【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】発電について #12
2017年09月13日 (水) | 編集 |

妙な誤解をされたくないので、#01で書いたことを再掲しておきます。
------------------
こんなことを言うと「原発推進派」と言われかねないのですが、(前にも書いたかもしれませんが)私は『原発は「ある」より「ない」方が望ましい』と思っています。
------------------
また#02で書いたように地球温暖化とCo2の関係も疑っていますので……。



前回の続きです。

現代社会は電気で支えられているという面があります。
したがって安定供給は、大原則となります。
そのためには不安定でコントロールできない(難しい)自然から取り出すのは、リスクが大きいように思います。
それでも支えることができる社会構造をどう作るのか?
それをセットで考えなければならないと思うのですが、それも簡単な話ではありません。

そもそも「便利な状態を作る」もしくは「より便利にする」ために様々な研究がされ、その結果として現代社会があります。
話をしていると視野が狭小になりやすく、「手段と目的」をキチンと認識(切り分け)しないで議論が進んでしまうことがあります。
討論番組であれば、それは面白おかしく見ていれば良いのでしょうが……。

 (続く)

スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】自治会活動 #06
2017年08月30日 (水) | 編集 |
前回の続きです。

少し露骨な話になりますが、自治会に参加するとそこには会費が発生します。
しかし会費を支払う意味があるのかどうか?
現在、自治会離れが進んでいる理由の一つがコレだろうと思います。

そもそも会費を払って、何らかの団体に加入する場合には、加入することで何らかのプラスが発生しなければなりません。
何のプラスも発生しない(それを感じることができない)にも関わらず支払うのは、寄付金に他なりません。

自治会に加入すると会費を支払い、その上で労力の提供が強制される……。
それによるプラスがあるのか?といえば実感がない……。
それどころか参加できなかったには、ペナルティを受ける(場所によってはお金を支払うことになります)……。
そうなると感覚としてはマイナスしかありません。

色々書きましたが、私は自治会の存在を否定しているわけではありません。
どちらかと言えば、必要なものだとは思います。
しかし……それは現在のものとは違う形--強制性を持たない、善意による活動を前提とした組織--であれば……という前提が付きます。
そうでないなら今後はもっと自治会活動は苦しくなり、上手く機能することはないだろなあ~と思います。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】観光地 #04
2017年08月09日 (水) | 編集 |
前回の続きです。

「おもてなし」は、相手があってこそ成立します。
まず来てもらわなければ、「おもてなし」は成立しません。
その意味では、来てもらえる何かをシッカリ造(作・創)ることが第一です。

問題は……どこかで見たようなもの、感じたようなことを売りにしていることが多いということです。
多分、どこかの成功事例を持ってきて切り貼りした結果なのでしょうが、これが個性をなくしてしまっています。
観光は、お金と時間を使ってすることです。
それが頭にあるのかどうか……。
言い換えれば、観光地として成功するには『お金と時間を使っても来たい』と思ってもらえないとダメということです。

そのためには、シッカリとした差別化が必要です。
「ここを売りにしたい!」とか「ここが他とは違う!」と言っても、それを感じることができるのが内輪では何の意味もありません。

 (続く)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】発電について #12
2017年07月26日 (水) | 編集 |

妙な誤解をされたくないので、#01で書いたことを再掲しておきます。
------------------
こんなことを言うと「原発推進派」と言われかねないのですが、(前にも書いたかもしれませんが)私は『原発は「ある」より「ない」方が望ましい』と思っています。
------------------
また#02で書いたように地球温暖化とCo2の関係も疑っていますので……。



前回の続きです。

さて……少し話がズレますが……。
現代社会の一番の特長は、「高速化」でしょう。
人、物、情報……どれも移動が高速化されてきました。
情報を含めて、これらの移動には必ずエネルギーを使います。
そうなると消費する量を削減することを考えるのも一つの方向性でしょう。
この場合、一番削減されるべきなのは、「移動なきところに使われるエネルギー」です。
言い換えれば、停滞時のエネルギーを削減することを考えるべき……ということです。
使用していない電気機器の電源をコンセントから抜きましょう!というのは、そのためです。

ただし機械はゼロからの起動時に一番電力を使いますから、本当に電気機器の電源をコンセントから抜くことが節電になるのかどうか?は、使用頻度や物(電気機器)によって違うことを頭に置かなければなりません。
実際、夏場のエアコンについても(使い方(温度設定を含む)によってですが)オン・オフを繰り返すのと、オンの状態で継続運転するのでは、大差がないことがあります。
また機器にもよりますが、継続運転の方が故障するリスクは低くなるものは少なくありません。
と考えると……「使用していない電気機器の電源をコンセントから抜きましょう!」というのは、長期間使用しない場合にはOKなのでしょうが、そうでない場合には一概には正しいとは言えません。

 (続く)



