【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【仕事】協議用資料
2017年02月25日 (土) | 編集 |
よく「……についての協議があるから資料を作っている」という話を聞きます。
そんな話があると本当に一所懸命に資料を作っている人を見かけます。
本当に綺麗に……。
でも本来、協議用にはそんな資料は必要ありません。
簡単なレジュメがあり、図表に番号が振ってあり……その程度のもので良いはずです。

何度か『手段と目的』について書いています(例えば、ここ。興味がある方は、検索フォームからご覧ください。)が、目的は協議をすることであって、綺麗な資料を見ることではありません。
確かに資料は綺麗に越したことはありませんし、何をするのか?が分からないものでは困ります。
しかし……それ(資料作成)に掛かる時間を考えると綺麗な資料作成は、決して生産的とは言えないと思います。
必要なことは、キチンと協議をして結果を出すことですから。

困るのは、そういう綺麗な資料を上司が求めている場合です。
目的が歪んでいる……そうとか思えませんが、そうすることが必要と信じている人がいたりします。
あくまでも協議用の資料は協議用に過ぎず、後に残すべきものではありません。
綺麗に作るのであれば、その結果を残し、多くの人に拡散するためのものです。

手段と目的、それを間違わないようにしなければ、時間を浪費することになります。
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【仕事】会議 #02
2016年10月22日 (土) | 編集 |
前回の続きです。

さてさて……そのような時に気を付けていることが、あまり理路整然と話をしないということです。
口火を切る人が、あまりに理路整然と話をしてしまうと、その意見に納得できないところがあっても、意見を言いにくい雰囲気になります。
そうなると他の意見が出てこなくなってしまいますから、話が止まってしまいます。
論理的なことが悪いわけではありませんが、もっと良い意見があったかもしれないという可能性を消してしまうことにもなります。
それと、最初から確信に迫るような話からスタートすると、少し距離を取ってしまう人が出てきますし……。
アレやコレやと色々なことを考えてしまいますね。
好き勝手に話をしていると思っている人もいます(というか多いでしょうね)が、一応、色々と考えているつもり……です。
中には「最初とその後で、話し方や仕草が変わりますね」と言われることもあり、驚いたりします。

最初の口火を切るのは、いつになっても慣れないものです。
その後の話の方向を変にしてしまうもありますから……。
色々な意味で、もっと上手にできるようになれば……と思うことが多く、まだまだだなあ~と思います。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】子育てと核家族化 #02
2016年08月26日 (金) | 編集 |
前回の続きです。

子育ての場合、核家族化の問題だけでなく、近隣の人との関係も大きな壁ができています。
これも大きく報道されましたが、保育園を作ろうとしたところ、予定地近隣住民が騒がしくなるとの理由で反対し、建設が取り止めになってしまったりしています。
確かにそれなりに騒がしくなるのでしょうが、それを仕方がない……と思わないでクレームに走る……。
この国はどこまで懐が小さくなってしまったのでしょう?
保育園が騒がしいのであれば、少し煩い車やバイクの音はどうなのでしょう?
オトナでも屋外で大きな声で話している人もいます。
ワンコが散歩中に吠えることもあるでしょう。
というか……近所に騒がしい家族が引っ越してきたらどうするのでしょう?
そもそも社会的に待機児童が問題視されている時代なのですから、みんなが少しずつ譲り合っていくしかないように思うのですが……。

この辺りの感覚も核家族化することで薄れてしまったところなのかもしれません。
世代を越えて暮らしていれば、生活のペースの違いが分かりますし、各々で感覚的な違いがあることは理解できるでしょう。
その感覚が薄れてしまっていることも核家族化のマイナス面だと思います。
それがクレーマーの増大に繋がっているのだろうと……。

また核家族化が進むことと並行してコミュニティの崩壊も進んでいきました。
それが何を生んだかといえば、行政コストの増大です。
元々近隣の人が集まってやっていたことを行政に何とかしてもらう……確かにバブル期には税収も多く、行政で担うこともできたので、当時の行政マンが引き受けてしまったという面もあるのでしょうが、それが今でも引きずられてしまっているのはどうか?と思います。
そんな中で「地域で子育てを」というスローガンを立ててもどうにもなりません。
立派な旗は立てるものの、旗を振る人がいないのですから……。

