【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【Books】映像のスゴさ
2018年07月15日 (日) | 編集 |
少し前にテレビでやっていたブラックペアンが終わり、原作を読み直そうと……という記事を書きました。
割と冊数がある上に、ハードカバーなので、持ち歩いて……というわけにもいかず、なかなか読書が進まないのですが、それでも少しずつ読み進んでいます。
ただ……一冊目が「チームバチスタの栄光」で、そこからスタートするのは良いのですが……。

 book@20180715.jpg

とりあえず出版順に読んでいる(つもり)のですが、出版順と時系列が一致していなかったり、各々にアル程度の粗筋を覚えていたりして、何だかチグハグな感じがしています。
読みながら「どの順番で読むのがスッキリするのだろう?」と考えたりしています。
それと悪いクセで、かなり斜め読みをしていたのだと感じています。
粗筋は覚えていても、詳細を忘れてしまっている……そんな感じですが、2回読むとすると、楽しみ2倍とも言えるので、それはそれで良いのかな……と思ったりもします。

それにしてもドラマ(映像)の影響はスゴイもので、原作を読んでいても、そのキャラクターが、ドラマのキャストのイメージになってしまいます。
小説では、多分、読んだ人の頭の中で作られるキャラクターは、各々で違っているのでしょうが、一度、映像にしてしまうと、キャラクターのイメージが固定されてしまいます。
チームバチスタ・シリーズを読むと、原作のキャラクター設定と違ってしまって、違和感が……ということもあるのですが、元々面白いストーリーなので楽しく読み進めています。
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【Books】久しぶりに
2018年07月01日 (日) | 編集 |
テレビでやっていたブラックペアン。
原作を読んだのは、随分と前なので、こんなストーリーだったかな???と思いながら、それでも面白く観ていました。
それが最終回になったので、原作を読み直してみようと思って、本を引っ張り出したら……面白い……。

 book@20180701001.jpg

一週間でシリーズ3作、読みました。
やはり原作とテレビ番組では、色々な面で違っていました。
でも、それはそれかな~と……。

せっかくなのでチームバチスタ・シリーズを最初から読み直そうと思っています。

 book@20180701002.jpg

ブラックペアンの3部作を読んで思ったのですが、どうも斜め読みをしているのか?細かいところまで覚えていないんです。
それは2度目に読んだ時に新たな発見(?)があったりする楽しみだとも言えますが……。
逆に考えれば、我が家の本は、何度か読み直さないと細かいところまで頭に入らないのかもしれないなあ~と。

ということで、1作目の「チーム・バチスタの栄光」を手に取りました。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【Books】このシリーズ
2018年05月02日 (水) | 編集 |
ゴールデンウィークも半ばです。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
私は、カレンダー通りの休みですが、それでも普段のように帰りが遅くならないので、ゆっくり読書が出来ています。
で……ゴールデンウィークの前半に読んだのがコレ。

 pic@2018005020001.jpg

知人の間だけで整体をしているものの、知人の紹介で来られた方と話をしていると色々な職業の方がおられます。
で……中には栄養士さんもおられて、話が盛り上がってしまったり……ということがあり、ちょっと勉強してみよう!と思って、購入したものの、なかなか時間がなくて、読まないまま本棚に積んでありました。

ようやく時間ができたので、じっくり読みました。
ちなみに、このシリーズはとても分かりやすくて良いんです。

 pic@2018005020002.jpg

本格的な本は何度も開きたくはない……、でも何となく勉強したい……そんな時に買って読んでみて、一番、読みやすかったのが、このシリーズでした。
好み(相性)はあるでしょうが……。
監修者はバラバラで、展開もバラバラなのですが、上手く作っているなあ~と思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【Books】千里眼シリーズ
2017年12月02日 (土) | 編集 |
とても面白くて、結局、シリーズを全部買って読んだシリーズの一つが「千里眼シリーズ」です。
久しぶりに読んでみようと思い、でもハードカバーを持ち歩くのも……と思って、文庫を買ってみました。

 book@senri-gan(old).jpg
  (ハードカバー版)

ところが何だか記憶にあるストーリーと違うような……。
でも読んだのが随分と前だったので、記憶違いか?と思いながら、とても面白くて一気に読みました。

 book@senri-gan(new).jpg
  (文庫:完全版)

