【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #03-07
2017年09月27日 (水) | 編集 |
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。



前回の続きです。

動きを補完する側の関節(筋肉)の働きは、通常以上になるため、言ってみれば働き過ぎの状態になります。
一時的には良いのかもしれませんが、これが繰り返されると閾値を超えてしまいます。
また多く動くということは、多くの熱を発生させるということです。
体内で閾値を超えた熱が発生すると言うことは、炎症が発生が発生するということで、そこには痛みがします。

カイロプラクティックのモーション・パルペーションの考え方は、動きが制限された関節の可動域を拡げるというものです。
そうすることによって働きすぎている側の負担を軽減することで痛み(炎症)を軽減するように施術します。
もちろん関節が歪んだ状態で動きを制限されている場合もあります。
というか……その方が多く、例えばギアの噛み合わせが悪くなっているので、動きが制限されている感じです。
したがってモーション・パルペーションとスタティック・パルペーションを組み合わせて考えなければなりません。

人体の場合、問題になるのは上記の「頑張った側はスキルアップもするでしょう」という部分です。
身体の一部だけがスキルアップしてしまうと、その動きに他が付いていくことができません。
要するにアンバランスな状態になってしまうということで、これは別の歪み(スタティック的にもモーション的にも)を発生させるRISKになります。

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg

スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #03-06
2017年08月16日 (水) | 編集 |
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。



前回の続きです。

前回も触れましたが、筋肉への負担を軽減しようとすれば、関節の動きを制限してしまうのが一番簡単です。
前にもチョットふれました(【整体】カイロプラクティックの診断法)が、カイロプラクティックの考え方にモーション・パルペーション(motion palpation)というものがあります。
普通、「歪んでいる」と表現されるのは、スタティック・パルペーション(static palpation)と言って『静的診断』と訳されますが、これに対して『動的診断』と訳されます。
モーション・パルペーションでは、関節の動きを確認して、どのような施術をするのか?を判断します。

人体はよく出来ていて、一部の関節の動きが制限されても、他の関節の動きで全体の動作を補完してしまいます。
そうなると一部の動きは制限されていても、全体としては動けてしまいます。

これは組織も同じなのですが、全体でアル目標を達成しようとしている時に、一部の働きが悪くなっても他が頑張って何とかしようとする……その状態が身体にも発生します。
そうなると頑張った側には何が起きるのでしょう?
組織で考えると頑張った側はスキルアップもするでしょうし、支払われる対価にも差が出る可能性があります。
しかし働き過ぎで倒れる人が出てくることも考えなければなりません。

これと同じようなことが人体にも起きます。
というより人間が作るモノ・コトは、人体もしくは人体の延長上にあるものだけなので、仕方ないことなのですが。

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #03-05
2017年07月19日 (水) | 編集 |
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。



前回の続きです。

前回までは、分かりやすいように前後の話だけをしてきましたが、バランスの崩れは左右にも発生します。
いつも片側で物を持ったり、肩から鞄を掛けたりすると、その状態に身体が慣れてしまいます。
これが左右にバランスを崩す大きな要因です。

身体は、骨盤から上は背骨という一軸で支えられていますが、下は両足という二軸で支えられています
これは、骨盤で力が変換されるということを意味しています。

 chiro-hernia-no17.jpg

もっと言えば、人間は重力に対抗するように二本脚で立って生活していますから、骨盤を境にして重力への抵抗の仕方が変わるということを意味しています。
と考えると骨盤の歪みの影響の大きさは想像できるでしょう。
整体術の多くが骨盤をターゲットにしているのは、このためだろうと思います(骨盤を調整すると状態が改善しやすいという経験則によるのでしょうが)。

一方で身体は楽をしようとします。
不自然な状態で動こうとすると筋肉に大きな負担を掛けますから、身体は別の方法を考えようとします。
関節を動かすのも固定するのも筋肉の仕事です。
何でも同じでしょうが、その時々に応じて力を調整しようとするより、一定の力を加え続ける方が身体の負担は小さくて済みます(力を調整しなくて良い=身体が考えなくて良いので)。
となると身体は、そのような状態(負担が少なくなる状態)を作ろうとします。
要するに微妙な力の調整をしないで、身体を支えるような状態になろうとするということです。
その方法の一つが関節の可動域を制限するという方法でしょうし、それには筋肉に過緊張状態を作り続けるということになります。
それは一部の筋肉に一定の負担が掛かり続けることになり、その筋肉が働き過ぎになることで痛みに繋がります。

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #03-04
2017年06月14日 (水) | 編集 |
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。