 (続く)

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【仕事】また引き継ぎが酷い……
2016年04月17日 (日) | 編集 |
この4月に異動になり、バタバタした日が続いています。
異動すると付き物なのが引き継ぎ。
異動と引き継ぎについては、これまで何度か書いています【注①】が、今回も酷いもので……と言っても前任者とのものではなく、部署間のものなのですが……。

今回の異動先ですが、もともと忙しい(残業も多い)にも関わらず他部署からの仕事が増え、とんでもない状態になっています。
以前も組織改編に伴う異動に巻き込まれたことがありますが、毎度毎度仕事が増えた側ばかり……。
思い出してみると色々と整理しなければならないことがあるところへの異動が多いような気がします。

さてさて……話を戻しますが、部署間で仕事を受け渡すのですが、まあ……引き継ぎが酷い。
一応、引継書を作ってきたのですが、目次のようなもので、何を引き継ぎたいのか?分からない代物でした。
仕事を引き継ぐということは、人や部署が入れ替わっても仕事が流れるためのものを相手方に伝えなければならないというのが前提です。
それが組織を守ることで、組織に属している以上、しなければならないことです。
それが出来るという前提があるので、異動や組織改編ができるのですが……。

したがって仕事の内容は当然ですが、取り扱っているお金とスケジュール、懸案事項や未処理事項……それらを伝えなければならないはずで……この人たちはどんな仕事をしていたのか?と疑ってしまいました。
それと仕事を引き継ぐと言うことは、当然ですが関連書類も引き継ぎますが、まあ……書類の酷さと言ったら……。
どう考えても要らないだろうと思われるものまで引き継ごうとするので……。

とりあえず整理できない人から引き継ぐのは、もう勘弁してほしいと思います。
整理できないから無駄な作業が増えている……効率が悪いですし、間違いの元になりますし……。
また整理整頓が始まるかと思うと気が重いです。



【注①】
 ※参考:【仕事】人事異動
 ※参考:【仕事】異動……
 ※参考:【Diary】異動……
 ※参考:【Diary】異動
 ※参考:【仕事】仕事を引き継ぐということ
 ※参考:【仕事】引き継ぐ

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【仕事】引き継ぐ
2015年04月24日 (金) | 編集 |
4月も終わりに近づき、異動があった方も仕事が落ち着いてきた頃でしょうか?
全然……と言われる方もいるでしょうが……。

「仕事」ということを考える時、色々な分類法があります。
その中の一つが、「職人的な仕事」と「そうでない仕事」の2種類に分ける考え方です。

前者は、ある技術を持った者がその能力を活かして行うものです。
手作業(手仕事)の多くは、これに属します。
別項【注①】で書いている「術」に属するものは、こちらです。
言い換えれば、本来、こちらに属するものは数多くはありません。

一般的に事務と呼ばれるものの多くは、後者に属します。
こちらは「学」に属します。【注①】
「学」に属するということは、何らかの形で仕事を引き継ぐものが存在していなければなりません。
それが「学」ですから……。

ところが……。
私が整体の資格を持っていること、柔道や空手をしていること等から色々な人と交流を持っており、そういう方々から話を聞くことが多いのですが、どうも多くの会社で後者を前者と考えてしまっている担当者が多くいて困っているという話をよく聞きます。
本来、「学」であるはずのものを「術」にしてしまい、キチンと引き継ぎをしていない……そのために後で負うダメージが大きなモノになってしまう……そんな話です。
まあ……私が総括(管理)部門宛に色々な意見を書いた文書を提出した【注②】のは、そういう話も聞いていたということもあるのですが……。

で、大変なのは、「学」を「術」にしてしまった後を引き継いだ者ですし、その者の上司だったり同僚だったりします。
要するに引き継がれるべきものをなくしてしまって、職人芸にしてしまったのですから、他者にはどうしようもありません。
職人芸とは、そういうものです。
キチンと引き継げるような仕事をしなければ……と思います。
また「学」と「術」を混同しないようにしなければ……と思います。



