【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】維新の党のお家騒動 #02
2015年08月31日 (月) | 編集 |
前回の続きです。

ただ……「維新」という言葉からの連想では、そんなものかな?と思うところもあります。


これは切り口の問題ですから、決して明治維新そのものを否定しているわけではありません。
念のため、最初に書いておきます。



明治維新と言えば「無血革命」として評価は高いですし、そのムーブメントを否定するつもりはないのですが……でも逆説に考えると普通ではできないから高い評価となっているとも考えられます。
そのためには普通ではない方法(手法)を用いなければならないはず……です。

さて明治維新のスローガンと言えば「尊王(皇)攘夷」です。
この言葉は、皆さんがご存じでしょうが前半と後半に分かれます。
前半すなわち「尊王」は、天皇もしくは朝廷の権威のもとで社会体制を変えようというもの、後半すなわち「攘夷」は、欧米列強の経済的・軍事的進出に対する抵抗運動であり、鎖国体制を維持しようというものです。

ところが明治維新後を考えると……。
社会体制は確かに変わりましたが、それは「尊王」という状態ではなく、権力が徳川家からそれまで力を持っていなかった者に移っただけでした。
確かに天皇をはじめ皇族は権威は持たされたかもしれませんが、そもそも権威そのものは形式的には皇族にあったので、維新前後で大きな変化があったようには思えません。
また欧米と列強との関係はどうか?と言えば、鎖国体制の維持どころか、開国路線を突き進みました。
これらによる影響の善悪を考えると決して悪とは言えませんが、でもなあ……と思います。

要するに聞こえの良いスローガンで世間を煽って社会を転覆させ、その後はスローガンとは違うことをしている……切り口を変えてみるとこれが明治維新の姿です。
その意味では、「無血革命」は嘘によって為された(良い/悪いは別の話です)ということになります。

 (続く)



ちなみにこの話は大学生の時に何かの余談で聞いた話です。
切り口を変える(視点を変える)と全然違うイメージになるものだと思い、よく覚えています。
印象が大きかったのか……それ以来、「維新」という言葉に胡散臭さというイメージが付いてしまいましたが……。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】維新の党のお家騒動 #01
2015年08月29日 (土) | 編集 |
毎度お騒がせな維新の党。
どうも……表舞台から消え始めると何か騒動が起きるような気がします。
意図的に話題作りをしているのでは……と勘ぐりたくなります。

今回の騒動は、柿沢幹事長の行動にあったようで、松井顧問(大阪府知事)の忠告を聞かなかったと言うのがそもそもの発端のようです。
しかし……党としての決定に従わなかったのであれば、党として責任問題にすべきでしょうが、松井顧問個人の忠告に従わなかったからと言って騒動になるのはどうなのか?と思います。
まあ……柿沢幹事長の行動も根回し等の手続きが不足していたのでしょうが、松井顧問の側も個人の忠告ではなく党の決定としなかったという意味では手続き不足だったのでは?と思います。

そして結果的には橋下徹最高顧問(大阪市長)と松井一郎顧問(大阪府知事)が揃って『維新の党』を離党することになりました。
すごいことになったものだと思う一方、やはり……と思わないでもない面があります。
随分前になりますが、こんなことを書きました(維新については何度か記事にしていますので、その中の一つです)。

維新の会は、スッタモンダの結果、石原派と橋下派に分裂しました。
石原氏と橋下氏は「野合」を否定していましたが、党としての考え方の方向性を整理しないまま一つになったのですから、野合以外の何ものでもなかったのだと思います。
そして結果は分裂。
そして維新の会の橋下派は、今度は結いの党と一つになるようですが、これも党名でスッタモンダしています。
個人的には「維新」という言葉に拘る龍が理由が分からないのですが……。


国政で考えると石原氏と橋下氏で作った維新の会が分裂し、橋下派が結いの党と合流したのが維新の党ですが、いずれも……やはり野合だったのでしょう。
考え方(方向性)を統一しないで合流した時点が間違いだったのだと思います。
その結果なのですから、「やはり……」と思わざるを得ません。

 (続く)