※妙な誤解をされたくないので……いう意味で、#02の冒頭に書いたものも再掲しておきます。

何人かの方(知人を含む)から「今、原発に少しでも肯定的なことを書くと袋だたきに合うかも」という忠告をいただきました。
確かにそうなのだと思います。
これは地球温暖化についても同様です。
ただ感情論を抜いて、少し考えてみたい……そう思ってキーボードに向かっています。
問題は私の知り得る(考え得る)範囲で書くということだろうと思います。
原発の話も地球温暖化の話も行き着くところはエネルギー問題です。
社会を支えると言うとピンと来ませんが、生活を支えているのがエネルギーです。
そんなことを考えながら指を動かしています。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】Twitterにて
2017年07月05日 (水) | 編集 |
Twitter文字制限
書きたいことが書ききれない……。
ということで、ここで書ききれなかった部分を書いておこうと思います。

※少し前のツィートです。

▼歩きスマホって。。。周りを見ないで歩くって、周りの迷惑を考えないのかな???


スマホを見ながら歩く。
よく見る光景ですが、どうなんだろう?と思います。
そもそも周りを見ないで歩くのですから、危険な迷惑行為。
自動車では禁止、自転車でも……でも一番多いのは歩きスマホではないでしょうか。

それで誰かとぶつかったら、当然ですが周りを見ないで歩いている方が悪いはずなのですが、そういう時にスマホを落として……ってことがあった場合、歩きスマホしている方が大きな声で文句を言うような気がします。
でも……それって当たり屋と同じじゃないのかな???と……。

歩きスマホに限らず、公共の場では色々と……もう少し考えた方が良いと思います。


テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】UIJターン #02
2017年06月21日 (水) | 編集 |
前回の最後を再掲します。

実際にはマイナス面だけではないのですが、移住してしまうとそのようなマイナス面と付き合い続けなければならなくなります。
「UIJターン」のプラス面は、色々と報道でも出てきますが、実際にはマイナス面もたくさんあります。
移住を考えられる場合には、そのようなことを色々と考えておかなければならないでしょうし、どこに移住するか?の選択も色々な要素を勘案して決めなければならないでしょう。


前回の続きです。

さて……移住する側からすれば、「地方」というと物価が安いイメージがあります。
しかし本当に生活に必要となるコストが下がるのか?というと、そこは検討が必要です。
確かに安いモノもあります。
土地代が安価ですから、住宅費は全体的に下がるでしょう。
マンション等を持っていて、その名義を変えれば(売却等)、固定資産税もです。
ただ……確実なのは、それだけだろうと思います。

食べ物が安いか?と言われると、競争が激しくないので極端に安いわけではないように思います。
確かに地元産のものは安価でしょう。
水が綺麗なところであれば、美味しいものも多く、それを安価で入手することができます。
しかし輸入品になると仕入れ側には運賃が高く掛かりますから、それは値段に跳ね返ることになります。
都市部のように運送ルートに入りやすい場所であれば、通過途中で積み降ろしが可能ですが、そうでなければ価格に転嫁されます。
外食は……というと土地代の回収を見込んでいる部分は安くなることがありますが、全国チェーン店では変わりありません。

そう考えると……あまり安いとは言えないように思います。

 (続く)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【教育】部活動の民間委託 #02
2017年06月07日 (水) | 編集 |
前回の続きです。

ただ民間に委託するということは、民間にお金が流れるということですから、悪いことではありません。
先生以外でも指導する能力を持った人というのはいますし、そういう人の能力を活かす場を作ることは行政の方向性としては間違っていないと思います。
その上で……現在、先生方の業務は過大になっており(その多くは直接的には教育に関係しない書類作成だったりします)、時間を圧迫していることを考えると部活動を外部委託するのは良いことだろうとも思います。

外部委託となると整理すべきことは多いとは思いますが、責任分界点だけはハッキリさせておかなければならないでしょう。
どこまでの権限と責任を委託するのか?
委託したからと言っても「丸投げ」にはできないでしょうから、「誰」が「どうやって」管理・監督するのか?
この辺りはキチンとしておかなければ、何かあってからでは問題の押し付け合いになってしまうかも……と思います。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】自治会活動 #05
2017年05月17日 (水) | 編集 |
前回の続きです。

とにかく一人一人が持っている時間は限りがあります。
その中で仕事と家庭、そして趣味、休息の時間を作ります。
現状では、仕事のウェイトが大きく、他の3つの要素に時間を費やせない人は多いと思います。
そこに自治会活動を割り込ませる余裕があるのかどうか?

「昔は……」という話をする方もいますが、時代は変わってしまっています。
仕事の質も量も違います。
育った環境も違いますし、周りにあるもの(こと)の種類も増えています。
それを「昔」と一緒にするのはどうだろう?と思います。

私の祖父が生きていた頃、時々近所の公園の草抜きをしていました。
「若い者は仕事で時間がないから、時間がある者がすれば良い」と言っていたことを覚えています。
これを集団でするのが、善意の活動であり、自治会の基本的な考え方です。
仕事を休まなければ参加できない人に対しても強制性を働かせたり、参加しなければペナルティを与えたりするのは、おかしな考え方です。
もう少し考え方の整理をするべきだと思います。

 (続く)

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記