【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【インフル】インフルエンザ情報(続報)
2010年09月30日 (木) | 編集 |
昨年、大きなニュースになったインフルエンザですが、このところ何の報道も見かけなくなりました。
実際には……タミフル耐性株に新薬が効果を現さなかったりしていますから、感染リスクの高い方には、相変わらず注意が必要なのですが……。
どうも、この国のマスコミは、「喉もと過ぎれば……」になりがちです。
やはり情報は、自分で集めるしかない、そう思います。

------------------

【新型インフルエンザ情報】
 ■第一三共、純国産インフル薬発売 10月19日から
 ■都道府県別報告数・定点当たり報告数(10/9/24 更新)
 ■インフルエンザ流行レベルマップ(10/9/24更新)
 ■新型インフル…タミフル耐性株、新薬効かず

【鳥インフルエンザ情報】
 ▲鳥インフルエンザ-エジプトにおける状況 2010年8月31日 WHO
 ▲WHOに報告されたヒトの高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)感染確定症例数 2010年8月31日
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【健康】食の安心 #03
2010年09月30日 (木) | 編集 |
食の安心を得るには、まず正しい情報と考え方を持つことが必要となります。
しかし、現状では単なるイメージで「食の安心」を掲げているものが多々見られます。
その一つが無農薬/有機栽培農作物です。

有機栽培農作物が、そうでないものと異なるのは「農薬の使用」について……です。
無農薬農作物は、その名のとおり無農薬で栽培された農作物で、有機栽培農作物は、無農薬まで行かなくても比較的少量の農薬使用で栽培されている農作物です。
これにより無農薬/有機栽培農作物には、安全で安心というイメージがあるようです。

しかし……本当に「安全で安心」なのでしょうか???

イギリスのFSA【注①】が2002年に行ったカビ類の調査によると、トウモロコシを原料とした292食品のうち2食品にフモニシン【注②】というカビ毒が含まれており、この2食品は有機栽培農産物であったとの報告が出ていますし、2003年には「有機栽培農作物が通常栽培農作物に比べて、より安全とかより栄養があるという科学的な証拠は現時点ではない」とする見解を発表しています。【注③】
また「食品中に含まれる農薬効果を持つ物質の99.99%は天然(自然)のもの」という論文【注④】もあります。
さらに有機栽培農作物は、病毒虫等から害を受けやすく、その分は2次代謝産物(要するに「ナチュラルな毒」を作り出しやすい状態で育ちます。
これについては、近畿大学の森山講師らの実験で、無農薬栽培されたリンゴは、一部のアレルギーを引き起こすアレルゲンの量が多く、農薬を使う以外は同条件で栽培されたリンゴにはアレルゲンがほとんどないという結果が出ています。

確かに食物に過剰な量の農薬が含まれれば危険なのですが、一定量を超えなければ人体に影響はありません
また……通常は……その一定量を超えないものだけが市場に出ていますから、安全性に問題はありません。
そういうと「一定量を超えていないという保証はないのでは?」という人がいますが、そんなことを言えば「有機栽培と書いてある農作物が、本当に有機栽培なのかどうかの保証はない」と言わなければなりません。

植物も生物である以上、発育途中でリスクが大きければ身を守るために何らかの対応をします。
これが天然農薬です。
食品中(したがって口に入るもの)に含まれる農薬の99.99%が天然農薬であるという上記の研究結果から考ると、各種のストレスに晒されることで天然農薬を生成した無農薬/有機栽培農作物より、適切に人工農薬を利用されストレスなく育てられた農作物の方が、健康に対するリスクが低いのではないか……と考えられます。

このような情報や考え方を持つと、「食の安心」がガラリと変わってきます。
まあ、「人の手が加わった"害"は許せないけど、自然におこる"害"は許してしまう」という意識がある場合には、そういうわけにはいかないでしょうが……。

 helth(S).jpg
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ・英国の食品基準庁
 ・Food Standards Agency
【注②】
 ※参考URL:フモニシン(Wiki)
【注③】
 ・これと同じような報告書は、AFSSA(フランス食品衛生安全機関)も公開しており、128ページに及ぶ包括的報告(有機食品の栄養と安全性の評価報告書)において「食品の安全性及び栄養において有機栽培農作物と通常栽培農作物の間に有意な差を見出せない」としています。
 ・スウェーデンの国家食品も同様の報告を挙げています。
 ・現時点においては、『有機栽培農作物が通常栽培農作物に比べて、より優れているという科学的証拠はない』という事が国際的なコンセンサスだと言うことができます。
【注④】
 ・B.N.エイムズ博士が1990年に発表。
 ・エイムズ博士は、化学物質が遺伝子を変異させるかどうかの確認をするための試験(エイムズ試験)を考案した、有名な人。
 ・上記の主張は、植物は発癌物質を等の毒性があるものを自ら作りだしており、農薬等の残留したものは0.01%にすぎないというもの(99.99%は植物が自らを守るために作り出す天然農薬)。
 ・したがって人体への影響を考慮すべきは、『残留基準が厳密に定められている残留農薬ではなく、植物が自ら生成する天然農薬』ということになります。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【Diary】歯根膿胞
2010年09月29日 (水) | 編集 |
少し前から違和感を感じていたのですが……歯が痛くなって、歯科医院に行きました。
そうすると……歯の根っこに膿が溜まっているとのこと。
歯根膿胞という名の立派な病名を付けていただきました。

