【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】サービス業種
2010年06月10日 (木) | 編集 |
別項で医療について書いています【注①】が、現状の「医療」の悲劇は「医療はサービス業である」ということを世の中に拡大させてしまったことだろうと思います。
医療は本当にサービス業なのでしょうか???

サービスという言葉は、その特性として
 ・同時性(売り買いした後にモノが残らず、生産と同時に消費されていく)
 ・不可分性(生産と消費を切り離すことは不可能である)
 ・不均質性(品質は一定ではない)
 ・非有形性(触ることができない、はっきりとした形がないため、商品を購入前に見たり試したりすることが不可能)
 ・消滅性(形のないものゆえ、在庫にすることが不可能である)
を持ちます。【注②】
これらを「医療」という業界に当てはめるのが是なのか非なのか?をキチンと考える必要があります。
医療をサービス業種としてしまった結果が、現状です。
要は、医療をおかしな方向に導いてしまった一因である……それは現状を見ればわかります。
医療をサービス業種と言い出したのは、誰か?……本当はその責任を問うべきだと思います。

コトは医療だけの話ではありません。
本来、サービス業種とは言えないものを「サービス業」に含み、色々なことを言う人がいます。
一面だけを見れば「サービス業」と言えなくもないのですが、その業種を総体として捉えた時に「サービス業」と言えるのか?キチンと考えていない人が大きな声を出すと、世の中がおかしくなっていきます。
「部分の総和は全体になりはしない」「全体は部分の総和ではない」という言葉があります。

部分から全体を想像することはできません。
それは当たり前のことです。

一面だけ見て全体像を想像すること……それは妄想にすぎません。
言葉は、言葉が持つ「意味」とセットになっており、その「意味」はイメージであると言い換えることがでします。
そして言葉は、「何かと何かを切り離すもの」です。
例えば「腕」と言った瞬間に「身体」という全体から部分である「腕」のイメージが切り離されます。
再度、繰り返しますが、切り離された部分から全体を想像することはできません。

しかし、そういうレッテル貼りが横行した結果、社会がおかしな方向に進んでいるように感じています。


------------------

【注①】
 ※参考:カテゴリー【医療】
【注②】
 ※参考URL:サービス(Wiki)
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #19-06(口蹄疫@拡大か?)
2010年06月10日 (木) | 編集 |
都城市高崎町の農家で9日に症状が出た牛3頭の検体について、口蹄疫のウイルス検査で陽性反応が出たとの発表がありました。【注①】
口蹄疫については、何度か書いています【注②】が、対応が遅すぎであり、拡大していない方が異常だろうと思っています。
以前にも書きましたが、今回の口蹄疫への対応が「迅速」と言えるものであれば、これまでに発生しているほとんどの案件についての対応は全て「迅速」だったと評価することができます。
迅速とは言えない対応だったから問題なのであり、今の状況なのだと認識しているのでしょうか?
鳩山首相が辞任する際でも「国民が徐々に聞く耳を持たなくなってきてしまった」と国民が悪いような挨拶をしていますから、何があっても責任を認めない……そういう政党なのでしょう。

今回の拡大は、そもそも当初に迅速な対応をしていれば発生しなかった可能性が高いものですから、あくまでも民主党政権の責任でしかなく、そういう意味では人災です。
民主党には、まずはその意識を持ってもらいたいですし、対応はその上で考えてほしい……そう思います。

やはり政治には政治のプロフェッショナルが必要です。
と言うより、素人に国の舵取りを任せるべきではありません。

ついで……ですが、マスコミには当初の姿勢に戻ってほしいと思います。
口蹄疫について最初に書いた時に「また、マスコミもBSE騒ぎの時のようなヒステリックな報道をせず冷静な対応をしていました」と書きましたが、当初は本当に『報道する姿勢』で臨んでいたと思います。
今は……マスコミのプライドがなくなっているように感じます。
これでは「ミニコミ」です。
口蹄疫は、人間が直接被害に遭う可能性は低いものですが、人間がウィルスを運ぶことで動物への感染RISKを拡大させます。
口蹄疫そのものによる直接の被害だけが話題に上りますが、実際には二次・三次の被害が今後発生します。
そこまで考えれば、報道するために取材するのは良いのですが、感染を拡大させないような対策の中で……が必要となります。
マスコミがマスコミとしてのプライドを持っているのであれば、その意識を忘れないでほしいと思います。

