【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】民主党政権 #19-05(口蹄疫@国連)
2010年05月27日 (木) | 編集 |
民主党政権は、「宮崎で拡大している感染症を含むために専門家にチームを送るという国連食糧農業機関による提案を断りました」との報道がありました。【注①】

本当に……何を考えているのでしょう???
口蹄疫が、感染力が強い疫病である以上、何らかの対応や今後の対策は必要ですので、専門家の意見は重要です。
特に今後、同じような状況を起こさないことは重要なはずですから、国連のチームを断る理由が理解できません。

感染経路については確定できていませんが、中国からではないか?……という可能性が高いようです。【注②】
現状では「可能性が高いようです」という状況ですから、本来は原因を追及しキチンと対策を取らなければならないはずですが……。
ヤル気があるのでしょうか???

口蹄疫発生からの対応は遅い、今後の対策をキチンと取ろうとしていない……。
今回の口蹄疫蔓延をどう考えているのでしょう???

口蹄疫発生からの対応が遅かった……ということは、宮崎県内で収まるのかどうか……不安です。


【注①】
 ※参考URL:Gov't to compensate farmers for losses due to foot-and-mouth disease
 ▼日本語訳は「続きを読む」をクリックしてください。
【注②】
 ※参考URL:口蹄疫ウイルスどこから侵入 同型確認の韓国、中国から?
[続きを読む...]
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【組織】異端児の必要性
2010年05月27日 (木) | 編集 |
組織を運営しようとすると、異端児の存在が問題になることがあります。
要は「話がまとまらない」とか「和を乱す」とか……で問題になる場合が多々あるということです。

この発想は短期的に見れば正しいのですが、長期的には……というより根本的には間違った発想です。
組織論では『同じ規格で構成されたモノは、致命的な欠陥を持つ』とよく言われます。
わかりやすく言えば、『同じ規格で構成されると、そこに構造的な欠陥があったとしても、それを欠陥として認識することができない』ということであり、これが『致命的な欠陥』と言われるものです。

組織を考える場合、必ず異端児を含んでおくことが必要です。
この働きを第三者機関に委ねるという考え方もありますが、別項【注①】で書いたとおり見えないものが多すぎます。
見えないものが多い状態は「判断する情報が不足している」ということですから、正しい判断ができないということと大きな差はありません。
したがって、ベターな方法は「異端児を組織内においておく」こととなります。
このことをManagement側が認識しておく必要があります。


【注①】
 ※参考:【社会】第三者機関
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #01-02(責任@二枚舌)
2010年05月27日 (木) | 編集 |
毎日毎日、ネタを提供している現政権ですが……、とうとう二枚舌を公に使い始めました。
普天間基地問題で、
 ・対アメリカ向け……移設先として「名護市辺野古」を明記する
 ・対国内向け……移設先として「名護市辺野古」を明記しない
との方針で話を進めているようです。【注①】
ダブルスタンダードと言うには、あまりにも愚かな進行にあきれてしまいます(普通は、もう少し上手にするのですが……)。
自民党政調会長が「子どもに失礼だが、あまりにも"子どもっぽい"」と言うように、小学生でも言わないような言い訳を連発しています。
例えば、アメリカと移設先を辺野古で合意したことについて、「現行案ではない」と言いますが、国民にとって現行案かどうかの論点は「辺野古にするかどうか?」であって、細かい差異は問題ではありません。
そういう意味では、国民目線を持ち合わせていない……ということなのでしょう。。。
そもそも……
 ・4年間でマニフェストを実行する → 外国人参政権や夫婦別姓など、マニフェストに無い法案を全力で推進
 ・子供手当てを出します → 満額支給断念 地方が負担(国籍不問=在日、出稼ぎ外国人が母国に残して来た子供にも支給、養子でもok)
 ・埋.蔵.金を発掘します → 埋.蔵.金.はあり.ませんでした
 ・公共事業9.1兆円のムダを削減 → 削減は0.6兆円だけ
 ・天下りは許さない → 郵政三役を天下りさせた
 ・公務員の人件費2割削減 → 法案を再来年以降に先送り 天下り先も無くすと更に肥大化
 ・増税はしません → 扶養控除、配偶者控除の廃止、タバコ税と酒税を増税、相続税と内部留保課税、消費税、所得税の増税も検討、環境税導入も検討
 ・暫定税率を廃止します → 維持しました(自動車取得税、自動車重量税、軽油取引税、揮発油税 ・地方道路税)
 ・赤字国債を抑制します → 過去最大の赤字国債を発行(総額44兆円)
 ・クリーンな政治をします → 鳩山小沢北教組の違法献金と脱税 現職議員逮捕、議員辞職も離党もせず
 ・沖縄基地は最低でも県外に移設 → 県外移設断念 「『最低でも県外』は民主党の公約ではなく、私自身の代表としての発言」(鳩山)
 ・内需拡大して景気回復をします → デフレ進行、景気対策補正予算の執行停止 CO2 25%削減表明、鳩山不況に突入しました
 ・コンクリートから人へ → 道路整備事業費が608億円増(民主の弱い選挙区へ) ホワイトビーチ埋め立てに一兆円
 ・高速道路は無料化します → 土日1000円やめて値上げします
 ・ガソリン税廃止 → そうでしたっけ?フフフ
 ・消えた年金記録を徹底調査 → 「年金記録を回復する必要性は薄れた」(長妻)
 ・医療機関を充実します → 日本の医師免許を持たない外国医師の診療を可能にする制度改正を検討
 ・農家の戸別保障 → 政府米買入れ廃止で米価暴落、農家悲鳴
 ・最低時給1000円 → 何それ
 ・消費税は4年間議論すらしない → 「大いに議論していく」
 (http://wwwnews1.blog34.fc2.com/blog-entry-846.htmlから)
という状況では、何を言っても国民の多くは信用しないでしょうが……。

話を戻しますが、普通に考えれば……日米合意で「移設先として名護市辺野古を明記」した時点で、バックはできなくなります(できたとしても多大な労力と時間を必要とします)。
国際的な契約は、それだけの意味と重みを持っています。
要するに国内向けに「移設先として名護市辺野古を明記しない」としても、意味はありません。
まあ、マニフェストという言葉で選挙を闘っても、その契約を簡単にドコかに捨ててしまう人たちに言っても仕方がないのですが……。

これに伴い、社民党はドウ動くのでしょう???
社民党党首は、米軍普天間飛行場の移設先として「名護市辺野古周辺」が日米共同声明に明記された場合、鳩山政権が閣議に諮る政府声明などの関連文書が「辺野古」に触れていなくても署名を拒む考えを明らかにしています。【注②】
まあ、当然と言えば当然の行動なのですが、民主党にソコまで勝手にされて今も連立政権内にいること……その時点で選挙中の発言はドコに行ってしまったのか???なのですが……。
結局、与党でいたい!ということなのでしょうか???
このまま与党に残るようであれば、社民党も民主党と"同じ穴の狢(おなじあなのむじな)"ということでしょう。
大臣の罷免についても「相手の判断に任せる」というようなことを言っています【注③】が、普通はココまで意見が異なるのであれば、自ら進退をハッキリされるべきでしょう。

本当に……この政権に『ホント』はあるのでしょうか???
無責任もココまでくると……政治家って何なのでしょう???


【注①】
 ※参考URL:普天間移設、米向け「辺野古」 政府方針には明記せず
【注②】
 ※参考URL:普天間政府方針、福島氏「辺野古明記なくても署名拒否」
【注③】
 ※参考URL:在日米軍再編:普天間移設 日米声明と二枚舌 政府方針「辺野古」抜き
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記