【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【etc】スペシャルが好き…… #05
2017年02月18日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

以上をまとめてみると……

1-1.『generalist』は「色々なことができる人」を指す。
1-2.「色々なことができる人」の反対は、「特定のことしかできない人」。
 ・「色々なことができる人」は全てができる人ではないので、反対は「何もできない人」にはならない。
1-3.「特定のことしかできない人」は『specialist』とイコールではない。
1-4.では反対は何か?となると「偏った」という意味を持つ単語から『localist』になる。

2-1.一方で『specialist』は、もともと「特定の業務を専門で行う人(つまり専門職)」という意味であり、スキルの高低は問われない。
2-2.「特定の業務を専門で行うスキルが高い人(つまり専門家)」という意味を持つのは『expert』になる(こちらは特定分野以外のスキルの高低は問われない)。
2-3.[2-1]と[2-2]に含まれる「専門」という日本語を混同してしまったのが、「スペシャリスト」という概念だと思われる。
2-4.ただし『expert』を「熟練者」と捉える場合には、その反対は『inexpert未熟な人)』になる。

3-1.『specialist』は「特定の業務を専門で行う人」という意味だが、「特別な」というニュアンスから医療分野で使われ始めた『specialist』という単語。
3-2.[3-1]の意味は、「色々な知識と経験を蓄えて熟練した人」という意味であり、『generalist』が特定の分野において高いスキルを持っている者を指す単語がなかったので、それを指す単語として使われ始めた。
3-3.[2-2]と[3-2]の後半に着目すると「特定の分野において高いスキルを持っている」という部分が共通し、[3-2]の前提部分(『generalist』が)が抜け落ちて、現在の「スペシャリスト」という使われ方をされている。

というのが現状なのだろうと思います。

 (続く)

スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【Toy】ここは……
2017年02月04日 (土) | 編集 |
キャットタワーの一番上。
誰も使わないので、結局、ズーとこの状態になっています。

 pochi@20170204a.jpg

乗っているのは……。

 pochi@20170204b.jpg

時々、写真に写っていますが、おめでたい色のニャンコのオモチャ(ヌイグルミ)です。

 pochi@20170204c.jpg

こんな晴れやかな顔をして、リビングを見守っていてくれます。

 pochi@20170204d.jpg

柔らかいからか……コウメもセンもスウも使ってくれないんです。
でも最近、スウがちょっと興味を持っているようなので……。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【Goods】会報
2017年01月25日 (水) | 編集 |
お正月休み、時間があったのでユックリ書庫(小屋裏収納)の整理をしました。
でも……懐かしいものを見つけると手が止まり、作業は進みませんでした。
やはり大好きだったものを見かけるとダメですね。。。
ということで、手が止まった原因の一つがUWFの会報。

 UWF@kaihou03(20170125).jpg

当時の写真や記事を見て、当時のことを思い出して……ついつい目を通してしまいました。

 UWF@kaihou03(20170125)B.jpg

時間があれば、もっともっと時間を掛けて色々なものに目を通したいものだと思います。
でも……そうするなら暖かい季節が良いですね。
書庫は寒くて……。



【参考】
 ※参考:【Goods】UWF CAP
 ※参考:【Goods】UWFシューズandレガース
 ※参考:【Goods】色紙
 ※参考:【Goods】UWFのバンダナとパンフレット
 ※参考:【Goods】懐かしい会報
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【etc】三原色 #01
2017年01月18日 (水) | 編集 |
色の話をしていると時々話がズレるなあ~と思うことがあります。
話をしてみると原因は、三原色

さて……三原色と言われると何色を思い浮かべられるでしょうか?
レッド、グリーン、ブルー(RGB)
レッド、イエロー、ブルー(RYB)
マゼンダ、イエロー、シアン(MYC)

どちらも三原色と言われるものです。

前者は俗に「光の三原色」と言われるものです。
光そのものを考えた場合の三原色で、テレビやディスプレイの色はこちらで考えます。
ちなみに人間の目が認識する色もこちらと言われます。
この三原色の考え方は、黒い所に光を各々の光を当てて色を作る場合を前提としています。
ですからベースは黒。
三原色全てを当てると白くなります。

二番目と三番目は俗に「色の三原色」と言われます。
もともとは二番目の考え方だったのですが、これでは作ることができない色があったため、現在では三番目の考え方になっています。
この考え方を使うのは光の反射を考えた場合で、絵画や本等の印刷物の色はこちらで考えます。
ですからプリンタのインクは、この三色がベースになります。
この三原色の考え方は、白いところに色を付けていくことを前提としています。
ですからベースは白。
三原色全てを混ぜると黒くなります。