------------------

【注①】
 ※参考URL:都城の牛3頭 口蹄疫と確認、208頭を殺処分
 ※参考URL: 宮崎・都城の牛、口蹄疫と確認 首相「迅速な対応を」鹿児島県は道路の一部閉鎖検討
【注②】
 ※参考:【政治】民主党政権 #19(口蹄疫)
 ※参考:【政治】民主党政権 #19-02(口蹄疫への対応)
 ※参考:【政治】民主党政権 #19-03(口蹄疫@対応遅すぎ……)
 ※参考:【政治】民主党政権 #19-04(口蹄疫@ようやく対応か……)
 ※参考:【政治】民主党政権 #19-05(口蹄疫@国連)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #07-04(政治と金@やはり……また……)
2010年06月10日 (木) | 編集 |
民主党政権で……また政治と金の問題が出てしまいました。
菅政権になって……早速……です。【注①】
まあ、鳩山氏や小沢氏の問題をウヤムヤにしたがっている様子から、民主党として『政治と金』の問題をキチンとする気はないだろうなあ~と思っていましたから、出ても驚きませんでしたが……

この問題ですが、『現国家戦略担当相の政治団体が都内の知人宅を「主たる事務所」として届け出て、多額の事務所費を計上していた』というのが現在わかっている状況のようです。
これについて民主党側は「政治資金収支報告書をチェックしたが問題はない。党にも調べてもらったが、やはり問題ないという報告を受けた」と語っているようですが、身内のCheckではダメでしょう。
こういう場合には、相手側が指定した者に必要となる資料を提出してCheckしてもらって、始めて結論とできます。
そうでなければ、水掛け論にしかなりません。
現状においては「黒と言うことはできないが、白とも言えない状態」であり、そういう意味では小沢氏と同じ状況です。
小沢氏が役職を辞任したのであれば、現国家戦略担当相も辞任するのが筋でしょう。

政治資金については、それを規制する法律そのものがザルですから、グレーゾーンが大きいのが問題の根底にあります。
公務員が同じようなザルで経理をすれば……と考えるとわかりやすいのですが、国会議員も公務員であることには変わりありません(特別職公務員という枠ではありますが)。
国会議員も公務員であるという自覚がないのでしょうか?
公務員制度改革をするのであれば、真っ先に「特別職公務員【注②】」の制度改革をするべきでしょう。

民主党が信用できない理由が、この辺りです。
他人のことは好き勝手に言うわりには、自分にはアマ過ぎる。
野党時代には何かするとスグに「辞職だ!」とか「選挙だ!」とか言っていた人たちが、同じようなことをしても知らんふり……。
どう見ても「自分に優しく、他人に厳しく」、それが民主党のモットーに見えます(と言うより……それ以外には見えません)。
これで「信用してほしい」と言われても無理というものです。
そう言えば……事務所経費については、事業仕分けで名を馳せた蓮舫氏も過去に指摘されていましたが……。【注③】
他人に色々言うのであれば、その前に自分のことをキチンとしてほしいものです。
それに民主党の小林衆院議員陣営への違法献金事件の判決が札幌地裁で9日に言い渡され、陣営の元経理担当に有罪判決が下りましたが、小林議員は 「司法の判断は大変重い。14日に改めて私の身の処し方についてお話をさせていただきたいと思う」と今後どうするのか?を先送りしています。【注④】
少し国民をバカにし過ぎていませんか???
他人のことを言う前に自分のことをキチンとしてはどうですか???


