【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】民主党政権 #01(責任)
2010年03月04日 (木) | 編集 |
あまり書きたくない……と書いた政治ネタについて、「ニュース、見た?」との連絡が来ましたので、続けて書きます。
国会の開会時間に遅刻した閣僚がいる……との報道がありました。
コレはコレで誉められたことではありませんが、もっと悪かったのは総理の「閣僚も緊張感が足りないと思うが、官僚も緊張感が足りない」と言ったことです。
この報道を見た時点で、まず「お金の話も他人の責任にすり替えましたが、今回も他人の責任か……」と思いました。
今の時代、時間の管理は最終的には自分自身でするものであり、その責任は自分にしかありません。
これでは「閣僚は、時間の管理を自分でできない人なのか?」という疑問を抱きます。
そもそも今の時代であれば、eMailという便利なツールがありますので、本人に通知しておけば良いだけの話です。
それを「官僚から伝えてもらおう」とか「官僚に管理してもらおう」と考えるから、おかしくなるだけの話です。
官僚依存体質からの脱却と言っている割には、一般社会で当たり前に行われているレベルのことを官僚に依存しているのでは、「口だけか?」と思われても仕方ないのではないでしょうか。
また、間に入る人が増えれば伝達ミスが発生する(または、その確率は高くなる)のは当たり前の話であり、それを緊張感の話にすり替えること自体が悪質です。
Risk Managementの項で書くつもりですが、「緊張感を持って」とか「努力が足りない」とか……という言葉は、発生した障害に対して再発しないように「どう対策を取るか?」という意味では、「何もしません」と言っているのと同じです(要するに最低の対策であり、最悪のコメントだということです)。
アメリカに留学経験がある人の言葉とは思えませんし、理系の人とも思えません。
これまでも発言に対してガッカリしたことは多々ありますが、今回はかなりガッカリしました。
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】政治について
2010年03月04日 (木) | 編集 |
正直に言えば、今、あまり政治のことは書きたくありません。
理由は簡単で「意味がわからない」からです。
何がしたいのか?……何を目指しているのか?……。
政治は「今をどうするか?」とか「何をしたいか?」を考えるのではなく、「将来どうなるために、何をしなければならないか?」を考える場です(これは会社等の管理部門や役員会等も同様です)。
そのためにタイムスケジュールを考え、「今、何をするか?」に対して答えを出していくのが仕事です。
つまり「将来どうなる」を先に考えて、そこからbreakdownしていき、breakdownした各々の段階において各項目に優先順位を付ける作業を行わなければならないのですが……。
そういう意味では「将来どうなる」を示さないでバタバタしているものを「政治」とは言いません(言うなれば「政治ごっこ」でしょう)。
「今をどうするか?」は、「将来どうなるか?」に向けた線上の1点にすぎません。
政治は、そのような1点の寄せ集めを将来(未来)にしてはいけない場です。
『部分の総和は全体にはならない』は19世紀には言われていたことなのですが……。

最初にも書きましたが、本当は政治のことは書きたくないのですが……知人達と話をしていると「それ、書いておいて……」と言われます(特に飲みながら話をしていると覚えていないので……らしいです)。
そういうわけで時々メモしておこうと思います。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記