【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】すわん : うろうろ……
2017年03月24日 (金) | 編集 |
ベッドの下に潜り込んだスウ。

 suu@20170324bed01.jpg

引きこもる感じではないので、心配していないのですが、ここはかつてコウメが引きこもり、センも引きこもった場所なので、ちょっと気に掛かります。

でもベッドの下から出てきて、ベッドの横の隙間から……。

 suu@20170324bed02.jpg

定位置へ。

 suu@20170324bed03.jpg

何とも優雅な感じに見えるのが、スウの可愛いところです。
そこではなく、布団に来れば暖かいのになあ~と思います。
スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】まーふぃーvsせん : しっかり定着
2017年03月23日 (木) | 編集 |
マーフィーの散歩が終わって、リビングに戻ると、まずやってくるのがココ。

 mfy-sen@20170323Living01.jpg

キッチン横(マーフィーの右側に壁に向かってキッチンがあります)。
マーフィーの左側の棚の上にオヤツが置いてあるんです。

で……しっかりオヤツをGETします。

 mfy-sen@20170323Living02.jpg

オヤツをあげないと、いつまでも動かないですし、たくさんあげなくても満足するようですから、お決まり事になっています。

それを見て、同じタイミングでやってくるのがセン。

 mfy-sen@20170323Living03.jpg

最初のマーフィーの写真の右下にキャットタワーがあります。
そこにあがって、大きな目でおねだりするようになりました。

手からオヤツを食べるのですが、時々落としてしまうんです。
スウも同じなのですが、手からGETして、顔を振るクセがあって、時々口から落ちてしまいます。
キャットタワーの下に落としてしまうと、マーフィーに食べられてしまうので、必死に追い掛けて落ちる前に食べているのが、この写真です。

 mfy-sen@20170323Living04.jpg

まあ……床に落ちて、マーフィーに食べられてしまうと、上の写真に戻るだけなのですが……。



可愛い仔猫ちゃんたちの幸せを願って、転載します。

危険な防砂林から仔猫たちを救って!非常識な里親募集

詳しくは、しっぽを持った天使を見て下さい。

あまりにも非道いことを平気でする人間が存在する……そのことがとても悲しいです。
一つでも多くの命が救われ、幸せになってほしいと思います。

テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】こうめ : 毎日毎日……
2017年03月21日 (火) | 編集 |
シャワーを浴びていると、半透明の扉の向こうに茶色と白色の姿が……。
毎日毎日……やってくるコウメ。
今日もやって来て、お湯の張ってない湯船に飛び込み……。

 ume@20170321furo01.jpg

カメラを中に向けてみると大あくび中。

 ume@20170321furo02.jpg

かなりの変顔の写真になりました。
ちなみにシャワーは、コウメがいる位置とは反対側にあるので、この辺りにいてくれると濡れることはない(多少は濡れますが)のですが、困るのはわざわざ濡れにやってくるところなんです。

湯船から出て、私の背中側に置いている椅子に座ると……。

 ume@20170321furo03.jpg

この位置だと確実に濡れますね。
でも濡れることに全然抵抗がないようで……何がそんなに良いのか?今でも分からないです。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー : 一緒
2017年03月20日 (月) | 編集 |
リビングで丸くなっているマーフィー。

 

良い顔して、寝息をたてています。

 mfy@20170320Living02.jpg

マーフィーは、本当に良い顔して寝るんです。

で……起こすのもなあ~と思って、寝室に上がって寝る準備をしていると……猛スピードで階段を駆け上がってくるんです。

 mfy@20170320futon02.jpg

この顔……。
何やら猛烈な抗議をしているような気がします。
まだ寝るつもりではなく、もう一度、リビングに降りる予定だったのですが……。
それでも少しの間、撫でていると落ち着いたマーフィー。

 mfy@20170320futon01.jpg

この後、リビングに降りて電気を切って、再び寝室へ。
ニャンズは、どういうわけか……みんな揃って階段を駆け上がって来たので、マーフィーが驚いていました。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】こうめvsせんvsすわん : 平和なリビング
2017年03月19日 (日) | 編集 |
我が家のニャンズですが、コウメの機嫌が良いとこんな感じになります。

