【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【仕事】評価主義・成果主義 #09-02
2010年09月21日 (火) | 編集 |
前回【参考】の続きです。

さて……では、そういうことがわかっているにも関わらず、何故、欧米が捨てた手法を導入しているのか?ということです。
理由は大きく2つです。

一つ目は、コンサルタントの問題です。
この問題は、コンサルタントが『欧米の手法の変化に着いて行けていないこと』と『既に導入してしまった企業等に方向転換を意見するにはプライドが邪魔をする』ということがあります。
前者は、コンサルタントを名乗るには能力が不足しているということですが、そのようなコンサルタントを選んでしまった企業等にも問題があります。
「安かろう悪かろう」の好例ですし、コンサルタントを選ぶ際の選定者に見極めるだけの能力がなかったということでしかありません。
後者は、コンサルタントが提示し、それを導入した企業等に「提示したものは古い制度で、既に上手くいかないことがわかっている」と言わなければなりませんから、プライドが邪魔をして放置されてしまいます。

二つ目は、コンサルタントが欧米の手法の変化に着いて行けていても、企業等がその手法を拒否していることです。
「企業等」と書きましたが、実質は「管理者」であり、もっと具体的に言えば「評価する権限を持っている者」が拒否しているということです。
これは、「欧米が捨てた手法」であれば現在の権限を手放さないでいられるが、「欧米が取り入れた手法」では現在の権限を手放さなければならなくなる可能性があるから……です。
実際に能力があるのであれば、こんなことで拒否はありえないのですが……。

いずれの例も、結局は管理者側の能力があれば問題ないのですが、実際には「欧米が捨てた手法」から前進していない企業等が多々見られます。
これでは、そこに属する者のモチベーションを高めることも維持することも困難ですから、企業等にマクロでメリットやベネフィットを与えることはできません。
それは、企業等が衰退することを意味しています。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【整体日記】整体講習会
2010年09月20日 (月) | 編集 |
先日、所属する協会の講習会に行って来ました。

いつも思うのですが……映像等を入手すれば、同じような内容のことはわかるのかもしれませんが、現場にいることは質が違う……そう思います。

整体に限らず、身体を使うものは映像では理解できないことが多々あります
微妙な力の方向や具合は、映像では理解できません。
やはり指導者に実地で教わるのが、最善です。
これは映像で柔道の投げ技や空手の突きを勉強するより、道場で指導者に教えてもらう方がキチンと理解し、各々の技もできるようになるのと同じです(天才と呼ばれる方々は別なのかもしれませんが……)。

現時点では整体を生業としていませんので、「講習会に行って来る」と言うと「お金をかけて、そこまでするの???」という知人がいます。
でも……どうせするなら、より良いものを提供したい……そう思います。
それがボランティアと言われる種のものであっても……です。

そんなこともあって、次回の講習会を楽しみにしています。

 JTCA@fukurou sensei(S)
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権@視野の狭さ
2010年09月20日 (月) | 編集 |
国交正常化後、最悪の状態となっている日中関係ですが、これが日中関係だけで終わるのかどうか……。
これまで日本は、『アメリカという大国と友好的な関係にある』という前提で国際的な立場を築き、維持してきました。
良くも悪くも……それが前提として存在していました。

この前提を無視してしまったのが、民主党政権です。

政権発足後、普天間基地移設の問題に始まったアメリカとの不協和音は、未だに解決できておらず、アメリカからの信頼回復への道に光は見えていません
この不協和音が、国際的な立場を弱めた原因です。
今回の日中関係の状態ですが、同じような事案であったとしても『アメリカという大国と友好的な関係にある』状態の日本が相手であったならば、中国も今回ほど強行的な態度は示さなかったものと思います。
これは小泉元首相の靖国神社参拝の際の中国側の対応と比較すれば、よくわかります。

要するに、今回の案件の遠因は普天間基地移設の問題をキチンと解決できなかったことにあり、この問題を国と国の問題にしてしまった民主党という政党の視野の狭さ(または「何とかなるだろう」という考えの甘さ)がもともとの問題だということです。
普天間基地の問題は、自民党が与党だった時に長い年月を費やして解決の糸口を見つけて調整し、作ってきたものを、民主党が破壊してしまった……そういう類のものです。
問題は、以前より深刻化・複雑化していますから、普通にやっていたのでは、自民党が費やした年月と同等またはそれより長い時間を要してしまうものと思います。
これは、日本の国際的な立場の弱体化を意味します。

民主党は、「部分的な最善手」をチラつかせて政権与党の座に登りました。
「部分的な最善手」はわかりやすい……それは言うまでもないことですが、そもそも政治家は広い視野で考える能力が必要な職種です
一つのアクションが、何にドウ影響するのか???これをキチンと考えた上で発言し、行動しなければなりません。
ところが民主党には、これが欠けています。

これ以上、国際的な立場を弱体化させる前に責任を取るのが、政治家としての仕事だろうと思います。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】かみーゆ
2010年09月18日 (土) | 編集 |
"こうめ"がウチに来て、日々大きくなっていくのを見ていると、どこまで大きくなるのだろう???と思います。
"かみーゆ"が、思っていたより大きくなったことを考えると、"こうめ"も以外と大きくなるかも……と思います。

m_010A.jpg

今の大きさのままでも良いのですが……"まーふぃー"との関係を考えるとアル程度の大きさになってもらわないと、"まーふぃー"に踏まれそう……とも思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【武道日記】柔道教室をしていて思うこと…… #02
2010年09月16日 (木) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