最後の解説で、記憶違いでないことが分かりました。
作者は「完全版」を出版するに当たり、かなり手を入れたとのことです。
どの辺りが……というのは、本気で読み比べないと分からないのですが……どちらも面白い!という読後感が残ります。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【Books】ルパン
2017年10月04日 (水) | 編集 |
本棚シリーズです。
今回は、ルパン。
と言ってもⅢ世ではありません。
ルブランが書いたものです。

 hondana@20171004rupin.jpg

アルセーヌ・ルパンもホームズと同じで書かれたのは、もう随分と昔。
ホームズが最初に書かれたのは1886年、ルパンは1905年。
もう100年以上前の作品ですが、今でも面白く、定期的に読み返したくなります。
ホームズ・シリーズと同じで、もうボロボロになっています。

そんな本がたくさん置いている書庫に入って整理していると必ずやってくるのがコウメ。

 syoko@20171004.jpg

小屋裏収納なので、出入りする時だけ階段を降ろして上がりますが、その階段の音に反応してやってきます。
写真のコウメの左下に写っているのが、階段下のワン・ニャンルーム。
本を整理する時は、落ちないように……と様子を見ながら作業しています。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【Books】シャーロック・ホームズ
2017年03月11日 (土) | 編集 |
3月11日と言えば、東日本大震災の発生日。
その日から暫くの間、報道は震災で埋められていました。
その後も各地で地震が起き、その度に自然の怖さを感じさせられます。
人間の考えることを越えていく……。
自然を制するようにして文明は発展しましたが、少し立ち止まっても良いのかもしれません。
ただ……今、生きる上で必要なことは、継続しながら……でなければ、違う意味でも被害が出るのでしょうが……。



さてさて個人的には、地震と言えば本棚。
実は私の額(眉間)には、傷跡があります。
それは学生の頃に地震で積んでいた本が崩れて、眠っている私の額を直撃してできたものです。

で……今でも傷跡が残っているのですが、当時から好きだったのが推理小説です。
その代表と言えば、シャーロック・ホームズ。

 Holmes@2017031102.jpg

ホームズの凄さは、コナン・ドイル以外の者がホームズをたくさん書いていることからも分かります。
上の写真は、ドイルが書いた小説の文庫版です。
下の写真では、右端の青い部分が、それらです。

 Holmes@2017031101.jpg

では、その左側は……と言うとドイル以外が書いたホームズ小説です。
ホームズが結婚していたり、子供が出てきたり……色々な小説があります。
まだまだ色々とあるようですが、読みたい本が多くて、買い切れません。
時間とお金に余裕があれば、もっと読みたいものです。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【Books】本棚
2015年10月18日 (日) | 編集 |
小屋裏収納を拡張したという話をすると、小屋裏収納が書庫だと知っている知人から「どれだけ本があるのか?」と聞かれます。
答えは……分かりません……。
本が小屋裏収納だけでなく、書斎にもありますから、かなりの冊数になっていることは確かですが……。

で……家を建てる時にもだったのですが、今回も残った木材をカットして残していただきました。

 book@201510180001.jpg

箱から出すとこんな感じの木材です。
これをありったけ作っていただきました。

 book@201510180002.jpg

これをどうするのか?と言うと、こんな感じで使います。

 book@201510180003.jpg

カラーボックスの奥に置きます。
そして本を置くとこんな感じになります。

 book@201510180004.jpg

大抵の本は、カラーボックスの奥行きの半分程度ですから、空間がもったいない。
でも普通に前後2列に本を置くと、奥に何があるのか?が分かりにくい。
となると置くの列が1段高くなっていると、これらの問題を解決することができます。

学生時代は木材を買ったり、綺麗にカットする手間を掛けれなかったので、新聞紙を畳んで同じような形状のものを作っていました。

今回ありがたかったのは、そんな話を大工さんにしてカットしていただいたのですが、大工さんが実際にカラーボックスを計って規格が何種類かあることを知り、各々の長さのものを作ってくださったことです。
規格が何種類かあることは知っていたのですが、面倒だろうと思い(そうでなくても余計な仕事ですから)、一番短いものでお願いしていました(そうしておけば使えないということはありませんから……)。
その上で「倉庫に捨てるような木材があるので、それを切って持ってくる」と言って下さり、かなりの数の木材を確保することができました。
すごくありがたかったです。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【Books】本に埋もれて……
2015年08月18日 (火) | 編集 |
家を建てるとすると……そんなことを考えていた頃から決めていたことがあります。
その一つが狭くても自分の書斎を造ること。
家を建てる時に3畳ですが、自分の書斎を造りました。
メインはパソコンと本。

 syosai@20150818a.jpg

とは言っても、このスペース以外は、ほとんど本で埋まっています。
これはパソコンに向かって背後にある本棚です。

 syosai@20150818b.jpg

あとパソコンに向かって左側にも同じように本棚があります。
どちらも作り付け。
そうしておけば地震があっても本棚の下敷きになることはありませんから……。
本に埋もれて暮らしたい……そんな思いを少しだけ実現したように思います。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記