【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【健康】病気って??? #02
2010年08月31日 (火) | 編集 |
以前【注①】、この項で「病気って???」というタイトルで書いたことの続きです。

普段「病気」と言っているものは、「病気のカテゴリー分類」によると
 (1).カテゴリー1:医者が関わっても関わらなくても治る病気
 (2).カテゴリー2:医者が上手く関わってこそ初めて治る病気
 (3).カテゴリー3:医者が関わっても関わらなくても治るのが難しい病気
の3つに分かれ、(1)に該当するものについて医療行為を受けることの可否について書きました。

医療行為は、何らかのリスクを伴うモノであることは、医療提供者側は「当たり前のこと」として認識しています
一方の医療を受ける側は、それを認識しているでしょうか?
ここに大きな溝があるのではないか?と思います。
ただし、医療行為は「契約行為」ですから、医療行為を受けるために医療機関を訪れれば、医療行為を受けることを拒否する意志を明確に示さない限り、医療行為を受けることを了承したと考えられます(そうでなければ治療行為はできませんから……)。
(1)が本来は「医者が関わっても関わらなくても治る病気」であり、それにより医療行為を受けるということは、『明確なメリットやベネフィットはないにも関わらず、デメリットや何らかのリスクは負うことになる』ということと同意です。【注②】
これを健康面から考えると、(1)の場合には医療機関で治療を受ける必然性はなく、むしろ治療を受けることはマイナスであると考えられます。

「医者が関わっても関わらなくても治る病気」は、急激に悪化するようなものではありません。
したがって、医療機関にとっては「ほとんどデメリットやリスクのない患者」ということになります。
これは、通院してもらえば『ほとんどデメリットやリスクのないにも関わらず、収入を確保できるというメリットを持っている』ということです。
ということは、治らない方が医療機関の経営のためにはベターとも言えます。

「健康」ということをベースにして、体調が悪い時に医療機関に行く前に考えるべきことは……本当は多いです。

 helth(S).jpg
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ※参考:【健康】病気って???
【注②】
 ・ここでいうデメリットは、「いくらかの代金を支払わなければならない」ことが確定することですし、リスクは「医療行為により発生する可能性がある副作用等)です。
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【インフル】インフルエンザ情報(続報)
2010年08月29日 (日) | 編集 |
【新型インフルエンザ情報】
 ■新型から季節性に移行も インフル、今冬状況で判断
 ■タミフル耐性も同じ感染力 新型ウイルス、動物実験
 ■新型インフル、季節性扱いに…厚労省、来年度から
 ■最新情報:2010~11年のアメリカにおけるCSL季節性インフルエンザワクチン(Afluria)の使用に関するAdvisory Committee on Immunization Practices(ACIP)勧告
 ■地域的インフルエンザA(H1N1)2009一価ワクチン接種キャンペーン-イリノイ州スコーキー、2009年10月16日~12月31日
 ■最新情報:インフルエンザ活性-アメリカ、2009~10年期
 ■WHOが新型インフル終息宣言 死者1万8千人以上
 ■H5ウイルスと新型、容易に交雑 インフルエンザ
 ■インフル接種費用は市町村が設定 厚労省が提示
 ■インフル感染を6分で判定 東洋紡、診断システム発売

【鳥インフルエンザ情報】
 ▲WHOに報告されたヒトの高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)感染確定症例数 2010年8月12日
 ▲鳥インフルエンザ-エジプトにおける状況-更新36 2010年8月12日 WHO
 ▲WHOに報告されたヒトの高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)感染確定症例数 2010年8月3日
 ▲鳥インフルエンザ-インドネシアにおける状況-更新3 2010年8月3日
 ▲WHOに報告されたヒトの高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)感染確定症例数 2010年7月29日
 ▲鳥インフルエンザ-エジプトにおける状況-更新35 2010年7月29日 WHO
 ▲鳥インフルでひな輸入停止 英ノース・ヨークシャー州
 ▲鳥インフルエンザ-インドネシアにおける状況-更新 2010年7月22日 WHO
 ▲WHOに報告されたヒトの高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)感染確定症例数
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】こうめ
2010年08月28日 (土) | 編集 |
先日、「"まーふぃー"は、良い縁を運んで来てくれました」と書きましたが、
"こうめ"が我が家に来てからも良いことが色々と起きています。

ume@haranoue.jpg

一番好転したのが仕事です。
以前、整体協会の理事長が「捨て猫を拾って帰ると、福を呼び込む」と言っておられましたが、まさにそのとおり……。
確かに"かみーゆ"の時も幸運が転がり込んで来たように思います。

