【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【医療】医療ミス
2010年05月25日 (火) | 編集 |
今でこそ空手や柔道の黒帯を持っており、それなりの体格をしていますが、幼少の頃は病弱で何度も病院のお世話になりました。
そもそも喘息持ちでしたから夜も座ったままで寝たりしましたし、夜中に高熱を出して掛かり付けの小児科医を起こして診察してもらったり……そんな子どもでした。

まあ……生まれた時点が「今なら医者の判断ミス」と言われるだろう状況から搬送され、帝王切開で生まれてきて、その後は喘息持ちでしたから、医療機関との付き合いは濃いとは思います。
医療機関との付き合いが濃いということは、必然的に医療ミスに出合う確率も大きくなるということです。
その中に幾つのミス(大小色々あるでしょうが……)があったのかはわかりませんが、確実にミスだったと言えるのが投薬ミスです。
病院で薬を処方されたのですが、その薬を服用し始めてから体調が悪くなりました。
そこで他の病院に行ってみると……「薬が違う……」とのことでした。

出生時の判断も投薬も……今であれば「医療ミス」に含まれる事例ですが、運良く後遺症が残るようなことはありませんでした。
これらは結果が違った(良かった)だけで、「医療ミス」が存在したことは違いはありません
では、この結果の違いは何が違ったからなのか……。

医療は、もともと「そういうもの」だろうと思います。
以前、整体の項で書きました【注①】が、医療においても最大のリスクファクターは間違いなく個体差でしょう。
医学は学問ですから、各々の理論や実技には何らかの前提(条件)が存在します。【注②】
医療行為は、学問の一分野である医学を社会の中で運用する行為ですから、各々の行為は「何らかの前提(条件)」の中でしか成立しません。
したがって、同じコトをしても個体差によって反応が違う可能性があることを前提に受けなければならないものです。

最近は、同じことをしても……結果が良ければ訴えられることはありませんが、結果が悪ければ訴えられてしまいます。
また、同じようなミスが存在しても、結果としてデメリットがなければ「医療ミス」になりません(デメリットがあった場合のみ「医療ミス」と言われます)。
同じコトをしても、ミスと言われる場合と言われない場合がある……。
これは変だと思いませんか?

結果を後から色々言うことはできるでしょうが、個体差によって……は良くも悪くも証明できないものが多々あります。
本来は「結果が良かったからミスはなかった」とも「結果が悪かったからミスがあった」と言い切れるわけではありません。

昨今の医療裁判を見ていて、そんなことを思います……。

 medical(S).jpg
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ※参考:【整体】最大のリスクファクター
【注②】
 ・もともと学問上の知識には、各々の理論が成立するための前提(条件)が存在します。
 ・言い換えれば、その条件下にないものについては成立するかorしないかは不明であるということになります。
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー vs 猫
2010年05月25日 (火) | 編集 |
先日、まーふぃーの散歩の途中で猫と出合いました。
その猫は野良ではないようで、近づいても逃げるわけでもなく、近づくまでジッとしていました。
で……まーふぃーが近づいて行き、50cmぐらいの距離で見つめ合っていました。
まーふぃーと猫が見つめ合っているので、猫を撫でたりしていたのですが……。
事件が起きました。
まーふぃーが尻尾をブンブン振りながら接近した瞬間……見事な猫パンチを腕(前足)にくらい、キャン!と鳴いて退散しました。。。
その後も猫と遊びたいようで……私の影から顔だけ出して猫を見ていたのですが、猫に相手にしてもらえませんでした。

P1030602.jpg

近所の犬との関係を見ても、カナリの根性無しとは知っていましたが、猫に負けるとは思っていませんでした。
どう見ても猫の3倍はあると思うのですが……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #09-02(事業仕分け@無駄って?)
2010年05月25日 (火) | 編集 |
また「公開での弱い者イジメ」が始まっているようです。
いい加減、ウンザリなのですが……。

税金の無駄遣いを省くため!を高らかに謳っていますが、民主党政権が実施している施策そのものに無駄が多く見られます。
今のように"無駄"を定義することなく"無駄"だと言っても信用できるはずがありません
結局、民主党という視点から無駄に見えるモノを省き、他の無駄にお金を入れている……そんな風にしか見えません。
逆の言い方をすれば、民主党がやりたい無駄なコトのために、アチコチから"無駄"という名目でお金を集めている……その程度のことなのではないでしょうか?
事業仕分けで言われる"無駄"とは???何なのでしょうか?

利用者が少ないから無駄!、無料で使わせる必要はない!……等、数字だけしか見ていない人たちが言いそうなことではあります。
世の中、数字の辻褄合わせだけで上手く回っていくのであれば、そんな楽なことはありません。
私の身近なところに話を戻しても、「利用者が少ないから無駄!」とか「無料で使わせる必要はない!」というものが"無駄"と言われれば怒りたくなることは多々あります。

例えば、私が関わっている柔道教室は、今でこそアル程度の人数がいますが、一時期は10人以下で柔道場2面を使って教室をしていた時期があります。
「利用者が少ないから無駄!」と言われれば、こんな無駄はありません。
また、柔道教室では実費のみ集金(道場借上料と試合参加費と保険)していますから、講師の先生方の厚意で成り立っている面があります。
それでも『柔道教室という場があるからできること』もありますので、今のところ『柔道教室という場』を維持していくように考えています。

そもそも「場がある」のと「ない」とでは、全く事情が異なります。
どんな組織でも「ある」と「ない」では、その周辺にある様々なモノの動き方が変わってきます。【注①】
事業仕分けを見ていると、そういう視点がないのではないか?と思います。


【注①】
・特に文化的な要素の強いモノや開発系のモノについては、そういう意味は大きいと思います。
・単純に算数だけで"無駄"かどうかを切り分けられるモノは、そもそも算数で考えることができることだけです。
・そうでないものについては、様々な要素を色々な形で勘案する必要があります(Risk Managementの基本です)。
・そういう前提でモノを見ているのかどうか……前提自体が間違っているのではないか……と思います。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記