【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】自転車の使用について #01
2018年06月09日 (土) | 編集 |
道路交通法が改正され、自転車の運転に対する社会的な基準が厳しくなりました。
しかし自転車の運転が良くなったのか?と問われると疑問です。

理由は……そもそも自転車が免許なし運転できるです。
自動車やバイクを運転するには、免許が必要ですから、違反により免許の効力を停止されたり、免許そのものを取り消されたりすると大きなマイナスを生じます。
したがって法律を厳しくすれば、それなりの効果を出すことが可能です。
しかし免許制度の外にあることについて同様の措置で効果が出るのか?と言えば、それは無理な話です。
気楽に使うことができるという自転車のプラス面が、こういう場合にはマイナスに作用します。

では自転車を免許制度にすれば良いのか?と言えば、それは無理な話です。
自転車は老若男女に使われており、小学校入学前から乗っていたりします。
これを免許制度にするのは、家庭で料理をするために包丁を使うための免許を作り、運用するのと同じぐらい困難です。
どれだけのコストを要するのか……。
また海外から旅行で来られた方への対応も考えなければなりません(世界的に自転車の運転に免許が必要ということであれば、話は別ですが)。
色々な意味で免許制度の導入は、マイナスが大きいように思います。

 (続く)
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】UIJターン #07
2018年05月12日 (土) | 編集 |
#01の最後を再掲します。

実際にはマイナス面だけではないのですが、移住してしまうとそのようなマイナス面と付き合い続けなければならなくなります。
「UIJターン」のプラス面は、色々と報道でも出てきますが、実際にはマイナス面もたくさんあります。
移住を考えられる場合には、そのようなことを色々と考えておかなければならないでしょうし、どこに移住するか?の選択も色々な要素を勘案して決めなければならないでしょう。



前回の続きです。

さらに言えば、定年後の「UIJターン」を受け入れる側は、大雑把な言い方をすると年金に対する税金と生活の中で発生する税(消費税等)は受け取ることができますが、支出はそれ以上になると思われます(代表的なものは医療費)。

しかも、それ以上にプラスになる可能性(ベネフィット)とマイナスになる可能性(リスク)を比較すると一般的にはリスクの方が大きいと考えられます。
それは一層、受け入れ側の地域を疲弊させてしまう可能性が出てきます。
ここが若者の「UIJターン」と違うところです。

自治体の中には『日本版CCRC』に賛同しているところもありますが、これらを真面目に考えているのだろうか?と思います。
たくさん儲けている間は都市部で、引退したら地方で……では、地方の疲弊は止まりません。
#01で「確かに地方の人口減の歯止めの助けにはなるのかもしれませんが……。」という書き方をしたのは、そのためです。

何もしないでジリ貧になるより、何かをした方が良い……そんな考え方もあるでしょう。
それを否定するつもりはありません。
しかしマイナス面を見据えておく必要があります。
本来はプラスは最小に、マイナスは最大に考えておかないといけないのですが、反対になっていることは少なくありません。

地方は『日本版CCRC』を受け入れるのであれば、その辺りをシッカリ考慮しておかなければならないでしょうし、国は『日本版CCRC』を進めるのであれば、その辺りの手当てを考えなければならないと思います。

 (続く)

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】発電について #17
2018年04月14日 (土) | 編集 |
熊本地震から早くも3年になります。
東日本大震災からは、もう7年になりますが、なかなか元のように……というわけにはいかないようです。
被災地の早い復興を願っています。

妙な誤解をされたくないので、#01で書いたことを再掲しておきます。
------------------
こんなことを言うと「原発推進派」と言われかねないのですが、(前にも書いたかもしれませんが)私は『原発は「ある」より「ない」方が望ましい』と思っています。
------------------
また#02で書いたように地球温暖化とCo2の関係も疑っていますので……。



前回の続きです。

大型車の運行に制限を掛けると問題になるのが、物流です。
簡単に言えば、郵便や宅配便に影響が出ます。
駐車スペースがあるところは良いのですが、そうでない場所では路上駐車(停車)により荷物の受け渡しを行います。
これが「移動なきエネルギー消費」に繋がっています。
多くの自動車が停車しなければならない状態になると、大量のエネルギーがロスされます。
ただし、このような運送体制がなければ現状の社会活動は維持できません。
維持できたとしても、コストが上がりますから現状の価格設定では成り立たなくなります。
そうなるとエネルギーロスは減るかもしれませんが、それによる経済的な損失は増えてしまいます。

ここにもエネルギーロスと経済性の問題が横たわります。

 (続く)



※妙な誤解をされたくないので……いう意味で、#02の冒頭に書いたものも再掲しておきます。

何人かの方(知人を含む)から「今、原発に少しでも肯定的なことを書くと袋だたきに合うかも」という忠告をいただきました。
確かにそうなのだと思います。
これは地球温暖化についても同様です。
ただ感情論を抜いて、少し考えてみたい……そう思ってキーボードに向かっています。
問題は私の知り得る(考え得る)範囲で書くということだろうと思います。
原発の話も地球温暖化の話も行き着くところはエネルギー問題です。
社会を支えると言うとピンと来ませんが、生活を支えているのがエネルギーです。
そんなことを考えながら指を動かしています。


テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】発電について #16
2018年03月17日 (土) | 編集 |

妙な誤解をされたくないので、#01で書いたことを再掲しておきます。
------------------
こんなことを言うと「原発推進派」と言われかねないのですが、(前にも書いたかもしれませんが)私は『原発は「ある」より「ない」方が望ましい』と思っています。
------------------
また#02で書いたように地球温暖化とCo2の関係も疑っていますので……。


前回の続きです。

自動車を使った移動を考えるとエネルギーとロスの関係が分かりやすいので、その例で書いてきましたが、このことだけでも考えなければならないこと(考えるためのテーブルに載せなければならないこと)が多いと分かります。
これが社会全体となると……東日本大震災後のエキセントリックな「原発が良いのかどうか?」という単純な議論では済まないということは、類推できます。

政府は「ベストミックス」と言っていますが、そもそも「ベストミックス」は存在していないと思っています。
あるのは「どこかの視点からのベターな選択」だけです。
それも「決定時点において」という前提の上でのものに過ぎませんが……。

そもそも考え方の視点をどこに置くのか?がハッキリしていないように思いますし、それが難しい問題なのだと思います。
この問題についての議論が噛み合わないのは、そこの問題なのだろうと思います。

 (続く)



※妙な誤解をされたくないので……いう意味で、#02の冒頭に書いたものも再掲しておきます。

何人かの方(知人を含む)から「今、原発に少しでも肯定的なことを書くと袋だたきに合うかも」という忠告をいただきました。
確かにそうなのだと思います。
これは地球温暖化についても同様です。
ただ感情論を抜いて、少し考えてみたい……そう思ってキーボードに向かっています。
問題は私の知り得る(考え得る)範囲で書くということだろうと思います。
原発の話も地球温暖化の話も行き着くところはエネルギー問題です。
社会を支えると言うとピンと来ませんが、生活を支えているのがエネルギーです。
そんなことを考えながら指を動かしています。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】UIJターン #06
2018年03月10日 (土) | 編集 |
#01の最後を再掲します。

実際にはマイナス面だけではないのですが、移住してしまうとそのようなマイナス面と付き合い続けなければならなくなります。
「UIJターン」のプラス面は、色々と報道でも出てきますが、実際にはマイナス面もたくさんあります。
移住を考えられる場合には、そのようなことを色々と考えておかなければならないでしょうし、どこに移住するか?の選択も色々な要素を勘案して決めなければならないでしょう。


前回の続きです。

そこで「行政に何とかしろ!」と言うのも無理な話です。
そもそも「UIJターン」を受け入れる側は、少子高齢化により疲弊している地域が多いことを理解しておかなければなりません。
分かりやすく言えば、税収が減少している地域ですから、出来ることの限界も高くはありません。
そして……それは今後、加速していくのではないか?と思います。
それは、これまで行政で負担していたことを止めていくということです。
バブル期に「何でも行政で負担する」という方向に向かってしまったのが問題なので、本来「公」で負担すべきことでないことは止めていくべきなのですが……。

話を戻します。
そうなるとどうしても地域に溶け込んでいかなければなりませんから、それには我慢という要素(移住前とは違う)を受け入れることが必要になります。
現状を考えると色々なところで話題になるのが、モンスター化する人です。
自分の基準に合わなければ、あれこれ文句を言って、我を通そうとする人の増加。
しかし地域が違えば、その価値観が通用するかどうか?も変わってきます。
そこで考え方を上手く方向転換できれば良いのでしょうが、そうでなければ……。

 (続く)

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】発電について #15
2018年02月14日 (水) | 編集 |

妙な誤解をされたくないので、#01で書いたことを再掲しておきます。
------------------
こんなことを言うと「原発推進派」と言われかねないのですが、(前にも書いたかもしれませんが)私は『原発は「ある」より「ない」方が望ましい』と思っています。
------------------
また#02で書いたように地球温暖化とCo2の関係も疑っていますので……。



前回の続きです。

そうなると水素自動車は……となりますが、水素を作り出す過程で電気を使うことに変わりはありません。
化石燃料を燃やして直接作るエネルギーを一次エネルギーとすると、それによって作られる電気は二次エネルギーです。
一次から二次へ……その過程で必ずエネルギーロスは発生します。
それと同様に考えると電気(二次エネルギー)を使って作られる水素は三次エネルギーです。
一次から二次と同様に、二次から三次でもエネルギーロスが発生しますから、本当にプラス面が大きいのかどうか???分かりません。

その意味では、自動車そのものをガソリンから電気や水素にすれば……という発想ではなく、移動していない時のエネルギー消費をどうするのか?を考えるべき(アイドリングストップ機能が考えられたのは朗報だと思います)でしょうし、もっと言えば自動車の運行への制限を強化すべきだと思います。
となると……前述のような右折の制限(右折レーン以外で右折車が車を止めると、後続の車の動きも止めてしまうことによって発生するエネルギーロスの問題)だけでなく、他者の加速減速に影響を及ぼしやすい大型車の運行も、渋滞が発生しやすい時間は制限した方が良いのかもしれません。
もっと言えば、ウィンカーが遅く、急に速度が落ちる車がいると、その後ろの車は急制動を必要としますから、ウィンカー点灯から一定時間後でなければ大きくハンドルを切ることができないようにする(機械的に)とか……も考えるのですが、そうすると飛び出しの対応等で本当に急制動が必要な時にも反応できなくなるので、それはボツでしょうね……。