前回、現在の柔道競技のルールは『「何もしていない」ことを基準に考えて、「何かをした」というプラス面を"技あり"や"有効"というプラスのポイントにしていると言えるが、基準を「一本」においた場合には"技あり"や"有効"は「不十分な技を掛けた」という意味になりますので、そのような技を掛けたという意味ではマイナスの意味でしかない』と書きました。
競技としての柔道は、前者の考え方の上に成立しています。
これは良いとか悪いということではありませんが、柔道を考える上での前提となります。

最近、前者の考え方の上で柔道教室に子どもを入会させようとする親御さんが増えてきました。
このような親御さんの中では、「柔道はスポーツ」として捉えられているように感じています。
わかりやすく言えば、あまりにも危険性を考えていない……とでも言えば良いのでしょうか???
確かに野球でもサッカーでも……ケガもしますし、時には死者も出ます。
でも、スポーツと根本的に異なるのは「人を壊すような危険な技術を身につける」ということであり、練習においても「そのような危険なことのリスクを低くした上で行っているにすぎない」ということです。
別項【注②】でも書いていますが、RISKは"あくまでも可能性"でしかないことを考えると、必ず発生するデメリットとは異なりますし、他方で絶対に発生しないということでもありません。
そう考えるとRISKは無くなっていないと言えます。

実際の柔道は、そういう親御さんが思っているよりも、格段に危険だと思います。

 budo.jpg


------------------

【注①】
 ※参考:【武道】柔道教室をしていて思うこと…… #01
【注②】
 ※参考:Risk Management
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【仕事】異動……
2010年09月14日 (火) | 編集 |
突然、異動の内示が出る……勤め人であれば仕方のないことです。
しかし……年度中途で色々とスタートして、作業の土台作りが始まった時期の異動は、勘弁してもらいたいものです。
理由は、「引き継ぎが上手くできないこと」です。
土台作りが終わってしまった時点であれば、ある程度の形ができていますから引き継ぎがしやすいのですが、色々と交渉中・協議中の時期は形になっていないため引き継ぎの作業が大変です。
協議相手との関係もありますし……。

今回、異動の内示が出たのは、他部署で急に欠員が出たことに起因します。
通常の欠員であれば、欠員が出た部署で何とかしろ!という話になるのですが、年内を期限に大作業がある部署での欠員ですから補充するしかない……とのことです。
で……何とかしてこい!と……。

実情を聞くと……作業は遅れ気味(というか……遅れてしまっている……)とのこと。
ただ作業量を考えると、以前いた部署と比較すると何とかなるかも……と思える量ではないか……と思っています。
まあ、「何とかならない量」であっても「何とかしなければならない」のですが……。

また、ブツブツつぶやきながら仕事をするのでしょうか???
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【Diary】月下美人
2010年09月11日 (土) | 編集 |
先日、近所の知人に「月下美人」という花をいただきました。
「今晩あたり咲きそうだから、水に差しておくと、良い香りがするよ」と言われました。
で、咲いたのがコレです。

gekkabijin20100905A.jpg

gekkabijin20100905B.jpg

良い香りが部屋中に拡がりました。

この知人ですが、犬を飼っている方で、"まーふぃー"が縁を運んでくれた人です。
近所と言っても少し離れていますから、"まーふぃー"がいなかったら、挨拶程度の会話しかしなかったかも……と思います。
"まーふぃー"がウチに来たおかげで、本当に色々な人と知り合うことができました。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【医療】国保と健保 #02
2010年09月09日 (木) | 編集 |
前回【注①】の続きになります。

どこが不公平か……と言うと、まずは徴収のしかたです。
健保については給料から自動的に引かれてしまいますので、イヤでも支払わなければならないようになっています。
一方の国保は自主納付です。
税金の収納率の低下が叫ばれていますが、国保も同じです。
健保は「今月は支出が多いから……」と言っても強制的に徴収されますが、国保は自己都合で支払わないとか遅れて支払うとかを選択することができます(これが良いというわけではなく、現実を書いています)。
この時点で不公平が生じています。
そして国保は自治体が運営しますから、議員の思惑が問題をややこしくします。
健保であれば自己都合は理由にはならないのですが、国保では議員が介入することが多々あります。
また自治体職員が相手ですから、支払わないことを正当化して文句【注②】を言う人もいます。
要は法律にどう書かれていても関係ないわけです。
この辺りは自治体の窓口に行けば、いくらでも見ることができる光景です。
運営を自治体が行っているために不公平が拡大していると言えます。

 medical(S).jpg
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ※参考:【医療】国保と健保 #01
【注②】文句:
 ・こういう類のものは、決して「クレーム」とは言ってはいけません。
 ・「クレーム」は「正当な権利を主張すること」を指します。
 ・法に規定されたことに従わないような発言は、法治国家では「クレーム」の範囲には入りません。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記