歯の根っこに膿が溜まる……というものだそうですが、これは歯の治療で神経を取ってしまうとなりやすいものだとか……。
その取り除いた神経があった場所(空間)に膿がたまるのだそうです。
まあ、柔道や空手で歯はボロボロだったりします。
いつも行く歯科医院は決まっているのですが、そこの先生には「また修理にきたか……」と言われたことがあります。
もう「治療」ではなく「修理」らしいです。。。

で……歯茎や口蓋が腫れて来ていて、痛みを引き起こしています。。。
モノは食べることができない……夜は痛くて眠れない……。
そんな状況です。

歯科医師:1ヶ月ぐらいユックリできれば、抗生物質と痛み止めで大丈夫なんだけどなあ……。
私:現状では無理なので……(今度は、いつ休めるのか不明)。
歯科医師:じゃあ、軽い治療から始めてみるか。

ということで……現在、歯に穴を開けて、膿を出しているところです(抗生物質と痛み止め付き)。
これでダメなら、歯を抜いて治療だそうです。

どうでも良いんですけど……早く治って、この痛みから解放されたいものです。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【整体】肩こり #02
2010年09月28日 (火) | 編集 |
前回【注①】肩こりの原因の多くを「血行不良」と書き、筋肉を動かすと改善すると書きました。
しかし、それだけでは改善しない方がいるのも事実です。
その原因の一つが「頭の重さ」です。
人間の頭部は成人で4~5kg程度あります。
その重さを首で支えています。
頭部が首の上に乗っている状態であれば負担は少ないのですが、頭部が前後左右に出てしまうと首への負担が大きくなります

多いのは頭が前に出ているパターンですが、これはパソコン社会の影響だろうと思います。
顎が前に出て、猫背になる……そんな感じです。
猫背になると背中の筋肉が伸ばされた状態になり、併せて血管も引き伸ばされますから血管の径が小さくなります。
その体勢で長時間続けると、血管の径が小さくなっていますから、背中に血行不良が発生します。
また顎が前に出ると、首によって身体の外側で頭の重さを支えることになり、首への負担が大きくなりますし、筋肉は緊張状態が続くことになります。
この状態の骨格を考えると、首の湾曲が大きくなり、第3~第4頸椎が前方に変異します。
この変異のバランスを取るために第7頸椎~第2胸椎が後方に変異します。
わかりやすく言えば、頭から上部頸椎の間のU字が大きくなるということです。
U字が大きくなるということは、当然、筋肉が引き伸ばされ、併せて血管も引き伸ばされますから血管の径が小さくなり、この状態の時間が長くなると血行不良が発生します。

そのような状態でも長時間続けていると、脳はその状態を「普通」と認識してしまいます。
この辺りの考え方は、以前【注②】書きました。

したがって、顎を引くことと猫背をやめることで、アル程度は改善します。
しかし、大きくなった頭から上部頸椎の間のU字は……なかなか改善しません。
これは変異した状態での動きが「普通」になってしまっているからです。
整体の手技は、これらの位置関係や動きを矯正(調整)することによって改善する方向に導こうとするものです。


 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg

------------------

【注①】
 ※参考:【整体】肩こり #01
【注②】
 ※参考:【整体】整体をして、よく言われること #01
 ※参考:【整体】整体をして、よく言われること #02
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】こうめ
2010年09月25日 (土) | 編集 |
先日、撮った写真です。

ume@neru20100905A.jpg

両手をマクラにして寝ている姿が可愛かったので、急いで携帯をカメラモードにしました。
写真を撮られたと気が付いて、伸びをした後の写真がコレです。

ume@neru20100905B.jpg

片手はマクラにしたまま寝てます……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】民主党政権@能力不足
2010年09月25日 (土) | 編集 |
以前【注①】、『政権交代によって明かとなったこと……その一つが「政権を担当するには、アマチュアには無理」という事実です。(中略)政権運営は、政権運営できるだけの能力を持ったプロフェッショナルでなければ混乱するだけ……これが政権交代で国民が知った大きな現実です。』と書きました。
これが一気に出てしまったのが、中国人船長の釈放騒動です。

国内に対しては、「なぜ釈放したのか?」をキチンと説明しなければならないにも関わらず、何も説明できていません。
国外に対しては、「日本は圧力をかければ言うことをきいてもらえる」という印象を残してしまいました。
要するに「したこと」に対して「何が起きるのか?」を想定できない人たちの集まり……それが民主党政権だということです。
結局……普天間基地問題でゴタゴタし、アメリカという後ろ盾を失ったことが尾を引いているのですが……。
その根本的な原因を解決しようとしていない……いまでも何だか分からない状態になっている……日本はアメリカという後ろ盾で支えられてきた面があるのですが、それを修復しないでは国際的な地位は低下するばかりです。
こんなことは、少し考えればわかることなのですが……これがアマチュアの証明でしょう。