面白いものだなあ~と思います。

 (続く)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【Stone】ラブラドライト
2017年01月11日 (水) | 編集 |
いつも行く石屋さんに行くと綺麗な石があったので、手に取ってみました。
光の加減で色合いが変わる……。
虹色が浮かぶ……。

 raburadoraito@201701110001.jpg

ラブラドライトという石だそうです。
ラブラドライトは、月や太陽を象徴するといわれています。
根気強い実行力を養い、信念を貫けるよう導く力があるとされます。

こちらは小さなラブラドライト。

 raburadoraito@201701110002.jpg

光を当てると色がかなり変わります。
飽きないですね、石屋さんに行くと。
自然石は同じモノが2つありませんから、購入する時には「どれが良いかな?」と時間を掛けて気に入ったモノを選びます。
今回も気に入ったモノを買ってきました。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【Stone】福袋2017
2017年01月07日 (土) | 編集 |
今年も石屋さんで福袋を買ってきました。
毎年、これが楽しみなんです。
入っていたのは……。

水晶の固まり。

 

例年、入っていますが、今年は一回り大きい!
袋にいっぱいいっぱいの横幅でした。

そして、これも例年入っているのですが、ルチルクォーツのブレス。

 fukubukuro@20170002.jpg

こちらは入っているルチルの量は多くないものも、一回り大きな玉を使ってありました。
個人的には、ルチルがたくさん入っているとキンキラし過ぎるので、こういうものの方が好きです。

そして水晶の干支(酉)。

 fukubukuro@20170003.jpg

早速、玄関に飾りました。

これはルチルクォーツのペンダントトップ。

 fukubukuro@20170004.jpg

同じようなものを以前、購入したのですが、一つ一つのルチルの入り方が違うのが面白いところです。
水晶だと同じように見えてしまいますが、ルチルの良いところです。

これはラピスのリング。

 fukubukuro@20170005.jpg

リングとして使うことはないので、ストラップにでもしようかと思っています。

これも例年、入っているのですが、パール貝と水晶チップ。

 fukubukuro@20170007.jpg

例年と違う大物は、これ。

 fukubukuro@20170006.jpg

水晶の結晶を中心に、色々な石を飾り付けしたジュエリーストーンです。
幅は10cmぐらい。

よく行く石屋さんですから、一つ一つの売値はだいたい知っています。
もともと標本等を販売する「石屋さん」で、「パワーストーン」という付加価値を付けていないので、その段階で安価なのですが、それをこれだけ福袋に入れて……というのが、毎年、驚かされます。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【etc】スペシャルが好き…… #04
2016年12月28日 (水) | 編集 |
前回の続きです。

話を『specialist』に移します。
スペシャリストという言葉が好まれるのは、『special』に「特別の」というニュアンスがあるからだろうと思います。
ところがここに落とし穴があって、実は「特定の」というニュアンスが含まれます。
ですから冒頭に書いたように『specialist』の意味は、レベルの高低を問わず専門的に何かをしている者というニュアンスになります。
先に『specialist』が〔医療分野で「色々な知識と経験を蓄えて熟練した人」という意味で使われるようになった〕という話を書きました。
これは『special』が持つ「特別の」という意味を強調したところから出ているのだろうと推測しますが、前提として「色々な知識と経験を蓄えて」ということがなければ、この意味でも使うことはできません。
言い換えると色々なことがアル程度できる(もしくは知っている)上で、特定のことに熟練しているということになります。

分かりやすいのは特殊部隊という時に使われる『special』を考えると良いと思います。
この『special』は、
 ・特殊な環境下で行動する
 ・特殊な作業を行う
等を指しますが、そこに所属できるのは色々なことがアル程度できるというのが前提となります。
そうでなければ部隊全体の足を引っ張るRISKが大きくなるからです。
その意味では、『expert』の集団ではなく、『specialist』の集団である必要があります。

 (続く)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【Stone】水晶
2016年12月18日 (日) | 編集 |
先日、いつもの石屋さんで面白いものを見つけました。

 

これです。
なぜ持っているか?と言うと……実は……。

 stone@20161218suisyou02.jpg

割れているんです。
で、割れた内側に水晶の結晶がギッシリ。
光の当て方を変えてみると、こんな感じです。

 stone@20161218suisyou03.jpg

内側は綺麗なのですが、上手く写真に撮ることができません。

 stone@20161218suisyou04.jpg

でも……これ、安いんです。
高級な水晶だと、この状態から切り出すので、水晶そのものはそれほど良いモノではないとのこと。
しかもカットしたり整形したりという手間が掛かっていないので、安く提供できるらしいです。

 stone@20161218suisyou05.jpg

置物として面白いので、買ってきました。
テーマ:日記
ジャンル:日記