【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #03-01
2017年03月08日 (水) | 編集 |
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。



とりあえず私が現状で考えているヘルニアについてのアレコレを前回までメモしてみました。
今回からは、ついでの話です。

ヘルニアだけではなく、腰痛持ちの方と話をすると「背筋を鍛えるようにしている」と言われることが多いように思います。
しかし、前回書いたように腰椎の前弯がヘルニアや痛みと関係しているとすれば、逆効果になることが考えられます。
前回も書いたように腰椎周辺の筋肉が強く働くと、腰椎は前方に押されますから。

 

そうなると必要となるのは強い前弯を緩めることですから、方向が逆です。
したがって鍛えるべきは腹筋ということになります。
腹筋を鍛えることで、内臓を背中側に押し、それが腰椎を背中側に押すことで強い前弯が改善方向に向かいます。
そもそも背筋は立っているだけでも使っていますが、腹筋はそういうわけにはいきません。
腹筋は、意識して使わなければ、ドンドン弱くなっていきます(背筋と比べると……であって、背筋も使わないと弱くなることに変わりはありません)。
ただし気を付けなければならないのは、腹筋運動をする時に腹筋以外の力(特に背筋)を使わないようにするということです。
腹筋運動でイメージするような頭を地面と垂直になるまで上げると、腹筋以外の力を使ってしまいます。
上半身を上げるのは、地面から肩胛骨を浮かべるぐらいまでで、腰は動かさないようにします。
腹筋を鍛える運動としてクランチというものがありますが、あれが良いように思います。
本来は、もう少し下に効かせた方が良いのでしょうが、背筋を使わないで……になると『まずは軽いクランチから』が良いと思います。
もう少し下に効かせるのは、それから……そうでなければ背筋を使ってしまいますから、前弯を強めてしまう可能性があります。

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #02-03
2017年02月01日 (水) | 編集 |
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。



前回の続きです。

よく知られていることなのですが、ヘルニアは前弯している部位(頸椎、腰椎)には発生しやすいのですが、後弯している部位(胸椎)での発生は多くはありません
ということで問題の一つは、前弯だろうと考えられています。

 

この前弯が筋肉の緊張によりさらに強くなっているとなると、ヘルニアへの影響は大きくなるというのが自然な考え方でしょう。
そもそも筋肉を(自分の意志とは関係なく)強く引っ張られると痛みが生じます。
その状態が背骨周辺の筋肉に発生し、それが継続されている状態になっていると考えると、持続的な痛みが発生していることと矛盾しません。

話は変わりますが、過緊張状態が続くと色々な愁訴につながっていくという意味では、肩こりも同じです。
人体はよく出来ていて、ある部位の負担を全体に分散しようとします。
それ故、愁訴の範囲が拡がっていく……肩こりの場合は頭痛に繋がったりします。

その意味では、腰でも肩でも過緊張を一度解けば(病院であれば、例えば筋弛緩剤等を使ってでも)、その後は痛みも痺れも緩和するのかも……と思ったりします。

以上が、ヘルニアについて現状で考えていることです。
この先、色々なことがあって考え方が変わるのかもしれませんが、とりあえずメモ代わりに。

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #02-02
2017年01月08日 (日) | 編集 |
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。



前回の続きです。

しかし痛みがあると炎症は緩和しにくい(#01-07を参照)ので、痛みのコントロールが必要になります(薬で痛みを緩和し、それによって炎症を抑える等)。
これは上記の(2)→(3)を(3)→(2)にしたケースで、#01-07で書いたプロスタグランジンの働きを考えると、これでも良いと思います。
一方で#01-07で書きましたが、痛みの発生と血管の拡張はセットになっています。
白血球は血管の中を流れますから、血管が拡張していた方が働きやすいと言えます。
したがって多少の痛みがあった方が、白血球の働きは良いのかもしれません。

ただし、これによって(1)が解消できるわけではありません(一部は、炎症による可能性もありますが)から、再発するRISKは小さくないと思います。

また腰椎椎間板ヘルニアの方の腰を触らせてもらうことがあるのですが、どの方も腰の筋肉の緊張が大きいように感じます。
腰椎の前弯も強く、それが筋肉の緊張により、さらに前方に押し出されているような感じになっています。

 

この状態は、お腹にたっぷり脂肪が付いて、腹を付きだして背筋で姿勢を保っている(身体を支えている)状態と同じです。
赤ちゃんを抱っこしたり、そこまで重くなくても長時間ウェストポーチをしたりすると腰が痛くなることがありますが、原因はこの姿勢にあります。
もっと言えば、普通「良い姿勢だなあ~」と思われる背筋を伸ばした状態も、過剰になると同じ状態になっています。
多分……ですが、多くの腰痛の原因は、ここにあるのではないか?と思います。

