【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【仕事】評価主義・成果主義 #05-01
2010年05月24日 (月) | 編集 |
評価主義・成果主義のデメリット面ばかりを強調してきましたが、これまで(評価制度・成果制度の導入前)比較することがなかったのか?と言われれば、実際には「~長」になれる人は限られていたことから「あった」わけです。
これを流行に乗って導入し、表面化したにすぎなかったのですが、雇用者側が(賃金抑制を目的として)強制的に導入したために、それまで「何となく……(要するにナアナア)」で済んでいたこと(これまで書いたデメリット面)が前面に出てしまいました。
それまでは「実は不利益を受けていた」ということがあっても「ナアナア」で済んでいたところが、賃金体系に直結したために「ナアナア」では済まなくなったことが問題の根底にあります。
併せて、この制度が「働き方を選ぶことができる制度」であることから、これまでは「何とか頑張ってくれ!」と言えたケースでも言いにくくなり、「今のままで良いです」と言う権利を与えてしまいました。
わかりやすく言えば、雇用者側がデメリットやリスクを考えず導入したことの副作用が強烈に出ているのが現状です。

また、今のように不景気でリストラを見せられる時代において、若者達がリストラされにくい企業を求め始めていることも問題を大きくしてしまいました。
企業としては優秀な者を採用したいが、企業として終身雇用制度を止めてしまったので、優秀な者から横を向かれてしまった状況になりました。
企業としてのクォリティを維持するためには、それなりの人員が必要となります。
優秀な者であれば2人でできることを、そうでない者では3人必要となってしまうためにマクロでは人件費が増える結果を生んでしまった面がありますし、せっかく育った者が「より良い環境を求めて」辞めやすい環境になってしまいました。

これらを企業の経営者側が理解した結果、せっかく導入した評価制度・成果制度を年功序列制度に戻すことになったわけです。
これまでもあったにも関わらず……と言うことと合わせて考えると、制度を強調することが日本の風土に合わなかったと言うことに過ぎないのですが……。
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #14-02(検察審査会@圧力がかからないことを願っています)
2010年05月24日 (月) | 編集 |
民主党幹事長が検察審査会から「起訴相当」の判断を下しました【注①】が、それに対する検察の再捜査の結果が不起訴になりました。【注②】
これについては、目前に迫った参議院選挙への影響を考慮したためか……等……色々と噂されています。【注③】

裁判員制度も同じですが、法律の専門家の判断とそうでない者の判断に差があることは最初からわかっていたことです。
その差について、民意とかけ離れているという理由で法改正を行い、今の状態になっています。

今回の検察の判断と検察審査会の判断、どちらが正しいのでしょう???
法治国家ですから最終的には法によって判断されたことを正としなければならないのでしょうが、今回のようなケースで政府与党内に司法制度見直しについての議連を発足【注③】したりすることがあると、法そのものが与党の益のために改正されている可能性がありますから、本当に正として良いのかどうか?疑問です。
また、そのようなことがあって……の検察の判断ですから、何らかの圧力がなかったとは言えません。
したがって、正と言い切ることができるのかどうか……甚だ疑問が残ります。

今後、検察審査会で再度審査が行われます。
変な圧力がかからないことを信じていますが、民主党が与党になって幾つものウソが表面化しており、それに対して誰も責任をとっていない状況を考えると……また前回の司法制度見直しについての議連を発足の経過を考えると信じ切れません。
圧力がかからないことを願っていますし、法治国家である以上そうでなければならないと思います。


【注①】
 ※参考:【政治】民主党政権 #14(検察審査会)
【注②】
 ※参考URL:小沢氏再び不起訴
 ※参考URL:小沢氏を再び不起訴処分 検察審、2度目の審査へ
【注③】
 ※参考URL:【主張】小沢氏再捜査 「不起訴」の結論ありきか
【注④】
 ※参考:【政治】民主党政権 #15(圧力……)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #18-09(女性議員転倒@圧力……???)
2010年05月24日 (月) | 編集 |
前回、書いたとおり、この件で最も議論されなければならないのは、
・女性議員が転倒したのは、衆議院内閣委員会が行われている会場の中であり、転倒した場所は委員長席の前であること。
・この場には傍聴者等は立ち入ることができませんから、そういう意味では転倒した議員は『衆議院内閣委員会への乱入者』であるとも言えること。
・この行為は、それ自体が正常な国会審議を乱す行為ですから、この時点で排除されるべき者だということ。
であり、このような議論の場である国会をバカにしたような行為について……ではないかと思います。

にも関わらず……マスコミ報道で出てこないのは何故でしょう???
前回も書きましたが、この行為は、委員の審議権妨害に当たりますから、議論を阻害する(厳しく言えば「破壊する」)行為であり、議会制民主主義に背を向ける行為です。【注①】
したがって、国民はキチンと知る必要があります。
しかしながら……マスコミ報道で出てきません。
どこかから圧力がかかっているのでしょうか???

転倒したことについての報道は幾つかあることを知っていますが、「乱入」については知りません。
転倒したことについての日本テレビ『爽快情報バラエティー スッキリ!!』の内容は、転倒した議員に厳しいもので、
【テリー伊藤】
・ボクがけがをしてこの番組に出たら、包帯したうえに上着を着ます。
・それを、わざわざスカートをはいてきて、これみよがしに包帯を見せるというのは、ちょっといやらしい感じがする。
【加藤浩次】
・もう笑っちゃってしょうがない。
【テリー伊藤】
・自分の置かれた立場がわかってない。
【勝谷誠彦】
・プロだったら、仕事の場でけがをしてもそのキズをみせないようにする。
・国会議員だから、堂々と松葉杖つけばいいんで、われわれの世界では、こういうのを当たり屋っていう。
という内容で、当然と言えば当然なのですが……。【注②】

またTBSテレビのバラエティー番組『サンデージャポン』では、西川史子氏(医師)が、「打撲であれば車椅子や松葉杖など必要ないし、足を組むことは出来ない。自作自演と言われても仕方ない」と批判しており、こちらも転倒した議員に厳しいものでした。

この勢いで、「乱入」についても取り上げてほしいと思います。


【注①】
 ※参考URL:高木美智代(公明党)ブログ
 ※参考URL:宮本たけし(共産党)HP
【注②】
 ※参考URL:三宅議員と民主党の「車イスに松葉杖、包帯姿」わざとらしい!

【参考】
 ※参考URL:三宅雪子議員の転倒騒動@Wiki
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記