【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【健康】食の安心 #02
2010年07月15日 (木) | 編集 |
食の安心を得るには、まず正しい情報を入手することが必要となります。

自然食品については、『食の安全 #03』で書いたように「本当に安全なのかどうか?」を今一度考えてみる必要があります。【注①】
その一方で人工物については、『食の安全 #04』で書いたように「本当に危険なのかどうか?」を今一度考えてみる必用があります。【注②】

「安心」は「安全」とは異なり、各々のイメージに左右されます。
そういう意味では、正しい情報を入手してイメージを変えなければ、本当の意味での「食の安心」を得ることはできません。

別項【注③】で「異物が限界を超えると病気になると考えられます」と書きました。
こういう考え方はRisk Managementに繋がるのですが、「危険物が含まれるから悪い」のではなく、「危険物が危険容量を超えて含まれるから悪い」というように考え方を変えなければ、本当の「安心」を得ることはできません。
この辺りについては『食の安全 #02』でも書きました【注④】が、「どれぐらいの量」「どれぐらいの期間」「どれぐらいのペース」で食べると発症するのか?が問題になるべきことですが、「危険物が存在する」ということだけで安心を得られないと言う人がいます。

これは食についてだけでなく、例えば放射線についても同じことが言えます。
平常時に原子力発電所から出る放射線が危険との話が出ていたのですが、これに対して「原子炉由来のものは我々の総放射線暴露量のわずかにしかすぎず、医療目的での放射線暴露量が増加しているため、ますます原子炉由来の量が無視できる寄与になっており、……放射能は「不自然」ではないしそれだけで一意的に有害だというわけではない」という記事が出ました。【注⑤】
要するに正しい情報を得て検証しなければ(考えなければ)、本当かどうかはわからず、意味もなく高価なものを買うことになっている可能性があるということです(情報操作という考え方をすれば、「買わされている」と言い換えても良い)。

 helth(S).jpg
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ※参考:【健康】食の安全 #03
【注②】
 ※参考:【健康】食の安全 #04
【注③】
 ※参考:【健康】免疫 #01
【注④】
 ※参考:【健康】食の安全 #02
【注⑤】
 ※参考URL(It's the Dose That Makes the Poison: The Importance of Numbers)
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #01-11(責任@理解不能……)
2010年07月15日 (木) | 編集 |
菅首相は、就任会見で「……強い経済と、強い財政と、強い社会保障を一体としてを実現すること……」と言いましたが、このセリフはドコかで聞いたことがあるものです。
それに消費税10%も……。

いずれも他党が掲げたモノに便乗しているのではないか……そう思います。
菅総理は、小泉元総理と同様に「短いセンテンスで、印象的な言葉を使う」と評されますが、両者の違いは「独自性の有無」です。
小泉元総理の場合にもブレインはいたのでしょうが、それでも俗な言い方をすればパクリと言われるようなことはありませんでした。

民主党には独自性がないのでしょうか?
独自に施策を考えることができないのでしょうか?

まあ……衆議院選挙のマニフェストで痛い目に遭っているのですから、独自で何かを考えるのは危険と考えているのかもしれません。
しかし政党は独自の政策を掲げ、その政策を旗印に集まった集団であるべきです。
他党と同じであれば、それを言い出した党と一緒になれば良いだけの話です。
同じ施策を掲げた政党が複数存在するのは、集団のTOPになりたい人がたくさんいるだけの話でしかありません。
したがって、そうであれば独立した政党としての意味はありません。
また、実現不能なマニフェストで得た票で国会議員になり、無関係な参議院選挙で国民との約束を反故にしようとしていますが、それでは衆議院議員選挙の意味はありません。
あくまでも衆議院議員は、衆議院議員選挙のマニフェストで票を得ているのですから、参議院選挙用のマニフェストとは関係ありません。
しかし……参議院選挙用のマニフェストを後押しする衆議院議員がいる……。
それは、自らが掲げたものを黒く塗りつぶして見えなくし、最初から参議院選挙用のマニフェストを掲げていたように見せかけようとする努力でしかない、それに気付かないのでしょうか……。

現在の民主党は、そう見えます。
そんな状況でも政権与党にしがみついている……その姿はあまりに醜悪で見ていて悲しく思います。
これが日本の政権与党なのか……。

そこまでして政権与党にしがみつくこと……そこまでして政権与党にしがみつかなければならない理由が全く理解できません。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記