【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【健康】癌検診について #04
2019年03月30日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

医学論文には、よく怖いことが書かれています。
今回、取り上げているものもそうです。

何が書かれているのか?というと……
・増殖の早い癌の場合、検診は効果がない。
・無痛性腫瘍の場合は検出することはむしろ有害である可能性がある。
という内容が書かれています。

また「増殖は遅いが進行性で潜伏期が長く前癌病変がある場合には少ない頻度でのスクリーニングが望ましい」とも書かれています。
そもそも日本人は検診を受け過ぎなのかもしれません。
それは体制や必要機器の充実の裏返しなのでしょうが、日本人のレントゲンによる被曝は他国と比べるとかなり大きいと言えます【注①】
レントゲンそのものの安全性は確認されていると言われますが、それも回数等の条件があっての話です。
そんなことを考えると、これから先、癌検診は今後どうなっていくのか???
何も変わらないのは……どうなんだろう???と思ったりします。

 helth(S).jpg

 (続く)



【注①】
・これについてはインターネット上に情報が多々ありますから、興味があれば検索してみてください。
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【健康】三原色 #01
2019年02月23日 (土) | 編集 |
以前、三原色について書きました。【注①】

そこでこんなことを書きました。

人間の目が認識するのはRGB(レッド、グリーン、ブルー)光の三原色によります。
それを人間が、絵画や印刷物を見る時には、MYC(マゼンダ、イエロー、シアン)RGB(レッド、グリーン、ブルー)に変換して認識します。


小さい頃に「太陽を直接見ないように!」と言われた方もいるのかもしれません。
それは、アル意味で正しいのだと思います。
人間の目は、種として長い時間を掛けて現在の機能を獲得しています。

その機能は、あくまでも光を直接捉えるというものではなく、反射することで何かの要素(色素)が失われた状態になっている光【注②】を捉えて、脳に送るというものです(脳は、それを受けて判断します)。
これが元々の目の機能でした。

人間の目の使い方が変わってきたのは、映画やテレビが発明された後でしょう。
これらは目に対して直接的な光そのものを送ります。
これは、アル意味で太陽を直接見ているのと同じ(強さは違いますが)であり、目の機能として想定されていない行為です。

 (続く)



【注①】
 ※参考:【etc】三原色 #01
 ※参考:【etc】三原色 #02
【注②】
 【etc】三原色 #02を参照。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【インフル】インフルエンザ情報 2019
2019年02月03日 (日) | 編集 |
インフルエンザの推定患者数が、過去10シーズンで最大になったとのことです。
この時期、空気が乾燥して、ウイルスの動きが活発になります。
またインフルエンザの症状は、人によって出方が違います。
体力がある人であれば、ちょっと体調が悪いかな?という程度で終わることもありますが、そうでなければ死亡に繋がることもあります。
ちょっと体調が悪いかな?という感じで、普通に活動してしまうとウィルスを拡散してしまうこともあります。
ウィルスに限らず、感染症が怖いのはココです。
極端な話、腰痛で病院に行って、インフルエンザをもらって帰るということもあり得ます。
必要な買い物に出掛けて……会社に行って……etc、どこにも感染リスクはあります。
だからと言って、社会生活をしている以上、全く出掛けないという選択肢はないですから……。
拡大を抑えるのは、なかなか難しいですし、拡散させないように意識するしかないのか?と思ったりします。

 helth(S).jpg

▼▼▼関連記事(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【インフル】インフルエンザ情報 2019
2019年01月05日 (土) | 編集 |
あまり報道されていませんが、今期もインフルエンザはジワジワと発生しています。
実際、9月頃に発生報告がされていますし、10月末の時点で学級・学年閉鎖になったのは、累計で100件を超えています。
記憶から消えかかっていますが、2009年の新型インフルエンザ騒動以降、あまり大袈裟な報道はされなくなったインフルエンザ。
2009年の騒動は、結果的には確かに騒ぎすぎだったのですが、新型の場合、その影響は想定できません。
これは自然に起因するもの(こと)の場合は、ありがちなことです。
一方で大きな被害が発生すると、マスコミは「○○が原因だった」と報道しますし、「想定外」という言葉が飛び交います。
ただ……そもそも自然に対しては、どこまでを想定するのか?によって、掛かる費用は大きく変わります。
地震、台風……。
自然に起因するものという意味では、インフルエンザも同じです。
違うのは、インフルエンザの場合は、個々が少し注意すれば抑えられる可能性があるということです。
国は、インフルエンザ対策をしています。【注①】
でも個々が少しずつ注意するということをしなければ、拡大します。
若くて健康な場合、罹患しても大事(おおごと)にはならないでしょうが、そうでない場合には……。

 helth(S).jpg



【注①】
ここ1年、国立感染症研究所から発信された情報を追記に記載しました。
約1年の間に、これだけの情報が出されています。

▼▼▼関連記事(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【健康】良い食べ物
2018年08月11日 (土) | 編集 |
他でも書いたネタなのですが……。

気が合う人と、素敵な(別に作りだけの話ではなく、雰囲気や居心地)お店で楽しく美味しいものをいただくのは、すごく楽しいものです。

健康を支える要素は沢山あります。
その中でも口から入れるもの(食べ物や飲物)は、とても大きな要素だと思います。
まあ……RISKをキチンと考えると、大抵の飲食物に大きなRISKがあるとは思えませんが……。

