【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【インフル】ECMO(2010/02/08の続き)
2010年02月28日 (日) | 編集 |
前回(2010/02/08)の続きです。【注①】

ECMOは凝固コントロールをチェックしていかなければ、あっという間に回路が詰まる/出血を起こす等の状態になる可能性がある機械です(機械の製造された時代にもよりますが、かなりの頻度らしいです)し、術中の人工心肺とは異なり、数日間稼働させ続けることから、その間は最低1人の医療従事者が機械についてコントロールしなければならないことになります。
現状の医療者不足(特に小児領域等)の人的資源面を考えれば、まともに運用できるシステムではないと思います。
また緊急時のトリアージでは、1人の重症患者に多くの労力を費やすのであれば、多くの患者に手をかけることで1人でも多くの人を救うべきというのが基本となります。
今の状況では、強毒性(鳥)インフルエンザがパンデミックを起こした場合に人工心肺やECMOの話が出るでしょうが、「運用可能な体制で、より多くの人を救う【注②】」と言う基本を忘れてほしくないものです。
これらの機械を使用しても現場が安定的に動く環境であれば、使用することを検討することも良いでしょうが、そうでない場合にどう考えるのか?コンセンサスを構築する必要があると思います。
もともとJAMAの論文に『新型インフルからARDS【注③】になってしまった患者にECMOを付けた』と言う内容の論文が出ていますで、その方法を使用したのだとは思いますが……医療現場に混乱が起きないことを願っています。


【注①】
 ※参考:【インフル】ある掲示板に書き込んだ記事(2010/02/08)
【注②】
※運用可能な体制で : そうでなければ医療従事者がリタイアしてしまい、医療現場に必要となる医療従事者の最低数を確保できなくなるため、結果として治療できる患者数が減ってしまう(現状の産科・小児科領域で起きていることが緊急時に発生することが予想される)。
※より多くの人を救う : 緊急時の鉄則で、1人に多くの時間を費やすことで、他の多くの人命に関わると考えられる場合には、1人を見捨てることも考えなければならない(軽症であれば、後回しにする)。
【注③】
※ARDS:急性呼吸窮迫症候群 (きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、acute respiratory distress syndrome, ARDS) 。臨床的に重症の状態の患者に突然起こる呼吸不全の一種。


▼▼▼関連記事(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記