【注①】
 ※参考:【整体】「~学」と「~術」 #01
 ※参考:【整体】「~学」と「~術」 #02
【注②】
 ※参考:カテゴリ【組織】の「総括(管理)部門宛に提出した文書から」
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】東日本大震災被災地への応援派遣 #02
2015年03月06日 (金) | 編集 |
前回の続きです。

さてさて……本来という言い方をすると否定的な意見もあるでしょうが、私の考えのベースは人体で、そこから考えると仕事は7~8割程度の力で出来る程度が妥当だろうと思います。
常時100%で働かなければならない……それを自分の身体の各部位で考えると異常な状態だと分かるはずです。
時々オーバーワーク気味の時があっても良いのでしょうが、時々ではなく常時の場合にはどうなるのか?
自分の身体で考えれば、誰でも理解できると思います。

しかし組織とか仕事で考えると……同じように考えることができない人が多いように思います。
その考え方の根にあるのは「自分がするわけではないから」とか「影響があるのは自分ではないから」という無責任な発想なのだと思います。
そんな考えが蔓延し一般化した結果が、鬱病患者の増大でしょう。
それが医療費を始めとする社会福祉に関する費用を増大させている一因でしょうし、増税の理由の一つになっているのだと気付かなければなりません。
要するに部分的に見ていてもダメであり、それが何を起こすのか?について範囲をアル程度拡げて考えるクセを付けておかなければ、結局は自分にもマイナスが降りかかってくるということです。

話を公務員に戻しますが、公務員の仕事は何か?と考えると憲法に書かれた権利や義務をどう運用に乗せていくのか?を考え、それを実際に運用していくことです。
これがベースの考え方であり、そのために法規が制定されていますし、それらに従って国や都道府県、市区町村が分担して運用しています。

となると……そもそも緊急時に対応できるような状態を維持しておく必要があるので、普段は余裕がある程度でも仕方ないように思います。

 (続く)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【仕事】評価主義・成果主義 column(日本人のノーベル賞受賞について思ったこと)
2014年11月24日 (月) | 編集 |
日本人が国際的に評価された場合、出てくるのが
 ・日本には研究の自由がない。
 ・正当に評価されない。
 ・成果の対価が支払われない。
という意見です。
これが日本の評価/成果制度の全てを物語っています。

別項(評価/成果主義)で評価/成果制度について書いていますが、日本で導入した評価/成果制度は問題がありすぎます。
結局、コンサルタント会社の収入にしかなっていない……そう思います。

日本で評価/成果制度を導入した企業は多いでしょうが、結論を言ってしまえば「中身がないものがほとんど」でしょう。
もし、そうでないなら上記のような意見は出て来ないはずです。
では日本の評価/成果制度が何をしているのか?と言えば、簡単に言えば「好き/嫌いの点数化」にすぎません。
そして「好き」は、上司の言うことを「はいはい」と聞いているYESマンに与えられます。
これで組織が良くなるはずはないのですが……。

このブログで何度か書きましたが……。
私が所属している整体協会の理事長から、理事や事務局長への就任の打診を受けた時、「この性格ですから、色々とモノを言いますが……」ということを伝えさせていただき、それに対する回答が「理事会にYESマンはいらない」ということでした。
要するに組織には違う視点が必要ということを言われたのだと思っています。

これも別項(組織)で書いていますが、人間が作るものは人体、もしくはその感覚上にあるもの以上のものは作れません。
したがって組織も同じです。
人体内部に異分子が存在することで、人間は正常な状態を維持できるのと同様、組織には異分子がいなければ正常な状態を維持することはできません。
そう考えるとYESマンを高評価するような制度のリスクは分かると思います。

もともと研究のほとんどは直接的な結果に繋がりません。
しかし研究をしなければ、新たな何かを創り出すことはできません。
新たな何かを創り出そうとすれば、研究者に自由がなければならないのですが、そのような体制になっていない。
そして直接的な結果が出なければ、研究者は良い評価を受けることはできません。
その一方で、直接的な結果を出しても、それに対応するだけの対価は支払われません。
それでは優秀な頭脳は、国外に出てしまいますし、特許も国外企業が抑えることになります。
これは大きなマイナスでしょう。