前回の続きです。

ただし高齢化して脚の筋肉が衰えてくると別の形で前後に歪みが発生します。

高齢化して脚の筋肉が衰えてくると、膝が前方に出て来ます。
そうなると腰を後方に引いてバランスを取ります。
しかし頭が重い(5kgぐらいあります)ので、頭を腰の上に持ってこようと背中を伸ばします。
そうなると腰椎の前弯が強くなります。
また頭を腰の上に持ってこようと背中を伸ばし続けると背筋は緊張状態になりますから、それが続くと痛みが発生します。
この痛みに耐えられなくなると杖等を使って、背筋の負担(緊張)を緩和しながら動くことになります。
そう考えると高齢化して脚の筋肉が衰える前に、姿勢を保つための筋肉は鍛えておく必要があることが分かります。

しかしながら……高齢化しても背中を曲げないで真っ直ぐ立っているのが良いのかどうか?は微妙な問題です。
高齢化すると脚だけでなく、全身の筋肉が衰えます。
筋肉の中には、心臓も含まれます
全身への血流の大部分は、心臓のポンプの働きとそれをサポートする筋肉の動きで行われます。
心臓から下に向かう流れは重力もありますから良いのかもしれませんが、問題は足先から心臓に血液を戻す場合です。
そしてもっと問題なのは、心臓から上に、つまり頭に血液を運ばなければならないということです。

 chiro-hernia-no16.jpg

人間が真っ直ぐ立っている状態と腰を曲げている状態を比較すると高さが全く違います。
この両者に血液を送る場合の心臓の負担の差は、分かると思います(高さはエネルギーですから)。
そうなると背中を曲げないで真っ直ぐ立っている状態は、心臓への負担を大きくします。

したがって高齢者の場合には、腰への負担と心臓への負担を天秤に掛けながら考えなければならないでしょう

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #03-03
2017年05月03日 (水) | 編集 |
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。




前回の続きです。

併せて考えておかなければならないのが、身体は連動しているということです。
人間が二本脚で立っている状態は、四本脚で立っている状態よりも重力への抵抗は大きくなります。
その状態で重い頭を高い位置に載せて動くことが、人体には求められます。
それを支えているのが、背骨の弯曲です。
ところが体型や身体の使い方で、その弯曲は崩れていきます。
これまで触れてきた腰椎部分が前に押し出された状態では、胸椎は後方(背中側)に引っ張られます。
これはバランスを取るためで、そうしなければ重心が前方に引っ張れて、立っていられないからです。
そうなると頭は前方に出てバランスを取ろうとしますが、視線は前方に向けなければならない(顔を上げる)ので頸椎の前弯はキツくなります(ストレートネックになったり……ということもあります)。

 chiro-hernia-no15.jpg

対して腰椎の下にある骨盤(特に仙骨)は、下部腰椎の傾きに合わせて上部が前方に、下部が後方に引っ張られ、大きく傾きます。
しかし脚は地面と垂直になっているのが好ましい状態ですから、それを繋ぐ(大腿骨が関節する)腸骨は正常な位置を保とうとします。
となると仙骨と腸骨をつなぐ関節、つまり仙腸関節に歪みが出ます。

もちろん仙腸関節の歪みが先にあって、それに合わせるために腰椎から上の骨格が強く前弯したり後弯したりしてバランスを取っていることもあります。
仙腸関節を調整することで腰痛が取れるという話は珍しくありませんが、それはこの反応を逆に利用したものだろうと思います。

これらの状態は筋肉への負担を大きくしますから、筋肉で支えるのではなく、骨格で支えようと関節の動きを制限します。
そうすると他の部位の動きが大きくなり、負担が増します。
この負担が増した部位が、何らかの愁訴(痛みを発する等)部位になりやすいのですが、本来の原因は動きが制限されている部位です。
要するにどこかの歪みは全体に影響しているので、全体の手入れが必要ということです。

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #03-02
2017年04月01日 (土) | 編集 |
今日から新年度が始まりました。
新年度というか春先になると、どういうわけか腰痛の相談が増えます。
ストレスに起因するものもあるでしょうし、花粉症によりクシャミのしすぎによるものもあるように思います。
それに暖かくなって身体を動かしやすくなって無理をして……とか……。
色々なことがあるでしょうが、キチンと身体のメンテナンスをしながら、毎日を過ごしましょう!

