【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【医療】医療崩壊 #05-02
2010年06月22日 (火) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

医療の提供者側についてですが、医療崩壊の直接の原因が「医師の地域・診療科による偏在」にあるとすれば、医師に条件付けが必要となります。
まずは、医師免許は「家庭医の免許」にしてしまうことが必要です。
専門医になれるかどうか?は、能力によるものとし、定員を決めます。
その定員に対して、都道府県の定員を決めて配置します。
当然、病院の数は制限が付きますし、開業する場合には家庭医か専門医の資格があるものでしか開業できないものとします。

医師の権限は大きいことを考えれば、素養が問われるべきでしょうし、適性がないのであれば医師免許を剥奪する必要があります(不足しているのであれば、再教育も必要でしょう)。
そういう意味では、免許の更新制はあっても良いと思います。

診療報酬については、別項で書きました【注②】ので、そちらを参照してください。

 medical(S).jpg
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ※参考:【医療】医療崩壊 #05-01
【注②】
 ※参考:【医療】診療報酬
 ※参考:【医療】診療報酬 #02
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【Diary】つばめの子
2010年06月22日 (火) | 編集 |
我が家の軒先でつばめの子どもが生まれました。

tsubame.jpg

先月ぐらいからつばめが巣作りをしているのは知っていましたが、害があるわけではないので、放置していました。
そのうち……つばめが作った巣でジッとしている姿を見るようになりましたので、卵を産んだかな……っと思っていました。
そして数日……つばめの出入りが激しくなりましたので、耳を澄ましてみるとピヨピヨと賑やかな声が聞こえます。

親鳥は子どものために懸命に御飯を運んでいます。
毎日、何度も何度も……軒先から出て行き、何かをくわえて帰ってきて、また飛んでいきます。

まーふぃーは、その姿をボーっと眺めていますが……。

dog05.jpg

つばめの子達が巣立っていくまで、軒先が賑やかになりそうです。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #04-05(財源@財政健全化検討会議)
2010年06月22日 (火) | 編集 |
菅直人首相が11日の所信表明演説で、超党派の「財政健全化検討会議」の設置を呼びかけましたが、これに対して野党がドウ対応するのか?興味深く見ていました。
これに対して、ほとんどの野党は「これまで民主党が言ってきたことのけじめをどうするのか」等と拒否する姿勢を示しました。【注①】

まあ、当然の対応だと思います。
民主党政権の誕生により、一気に加速した財政赤字。
過去最大級のバラマキである子ども手当や消費税増税は4年間は考えない……等、マニフェストという名の夢物語で取った政権なのですから、反省から始まらなければ方向修正は難しいと思います。
本来であれば、国民との契約を反故にする話ですから、解散してもらわなければならないのですが……。

そもそも民主党には財政に詳しい人がいるのでしょうか???
そこが根本的な問題です。
仙谷官房長官は国家戦略担当相時代、「数十兆円規模の需給ギャップ(需要と供給の差)解消によるデフレ脱却は、経済にマイナスの影響が大きい」と発言していますが、どこの国でも需要と供給のギャップが大きくなって不況になれば、財政政策や金融政策を実施するもので、それを否定するとは……と専門家の間で驚きの声が出ていました。【注②】
また枝野幹事長も野党時代、「金融機関に預金金利を引き上げるよう行政指導すべき」という趣旨の発言をしていましたが、「どんな経済学の理論にも反しており、役所の言いなりになってくれればまだましだが、脱官僚を掲げて経済オンチの人たちが経済政策に影響を与えるならマイナス」という懸念が出ていました。【注②】

菅首相の「消費税増税に前向きな姿勢」にも不安があります。
現状では、消費税増税は避けては通れないものでしょうが、消費抑制という“副作用”を伴うため、タイミングを誤ると景気への悪影響が心配されますが、菅首相はその点について「増税しても使い道を間違えなければ景気は良くなる」との持論を展開しており、増税しても介護や医療、子育てなどの分野に財政支出すれば、雇用を創出し、新たな需要を生み出すという成長戦略を描いています。【注②】
これも根拠がある話ではありませんので、マニフェストを同じ夢物語でしかないということが前提です。

これらを考えると、民主党政権は「まずは反省」から始めなければ、財政再建など……できるわけがありません。
反省する気があるなら、解散総選挙をするでしょうから……期待はできませんし、超党派の「財政健全化検討会議」設置を野党が拒否したことは「野党のワガママ」にすり替えそうな気がしますが……。

------------------

【注①】
 ※参考URL:超党派の「財政健全化検討会議」設置、野党が拒否姿勢
 ※参考URL:民主公約の見直し前提=財政健全化会議で自民の谷垣氏
【注②】
 ※参考URL:経済政策】トンチンカン発言連発! 菅政権の経済政策に期待と不安
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記