 (続く)



※妙な誤解をされたくないので……いう意味で、#02の冒頭に書いたものも再掲しておきます。

何人かの方(知人を含む)から「今、原発に少しでも肯定的なことを書くと袋だたきに合うかも」という忠告をいただきました。
確かにそうなのだと思います。
これは地球温暖化についても同様です。
ただ感情論を抜いて、少し考えてみたい……そう思ってキーボードに向かっています。
問題は私の知り得る(考え得る)範囲で書くということだろうと思います。
原発の話も地球温暖化の話も行き着くところはエネルギー問題です。
社会を支えると言うとピンと来ませんが、生活を支えているのがエネルギーです。
そんなことを考えながら指を動かしています。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】UIJターン #05
2018年01月31日 (水) | 編集 |
#01の最後を再掲します。

実際にはマイナス面だけではないのですが、移住してしまうとそのようなマイナス面と付き合い続けなければならなくなります。
「UIJターン」のプラス面は、色々と報道でも出てきますが、実際にはマイナス面もたくさんあります。
移住を考えられる場合には、そのようなことを色々と考えておかなければならないでしょうし、どこに移住するか?の選択も色々な要素を勘案して決めなければならないでしょう。


前回の続きです。

また近隣との距離感の違いもあります。
都市部のマンションなどのような距離感では、心地良い生活ができないのかもしれません。
我が家の近所にも、定年後に都市部から引っ越された方が何人かおられますが、地域に溶け込める人とそうでない人がおられます。
近隣との距離が近くなるということは、我慢することが増えるということです。
そこで我慢できなければ、コミュニティの中には入って行けません。
CCRCが難しいとすれば、ここが一つ挙げられると思います。
日本という国も随分と個人主義に向かっているように思われますが、地方ではそうでもないことが多いというのも現実です。
そこで「○○では、△△だった」と言っても通用しませんし、無理を通そうとすれば孤立します。
それでも元気な間は孤立しても何とかなるのかもしれませんが、そうでなくなると……。

余談ですが、私の周りで移住された方で周りに溶け込んでおられる方は、犬や猫を飼っておられます。
そこから会話が始まり、お互いの距離を作っていく……。
確かに私も引っ越してきて、一気に交友範囲が拡がったのは、我が家にマーフィーが来てからです。
他愛もない会話という前提があって、色々な会話に発展していくのですから、キッカケが必要ですし、会話が続く内容でなければなりません。
一人と距離が縮まれば、その周りの方との距離も縮めやすくなります。
色々な趣味があるでしょうから、それをキッカケに新たなコミュニティに溶け込んで行くのが良いように思います。

 (続く)

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】発電について #14
2018年01月24日 (水) | 編集 |

妙な誤解をされたくないので、#01で書いたことを再掲しておきます。
------------------
こんなことを言うと「原発推進派」と言われかねないのですが、(前にも書いたかもしれませんが)私は『原発は「ある」より「ない」方が望ましい』と思っています。
------------------
また#02で書いたように地球温暖化とCo2の関係も疑っていますので……。



前回の続きです。

そうなると電気自動車の普及……という話になりやすいのですが、現在、電気自動車が使っているのは主に火力によって作られた電気です。
ガソリン車(ディーゼル車)は、化石燃料を燃やして出来たものを使って移動を可能にします。
電気自動車は……と言うと、化石燃料を燃やして電気に変換し、それによって移動を可能にします
ここで問題になるのが「変換」という行為です。
エネルギーを考えると「変換」行為は、エネルギーロスを発生します。

排気ガスの話もありますが、火力によって発電すると温暖化ガスを排出しますから、ガソリン車が発生するガスとどちらがマイナスが大きいのか?は難しいところだとです。

リスクの話で言えば、静音化することで後方から近づいていることが分からない……ということから発生する事故がある分は、電気自動車にリスクが高いように思います。
一方でガソリン車と比較すると減耗部品が少ないとも言われます(実際に定期点検は少なくてすみます)。
しかしバッテリは消耗品ですから、定期的な交換が必要ですし……。

 (続く)



※妙な誤解をされたくないので……いう意味で、#02の冒頭に書いたものも再掲しておきます。

何人かの方(知人を含む)から「今、原発に少しでも肯定的なことを書くと袋だたきに合うかも」という忠告をいただきました。
確かにそうなのだと思います。
これは地球温暖化についても同様です。
ただ感情論を抜いて、少し考えてみたい……そう思ってキーボードに向かっています。
問題は私の知り得る(考え得る)範囲で書くということだろうと思います。
原発の話も地球温暖化の話も行き着くところはエネルギー問題です。
社会を支えると言うとピンと来ませんが、生活を支えているのがエネルギーです。
そんなことを考えながら指を動かしています。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記