さてさて……相変わらず毎回の繰り返しになりますが、とりあえず……。
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。



とりあえず私が現状で考えているヘルニアについてのアレコレを前回までメモしてみました。
今回からは、ついでの話です。

ヘルニアだけではなく、腰痛持ちの方と話をすると「背筋を鍛えるようにしている」と言われることが多いように思います。
しかし、前回書いたように腰椎の前弯がヘルニアや痛みと関係しているとすれば、逆効果になることが考えられます。
前回も書いたように腰椎周辺の筋肉が強く働くと、腰椎は前方に押されますから。

 

そうなると必要となるのは強い前弯を緩めることですから、方向が逆です。
したがって鍛えるべきは腹筋ということになります。
腹筋を鍛えることで、内臓を背中側に押し、それが腰椎を背中側に押すことで強い前弯が改善方向に向かいます。
そもそも背筋は立っているだけでも使っていますが、腹筋はそういうわけにはいきません。
腹筋は、意識して使わなければ、ドンドン弱くなっていきます(背筋と比べると……であって、背筋も使わないと弱くなることに変わりはありません)。
ただし気を付けなければならないのは、腹筋運動をする時に腹筋以外の力(特に背筋)を使わないようにするということです。
腹筋運動でイメージするような頭を地面と垂直になるまで上げると、腹筋以外の力を使ってしまいます。
上半身を上げるのは、地面から肩胛骨を浮かべるぐらいまでで、腰は動かさないようにします。
腹筋を鍛える運動としてクランチというものがありますが、あれが良いように思います。
本来は、もう少し下に効かせた方が良いのでしょうが、背筋を使わないで……になると『まずは軽いクランチから』が良いと思います。
もう少し下に効かせるのは、それから……そうでなければ背筋を使ってしまいますから、前弯を強めてしまう可能性があります。

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #03-01
2017年03月08日 (水) | 編集 |
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。



とりあえず私が現状で考えているヘルニアについてのアレコレを前回までメモしてみました。
今回からは、ついでの話です。

ヘルニアだけではなく、腰痛持ちの方と話をすると「背筋を鍛えるようにしている」と言われることが多いように思います。
しかし、前回書いたように腰椎の前弯がヘルニアや痛みと関係しているとすれば、逆効果になることが考えられます。
前回も書いたように腰椎周辺の筋肉が強く働くと、腰椎は前方に押されますから。

 

そうなると必要となるのは強い前弯を緩めることですから、方向が逆です。
したがって鍛えるべきは腹筋ということになります。
腹筋を鍛えることで、内臓を背中側に押し、それが腰椎を背中側に押すことで強い前弯が改善方向に向かいます。
そもそも背筋は立っているだけでも使っていますが、腹筋はそういうわけにはいきません。
腹筋は、意識して使わなければ、ドンドン弱くなっていきます(背筋と比べると……であって、背筋も使わないと弱くなることに変わりはありません)。
ただし気を付けなければならないのは、腹筋運動をする時に腹筋以外の力(特に背筋)を使わないようにするということです。
腹筋運動でイメージするような頭を地面と垂直になるまで上げると、腹筋以外の力を使ってしまいます。
上半身を上げるのは、地面から肩胛骨を浮かべるぐらいまでで、腰は動かさないようにします。
腹筋を鍛える運動としてクランチというものがありますが、あれが良いように思います。
本来は、もう少し下に効かせた方が良いのでしょうが、背筋を使わないで……になると『まずは軽いクランチから』が良いと思います。
もう少し下に効かせるのは、それから……そうでなければ背筋を使ってしまいますから、前弯を強めてしまう可能性があります。

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #02-03
2017年02月01日 (水) | 編集 |
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。



前回の続きです。

よく知られていることなのですが、ヘルニアは前弯している部位(頸椎、腰椎)には発生しやすいのですが、後弯している部位(胸椎)での発生は多くはありません
ということで問題の一つは、前弯だろうと考えられています。

 

この前弯が筋肉の緊張によりさらに強くなっているとなると、ヘルニアへの影響は大きくなるというのが自然な考え方でしょう。
そもそも筋肉を(自分の意志とは関係なく)強く引っ張られると痛みが生じます。
その状態が背骨周辺の筋肉に発生し、それが継続されている状態になっていると考えると、持続的な痛みが発生していることと矛盾しません。

話は変わりますが、過緊張状態が続くと色々な愁訴につながっていくという意味では、肩こりも同じです。
人体はよく出来ていて、ある部位の負担を全体に分散しようとします。
それ故、愁訴の範囲が拡がっていく……肩こりの場合は頭痛に繋がったりします。

その意味では、腰でも肩でも過緊張を一度解けば(病院であれば、例えば筋弛緩剤等を使ってでも)、その後は痛みも痺れも緩和するのかも……と思ったりします。

以上が、ヘルニアについて現状で考えていることです。
この先、色々なことがあって考え方が変わるのかもしれませんが、とりあえずメモ代わりに。

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記