【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【Diary】自民党支持者???
2010年06月03日 (木) | 編集 |
インターネット上で検索すると……いくつかのサイトでこのブログが引っ掛かります。
その中で……このブログが『自民党支持者』のもの……そういうレッテルを貼られているようなものがありました。
確かに民主党政権について色々と書いていますから、そう思われても仕方ないでしょう。
ただ、別に自民党を応援しているわけでもないですし、アンチ民主党というわけではなく、「おかしいものはおかしい」とか「ダメなものはダメ」と書いているにすぎません
まあ……あまり民主党の考え方が好きではないことは事実ですが……。

民主党の考え方は、「どこかのグループは益を受けることができるが、そうでないグループは益を受けることができない」ということを露骨にしようとしていますし、そこに「何故そうするのか?」という論拠が乏しいように思います。

税金については別項で書きました【注①】が、そもそも使い道の原則は『所得や財産等(以下「財」で記載)の多寡に関わらず「社会的に受ける恩恵を一律化するもの」』と考えています。
したがって『したがって「一部の人への優遇措置」は、言い換えると「その他の人への不利益措置」となります』、これが基本的な考え方であり、視点です。

また、不就労所得を増やすことは、収入から税金を納めている人とっては不利益となる【注②】ことから、特例でしか認められないとも考えています。

民主党の提示した政策(つまりマニフェストですが)は、この視点が欠けていますので、同意できない部分があまりにも多すぎます。

そもそも……これも前に書いた【注③】のですが、自由を標榜する社会においては『自由に生き方を選ぶことができること……それが前提となっている社会においては、「何かを選んだから、余計な負担をしなければならない」は前提から外れるもの』であり、そうでない制度が増えれば増えるほど自由主義社会から離れ、社会主義とか共産主義国家に近づいていきます
それを是認しようとは思いませんので、『アンチ民主党』のように思われるのだろうと思っています。

まあ……このブログを始めた時点では、民主党が与党だったので、民主党について書いているだけ……という面もあります。
社会的には、与党は「良くて当たり前」です。
逆に言えば、良くなければ日本社会が進むべき方向を間違えますから、良くなければなりません。
それに社会は待ってくれませんから、「少し待って……」とか「もう少し時間をかけて……」という言葉は通用しません。
したがって、書いていることが『アンチ民主党』になっているとすれば、私の視点から見た場合には「民主党がしていることはおかしい」ということにすぎません(その辺り……どう「おかしいのか?」……は、追記に書きます)。
それは視点の問題でしかなく、自民党の視点を肯定しているわけではありません。

------------------

【注①】
 ※参考:【社会】税金 #01
 ※参考:【社会】税金 #02
 ※参考:【社会】税金 #03
 ※参考:【社会】税金 #04
 ※参考:【社会】税金 #05
【注②】
 ・不就労所得が増えれば増えるほど、"労働により収入を得て税金を納める者"と"不就労状態で給付を受ける者"が共同体(国や各自治体)から受ける益に差が拡がります。
 ・そのような環境では、中途半端に所得を得るより不就労所得を得た方が良いという風潮になっていきやすい社会になります(要は真面目に働くことがバカらしいということになってしまいます)。
【注③】
 ※参考:【社会】自由で公平な社会の前提


▼▼▼まだまだ書いてます(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【インフル】ワクチン接種について #03
2010年06月03日 (木) | 編集 |
前回【参考】の続きです。

第3に理解できなかったのが、そもそものワクチン接種によるRISKの説明が足りないということです。

ワクチンは完全に毒性がないわけではありません(完全に毒性がなければワクチンとしての能力がありません)。
ワクチンを接種する場合、キチンと説明しておかなければならなかったこと……それはワクチンに含まれるウィルスで重大な副作用(最悪の場合には死亡)が出る可能性があるということです。
つまりワクチンを接種したから脳症や髄膜炎になるリスクがあるということをキチンと説明しておかなければならなかったということです。

一方でワクチンを接種しなかったからインフルエンザに罹り、重症化して脳症や髄膜炎になる可能性もあります。

本来、ワクチン接種を考える場合、これらのどちらの場合がイヤか?(自分の場合でも家族の場合でも)を選ぶ必要があります。


▼▼▼関連記事(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼


[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】マスコミ
2010年06月03日 (木) | 編集 |
民主党に対するマスコミのスタンスが、よくわかりません。
マスコミに対して、
 ・菅直人副総理兼財務相:報道がしっかりしていれば国民に理解されるのではないか
 ・小沢幹事長:支持率低下は報道のせい
という発言をしているにも関わらず、どうも怒っているようには見えません。
与党にとって都合が悪いことについて、自民党政権時代と比べると民主党政権には"かなり"甘いように感じています。
そもそも歴代総理が色々な形でマスコミに叩かれていますが、麻生首相の発言に対するマスコミの対応を考えると、鳩山首相の発言に対する対応は「何もしていない」に等しいのではないか?とさえ思います。