【注①】
 ※参考:ノーベル賞:中村氏「日本に自由ない」、研究環境の改善を(mainichi)
 ※参考:中村修二氏、発明対価訴訟の先駆け 報酬高額化に道(asahi)
 ※参考:ノーベル賞:天野氏「自分と関係ない」はずが、決定に驚き(mainichi)
 ※参考:ノーベル賞、勝因は「怒り」=日本企業に苦言も―中村さん(jiji-tsushin)
 ※参考:中村修二教授「開発が偉大でも市場で勝てない」(yomiuri)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】増税論議
2014年11月02日 (日) | 編集 |
国が抱える借金を減らさなければならないものの、必要となる施策は実行しなければならない……。
そうなると一定の歳入を確保しなければならないということは、家計を考えても分かります。
しかし高齢化が進めば、社会保障費は増えるしかありません。
大抵はココで話の前提を括ってしまうのですが、実際には直接的に支払われるものだけでなく、管理するためのシステム、それを動かす機器、運用するための人員等に掛かる費用も増えることになることを忘れてはなりません。
そうなるとどうしても増税を考えなければならず、広く負担してもらうという意味で消費税の増税で賄うような話になっています。

その消費税の増税ですが、アベノミクス効果で景気は好調!と言われていましたが、その伸びにも翳りが出てきていますし、地方には好景気の波は押し寄せていないのが現状です。
ただし国外に対して、国の借金を増やさない(減らす)ような話やそのために消費税の増税をするという話をしているのも事実であり、この方向性を変えることは国際的な信用低下に繋がります。
そんなこともあって、消費税増税については賛否が分かれています。【注①】
要するに消費税を増税する方がRISKが高いのか、据え置く方がRISKが高いのか?ということから判断しなければならない……とても難しいManagementを求められています。

消費税増税と共に大きな焦点になるのが、配偶者控除についての議論です。【注②】
この制度ですが、女性の社会進出の足枷になっているとか、不公平であるとか……視点によって色々な意見があります。
この制度がなくなれば、実質的には増税となりますが、消費税増税議論と同様に消費の冷え込みを呼ぶ可能性が大きいと考えられます。

このいずれも各制度だけを考えれば計算上は歳入は増えるように思われますが、消費が落ち込むRISKを抱えており、判断が難しいと思います。

そうなると社会保障費を抑えたいのですが、かつて医療費抑制に手を付けた時に、医療崩壊への流れを作ったことから、安易に手を付けることはできない状況です。

そこで出てきたのが、医療制度上の特例の撤廃です。
現在、後期高齢者医療制度では、かなりの特例が設けられています。
今回、柱になっているのは、所得が少ない75歳以上の高齢者の保険料を安くする特例措置を段階的に廃止することです。
これは制度を変えるわけではなく、あくまでも特例措置の廃止ですから、消費税の増税や配偶者控除制度の改変とは話が違います。
高齢者については、体調の変化が起きやすいのは事実ですが、それは給付時に現役世代とは違う負担で医療にアクセスしています。
それを考えると分かりやすい(説明しやすい)のは、これが一番なのかもしれません。
しかし800万人以上の保険料に影響が出ることを考えると……。

結局、どれを取ってもRISKはあります。
どれを取っても批判は出るでしょう。
でも……今の日本の状況を考えると何か手を打たなければならないのも事実です。
まあ……個人的には税金や保険料等の支払額の上限を撤廃すれば、かなり賄えそうな気がするのですが……。

どちらの方向に進むのか……不安ですね……。



【注①】
 ※参考:与党内、変わる潮目 消費再増税、慎重論じわり(sankei)
 ※参考:消費税率引き上げ、しかるべき時に総合判断すること変わらず=麻生財務相(ロイター)
 ※参考:本社世論調査:消費再増税「反対」73%(mainichi)
【注②】
 ※参考:所得税改革は、「配偶者控除」だけではない 「103万円論議」の先にある大切なこと(東洋経済オンライン)
 ※参考:配偶者控除見直しで議論 政府税調、専業主婦と共働きを同額(SankeiBiz)
【注③】
 ※参考:医療費、負担増求める…75歳以上の軽減縮小(yomiuri)
 ※参考:後期医療 75歳以上の特例廃止 厚労省案、28年度から段階的に(sankei)
 ※参考:75歳以上の保険料軽減特例廃止へ 加入者の半数負担増(asahi)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記