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #02-01
2016年12月07日 (水) | 編集 |
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。



前回の続きです。

ついでに……ですが、ヘルニア状態になったものは、白血球が異物として処理することがあります。
いつの間にかヘルニアが改善していたというのは、これによることもあります。
ただし、この反応が全ての人に起きるわけではありません。
私が聞いている範囲の話をまとめ、また以前書いた『ヘルニア周辺の筋肉に異常な緊張』や『痛みには炎症がセットになっていること』を併せて考えると、この反応は
 (1) 筋肉の緊張が取れる。
 (2) 炎症が緩和する。
 (3) 痛みが軽減する。
 (4) 白血球がヘルニアを異物として処理し始める。
 (5) ヘルニアが縮小する。
 (6) 痺れが取れる。

という順番で整理できます。
これが改善へのプロセスだろうと考えます。

ただしプロセスに入るには、トリガーが必要です。
人間の身体が、異常な状態に反応するには何らかの刺激がなければなりません。
そのトリガーになるのが、痛みだろうと考えています。
というのは、私に色々と聞かせていただくヘルニアだと言われた(という)方々の話をまとめてみると
 ・痺れしかない人は改善しにくい。
 ・痛みがある人は改善しやすい。
という傾向にあるからです。
普通に考えると痛みがあれば、身体は異常を認識しやすくなります。
その意味では痺れた状態では、身体への刺激は小さくなっているので、この反応は発生しにくいのではないか?と考えられます。

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #01-12
2016年11月05日 (土) | 編集 |
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。



前回の続きです。

またヘルニア状態になる理由として他には、解熱のためとも考えています。
ある対象物の熱を取るためには、対象物より温度が低い水を風船のような柔らかいもの入れて、対象と隣り合わせにすれば、対象の熱は水に移ります(対象の熱は下がります)。
椎間板は柔らかい水分を含んだもの(フルーツ・イン・ゼリーのようなイメージ)ですから、その役割を果たすには充分なものです。
となると、身体が痛みから逃れるためにヘルニア状態を作って、解熱しているとも考えられます。
もちろん直接的に発熱している対象に触れて解熱するだけではなく、その周囲の熱を吸収していると考えた方が良いのでしょうが。

結論です。
現状、私はヘルニアは痛みの原因ではなく、痛みの結果発生しているのだと考えます。
そして痺れを発生させることで、痛みから身体を守っているのだと。

いずれにしろヘルニアには、ヘルニアそのものへのアプローチではなく、周辺へのアプローチの方がベターだと思います。
しかも大きな力を使うのではなく、小さな力の積み重ねが必要なのだと……。
その意味ではAKA等のような小さな力を積み重ねるアプローチを、ヘルニア周辺の関節に施すのが有効なのかもしれません。
これにより可動域が制限されていた部位(関節)が可動性を取り戻せば、働きすぎていた部位(関節)の負担は減ります。
そうなれば関節を動かしていた筋肉の負担も軽減しますから。

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #01-11
2016年10月01日 (土) | 編集 |
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。



前回の続きです。

特定部位の働き過ぎにより、閾値を超えると痛みが出ると考えた場合、#01-04で書いた

 (3) 手術はするもののヘルニアの除去をした場合と切開だけで閉じた場合で有意差がなかったこと。


というのは(1)と同様で麻酔が効いたこと、もしくは切開したことで皮膚や筋肉に対してそれまで受けたことがない変わった刺激が与えられることが重要な要素なのかもしれません。
それは合理的に考えれば、『ヘルニアに対してアプローチしても、しなくても有意差がない』ということは、痛みや痺れの原因をヘルニア以外に求めなければならない……ということだからです。

そして

 (4) 腰痛や痺れがない者を画像診断した場合、ヘルニアが存在する者が少なくないこと。


については、#01-03で触れた『見せかけの相関』の第3の要素が発生していないからと考えると筋が通ります。
まあ……もしくは、まだ働かない部位(関節)と働き過ぎの部位(関節)の差が大きくなっていない状態であり、小さなヘルニア状態を作ることで小さな痛みを感じなくなっているだけとも考えられますが……。
この考え方を進めると『ヘルニア状態になるから痛みや痺れが出る』のではなく、『痛みがあるからヘルニア状態になり、痺れさせて痛みを緩和する』となるのですが……。
つまり小さな痛みであれば、小さなヘルニア状態が発生し、神経や血管を圧迫して痛みの伝達物質が送られる量を制限したり、痺れを発生させて痛みを緩和します。
それが痛みが大きくなってくると、段々と圧迫を大きくしなければならないので、そのためにヘルニアが大きくなる……そんな風に考えることができるのかもしれません。
しかし本当にそうなのか?は分かりません(交通事故等のような大きな衝撃により発生したものでなければ、個人的にはそう思っていますが……)。

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #01-10
2016年09月06日 (火) | 編集 |
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。



前回の続きです。

特定部位の働き過ぎにより、閾値を超えると痛みが出ると考えた場合、#01-04で書いた

 (1) ヘルニアの除去手術をしても痛みや痺れが取れない場合がある。


の「痛み」については、上手くいけば麻酔によって筋肉が弛緩して休息を取りますし、筋肉が動きを止めれば歪んだ椎体に対する筋肉の引っ張りも弱くなりますから、正常な状態に戻りやすいと考えられます。
しかし休息が足りない場合には、痛みが残るのではないでしょうか?