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】野党
2014年09月22日 (月) | 編集 |
どうも……野党が賑やかになっています(悪い意味で……ですが)。
確かに与党に押されっぱなしで露出が少なくなっていますから、何らかの形でメディアに出なければ存在意義を疑われますが、それでも……こんな出方は……。

維新の会は、スッタモンダの結果、石原派と橋下派に分裂しました。
石原氏と橋下氏は「野合」を否定していましたが、党としての考え方の方向性を整理しないまま一つになったのですから、野合以外の何ものでもなかったのだと思います。
そして結果は分裂。
そして維新の会の橋下派は、今度は結いの党と一つになるようですが、これも党名でスッタモンダしています。
個人的には「維新」という言葉に拘る龍が理由が分からないのですが……。

みんなの党は、先日書いたとおり内紛続きです。
少し前に結いの党が分裂したかと思うと、今度は新旧の代表の間でドンパチやっています。
まあ……問題を起こして職を辞した前代表が、問題の清算をしないで表部台に出ようとしる時点でどうか……と思います。
どうも……お山の大将になりたい!と権力闘争をしているとしか思えないのですが……。

そして民主党……。
役員を改選して、勢いを取り戻したいのでしょうが、メンバーが……。
今回の役員改選では、民主党政権時代に要職に付いていた人が多く登用されています。
日米関係を筆頭に日本の政治に混乱を招いたメンバーと言ってもいい人たちを登用する理由は何でしょう?
このメンバーで国民の信頼を得ることが出来ると思っているなら、国民をバカにしているとしか思えません。
そもそも民主党が何を目指しているのか?分かりませんし……。

こんな野党では、現与党に戦いを挑むのは無理だと思います。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】みんなの党
2014年09月20日 (土) | 編集 |
みんなの党で、またまたドタバタ劇です。【注①】
少し前にドタバタ劇の末、結いの党が分裂したにも関わらず……。
こうして見ると……問題があるのは、渡辺喜美前代表なのだろうと思います。
前回と今回の共通する人物なのですから。

もともとみんなの党は自民党や民主党から離党した者によって結成された政党です。
色々と良いことを言っているように感じますが、結局は大多数を説得できないから離党しているのだろうと思います。
内容が悪いのか、話し方が悪いのか……。
いずれにしてもキチンと相手と話をしていないということなのでしょうが、それがドタバタに繋がっているのではないか?と思います。
短期間で2度のドタバタというのは、そういうことだろうと思います。

さて……渡辺喜美前代表ですが、8億円借り入れ問題で代表を辞任し、国会も長期にわたって休んでいて、出てきたと思ったらコレ……。
こんなことをする前に、やらなければならないことがあるように思います。
8億円借り入れ問題の説明は、どうなっているのでしょう?
有耶無耶で終わらせる気なのでしょうか?
説明責任はどこに行ったのでしょう?

少数政党を悪いとは言いませんが、ここ10年ぐらいの政治を見ていると……どうも「お山の大将になりたい人」が多すぎるように思います。
しかも他者の意見は聞かないで、自分の言いたいことだけを言って……。
政治は、色々な意見がある中で、どの辺りに落とし込んでいこうか?と考えるのが政治だろうと思います。
そう考えると上手く摺り合わせが出来ないというのは……。