m_010A.jpg

まあ、宝くじが当たるとか……ではないのですが……。
だいたい実家に住んでいた頃から、よく捨て猫を拾って帰っていました。
屋根裏に住んでいたノラが子どもを産んで、その子が屋根裏から落ちてきて母猫に放置されたのを飼ったこともありました。
そういう意味では、猫が家にいるという状況は普通の状態だったとも思います。
そういう時には……今回の仕事運もそうですが……不調だったものが好転するパターンが多かったように思います。
捨て猫を連れて帰るのは、それを期待して……というわけではないのですが……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #01-12(責任@これが最新の世論です)
2010年08月26日 (木) | 編集 |
これも……少し前に書いたものですが……UPし忘れていました。。。

------------------

参議院選挙が終わりました。
結果は……民主党敗退……。

かつて民主党が言って言葉をそのまま返せば、「これが最新の世論です」と言うことになります。
民主党の論理で言えば、「民主党政権は国民に否認された」ということになります。
そうであれば、いつまでも与党にしがみつくのではなく、サッサと衆議院を解散して、国民の信を問うべきではないか……と思います。
与党になったからといって、野党時代の発言がゼロになるわけではありません
政治家は言葉で票を集めるのですから、発した言葉に対しては責任を持たなければなりません。
しかし……あまりにも無責任すぎる……。
鳩山元首相も菅首相も、言葉が軽すぎるという意味では差はありません。

とりあえず、バランスをゼロに戻すために衆議院を解散するのが筋ではないかと思います。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【PC】Windows2000
2010年08月24日 (火) | 編集 |
少し前に書いたものですが……UPし忘れていました。。。

------------------

とうとうWindows2000のサポートが終了しました。
Microsoftとしては、次々と新しいモノを発売することで利益を得ているのですから、古いモノに対していつまでもサポートを続けることはできない……そういうことなのでしょうが……。

パソコンは、OSだけを新しいモノに変えれば良いわけではありません。
OSを変えれば、OSに対応するアプリケーションに変えなければならず、ソフトは年々"オモく"なっていますので、PCそのものを変える必要があります。
そういう意味では、「OSを変える」ということは「PCを変える」ということになりかねません。
しかし……PCは正常に動作している……。
そんな状態で、PCを買い換えろ!と言われて、簡単に買い換える人がどれだけいるでしょうか???
それもWindows2000は、今でもかなり評判が良いものですから尚更です。
実際、我が家でもWindows2000のPCがありますが、今でも正常に動作しています。【注①】

さあ、どうしよう……と悩む今日この頃……です。

------------------

【注①】
 ・Windows2000どころかWindows95時代のPCも正常に動作する状態で、持っています。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】こうめ
2010年08月21日 (土) | 編集 |
どうやら"こうめ"は♂のようです。
♀のつもりで付けた"こうめ"という名前ですが……、既に近所の人も"うめ"と呼んでいますので簡単に変えることができなくなってしまいました。
"こうめ"自身も「こうめ!」と呼ぶとニャーと言いますから、"こうめ"のつもりなのかも……と思ったりします。
そもそも♀のつもりでしたから「小梅」という漢字を当てて"こうめ"だったのですが、♂ですから「虎梅」と書いて"こうめ"にしようか……と……。

"こうめ"が我が家に来た時と比べると、元気いっぱいです。
と言うより……ヤンチャ!と言った方が良いかもしれません。
"こうめ"専用ゲージの中を飛び回っています。

ume@itazura.jpg

"こうめ"が我が家に来て、猫はトイレの躾が楽……思いました。
"まーふぃー"の時は、今、"こうめ"が住んでいるゲージに柵でスペースを拡張して住んでいましたが、トイレスペースを覚えるまで大変でしたし、ゲージの外にいる間は、いつ・どこで……と気にしながら躾をしました。
おかげで家中の掃除をする機会が増えたのですが……。
その分、"こうめ"は爪研ぎの躾が大変なのでしょうが、"まーふぃー"の場合でもテーブルや椅子を噛んでボロボロにしましたから、仕方ないか……と諦めています。

