【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【Risk Management】#14_事故
2010年07月04日 (日) | 編集 |
リスク・マネージメントは何故必要か……それによって受ける可能性があるマイナス要因を軽減させるためです。
ではマイナス要因が発生する事由は?と問われれば、「事故」と言うことになり、「事故」の原因は何か?と言うことになります。

事故の原因は、大雑把には
 (1).エラー
 (2).ルール違反
 (3).ルールの欠如や不適切

に分類されます。【注①】

(1).エラーについては後述しますし、(2).ルール違反については文字通りなので敢えて説明はいらないと思います。

ここでは(3).ルールの欠如や不適切について書きます。
実は、これが原因の中で大きなウェイトを占めています。
「当たり前のこと」とか「常識だから」と言ってルール化していないことが、「ルールの欠如」に当たります。
そもそも「ある人にとっての"当たり前"や"常識"は、他の人にとっても同じなのか?」と考えれば良いのですが、ルール作りが面倒と思い、ルール化していない状況があるのではないでしょうか?

また後半の「(ルールの)不適切」は、ルールそのものに問題がある場合です。
周りのルールとの整合性を取らないで、部分的にルールを作ってしまう(俗に「ローカル・ルール」と言われます)と発生しやすいものです。
将棋や囲碁をする人には理解しやすいのですが、「部分的には正しい」と言う話でしかありません。

「部分の総和は全体にはならない」、これは19世紀には既に言われていたことです。
ルールを決める時には、視点の設定を間違えないことが肝心です。

(続く)

 Risk Management(S)
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ・これらが発生するタイプ分類は別項へ記載。
 ※参考:【仕事】ミス(間違い)
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【etc】天才って? #01
2010年07月04日 (日) | 編集 |
飲み会で時々出る話題ですが……天才って、どういう人を指すと思われるでしょうか?
この話は人によって考え方が異なるので、なかなか面白い話ができます。
その人の周りに「どんなタイプの優秀な人がいたか?」によってイメージが違うのではないかと思っています。

この話になった時にいつも『天才は、他の人から見れば頑張っていると思えることを頑張っていると思わないで続けている人ではないか?』と話します。
こういう人を何人か知っていますが、パターンが
 ①.好きでやっているので、やっていることが楽しい
 ②.幼少から続けているので、特別なことをしているとは思っていない
の2つに分かれます。

そう考えると①については「好き」とか「楽しい」という環境があればできることですし、②は幼少期に親が子どもに合うものと引き合わさせるという環境にあるかどうかによります。
したがって、天才は「先天的に才能がある」わけではなく、「後天的な環境によって伸びた結果」にすぎないと思います。


 maga-tama03B(L).jpg
 (この写真については、こちら
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #21-05(選挙@仕事をしましょう!)
2010年07月04日 (日) | 編集 |
参議院での議論を行わず、国会を閉会して選挙戦に入る……どう考えてもマトモな与党がすることではありません。

国会議員の仕事は何なのか?理解しているとは思えない行動にはあきれてしまいます。
国会議員の仕事は、議論して国の方向を決めることです。
「政党がどちらを向いているから」とか「政党がどうしたいのか」とか……そんなことは関係ありません。
国民が選んだ国会議員が議論して、「国としてどちらを向くのか」を決めること……それ以外に国会議員が存在する理由があるのでしょうか???
そして、そういう場を作るのが政府・与党の仕事です。
その仕事を放棄するのであれば、議員を辞めてもらわなければならない……そう思います。

他業種であれば、「したくないからしない」と言った時点でクビです。
今回、政府・与党がしたことは、そういう質のものです。

野党から色々と追求される……そんなことは与党としては当たり前のことです。
鳩山前首相や小沢前幹事長等の「政治とカネ」の問題、「普天間」の問題、国会中途での首相交代劇……野党からのツッコミどころは多いでしょうが、それらについては国民に対してキチンと説明する義務があります。
しかし……何も説明はありません。
説明する気がないのであれば、もともと決定権を持つような職についてはいけない、それが理解できていないのが民主党だろうと思います。
何にしても説明責任を負うのは、政府・与党です。
それを「誰々が悪い……」と言っても通用しないのは、社会常識です。
そういう覚悟もなく「政権交代」などと言っていたのであれば、無責任以外に表現する言葉はありません。

何にせよ……民主党政権、菅政権には最低の国会を見せてもらった気がします。【注①】
こんな国会を見せておいて、選挙ですか……。
ちょっと国民をバカにしていませんか???

------------------

【注①】
 ※参考URL:国会閉幕 禍根残した論戦の放棄
 ※参考URL:異例ずくめの通常国会 法案成立率は過去最低
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記