【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【健康】新型コロナウイルスとポビドンヨードによるうがい
2020年08月09日 (日) | 編集 |
※これは私が所属する協会用に書いたものの転載(一部、加筆・修正しています)です。

ポビドンヨードによるうがいが新型コロナウイルスに対して効果があるという報道があり、インターネット上で賛否が……大騒ぎになりました。
これは、吉村大阪府知事が会見で「大阪はびきの医療センターの研究で、新型コロナウイルスの感染者が殺ウイルス効果があるポビドンヨードを含むうがい薬を使ったところ、唾液検査で陽性となる割合が減ったと」いう結果を発表したことに対する反応で、例のごとくうがい薬が売り切れになるという状態が起きたようです。

これについては、予防や治療という意味で本当に効果があるのか?は、疑問があります。
インフルエンザの項でも書きました※1)が、そもそもうがいが有効に働くのは、ウイルスが喉の粘膜に付いている時点であって、粘膜の中に入ってしまってからでは効果は大きくありません。
したがって効果が出るとすれば、その直前の数分間にウイルスが喉の粘膜に付いた場合に限られることになります。

うがいについての研究としては、①水でうがいをするグループ、②ポビドンヨードでうがいをするグループ、③特にケアをしないグループをランダムに分け、風邪をひくリスクが変わるかどうかという研究が実施されたことがあります(※2)。
結論は、①水でうがいをするグループでは、感染リスクが抑えられるというものでした。

またポビドンヨードによるうがいは、口腔内の常在菌を殺してしまったり、喉の粘膜を傷つけてしまうことで、風邪をひきやすくなるとも言われていますから、新型コロナウイルスについても同様なのかもしれません。

なお、ポビドンヨードによるうがいについては、世界保健機関(WHO)の直轄機関「WHO神戸センター」も「科学的根拠はない」との見解を公式Twitterに投稿しています。(※3

ただしポビドンヨードは、口腔内の消毒には効果があることは事実です。
口腔内のウイルスが減少すれば、ウイルスを含んだ飛沫を抑える効果はあるのかもしれません。
要するにポビドンヨードによるうがいは、予防や治療を目的に考えた場合には効果には疑問がありますが、飛沫による感染拡大を抑制する可能性はあるのかもしれません。

色々な情報が出て来ますが、情報を整理して、新型コロナウイルス対策をしましょう。

 helth(S).jpg



※1
 【インフル】インフルエンザ情報 2020 #03(2020/03/07)
※2
 American journal of preventive medicine 2005; 29:302-7.
※3
 WHO Kobe Centreのツイート
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【健康】新型コロナウイルスの感染の再拡大について
2020年07月11日 (土) | 編集 |
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されて、再度、新規の感染者が増加しています。
PCR検査の数が増えたことも一因でしょうが……。
結局、集団免疫を獲得できるまでは、人と人の接触を制限しない限り、感染は拡大するのだろうと思います。

そんな中、WHOからコロナ空気感染の可能性の証拠が浮上したとの発表がありました。【※1】

新型コロナウイルスの問題は、
 ① 予防のためのワクチンがないこと
 ② 感染後の治療法が確立されていないこと
 ③ 感染しても症状が出ないことが多いため、ウイルスを運んでしまうこと
 ④ 感染した一部の人にとって、重症化するリスクがあること
です。

新型コロナウイルスの感染拡大の特徴が③④で、
 ③……感染しても症状がない場合や症状がほとんどない場合が多く、感染しているという自覚がないため、出歩いてしまう。
 ④……③により誰が感染しているのか判別しにくく、感染リスクの高い人との接触を防ぐことができない。
ということで、それだけに抑え込むことが難しいということです。【※2】

これまで新型コロナウイルスは、飛沫と接触により感染するという前提で、対策が考えられて来ました。
それが空気感染するとなると、これまでの感染予防法では対応しきれないのかもしれません。
重症化するリスクがある人がいることは分かっていることですから、その前提で行動を見直さないといけないのかも……と思います。

 helth(S).jpg



【※1】
・あくまでも可能性であって、空気感染すると確定したわけではありません。
【※2】
・①②については、新型であれば常に出てくる問題です。
・また良いか悪いかの問題は別として、感染すると強い症状が出るようなウイルスの場合には、感染による致死率は高くなりますが、感染者を確定しやすいので、感染拡大しにくいという面があります。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【健康】新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の有効性について
2020年07月04日 (土) | 編集 |
※これは私が所属する協会用に書いたものの転載(一部、加筆・修正しています)です。

久しぶりに新型コロナウイルス関連の記事です。
まず新型コロナウイルスについて、このブログで最初に書いた2020/02/01の記事の冒頭を引用します。

新型コロナウイルスによる肺炎について書こうと思ったのですが、カテゴリをどうするか???
と言うのは、「新型コロナウイルスによる肺炎」は、病気なのですが、その対応は社会的な話なので……。
インフルエンザも同様ですが、感染症は、その影響を考えると「社会としてどう対応するか?」が重要です。


