【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【Risk Management】#04_言葉
2010年03月17日 (水) | 編集 |
「リスク」にしろ「マネージメント」にしろ……これらに限らないことですが、そもそも英語を日本語に変換する際には、その周辺の概念を把握しておく必要があります【注①】
英語を日本語に変換することは悪いことではないのですが、その日本語が一人歩きすると本来の意味とは変わってしまうことは多々あります。
例えば、別項:政治【注②】の中で使用した「breakdown」という言葉ですが、これには「崩壊/故障,破損/断絶/中断/衰弱/分解,分析,分類」という意味を持っており、この中のどれが文脈に合うかを考えます。
この項で使った意味で考えた場合、実際には『分解,分析,分類』を併せ持った概念ですので、この中のどれというわけにはいきません。
これを「分解」「分析」「分類」のうちの一つと考えると間違ってしまいます(文章を和訳する場合には、どれかを選ぶことになりますので、読者は誤解しやすいと思います)。

要するに、その言葉から連想されるイメージ(またはイメージの幅)が異なっていると言えます。
そういう意味では、英語圏の人が「kitchen」でイメージするものと日本人が「台所」でイメージするものは異なります。
「restroom」は「トイレ」ではなく、「bath」は「風呂」ではありません。
英語をカタカナにしたものも同じで、一般的な「システム」のイメージと「system」は異なります。
それらの言葉を取り入れる際に間違うのか、または取り入れる人は周辺の概念までわかっているが一人歩きした後に間違うのか……はわかりませんし、実際には各々によって異なると思います。
日本語に訳し、日本に定着することが悪いのはなく、間違った状態で定着するとデメリットが発生する可能性がある(つまりリスクです)と言うことを認識する必要があります。

そういう意味では「Risk Management」は「Risk Management」であり、「危機管理」ではないと思っておいた方が間違いないと言えます。

(続く)

 Risk Management(S)
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ・言葉は文化ですから、その文化の中で対象となる言葉の位置が理解できていなければ、誤用にしかなりません。
 ・言い換えれば、対象となる言葉の周辺にある概念をも含めたものが、その言葉が意味するものです。
【注②】
 ※参考:【政治】政治について
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #02(マニフェストと政権交代)
2010年03月17日 (水) | 編集 |
自民党が好きなわけではないのですが……。

政権が民主党に移ってから何が変わったでしょうか。。。
簡潔に言えば「政治を混乱させただけで、何も変わっていない」と言わざるをえません。
よく「まだ政権を取ったばかりだから……」という話を聞きますが、戯言としか思えません。
国(国民)全体を相手にしている者が「まだ……」等と言うなら、最初から政権交代などと口にしないことです。
子ども(小学校の高学年)でも言い訳にもなっていないことに気が付くと思うのですが……。
「次の内閣(影の内閣)」は、政権交代しても政治を混乱させずに国を運営できるという前提で作られるものであり、その責任を果たせるという前提で示されるものです。
「政権を取ってみたら混乱しました……」では話になりません。

マニフェストにしても票集めの道具でしかなく、政権を取って予算策定したのですが、何を現実にしようとしたのでしょう???
 ・高速無料化⇒やるかどうか不明
 ・暫定税率⇒名前を変えただけで実質変わりなし
 ・子ども手当⇒「財源を確保した上で……」の前提がクリアされていない
 等々……
結局、何がしたかったのか?理解できません。
現状では、夢物語を「マニフェスト」という言葉に置き換え、公言していたとしか思えません。

その上に起きた総理、幹事長、議員の「政治と金」の問題……。
このペースは、自民党時代よりヒドイのかな~と思います。

国民が民主党に票を投じたのは、「自民党とは違う」というのが前提です。
総理が色々と自民党に追求されて「自民党もやっていたことだから、言われたくない」という内容のことを口にした時点で「自民党とは違う」という前提が崩れています。
「自分のことは棚にあげて……」ということでしょうが、それを激しく追求していた側が同じことをしたのでは……さらに「自民党もやっていたのだから……」と第三者にわかるようにアウトプットしてしまうのは、さらに悪いのではないでしょうか。
民主党の「本当」はドコにあるのでしょうか?
テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記