話を戻しますが、大きな声を出すのであれば、やるべきことをやってからにすべきだと思います。



【注①】
 ※参考URL:みんなの党、四分五裂の危機…浅尾代表、渡辺氏との決別示唆(2014/09/14 sankei)1/2
 ※参考URL:みんなの党、四分五裂の危機…浅尾代表、渡辺氏との決別示唆(2014/09/14 sankei)2/2
 ※参考URL:「野党再編に走るなら…」渡辺氏、浅尾代表に辞任要求も 5カ月ぶり怪気炎、復権にも意欲(2014/09/10 sankei)
 ※参考URL:浅尾代表、辞任要求の喜美氏に「世間に言う前に直接言って」と不快感(2014/09/11 sankei)
 ※参考URL:浅尾氏、辞任要求の渡辺前代表に反論「直接言って」 「与党再編」を否定(2014/09/12 sankei)
 ※参考URL:「リーダーの心意気必要」みんな・渡辺氏が浅尾代表をまた批判(2014/09/13 sankei)
 ※参考URL:浅尾氏に代表辞任迫った渡辺喜美氏、禊ぎは済んだのか…(2014/09/13 sankei)1/5
 ※参考URL:浅尾氏に代表辞任迫った渡辺喜美氏、禊ぎは済んだのか…(2014/09/13 sankei)2/5
 ※参考URL:浅尾氏に代表辞任迫った渡辺喜美氏、禊ぎは済んだのか…(2014/09/13 sankei)3/5
 ※参考URL:みんな代表vs前代表 泥仕合 互いに離党勧告(2014/09/17 sankei)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】維新の会の分裂、そして…… #03
2014年08月09日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

※#01の冒頭の引用です。
政党が分裂したり合流したり、議員が離党したり入党したり……。
よく分からないことが繰り返されていますが、やはり維新の会と太陽の党は分党し、維新の会は結いの党と合流協議をしているようです。
なお日本維新の会については、
 ・旧日本維新の会=維新の会
 ・旧太陽の党=太陽の党
で記載します(その方が分かりやすいので)。



その一方で維新の会は、結いの党と犬猿の仲のみんなの党にも接近しているようです。【注①】
色々な方向を探っていると言えば聞こえは良いですし、実際問題として主張する政策を進めようとすれば、このような接近は仕方ないこととも思います。
ただ無節操なのではないか?と……。

党を作っては解散し、合流しては分党する……。
そんな状況に飽き飽きしています。
まあ……「そもそも」で言えば、維新の会やみんなの党、結いの党が掲げる主張と政府(自民党)が掲げる主張には大きな違いがあるのかどうか?
多分「ここが違う!」というところはあるのでしょうが、それが違う党として存在しなければならないほどの違いなのかどうか?
そう考えると野党再編という言葉も出ているようです【注①】が、再編する意味は?
そんな疑問を持っています。

とりあえず……これ以上の政治不信を招かないためにも「また野合か!」と言われないような行動をしてほしいものだと思います。



【注①】
 ※参考URL:維新とみんな、道州制で合同調査会 野党再編の軸狙う?(2014.7.30 mns-sankei)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】維新の会の分裂、そして…… #02
2014年08月07日 (木) | 編集 |
前回の続きです。

※#01の冒頭の引用です。
政党が分裂したり合流したり、議員が離党したり入党したり……。
よく分からないことが繰り返されていますが、やはり維新の会と太陽の党は分党し、維新の会は結いの党と合流協議をしているようです。
なお日本維新の会については、
 ・旧日本維新の会=維新の会
 ・旧太陽の党=太陽の党
で記載します(その方が分かりやすいので)。



そもそも……で言えば、維新の会と太陽の党の合流そのものに無理があったように思います(だから「野合」と言った【注①】のですが)。
思想の違いは最初から出ていましたし、その上で主張が強い二人が並び立つような土壌があるようにも思えませんでした。
結局、頭が二つになる共同代表制を採ったものの、東西で意見が分かれ、各々が自分の思いを主張するのですから、党としての主張が何なのか?が分かりにくい状態になってしまいました。
それは信頼性を担保できない状態になっていたということで、政党としては大きな問題だったと思います。

また共同代表制でも近い場所にいて頻繁に顔を合わせて協議すれば何とか乗り越えることもできたのかもしれませんが、一方は東京、他方は大阪では顔を合わせて協議……というわけにはいかず、摺り合わせが上手くいかなかったのだろうと思います。
結局は人間同士、電話やメールで摺り合わせできることには限界があります。
思想という各々の根底に横たわるものの違いは、顔を合わせて時間を掛けて話をしながら近づいていくしかないのですが……。
このような状態を土台としての党運営は、最初から無理があるのは分かったことだったのではないか?と思います。

維新の会と結いの党の合流も報道で知る限り同様の状態であり、TOP同士は話し合いが出来ているとしている点でも同じような感じではないでしょうか【注②】(あくまでも報道で知る限りですが)。
その意味で言えば、維新の会は、太陽の党との合流失敗を反省していないのだろうか?と思います。


