【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】民主党政権 #18-03(女性議員転倒@引くに引けなくなったのか……)
2010年05月17日 (月) | 編集 |
報道を見ると、民主党が提出した自民党 甘利氏に対する懲罰動議の話題で持ちきりです。【注①】
どのように動画を見ても、押しているようには見えないにも関わらず……です。
そもそも「転んだ」ということは事実ですが、現状では「押された」というのは何も根拠がありません。
仮に「押された」という事実があったとしても、それと「転んだ」という事実の因果関係もハッキリさせなければなりません(動画を見る限り、「押された」ようには見えませんが……)。

この件については、余りにも早く動画や写真がインターネット上を駆けめぐり【注②】、発言の是非や事実関係に疑惑が上がっています。
また興味を持って色々と考えて動画や写真を確認している人も多いようです。

このような状況から考えると、時間が経てば経つ程、色々な角度からの検証が可能となりますから、時間を掛けるわけにはいかない……そういう判断ではないかと疑ってしまいます。
要するに「押された」ということに対する信憑性が疑われていますから、早期に決着をつけたいため……ではないか?ということです。
もしくは……拳を振り上げたは良いが、降ろす場所が……ということで、引けなくなってしまったためでしょうか……。

そもそも国会という場で、『委員でもない民主党議員集団から執拗に物理的な議事妨害を受けたので、立ちふさがる議員を押しのけて前に進もうとしただけ【注③】』であれば、まずは国会運営を妨害した側が懲罰の対象になるべきだと思います。【注④】
その上で……であれば、まだ話はわからないわけでもないのですが……(かなり好意的に見て……ですが……)。

動画は、色々なところにUPされています。
民主党議員や関係者は、その目で事実関係を確認すべきです。
転倒については、「採決の際、背後から不意に押されて前のめりに倒れる格好となった」と説明しているようです。
この説明と押した者を自民党 甘利氏と仮定して動画と照らし合わせると、
 (1).押したと言われている人に腕が3本以上あること
 (2).見えないところを迂回して押すことになりますから、押した腕は極端に長いこと
が条件となります。
こんな条件を満たすことが考えられるでしょうか?
冤罪以外に考えられないのですが……。
内閣や民主党への様々な批判から目を反らすためのモノでしょうか???

前に書いたこと【注⑤】と合わせて、誰かキチンと説明してくださいませ……。


【注①】
 ※参考URL:gooニュース 自民・甘利氏に懲罰動議=民主
 ※参考URL:読売オンライン 民主、三宅議員負傷で自民・甘利議員に懲罰動議
 ※参考URL:日刊スポーツ 「三宅事件」で民主党が甘利氏に懲罰動議
 ※参考URL:日テレニュース24 三宅議員ケガ 民主党、甘利氏に懲罰動議
【注②】
 ※参考URL:三宅雪子議員転倒騒動、検証動画続々投稿される
【注③】
 ※参考URL:転倒三宅雪子議員に批判殺到 車イス・松葉杖「わざとらしい」
【注④】
・共産党は好きではないのですが、真っ当なことが書いてあるので……。
 ※参考URL:長時間の衆議院本会議…昨日の内閣委員会の「乱闘?」騒ぎ・・・(宮本衆議院議員)
【注⑤】
 ※参考:【政治】民主党政権 #18(女性議員転倒@情報弱者???)
 ※参考:【政治】民主党政権 #18-02(動きが理解できない……)
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #18-02(女性議員転倒@動きが理解できない……)
2010年05月17日 (月) | 編集 |
動画を見ながら、位置関係と動きを図にしてみました。

**********************************************************
(参考図-A)
     ◇
   ┌────────┐
   │   机        │
   └────────┘
◇  ◎            ▽
◇★
◇ ▲┌──┐   ★:突き飛ばされたと言われている女性議員
◇ ■│   │   ▲:間に立つ男性議員
◇  │机  │   ■:問題になっている男性議員
  ◇ │   │   その他の記号:現場にいた他の者の位置
----------------------------------------------------------
・この位置関係から■が▲に手をかけて揺さぶっているように見えます。
・その後、■が▲を図の上方に押しているように見えます。
**********************************************************
(参考図-B)
     ◇
   ┌────────┐
   │   机        │
   └────────┘
◇  ◎            ▽
◇★   △
◇ ▲┌──┐   ★:突き飛ばされたと言われている女性議員
◇ ■│   │   ▲→△:間に立つ男性議員
◇  │机  │   ■:問題になっている男性議員
  ◇ │   │   その他の記号:現場にいた他の者の位置
----------------------------------------------------------
・参考図-Aから■が▲を押すことによって、▲→△への動きが発生しています。
・この時点では、★は少し前方(図では右側)への動きが生じています。
**********************************************************
(参考図-C)
     ◇
   ┌────────┐
   │   机        │
   └────────┘
◇  ◎   ※        ▽
◇★       △     ☆
◇ ▲┌──┐   ★→☆:突き飛ばされたと言われている女性議員
◇ ■│   │   ▲→△:間に立つ男性議員
◇  │机  │   ■:問題になっている男性議員
  ◇ │   │   その他の記号:現場にいた他の者の位置
----------------------------------------------------------
・参考図-Bから★→☆への動きが発生します。
**********************************************************