------------------

【注①】
 ※参考URL:荒井戦略相、辞任に値する=事務所費問題で自民・石破氏
 ※参考URL:荒井氏の事務所費問題「罷免に値する」 野党、一斉に批判
 ※参考URL:<スコープ>戦略相事務所費問題 早速『政治とカネ』
 ※参考URL:「政治とカネ」で早くもつまずき=野党は説明要求-荒井戦略相事務所費
 ※参考URL:菅首相の側近・荒井戦略相に事務所費問題
【注②】
 ・普通に「公務員」と呼ばれている人(国家公務員や地方公務員)は、一般職公務員と言います。
 ・特別職公務員は、職務の特性から一般職公務員とは別の取扱をする必要のある公務員であり、内閣総理大臣等の政治家である公務員、外交官、裁判官・裁判所職員、防衛庁職員(国家公務員)、知事・市長など政治家である地方公務員、臨時・嘱託の職員、非常勤の消防団・水防団職員(地方公務員)など、種々様々な公務員を指しています。
 ・この他に特別公務員という言い方をされる公務員がおり、裁判・検察・警察の職務を行う公務員(具体的には裁判官、検察官、警察官)とその補助者を指します(これは刑法上の概念です)。
【注③】
 ※参考URL:事務所費疑惑 蓮舫・川端両氏も追及へ 自民、質問主意書を提出
【注④】
 ※参考URL:追いつめられた小林議員 声震わせ「14日にお話を…」
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #01-08(責任@無責任)
2010年06月10日 (木) | 編集 |
鳩山首相が辞任し、民主党がバタバタしたわけですが、沖縄の方々はどう思っているのでしょうか?
一方的に「辺野古に決めた」と言って、その責任を放棄して辞任してしまう総理大臣……。
そして、それを許してしまう民主党という政党。


組織のTOPは、組織そのものを背負っています。
ということは、衆議院議員選挙で国民が選んだのは「鳩山党首が率いている民主党」です。
そうでなくなるのであれば、国民が選んだ政権とは異なるものが、与党になるということと同意です。

民主党側は「自民党もそうだった」と言うかもしれませんが、民主党が『自民党とは違う』ということを言ってきた以上、自民党と同じ手法は許されません。
それを許可しろ!というのであれば、「自民党と同じだが、それでも政権を任せてもらえるか?」と問わなければなりません。
都合が悪いことは言わない……のであれば、そもそも政党は言えません。

今回の辞任に伴う代表選には、国民が関わるわけでもなく、一般の民主党員が関わるわけでもなく……国会議員だけで決めるようですから、国民の信任を得た代表というわけではありません。
そういう人が率いる民主党が、国民から選ばれたわけではない。。。それは民主党は自覚しているのでしょうか?

記事の冒頭に「沖縄の方々はどう思っているのでしょうか?」と書きました。
新聞記事からですが……「市民を翻弄(ほんろう)した責任を果たすことなく辞任するのは職務放棄で、卑劣な行為ではないのか」との声が上がっています。【注①】
また「沖縄県民に対して失礼極まりない。アメリカとケンカして辞めるのならいざ知らず、圧力に押し切られてしまった。『最低でも県外』『外交交渉は対等』と言っていたのに、政治家としての気迫も、責任感もない」という声も……。【注②】
他にも「沖縄問題から逃げただけ。自らまいた種なのに、ほうり出すとは無責任極まりない」という声【注③】もあり、職務放棄に対する怒りが収まらないようです(収まるとは思えませんが……)。

責任を放棄して辞任してしまう総理大臣……党首……それを許してしまう民主党という政党。
あまりに無責任すぎるのではないかと思います。


------------------

【注①】
 ※参考URL:沖縄県民「翻弄された、辞任は職務放棄で卑劣」
【注②】
 ※参考URL:鳩山首相辞任:世論のそっぽ響く 沖縄県民「当然だ」
【注③】
 ※参考URL:沖縄「怒り頂点」、宮崎「断固戦う」 鳩山首相辞任で厳しい反応
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記