 (続く)




【注①】
 ※参考URL:【政治】2013参院選の感想(続)
【注②】
 ※参考URL:維新と結い、新党に「3つの課題」 代表制・党名・政策…東京と大阪の二重構造に警戒(2014.7.28 msn-sankei 1/3)
 ※参考URL:維新と結い、新党に「3つの課題」 代表制・党名・政策…東京と大阪の二重構造に警戒(2014.7.28 msn-sankei 2/3)
 ※参考URL:維新と結い、新党に「3つの課題」 代表制・党名・政策…東京と大阪の二重構造に警戒(2014.7.28 msn-sankei 3/3)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】維新の会の分裂、そして…… #01
2014年08月04日 (月) | 編集 |
政党が分裂したり合流したり、議員が離党したり入党したり……。
よく分からないことが繰り返されていますが、やはり維新の会と太陽の党は分党し、維新の会は結いの党と合流協議をしているようです。
なお日本維新の会については、
 ・旧日本維新の会=維新の会
 ・旧太陽の党=太陽の党
で記載します(その方が分かりやすいので)。

------------------

維新の会と太陽の党が一つになったことについて、「野合」と書いたことがあります。【注①】
主張が違うから別々に党ができたのであって、できて何年もしないうちに一つになることを考えると「野合」以外には考えられませんでした。
報道各社の当時の記事を読み直しても、石原氏と橋下氏とはお互いを褒め称えているものの、向いている方向が違うということは分かります。
お互いに尊敬するのは良いのですが、党を一つにするかどうか?は別の問題だったはずです。
主張の違いは、当然ですがその後の流れで大きくなります。
そう考えると維新の会が分裂する【注②】のは、必然だったと思います。

維新の会が分裂に至ったトリガーは色々とあるのでしょうが、最終的なトリガーは結いの党との合流だったようです。
橋下氏は結いの党との合流に積極的で、石原氏は消極的。
根底にある思想が違うのですから、温度差があるのは仕方ないことでしょう。
その結果として分裂、これが大雑把な構図のようですし、東西対立は何度も報道で流れていました。
しかし……それらは維新の会と太陽の党の合流時に摺り合わせが出来ているべきことであり、今さら……のような気がします。


 (続く)




【注①】
 ※参考URL:【政治】2013参院選の感想(続)
【注②】
 ※参考URL:社説:維新の会分党へ 再編より反省が先だ(2014/05/30 mainichi)
 ※参考URL:維新、両院議員懇談会で分党説明 「さっぱり分かれた方がいい」橋下氏(2014/05/30 msn-sankei)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】維新の会の敗退 #02
2013年10月03日 (木) | 編集 |
前回の続きです。

大阪都構想は、あまりにも形が見えないのが現状です。
大阪都を作ることで、どうなるのか?が分かりにく過ぎます。
そもそも二重行政を解消することで、何が良くなるのか?が分かりにく過ぎます。
確かに財源的なプラス面はあるでしょうが、それによるマイナス面も絶対に存在します。
二重行政ということは、窓口が二重にあったということですから、それを一箇所にすることはサービスの低下に繋がらないのか?
普通に考えれば、サービスの低下に繋がらないわけがありません。
しかし……そういうことを伝えていないように思います。
それは民主党が政権交代をした選挙での手法と同じ。
住民がこれに気が付かないはずはありません。
まあ、政策を提示すると言うことは、それによるプラスとマイナスを比較して選択してもらわなければならないので、本来、プラスとマイナスをキチンと提示しなければなりませんが、それがなされていないように感じられているのではないか?と思います。

そもそも大阪都構想で、なぜ大阪市と堺市の合併がベースになっているのか?分かりませんし……。
まず大阪市を都にした上で、周辺自治体に拡大していけば良いように思います。
その辺りもよく分かりませんし……。

今後、大阪維新の会がどうなっていくのか?
多分、次の選挙からは、今回と同じように先手を打たれることでしょう。
それにどう応戦するのか?
今後の維新の会がどういう手法で選挙に臨むのか?と思います。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記