尖閣諸島は日本固有の領土です。
領土をキチンと守るのは、政府の仕事なのですが、それを本気で考えているとは思えない対応です。
日本固有の領土で発生した事案であれば、日本の国内法の則って対応すれば良いだけのことであり、それにアレコレ言うのであれば「内政干渉」と抗議すれば良いだけの話です。
今回の政府の対応は、そういう基本的なことを理解できていない……これは政治家として致命的な能力不足ではないか?と思います。

いずれにしろ、今回の対応のマズさは、今後の国際交渉の場に影響を及ぼすことでしょう。
これは対中国だけでなく、他の国に対しても「日本は圧力をかければ言うことをきいてもらえる」という印象を残してしまいましたから、世界的に日本の発言権は低下したと言うことになります。
「検察の判断」とは言いますが、通常、このタイミングで釈放できるわけがありませんから、政治的な介入がなければ話の辻褄が合いません。
こんなことは国民にはわからない……とバカにしているのでしょうか?
また「検察の判断」【注②】と言っても、最終的には「国の判断」でしかないわけで、最終的な責任は政府にしかありません。
特に、このような国際的な問題が絡むものについては、最初から国が関与しているのですから、今になって「地検の判断」などと口にすることは『都合が悪いことは、他人の責任』という無責任な態度でしかないわけですから、政治家としては口が裂けても言ってはいけないことです。
「責任感も能力のウチ」ですから、そういう意味でも能力不足としか言えません。

本来、この責任は重く、衆議院を解散するとか内閣総辞職するどころの話ではありません。
政治家を辞めるぐらいの重さを持つものです。
それをしてしまって……平気で会見を開くことができる【注③】のですから……。

今回の件について言えば、民主党政権は手持ちのカードを全て使い果たしてしまいました。
中国から何の譲歩も引き出さない状況で……です。
これでは、国益を損ねただけ……でしかないということになります。

国益を損ねるような人たちに、国会議員を続ける資格はあるのでしょうか?

------------------
【注①】
 ※参考:【政治】民主党政権 #03-05(政権運営@プロとアマ)
【注②】
 ※参考URL:中国人船長釈放、仙谷官房長官が政治介入を否定
【注③】
 ※参考URL:日中両国、冷静な努力を 船長釈放は検察判断と首相
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #03-11(政権運営@ねじれ国会)
2010年09月23日 (木) | 編集 |
参議院選挙で予想通り民主党が大敗したため、ねじれ国会になりました。
小泉政権下のねじれ国会は、参議院で否決されても、衆議院で2/3以上で再可決できましたが、現与党にはその力はありません。
そこで他党に協力を要請することになりますが、今の民主党に無条件で賛同する野党はいない状況です。
かつて、野党時代に「何でも反対!」で国会を空転させてきた民主党ですから、今の状況がどういうことなのか?理解できているはずです。
政策単位で……との話もありますが、他党との交渉で「無条件に……」ではない以上、「A法案は賛成する代わりにB法案を通せ!」というような話になるのではないでしょうか?
そうなれば、少数政党での組合せでなければ話がややこしくなります。

野党としても、民主党への批判票もあるのですから、簡単に民主党に擦り寄ってしまうわけにはいきません。
簡単に擦り寄ってしまうことは、次の選挙での敗北に繋がりかねません。
そういう意味では、野党にも問題意識が必要となります。
そもそも民主党以外の政党を支持した者は、「民主党がやろうとしていることにNo!と言っている」ということが前提となります。
ということは、いかに条件を出されても……簡単には民主党には擦り寄っては行けないわけです。

民主党は、色々な意味で自爆状態です。
野党時代に墓穴を掘りすぎていたため、どう動いても自分が掘った墓穴に足を入れてしまう……そんな状態に見えます。
ねじれ国会をどう乗り切るのか???
民主党の対応も見物ですが、野党各党は選挙で得た議席の責任を忘れずに対応してほしいものです。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】まーふぃーvsこうめ
2010年09月22日 (水) | 編集 |
最近、"まーふぃー"と"こうめ"が段々と仲良くなってきました。

ume vs mfy@nakayoshi

仲良くなるのは良いのですが……"まーふぃー"は"こうめ"の御飯を狙いますし、"こうめ"は"まーふぃー"の御飯を狙います。

ume vs mfy@meshi

油断していると……"まーふぃー"がキャットフードを、"こうめ"がドッグフードを食べようとしているので、目が離せません。

この先、どうなってしまうのか……。
まあ、仲良くしていてくれれば、それで良いとは思いますが、少し不安です。
テーマ:日記
ジャンル:日記