以上が、一連の動きになると思います。
どうする(なる)とこのような動きになるのか……理解できません……。


▼▼▼追記に上記の図を見て思ったことを書いています。▼▼▼
▼▼▼興味がある方は、続きを読むをクリックしてください。▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【仕事】評価主義・成果主義 #04-03
2010年05月17日 (月) | 編集 |
前回【参考】の続きです。

さらなる問題は、この制度で高い評価を得た者が望めば、制度上、昇進されるなければならなくなってしまうことにあります。
もともと「より多くの収入を得たい」とか「より高い地位を望む」場合、頑張って成果を出せば「それに見合うものをBackする」のが制度の根底にあります。
頑張って成果を出したにも関わらず「それに見合うものをBack」されないパターンが出てしまうと、全体の志気が下がりますし、制度の運用を危うくします。
頑張った動機が「より多くの収入を得たい」であれば企業側が支払えば良いわけで、そこには〔頑張った個人〕と〔企業〕の関係性だけしかありません。

問題が出るのは、頑張った動機が「より高い地位を望む」場合です。
「より高い地位を望む」者にその地位で活躍できる素養があれば問題ないのですが、往々にしてそうでないケースが見られます。
「指揮官に求められるもの」と「兵隊に求められるもの」が違うように、企業においても「管理者に求められるもの」と「実務者に求められるもの」は違うわけです。
実務者が管理者になりたいからと頑張って成果を出し、その評価によって「より高い地位」を与えてしまい、その部署の動きが悪くなった例は珍しいものではありません。
こうなると頑張った個人と企業の間の問題だけでなく、その部署に配属されている者にも影響が出ます(部署内全ての者の評価に影響が出ます)。
このため、実務者⇒管理者の部分でペーパー試験を導入している企業もありますが、ペーパー試験では人を動かせるかどうかの判断はできません。
その一方で実務者としては能力は低いものの、管理者としては能力が高い人がいます。
「名選手、名監督にあらず」やその逆は、ここでも同じです。
こういう人を昇進させる制度になっていなければ、企業にとってはマイナスとなります。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #18(女性議員転倒@情報弱者???)
2010年05月17日 (月) | 編集 |
今朝のニュースで、民主党の女性議員が足を負傷しているとの報道がありました。
これについて、『民主党は14日、12日の法案採決の際に三宅雪子議員が転倒してケガをしたのは突き飛ばされたためだとして、自民党・甘利明元経産相に対する懲罰動議を衆議院に提出した』とのことです。【注①】

この時の状況は色々とUPされていますので、見ていただけば良いのですが……。【注②】

動画を見て思うのですが、「問題になっている男性議員」が「突き飛ばされたと言われている女性議員」に触れているようには見えません。
あるとすれば、「問題になっている男性議員」に押された男性議員と足が絡んでしまったとか……そういう別の間接的要因でしょうが……。
それでも動画から見る限りでは、そこまでの転び方をするような状況とは思えません。
民主党の山岡賢次国対委員長は「甘利さんが三宅さんを2メートル先まで突き飛ばした……」と指摘したようですが、人間を2m先まで突き飛ばそうとするとどれだけの力が必要でしょうか?
普通に考えれば、そんなに簡単には2mは突き飛ばせないことは理解できると思います。

また、「突き飛ばされたと言われている女性議員」は国会中に足を組んだ姿を新聞記者に写されており【注③】、松葉杖や車いすを使っていた人とは思えません。

今回の件の動画を見て、「サッカーの試合でファールを狙って大袈裟に転ぶ選手の姿」を思い浮かべました。【注④】
まあ、現在の情報化社会でこのようなことが起きた場合には、その状況は外部に情報として流れ出ます。
良否は別として……当然、インターネット上に動画が出ることは考えておくべきです。
この程度のことは、「今、何をしなければならないのか?」を議論する国会議員であれば知っておくべきことですから、「民主党は情報弱者の集まりか?」と言われても仕方ありません。
この程度のCheckをしないで国会という場で発言したことは、国会を混乱されたということであり、こちらに懲罰動議の提出をするべきだと思います(もちろん「突き飛ばされたと言われている女性議員」も同様に懲罰動議の対象とするべきでしょう)。

ついでですが……このような変な出来事をCheckするためにも政治倫理審査会等も映像で保存し、公開すべきだと思います。

※柔道や空手をしている人間としては、「触らないで2mも人間を飛ばせるようなことができるのであれば、是非ともその技術を教えてほしい」と思います。


【注①】
 ※参考URL:三宅議員ケガ 民主党、甘利氏に懲罰動議
 ※参考URL:小沢ガールズ名誉の負傷? 三宅議員が車いすで国会に
【注②】
 ※参考URL:三宅雪子議員転倒 超スロー再生
 ※参考URL:転倒時の様子(gif)
・他にもインターネット上にはたくさんの画像がUPされています。
・記事も【三宅転倒】で検索すると、たくさんヒットします。
【注③】
 ※参考URL:sankei.jp.msn.comから
【注④】
・こんなことをしたいのであれば、民主党は野球選手ではなくサッカー選手を公認すべきでしょう……。


▼▼▼関連記事(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記