痺れについては、上手くいけば筋肉の緊張が解けて血流は良くなりますし、痛み物質が通るのを阻害されていた神経も元の太さに戻りますから痺れも取れます。
ただし痛みの場合と同様に休息が足りない場合には、神経物質や血流を阻害する要因がなくなっていないということになります。
この場合には、痺れの原因は「ヘルニアによって神経周辺の神経や血管が圧迫された」ことではなく、「筋肉が痛みによって収縮していたこと」だったのかもしれません。

また

 (2) 除去手術により一時的には良くなっても再発することがある。


についても同様で、閾値を越えた働き過ぎの部位(関節)が充分に休める状態になっていないためと考えると筋が通ります。
要するに働かない部位(関節)が充分な機能を取り戻していないということではないでしょうか?
そのため過剰に働かなければならない関節(筋肉)への負担は軽減されていないために、再び同じ状態に戻ってしまうのだろうと思います。

これらから考えるとヘルニアの除去手術は、除去という行為が重要なのではなく、麻酔をかけることや手術後にしばらく横になって休息する時間を取ることの方が重要なのかもしれないと思わざるを得ません。
それらによって緊張するほどに過剰に稼働していた部位の動作が軽減され、それまで動作不良だった部位が動き出すことが改善への道筋なのだと考えた方が、諸々のデータと矛盾しないように思います。

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【整体】椎間板ヘルニアについての考察 #01-09
2016年08月05日 (金) | 編集 |
「椎間板ヘルニアと言われた」という話を聞くことが少なくありません(あと多いのは「座骨神経痛」と「腰痛症」という話です)。
色々と思うことはあり、考えがまとまっていない部分もありますが、現時点で考えていることを一度整理してみたいと思い、キーボードに向かってみました。

まず#01で書いたことを再掲します。



ここで書くことは医学で提示された根拠に基づくものもありますが、多くは『疑問を出来だけ矛盾なく説明できる理由』を考えた結果でしかなく、それに対するデータは存在しません。
というか……私には、そういう実験は出来ませんので……。



前回の続きです。

生物としてのヒトは、緊急事態を考えると「痛くて動けない」という状態を回避するようにできているのだろうと思います。
その意味では、「痛くて動けない」よりは「それなりに動ける」状態を選択をしているのではないか?と……。
そう考えると「ヘルニア状態になったから痛みが発生した」のではなく、「大きな痛みが発生し、それを抑えるためにヘルニア状態を作り、痺れを発生させている」と考えた方が良いように思います。
要するに何らかの原因で発生した痛みを緩和するためにヘルニア状態を作り、
 ・神経を圧迫して、痛みを伝える物質が脳に伝わる量を減少させている。
 ・血管を圧迫して、炎症を抑えている。

ということではないか?ということです(プラスアルファも考えていますが)。
実際に病院で腰椎の椎間板ヘルニアだと言われた方の腰を触らせてもらったことがあります(ただ触れただけです)が、かなり緊張状態だったと記憶しています。
その時には「痛みを抑えるために血管を閉じようと、筋肉が頑張っているのでは?」と思っていました。

最近では別のことを考えています。
そもそも心因性を除けば、痛みの原因は、
 (1) 仙腸関節の可動域の減少。
 (2) 椎体前後左右の筋肉の緊張の差
 (3) それらによる背骨の歪み
等により、働かない部位(関節)と働き過ぎの部位(関節)の差が大きくなることであり、働き過ぎの部位(関節)が閾値を越えると突然、痛みが発生するのではないか?と考えています。
そして実際に痛みを発生しているのは、関節を動かしている筋肉だろうと……。

こう考えると色々と納得できたりします。
#01-05で書いた『脊柱疾患(癌、外傷、感染等)以外は痛みの原因を画像診断することはできない』という話も、原因が異常として撮影されるヘルニアではなく、筋肉だとすると画像診断することはできないでしょう(筋肉が変形していれば話は別です)。
また#01-04で書いたヘルニアと痛みや痺れの関係を否定するデータにも、それなりの理由を付けることができるように思います。

 (続く)

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記