何度か新型コロナウイルスについて書いたので、カテゴリを分けるか?と思ったりしましたが、結局、上記の状態から考えがまとまらないので、とりあえず今のままで行こうと思います。

今回は、新型コロナウイルス対策での消毒についてです。

2020/06/26、独立行政法人製品評価技術基盤機構(nite)が、次亜塩素酸水が新型コロナウイルスの消毒に対して有効であることが確認されたと発表しました。
条件は、一定の濃度以上の(電解型/非電解型は有効塩素濃度35ppm以上)であることです。

nite発表
新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について最終報告をとりまとめました。~物品への消毒に活用できます~


個人的には、新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水については、有効だろうと思っていました。
理由は、
 ① 新型コロナウイルスそのものは、それほど強いウイルスでないこと
   (予防や治療法が確立していないという話とは別の話です)
 ② アルコール消毒では効果がないノロウイルスにも有効であること
 ③ 風邪(コロナウイルス)より強いインフルエンザにも有効でさること
等です。

消毒用アルコールが入手しにくい状況が続いていますので、その代わりになるものが分かってくるのは良いことだと思います。
ただし次亜塩素酸水は、日光(紫外線)に当たると効果が減退してしまいますから、除菌消臭剤として日常で使う場合、遮光性のある容器に入れておくことが必要となります。

なお次亜塩素酸水は、
 ・黄色ブドウ球菌
 ・メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)
 ・サルモネラ菌
 ・ノロウイルス
 ・インフルエンザウイルス
等にも有効です。
食中毒が増えるこれからの時期、上手く使っていきましょう。

 helth(S).jpg
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【医療】新型コロナウイルスの感染拡大に伴うPCR検査について(続)
2020年05月09日 (土) | 編集 |
※これは私が所属する協会用に書いたものの転載(一部、加筆・修正しています)です。

まず新型コロナウイルスについて、このブログで最初に書いた2020/02/01の記事の冒頭を引用します。

新型コロナウイルスによる肺炎について書こうと思ったのですが、カテゴリをどうするか???
と言うのは、「新型コロナウイルスによる肺炎」は、病気なのですが、その対応は社会的な話なので……。
インフルエンザも同様ですが、感染症は、その影響を考えると「社会としてどう対応するか?」が重要です。


前回の続きです。

「新型コロナウイルスに対するPCR検査を増やすべき」という話は色々な場面で出ていますし、増やすために色々と手を打つとのことですが……。
検査件数を増やすという前提となっているのは、外国での検査数との比較です。
確かに検査件数は多いに越したことはありませんし、それに異論を挟むつもりもありません。
問題なのは、PCR検査を行う人の問題がクリアされていないということです(この辺りは前回書きました)。

一方で日本の死者数の推移を見ていると、医師が必要な人には検査をするよう判断していると考えて良いのではないかと思います。
そうでなければ、他国と同程度の死亡者数と同じような推移になっているはずではないか……と思います。

実際、他国と比べると日本の感染者数や死亡者数は、かなり低い数で推移しています。
感染者数についてはPCR検査の数の問題もあるでしょうが、死亡者数を考えると①医療体制がシッカリしていること、②日本人の清潔感、③日本の人と人の距離感(ハグ等が文化としてない)等の要素もあるでしょうし、時々話が出ているように④予防接種との関係、⑤島国で培われた人種の問題等もあるのかもしれません(この辺りは、事態が落ち着いてからキチンと検証しておく必要があると思います)。
ただ、そうでないとすれば、大雑把にはPCR検査が必要かどうかをキチンと判断しているということになるのろうと思います。
また医療が対応しなければならないのは、新型コロナウイルス関連だけではありませんから、現在のような手法を取ることで必要な人に必要な医療を提供することが出来ている(新型コロナウイルス関連以外のものを含めて)ということなのだと思います。

人間が生きている上で、医療は、最後の砦のようなものです。
崩壊という状況にならないように……と思います。

 medical(S).jpg
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】緊急事態宣言
2020年05月02日 (土) | 編集 |
※これは私が所属する協会用に書いたものの転載(一部、加筆・修正しています)です。

ゴールデン・ウィークです。
新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、政府・自治体共に「不要不急の外出の自粛」を要請しています。
これがキチンと実施されるかどうか?で、その後の状況も変わってきます。
この状況が長引かないように……と思います。

