【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【仕事】評価主義・成果主義 #05-02
2010年05月31日 (月) | 編集 |
前回【参考】の続きです。

そもそも論になりますが、この制度は「同一の作業をする者を多数雇用している」環境で、「その作業内容によって企業が莫大な収入を得る可能性がある」という場で作られたものです。
それなりに働く者も必要、でも最先端のことをする者も必要という企業で、その働き方を個人に委ねる(選択させる)余裕があり、最先端のことをする者が何か大きなメリットを企業に与えることをした場合には、それに見合った収入を担保するというのが前提となっています。
したがって、何年間かかけて企業が得るであろう収入の見込みを算出し、それに見合ったものを「その時点で」支払うだけの資力を必要とします評価主義の"評価"/成果主義の"成果"は年単位で決定されるものですから、支出も年単位でに精算することになります)。

そうでない場合の導入成功例としては、起業したばかりの会社であることです。
この場合には、優秀な者を集め、限界まで働いてもらうという材料として短期的には上手く機能する可能性があります(安定期に入ると機能しなくなりますが……)。

そういう環境でない場で取り入れるのであれば、最初から「特に優秀な者」に特別手当を支給するための制度としてか、「特に不良な者」に対して減給を含めた処分を行うための制度として(もしくは両極端だけを対象とする)設計しなければ運用はできません。
これを企業内全員に対して評価しようという制度設計をするから、無理(歪み)が出ているわけです。

今後、我が職場の評価制度がどうなるのかわかりませんが、上手く機能しないだろうなあ……とは予想しています。

スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #03-03(政権運営@連立政権)
2010年05月31日 (月) | 編集 |
先日、テレビをみていると与野党の国会議員が何人か集まって、討論のようなことをしている番組が放映されました。
この中で、現与党で連立を組んでいる政党の国会議員が、「アメリカは世界中から軍を本国に引き戻すような方向で動いているのだから、沖縄に軍を残す理由はない」というようなことを言っていました。
この発言にはショックを受けました。

確かに少し前までは、「米軍を本国に引き戻す」ような方向で動いていたのは事実です。
しかし、これは前政権時の話であり、現政権は駐留を前提に考えています
これは有事の際に出動したとしても、どうしても「お客様扱い」になってしまい、上手く連携できないということが考えの中にあるからです。

少し情報を集めれば、これぐらいのことは見聞きできますが、そういうことをしていないのか?それとも都合の悪いモノは排除してしまうのか?……。
こんなレベルで日本を動かされては……と思います。【注①】
冗談ではない……そう思います。
連立を組むにしても、数合わせは止めてほしいものです。

------------------

【注①】
 ・そういう人だけではないとは思いますが……。
 ・テレビで他党の人の中で討論すると、口べたなだけでも……能力に大きな差があるように見えてしまいます。
 ・メディアに出るということは、その人が属する集団(ここでは政党)のイメージになってしまうということを考慮して、人選すべきでしょう。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #01-04(責任@政治家の言葉の重さ……)
2010年05月31日 (月) | 編集 |
以前、「野党時代にアレだけのことを言っていたのですから、キチンと説明責任を果たしてほしいと思いますし、キチンと責任を取ってほしいものです」と書きました。【注①】
これだけ国内外を騒然とさせている以上、現時点で責任をとるつもりはないのでしょうか?
多くの国民の希望とは異なる子ども手当、どうなるのか先が見えない沖縄米軍基地の移設、方針が二転三転する高速道路無料化、全く効果が出てこない経済対策……。
既に総理大臣の辞任、または内閣総辞職していてもおかしくない状況です。

世論が同じような感じになった時、野党時代の民主党は何を言っていたでしょうか?
二言目には総理大臣の辞任を求め、総理大臣が交代すると「それはおかしい。選挙しましょう!」と高らかに言っていたはずです(街頭演説でも見たことがあります)。
まあ……「秘書の問題は、国会議員の責任」と言っていた人たちが、与党になった途端に「知らなかった」とか「秘書がやったこと」と言っているのですから、責任感のカケラもないとは思いますが……

これで総理大臣の交代でしのごうとするのであれば……完全に国民に対する裏切り行為です。
これまでの言葉の軽さを考えると、そういうことを平気でしそうな気がしますが……。【注②】

------------------

【注①】
 ※参考:【政治】民主党政権 #12(アレコレ)
【注②】
 ・逆に、ここまでの状況になりながら総理大臣が辞任しないのは、与党であり続けたい一心なだけではないか?と疑いたくなります。
 ・マニフェストは契約行為です。マニフェストという言葉を使って選挙に勝ったのですから、契約違反となった場合には、衆議院を解散すべきです。
 ・これについてもアレコレ言い訳して、与党にしがみつこうとするだろうと思っています。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記