それはそれとして……良いものを食べることは基本だろうと思います。
でも「良い物」とは?と考えると、人によって考え方は違うのかもしれません。

さて、基本的に身体は、体内に入ろうとする異物を排除しようとします。
その意味では、食べ物も同じです。
口から入ってくる食べ物は、身体からすれば間違いなく異物です。
それが体内に取り込まれるには、排除されない状態に分解する必要があります。
言い換えれば、口から入った食べ物を異物と判断して分解することで、栄養等を体内に取り込みます。
そう考えると……「身体に良いもの」……それは、きっと「分解しやすいもの」とか「分解する時に身体の負担が小さいもの」ということなのだろうと思います。

また消化器系をキチンと動かそうとすると、自律神経を副交感神経優位な状態にすることが必要です。
そのためにはリラックスすることが重要です。

となると身体に良い食事は、リラックスできる環境で、身体が分解しやすいものを食べることなのだろうと思います。
それが美味しい!と一層、良いのだろうと……。

 helth(S).jpg
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【健康】人間ドック
2018年06月27日 (水) | 編集 |
今年も人間ドックを受けてきました。
値としては、ほぼ正常値でした。

健診については、色々と思うところがあります。
でも色々な話を聞くと年に一度は定期的に健診を受けておいた方が良いように思います。
それも普通の健診ではなく、腹部CT等で細かくチェックできる人間ドックを定期的に……と。

それでも何か異常があるから病院に行くというだけではなく、異常がないことを確認するために病院に行くことも必要だと思います。
ただ健診の正常値は、変わったりします。
これは私のH28~H30の結果票です。

 kenshin@2016.jpg
  (H28)

 doc@2017.jpg
  (H29)

 doc@2018.jpg
  (H30)

尿酸値の正常範囲が
 H28……3.6~7.0
 H29……7.0以下
 H30……2.1~7.0
と変わっています。

ちなみに去年も書きましたが、私の尿酸値の値は、
 H24……2.8
 H25……2.7
 H26……3.2
 H27……3.2
 H28……3.0
 H29……3.2
 H30……3.3
です。
平成28年度の基準では毎年「異常値」になりますが、平成29年度以降の基準では毎年「正常値」になります。
上限値を越えているわけではないので、あまり影響はないのでしょうが……。

健診そのものは、ある時点の身体の状態を切り取って確認するものです。
また正常値は、あくまでも「平均的に異常とはいえない値」であって、当然、個体差はあります。
それでも健診を受けることの重要性は、値の変化を知ることです。
どの値でも急に変化があれば、身体に何らかの変化があったことが分かります。
そのためには定期的な受診が必要なのだと思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【インフル】インフルエンザ情報 2018
2018年01月20日 (土) | 編集 |
今シーズンのインフルエンザですが、なかなか私の周りで発症する人がいなかったので、あまり心配していなかったのですが、とうとう……出てしまいました。

インフルエンザの話で、よく耳にするのが「ワクチンを接種するかどうか?」ということ。
でもワクチンを接種しておけば、インフルエンザに罹患しないというわけではないということを知らない人が以外と多いように思います。
ワクチン接種の問題は、実はこの辺りです。
インフルエンザウィルスは、体内に入って来ますが、ワクチン接種をしておけば、症状が軽く抑えられる可能性があります。
そのためインフルエンザに罹患しているにも関わらず、インフルエンザではなく、ちょっと体調が悪いだけ……と思って、外出してしまうことになります。
それはインフルエンザウィルスを撒いているということと同じなのですが……。

みんなが元気というわけではありませんから、インフルエンザに感染しても拡散しないように注意しないと……と思います。

 helth(S).jpg



※インフルエンザ関連の記事を追記に掲載しました。

▼▼▼関連記事(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【健康】ビタミン系サプリメント
2017年12月13日 (水) | 編集 |
以前の記事(【健康】サプリメント)で少し触れましたが……。

サプリメントで人気があるのは……私の印象ではビタミン系のものでしょう。
ビタミン系のサプリメントを使っている人は、私の周りにも何人かいます。
後はカルシウムですか……。

さて、NHS(National Health Service)によるとサプリメントによりメリットを受ける可能性があるのは限られた人だけであるとの報告が出ているのですが……。【注①】

その記事の中でサプリメントが勧められるのは、
 ・妊娠中や授乳中の女性(ビタミンDのサプリメント)
 ・妊娠を計画している女性(葉酸)
 ・65歳以上の人(ビタミンD)
 ・あまり日光に当たらない皮膚の色が濃い人(ビタミンD)
 ・生後6ヶ月~5才までの子ども(ビタミンA・C・D)
 ・医学的にそれらが必要な場合→要するに医師に処方された場合
とされています。

まあ……
・Daily Telegraph → ビタミンはお金の無駄
・Daily Mail → マルチビタミンは我々を病気から守るのに役立たない
としていることと比べると、まだ冷静な報道になっています。

前にも書きましたが【注②】、サプリメントは医療用の薬と相互作用を起こすことがありますし、サプリメント同士で効果を抑え合うこともあります。
サプリメントを使うも使わないも個々で選択することですが、使うのであれば安全に、そして効果的に使いたいものです。

 helth(S).jpg



(注意)
※ただし、これらの研究は日本(人)を対象として行われたわけではありません。
※海外の薬を日本で使用する前には試験をしてからということからも分かるように人種による差違、環境の差違は当然ありますから、これが全て正しく適用されるとは言えませんが。。。



【注①】
 ※参考:NHS choices:Vitamin pills have 'limited benefit',say researchers
【注②】
 ※参考:【健康】サプリメント
 ※参考:【健康】グルコサミンとコンドロイチン #01
 ※参考:【健康】グルコサミンとコンドロイチン #02

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記