 ume-sen-suu@20170319Living01.jpg

随分と距離が近くなったコウメとセン。
安心しているコウメの寝顔。

 ume-sen-suu@20170319Living02.jpg

写真を撮ろうとすると動いてしまったセン。

 ume-sen-suu@20170319Living03.jpg

そしてセンの向こうにあるゲージ(出入りできるよう扉は開いています)にはスウがいます。

 ume-sen-suu@20170319Living04.jpg

もう少し距離が縮まってくれると良いなあ~と思います。



可愛い仔猫ちゃんたちの幸せを願って、転載します。

危険な防砂林から仔猫たちを救って!非常識な里親募集

詳しくは、しっぽを持った天使を見て下さい。

あまりにも非道いことを平気でする人間が存在する……そのことがとても悲しいです。
一つでも多くの命が救われ、幸せになってほしいと思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】すわん : 落ち着くのかな?
2017年03月17日 (金) | 編集 |
姿が見えないと思ったら、やっぱり2階のゲージにいたスウ。
自分の居場所がある……それが大切なのは、人間だけではないのでしょう。

 suu@20170317gage01.jpg

スウは、我が家に来た頃、ここで過ごしていて、少しずつ行動範囲を拡げました。
その意味では、割りとスンナリ我が家に溶け込んだように思います。
センは……そういう手順を取らなかったので、苦労させてしまいました。

気持ちが落ち着くとゲージから出てきてウロウロし始め、引きこもることはありません。

 suu@20170317gage02.jpg

コウメもセンも……引きこもったことがあるのですが、その意味では安心して見ていられます。

 suu@20170317gage03.jpg

長毛種のMIXなので、見た感じはフックラしているようですが、抱っこしてみると細いんです。
我が家で一番細い……。
でも少しずつフックラしてきたような気がします。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】せん : チラっと
2017年03月16日 (木) | 編集 |
コタツの中のセン。
脚にスリスリしながら、密着する甘えん坊。

 sen@20170316kotatsu01.jpg

でも誰に対しても遠慮がちなんです。
マーフィーやコウメ、スウがスリスリすると、場所を譲ってしまうのが……。
そんなに遠慮しなくても良いと思うのですが。

 sen@20170316kotatsu02.jpg

そんなことでコタツから出てきたセン。
チラっと視線を送って、違うポジションを探します。

 sen@20170316Living01.jpg

一番、自由奔放にやっているように見えるのがセン。
マーフィーにもコウメにもスウにもマイペースで近づき、でも最終的には相手にペースを渡してしまいます。
見えている感じと、実際が全然違うように思います。
その意味では、このコはもう少し遠慮しなくなっても良いのかも……と思うのですが……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】こうめvsせん : 良い感じ
2017年03月14日 (火) | 編集 |
良い感じの距離で、一緒にいられるようになったコウメとセン。

 ume-sen@20170314Living01.jpg

センが我が家に来た頃は、これぐらいの距離になる前にコウメの「フー!シャー!」が出ていたのですが、この距離でいられるようになりましたし、コウメの方から近づくこともありますので、随分と仲良くなったものだと思います。

コウメの近くにいるセンの顔つきが、少し穏やかになってきましたし、安心しているように思います。

 ume-sen@20170314Living02.jpg

恐る恐る近づくことなく、こうしていられるので、センにとってストレスが小さくなっているようです。

一方のコウメですが……。

 ume-sen@20170314Living03.jpg

こちらも以前のような警戒はしていないようです。
まあ……センがやりすぎて、「フー!シャー!」が出ることもありますが、それでも安心して見ていられるようになりました。



可愛い仔猫ちゃんたちの幸せを願って、転載します。

危険な防砂林から仔猫たちを救って!非常識な里親募集

詳しくは、しっぽを持った天使を見て下さい。

あまりにも非道いことを平気でする人間が存在する……そのことがとても悲しいです。
一つでも多くの命が救われ、幸せになってほしいと思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記