現状、民主党はマニフェストで掲げたモノのほとんどについて、何もできていません。
内閣が成立して半年以上が過ぎた現在でも……です。
民主党が政権政党になったら……という前提で、内閣のメンバーを公表していましたが、これは「民主党が政権政党になったら、すぐにマニフェストを実施し、国益のために働きます」という前提のものでした。
ところが……何もできていない……。

そんな状況ですから、マスコミは本気で「モノを言う」必要があります。
今の状況では、日本に『マスコミ』は存在しないことになります。
政府もキチンと仕事をしてほしいと思いますが、マスコミもキチンと仕事をしてほしい……と思います。
特に無条件に徴収するNHKは、本気で『マスコミ』として働いてもらいたいものです。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #01-05(責任@衆議院解散)
2010年06月03日 (木) | 編集 |
首相民主党幹事長が辞任表明しましたが、4日に民主党代表選、来週組閣という日程が組まれているそうです。【注①】
でも……それで良いのだろうか???と思います。

先日も書きました【注②】が、民主党が野党時代、与党が総理大臣交代が発生すると「首替えじゃなく選挙で決めろ!」「総理大臣が変わる時には信を問え!」と高らかに言っていたはずです。
それを信を問うことなく、総理大臣の交代を行う……。
多分、そういうことをするだろう……とは思っていましたが、この行為は政治不信を加速させるものです。

新党改革の舛添代表は、「……国民の審判を受けずに総理大臣を代えた自民党を批判してきたのは民主党であり、悪いところをそのまま引き継いでいる……」と述べたようです【注③】が、国民の思いはそのとおりでしょう。
また、この発言の前段として「鳩山総理大臣は、一連の発言を見ても総理大臣の資質がなかった」とも述べている【注③】ようですが、政治家は『言葉で票を獲得し、権力を得る』以上は言葉に責任を持つべき職種ですから、言葉に責任を持てないのであれば「総理の資質がなかった」のではなく「政治家(議員)の資質がなかった」と言うべきでしょう。
そして「国民と党との契約」であるマニフェストに違反したのですから、民主党として責任を取るべきだと思います。
国民の審判を受けずに総理大臣を代えて「水に流してくれ」では都合が良すぎないでしょうか?

キチンと国民の審判を受けること……それが与党として活動する大前提です。
今回の行為に対して野党は、「参院選目当て」などと一斉に批判している【注④】ようですが、それ以外に何もないと思います。
本当に「責任を取る」のであれば、沖縄に米軍基地を残す選択をした時にスグに辞任すべきだったはずです。
この時期までグズグズしていたのは、予定されている参議院選挙が不利になるから……以外には考えられません。
これでは、何の責任も取っていないのと同じです。

そもそもマニフェストに違反したわけですから、それは首相が責任を取れば良いというわけではありません。
マニフェストが、国民と政党との契約である以上、民主党の衆議院議員全員が責任を負っています。
あまり国民をバカにしないでほしい!そう思います。

------------------

【注①】
 ※参考URL:首相と民主党幹事長が辞任表明、4日に民主党代表選・来週組閣
【注②】
 ※参考:【政治】民主党政権 #03-04(政権運営@首相辞任)
【注③】
 ※参考URL:舛添代表 首相の資質なかった
【注④】
 ※参考URL:野党「退陣は当然」、衆院解散求める構え


▼▼▼関連記事(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #04-03(財源@海外への資金提供)
2010年06月03日 (木) | 編集 |
民主党政権は、中国の黄砂対策への資金協力に前向きな姿勢を示しているようです。【注①】
財源がなく、国債発行で予算を組んでいる状況下で……です。
しかも……IMFは、日本がギリシアの二の舞にならないように早急に消費税の増額を提言している状況化で……です。
【注②】

民主党にとって『国益』とは何なのでしょう???
国民から集めた税金を海外に放出することが、国益なのでしょうか?
そうすることで日本に何らかの益を還元するような国であれば良いのですが、中国の政策を考えると、日本に不利益を与えることの方が多いのでは???と思います。

この件について言えば、黄砂で迷惑をかけられているのは日本であり、迷惑をかけているのは中国です。
迷惑をかけられている側が、迷惑をかけている側にお金を払う……本末転倒で、こんな話は聞いたことがありません。


そもそも「将来を支える子ども達に借金をする」ことで捻出した予算を、この国のために……ではなく、他国のために使う……。
国民がアクセクして働いて納めた税金を、簡単に他国に放出してしまう……。
理解できません。
そんなお金があるなら、口蹄疫への対応に使った方が良いのですが……。

民主党には、「何を財源にして何をするのか?」という基本的な考えが不足しているように思います。
消費税の増額を考える前に、民主党が行おうとしているの政策内容の「事業仕分け」をしてほしいものです。

------------------

【注①】
 ※参考URL:黄砂対策で連携強化、日中環境相合意 中国へ資金協力も
【注②】
 ※参考URL:IMF「日本は消費増税を」 早期の財政再建を提言
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記