まあ、元気なのが一番ですから。。。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【整体】肩こり #01
2010年08月19日 (木) | 編集 |
肩こりの原因は、血行不良によるものが多々あります(もちろん病的なものもありますが、それは除きます)。
なぜ血行不良になるのか?
答えは簡単で、動かさないから……です。
便利な時代になり、肩周辺を大きく動かす必要がなくなりました。
動かす量が減ったのは、肩胛骨が大きいのではないでしょうか。
腕を肩の高さより上に上げなければ、肩胛骨は外側に開きません。
試してみれば良いのですが……。
 (1).誰かに掌を前に向けて腕を体側に垂らした状態(コレが解剖学的には0度で、基本姿勢です)で立ってもらいます。
 (2).その背後に立ち、肩胛骨の下部を探して、指を当てます。
 (3).その状態から掌を前に向けたまま、肘を伸ばして、ユックリ横に上げてもらいます。
 (4).肩関節(またはその周辺)に異常がなければ、肩胛骨下部は腕が肩の高さを越えた辺りから外側に開きます。
筋肉が動けば、その中の血管が伸縮しますので、血流は良くなります。
ですから腕を動かす量が減れば、肩胛骨の動く量も減り、背中の筋肉の動く量も減りますので、血流が悪くなります。

このようなパターンにより発生した肩こりは、背中の筋肉を動かせば軽くなります。
運動としては、腕立て伏せの動作が効果的です。
別に鍛えるわけではないですから、腕立て伏せそのものをする必要はありません。
壁に掌を当てて腕立て伏せの動作をしたり、膝を付いて腕立て伏せの動作をしたり……でもOKです。
それどころかエアー腕立て伏せでもOKです。
他にも色々な方法がありますが、大切なのは肩胛骨を動かすことを意識して行うことです。

 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【武道日記】柔道教室をしていて思うこと…… #01
2010年08月17日 (火) | 編集 |
柔道教室で子ども達の相手をしていますが、その中で「柔道をどう教えようか……」といつも思っています。
柔道大会で勝つだけのことを考えれば、スポーツとして教えた方が効率が良いのですが、いつも私の中に「No!」という気持ちがあります。
ポイントを重ねても勝ちは勝ち……と割り切れば良いのでしょうが……。

柔道の一本は、講道館(国内)ルール【注①】と国際ルール【注②】で微妙に異なります。
投げ技を考えてみると
 (1).相手を仰向けに倒す(背中を着かせる)こと
 (2).アル程度の速度があること
 (3).アル程度の強さがあること
が条件になっており、ここから1要素不足すると「技あり」に、2要素不足すると「有効」になると考えれば良いと解せます。

しかし……よく考えてみれば良いのですが……。
このルールは『何もしていない』ことを基準に考えて、『何かをした』というプラス面を「技あり」や「有効」というプラスのポイントにしていると言えます。
でも、基準を『一本』においた場合、「技あり」や「有効」は『不十分な技を掛けた』という意味になりますので、そのような技を掛けたという意味ではマイナスの意味でしかないとも言えます。

武道として考えれば後者の考え方が正当ですから、前者のように「プラスのポイント」と考えても良いのかどうか……自分の中で今でも結論を出すことはできません。

別項【注③】でも書いたように競技はルールに縛られます
そういう意味では、一定時間の中で優劣を決めようと思えば、ポイント制の導入は仕方ないのかもしれません。
でも……と思うわけです。
また「競技はルールに縛られる」ということは、競技で使用される技術もルールによって特化されていくことを意味しています。
要するに「本来、技術体系の中にあるもの」でも「ルールで使用することができないもの」となれば、練習体系の中から外れていくということです。
これにより「ルールの中にあるもの」は磨かれていきますが、「ルールの外にあるもの」は忘れられていきます。

時代の流れ……と言われれば、そうなのでしょうが、現時点では「ソレで良い」と割り切ることができません。

 budo.jpg

------------------

【注①】
※講道館柔道試合審判規定(日本国内ルール) [編集]
 ・投げ技等において「技を掛けるか、相手の技をはずして、相当の勢い、あるいははずみで、だいたい仰向けに倒したとき」
 ・抑え込みにおいて「30秒間抑え込んだとき」
 ・絞め技、関節技等において「相手が発声または合図によって、『参った』を表明したとき」
 ・絞め技、関節技等において「絞め技、関節技の効果が十分現れたとき」
【注②】
※国際柔道連盟試合審判規定(国際ルール) [編集]
 ・投げ技等において「相手を制しながら相当な『強さ』と『速さ』をもって、『背中が大きく畳につくように』投げたとき」
 ・抑え込みにおいて「25秒間抑え込んだとき」
 ・絞め技、関節技等において「相手が発声または合図によって、『参った』を表明したとき」
【注③】
 ※参考:【仕事】評価主義・成果主義 #02-02
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記