【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】説明責任
2010年04月18日 (日) | 編集 |
巷では「説明責任」という言葉が飛び交っています。
何でも……「説明責任」が出てきます。
間違ってほしくないのは、説明責任を負うのは『本来は何かを決めた決定者である』ということで、決して決定された何かを運用する者ではないということです。
決定が理事会であれば説明責任は理事会にありますし、役員会であれば説明責任は役員会にあります。
国の制度であれば国会議員ですし、県の制度であれば県議会議員ですし、市区町村の制度であれば市区町村の議員に責任があります。【注①】
決定に至る経過は、決定者しかわからないので当然のことなのですが、色々なところで運用しているだけの者に「説明責任」を問っている姿を目にします。
それを第3者がする分には、まだ許される面があるでしょう(それでも本来は変なのですが)が、決定者側が運用者側に説明を求めるのは筋違いであり、責任放棄(または責任の押しつけ)でしかありません。【注②】
それゆえ決定者の立場は上位者であり、その責任が重い分だけ収入も大きいはずなのですが……。


【注①】
・議員に決定権を与えたのは住民であることから、議員個人の責任ではないという意見もありますが、個別の決定事項全てを説明した上で決定権を行使していない限りは、やはり議員個人の責任です。
【注②】
・そういう意味では、民主党が主張する「政治主導」という考え方そのものが矛盾です。
・決定権を持っている以上、そもそも主導していたのは政治家でしかなく、それは何を言っても覆るものではありません(嫌なら、決定しなければ良いだけのことですから)。
・そういう意味でも民主党は「言葉遊び」をしているようにしか見えません。
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【整体】ブルブル調整器
2010年04月18日 (日) | 編集 |
昨日、近所の人に整体を頼まれました。
その時に使用したのが、写真の『ブルブル調整器』と言う機械です。

buruburu

これは、相手に当たる面(写真の青い部分)の角度を状態に応じて調整しながら使用するもの(要するに角度を変えることができるようになっています)で、その名のとおり『ブルブル震えることで』歪みを調整するものです(震える強さも調整できます)。
だいたいは「ただの震えるマッサージ機」だと思われていますが、実際には歪みに対してセットする方法が決まっており、状態に応じて角度を変えながら使用することで歪みを調整しています。
oshicon【参考】と同様、手では困難なことをするためのもので、手で施術すると痛い場合でもブルブルを使用すると痛くなかったりします。
とても重宝しています。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記