、多くの人に拡散するためのものです。

手段と目的、それを間違わないようにしなければ、時間を浪費することになります。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】せん : 段々と
2017年02月24日 (金) | 編集 |
とりあえず……という感じで、何かあるとゲージに行っているスウ。
リビングで姿を見ることができないと、「どこにいるのかな?」と思って探すと、ここにいることが多いです。

 suu@20170224gage01.jpg

やはり、まだ慣れきっていないのか?と思ったり……。

 suu@20170224gage02.jpg

それでもゲージから出て、寝室にいることは多くなりました。
いつもこんな格好で……。

 suu@20170224shinshitsu01.jpg

この時期、壁から離れて、布団の上の方が暖かいと思うのですが、なぜかここがお気に入り。
しかも頭を一段高い場所に乗せているのが、定番です。

 suu@20170224shinshitsu02.jpg

少しずつ一緒にいる時間が増えてきましたが、まだまだ……ですね……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】せんvsすわん : ご飯
2017年02月23日 (木) | 編集 |
キャットタワーで一緒にご飯を食べるセンとスウ。
センとスウは、上手に距離を作ったように思います。

 sen-suu@20170223Living01.jpg

センが、導いてくれて……。
落ち着いて、こうしてリビングでご飯を食べることができるようになりました。

 sen-suu@20170223Living02.jpg

そんなスウを一段上から見守るセン。

 sen-suu@20170223Living03.jpg

本当にセンは優しい、思いやりがあるコです。
面倒見が良いとは聞いていましたが……思った以上でした。



可愛い仔猫ちゃんたちの幸せを願って、転載します。

危険な防砂林から仔猫たちを救って!非常識な里親募集

詳しくは、しっぽを持った天使を見て下さい。

あまりにも非道いことを平気でする人間が存在する……そのことがとても悲しいです。
一つでも多くの命が救われ、幸せになってほしいと思います。

テーマ:日記
ジャンル:日記
【整体日記】頭痛の相談が多いですね
2017年02月22日 (水) | 編集 |
最近、頭痛の相談が多いので、以前、私が所属する協会用に書いたものを改編して転載します。



季節の変わり目、寒暖差……。
血流が変わりやすい時期ですから、頭痛が起きやすいのかもしれません。

頭痛は色々です。
場所が場所ですから、「とりあえず病院へ」と話をしますが、その後に相談されることが少なくありません(検査しても何も異常がないとのことで)。
薬が効きにくい人もいるでしょうし……。

これから暖かくなっていきます。
それは血流が良くなる時期とも言えます。
以前、痛みの発生について触れたことがあると思います。
血管の拡張と炎症と痛みの発生は、連動していることがあり(全てではありません、念のため)、頭痛に限らず、痛みが発生しやすいのは、血流が急に良くなった時です。
この時期、頭痛の相談が多いのは、そのためなのかもしれません。

また、この時期は身体を動かしやすくなっていく時期とも言えます。
それはケガが増える時期とも言えます。
ケガがないように徐々に……を心掛けてください。

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】こうめ : 好きだよなあ~
2017年02月21日 (火) | 編集 |
リビングで抱っこされているコウメ。

 ume@20170221Living01.jpg

抱っこされてもキョロキョロしていて落ち着かないんです。
その理由は……。

 ume@20170221Living02.jpg

お風呂にお湯張りをしていたから。
お湯張りが完了したというお知らせがあると、抱っこから飛び降りて猛ダッシュ!
そしてお風呂に一番乗り。

 ume@20170221furo01.jpg

本当に好きなんだなあ~と思います。

 ume@20170221furo02.jpg

まあ……今のところ、お風呂では誰の視線も気にしなくて良いので、思う存分「甘えん坊!」ができるのが良いのかもしれませんね。
でも「今のところ」なんです。
マーフィーはともかく、センも時々入ってくるようになりましたし、スウも外をウロウロするようになりましたから、いつまで独り占めできるのか???と思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー : 引っ付く
2017年02月20日 (月) | 編集 |
道路の雪は随分と溶けました(写真の上側です)。

 snow20170220.jpg

でも我が家の裏の空き地は、まだ真っ白。
誰も足を踏み入れないから……だけでなく、空き地の東西南側には我が家を含めて民家が立っているので、なかなか温度が上がらないためだろうと思います。
ちょっとした環境の違いで大きな違いになるのだと思います。



外は寒いですが、家の中は温々です。
それは……密着好きのヤツラがいるのが大きいですね。
そんな中、やっぱり我が家で一番の甘えん坊は、マーフィー。

 

こうして隣にいてくれると落ち着きます。
こうしているのが当たり前と言うか……。

日によって、引っ付き方は色々です。

 mfy@20170120Living02.jpg

そんなマーフィーですが、かなり寒いのに弱い(暑いのにはもっと弱い)んです。
ちょっとでも寒くなると、こんなことになります。

 mfy@20170120Living03.jpg

必死になってコタツに潜ろうとするマーフィー。

 mfy@20170120Living04.jpg

尻尾が外に出ているのは、ご愛敬なのか?それとも熱くなりすぎないように冷却装置としてなのか???
本当に面白いコに育ったものだと思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【etc】スペシャルが好き…… #05
2017年02月18日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

以上をまとめてみると……

1-1.『generalist』は「色々なことができる人」を指す。
1-2.「色々なことができる人」の反対は、「特定のことしかできない人」。
 ・「色々なことができる人」は全てができる人ではないので、反対は「何もできない人」にはならない。
1-3.「特定のことしかできない人」は『specialist』とイコールではない。
1-4.では反対は何か?となると「偏った」という意味を持つ単語から『localist』になる。

2-1.一方で『specialist』は、もともと「特定の業務を専門で行う人(つまり専門職)」という意味であり、スキルの高低は問われない。
2-2.「特定の業務を専門で行うスキルが高い人(つまり専門家)」という意味を持つのは『expert』になる(こちらは特定分野以外のスキルの高低は問われない)。
2-3.[2-1]と[2-2]に含まれる「専門」という日本語を混同してしまったのが、「スペシャリスト」という概念だと思われる。
2-4.ただし『expert』を「熟練者」と捉える場合には、その反対は『inexpert未熟な人)』になる。

3-1.『specialist』は「特定の業務を専門で行う人」という意味だが、「特別な」というニュアンスから医療分野で使われ始めた『specialist』という単語。
3-2.[3-1]の意味は、「色々な知識と経験を蓄えて熟練した人」という意味であり、『generalist』が特定の分野において高いスキルを持っている者を指す単語がなかったので、それを指す単語として使われ始めた。
3-3.[2-2]と[3-2]の後半に着目すると「特定の分野において高いスキルを持っている」という部分が共通し、[3-2]の前提部分(『generalist』が)が抜け落ちて、現在の「スペシャリスト」という使われ方をされている。

というのが現状なのだろうと思います。

 (続く)

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記