整体をしていると、よく言われることの一つが「他のところと違って『すぐに病院に行け」と言うよなあ』ということです。
肩が凝った → 病院へ
腰が痛い → 病院へ
……。
個人的には、現代医学の力を使って、早期発見・早期治療すれば良いことが多々あると思っています。
それと医学的に問題がないということを確認することは、安心に繋がります。
もちろん現代医学は万能ではなく、色々な検査をしても、現代医学の範囲では異常が見つからず、痛み等があっても原因を特定できないこともあります。
また制度として考えると総医療費が上がる(=社会保障費が大きくなる→税金に跳ね返る)という面はありますし、何も異常がなければ医療従事者に負担を掛けただけという面もあることは確かです。
それでも、そういうことを差し引いても、プラスの面が大きいと思っています。

新型コロナウイルスの感染拡大後の海外の様子を見ていると、当たり前のことなのですが、やはり医療を守ることは重要ということを痛感します。
こういう時でなければ、なかなか実感できない人もいるとは思いますが、普段は時間を持て余している方が良い職種はあります。
医療関係者はもちろん、他には警察官、消防隊員、自衛隊……。
こういう職種の人が忙しい時がどういう時か?
今の医療従事者がそうですが、普段も忙しい状態だと、緊急時は破綻してしまいます(それを善意で何とかしているのが、日本らしいと言うか……)。

話が逸れていますが……。
今回の緊急事態宣言が出された会見では「医療崩壊を招かないために」という話が出ました。
トリアージの話も出ました。
そういう状況にならないように緊急事態宣言を出して、感染拡大を抑え込もうということだったのだろうと思いますが、なかなか効果が出ていません。
行動を制限すること……それを法的に縛るのではなく、分かりやすい言い方をすれば善意によって達成しようというのは、いかにも日本らしい発想です。
ここ何十年かで発生した大災害後の行動等から考えると、この対応でも何とかなる可能性はあります。
と言うか……色々な意味で、これで状況が改善してほしいと思います。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】新型コロナウイルス感染拡大への対応(パンデミック2009を思い出しました)
2020年04月25日 (土) | 編集 |
まず新型コロナウイルスについて、このブログで最初に書いた2020/02/01の記事の冒頭を引用します。

新型コロナウイルスによる肺炎について書こうと思ったのですが、カテゴリをどうするか???
と言うのは、「新型コロナウイルスによる肺炎」は、病気なのですが、その対応は社会的な話なので……。
インフルエンザも同様ですが、感染症は、その影響を考えると「社会としてどう対応するか?」が重要です。


新型コロナウイルスの感染拡大で思い出すのが、2009年の新型インフルエンザ……所謂「パンデミック2009」です。

その頃、私が所属している組織で、「どうすべきか?」「どうした方が良いか?」という話が出ていました。
個人的に聞かれた時に「基本は閉鎖」そして「やらなければならないことだけをする」と答えたところ、一言「バカか」と言われました。

今回の新型コロナウイルス対応を見ていても、この時の反応が普通なのだろうと思っています。
分かりやすく言えば、「通常の業務形態から何を引き算するか?」と言うのが普通の反応なのだろうと……。
ただパンデミック2009(結果的にはそれほど強毒性ではなかったのですが)や新型コロナウイルス(潜在的な感染者を含めると毒性がどれぐらいなのか?)は、誰かの生命にダメージを与える可能性があるという前提を持っていなければならないので、その対応は逆の考え方でなければならないはずです。
要するに「ゼロに必要なものを足し算する」という発想が必要なのだと。

「通常の業務形態から何を引き算するか?」と「ゼロに必要なものを足し算する」というのは、結局、同じことになるように思えるのですが、実は全く違った結果になります。
「通常の業務形態から何を引き算するか?」という発想は、アレもコレも残したいという中途半端な対応になりやすく、リスクが膨らむだけになりかねません。
感情的には、これまで続けてきたことをストップするのは怖いですし、細々とでも継続すれば、それなりのプラスも出ると思えます。
ただ、それは囲碁や将棋で言う「部分的な好手」ではあるかもしれませんが、全局的には……。
組織を長い目で見れば、一時、大きなマイナスが発生しても、色々な方向に中途半端にコストを掛けているよりは全体的にはマイナスは小さくて済むはずなのですが……。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】新型コロナウイルス感染拡大と医療体制の継続に思うこと
2020年04月18日 (土) | 編集 |
まず新型コロナウイルスについて、このブログで最初に書いた2020/02/01の記事の冒頭を引用します。

新型コロナウイルスによる肺炎について書こうと思ったのですが、カテゴリをどうするか???
と言うのは、「新型コロナウイルスによる肺炎」は、病気なのですが、その対応は社会的な話なので……。
インフルエンザも同様ですが、感染症は、その影響を考えると「社会としてどう対応するか?」が重要です。


色々なところで話をすると、話題はやはり新型コロナウイルス感染の拡大。
ウイルスに感染するのも問題なのですが、それを治療する医療機関が大丈夫なのか?という話がチラホラと……。

入院施設がある医療機関は、基本的に勤務シフトで運営されています。
問題は、医療費を抑えようとした政策により、医療従事者に余裕がある施設が少ないことです。
その中で、1人でも感染者が出てしまうと、一緒に勤務していた人は濃厚接触者になってしまいますので、シフトが大崩れします。
しかも崩れた状態が1週間以上続くのですから……。

こういう時に一番、守らないといけないのは、医療従事者です。
いくら設備が整っていても、それを使う人がいなければどうにもなりませんし、人手不足はミスの原因になります。
そうなると正常に医療が機能していれば助かった生命が失われる可能性も出てきます。
そのリスクはゼロにはなりませんが、どれだけ小さくするか?

医療従事者が、医療の現場で感染するリスクを減らすことが第一なのですが、それ以外のリスクは???
例えば、忘れられがちなのが医療従事者の家族からの感染ではないか?と思います。

家族の誰かが感染する
 ↓
その家族の医療従事者が感染する
 ↓
医療現場に感染が拡がる
 ↓
シフトが崩れる
 ↓
医療機関が正常に機能しなくなる

医療従事者の家族は、医療の専門家でないことが多々ありますから、この可能性はとても大きいように思います。
これが全てではありませんが、医療が崩壊しないように色々なことをイメージして、政策として実行していかなければならないと思います。
どこかで書いたように思いますが、日本の医療従事者の多くは、義務感を背負って限界まで頑張りますから、その事案(今回は新型コロナウイルスの感染拡大)を乗り越えることはできるのかもしれませんが、その後に燃え尽きてしまう……そして医療全体の人員不足に拍車が掛かってしまうという循環になりかねません。
それが先々、大きなマイナスにしかなりません。

色々と守らないといけないもの(こと)はありますが、医療体制が崩壊すると大変です。
そうならないように早め早めに手を打たないと……と思います。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【医療】新型コロナウイルス感染の拡大と治療薬
2020年04月04日 (土) | 編集 |
※これは私が所属する協会用に書いたものの転載(一部、加筆・修正しています)です。

まず新型コロナウイルスについて、このブログで最初に書いた2020/02/01の記事の冒頭を引用します。

新型コロナウイルスによる肺炎について書こうと思ったのですが、カテゴリをどうするか???
と言うのは、「新型コロナウイルスによる肺炎」は、病気なのですが、その対応は社会的な話なので……。
インフルエンザも同様ですが、感染症は、その影響を考えると「社会としてどう対応するか?」が重要です。


新型コロナウイルスの感染拡大が世界中で止まらない……その結果、オリンピック/パラリンピックが延期になりました。
現時点の判断としては、正しいのだろうと思います。
もう少し早く判断してほしかったという話もありますが、色々と調整が必要だったのでしょうから仕方なかったのでしょう。

今回の新型コロナウイルスの一番の特徴は、感染しても症状が軽い人が多いことです。
ウイルスを生命体と捉えるかどうか?には議論がありますが、
 ・感染した対象に死なれてしまっては、ウイルス自身が生存できなくなる
 ・あまりに強烈な症状が出ると、人から人への感染ルートが断たれてしまう
 ・あまりに早く症状が出ても、人から人への感染ルートが断たれてしまう
等を考えると、ある意味で利口なウイルスです(種の保存と言う本能を考えれば、当然なのでしょう)。
そして、その特徴ゆえにウイルスを保持していても外出をしてしまうという状況になり、感染の拡大が止まりません。
強毒性で発症までの時間が短ければ、一気に抑え込むこともできるのかもしれませんが……。

現状、発表されている致死率は、あくまでも検査によって把握されている感染者数をベースに計算されています。
症状が軽く、病院に行っていない人が多々存在するであろうことを前提にすると、本当の致死率はそれほど高くない可能性があります。
ただ問題なのは、現時点では新型コロナウイルスに感染しているかどうか?の検査はできますが、治療方法は確立されていないということです。
全てはこれから……ですので、完全に制御するまでは、時間が掛かるように思います。

新薬ができたとしても、副作用を考えると、その承認までには一定の時間が必要です。
海外で承認された新薬であっても、日本で承認されるまでには一定の時間が掛かります(所謂「ドラッグ・ラグ」と言われ間ものです)。
これらに対して特例を認めて……という話もありますが、結局、何かあった時には「もっと慎重にすべきだった」と言われるのでしょう。
夢の新薬と言われた肺がん治療薬イレッサの承認後の経過を考えると、仕方がないのかもしれません。
それらを考えると、現在、承認されている薬の中から効果があるものが見つかれば、副作用もある程度、分かっているはずですから、新薬よりはリスクが小さい(取り扱いやすい)のだろうと思います。
そういう薬があれば……と思います。

 medical(S).jpg
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記