【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【医療】国保と健保 #03
2010年10月14日 (木) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

保険制度間で不公平があるということの続きです。
最初に書いた『被保険者が保険料として負担する額=(医療費として必要となる金額-窓口負担分)÷2』の残額について書きます。
健保においては、この残額を会社負担として保険に属する者が勤務する会社が支払うこととされています。
ここをキッチリ考えてみると、また不公平が見えてきます。

会社に属する者(以下「社員」)への支払は、かなり大雑把に言えば……会社の収入から経費を引き、いくらかの積立金を差し引いた後の額の範囲内で行われます。
ここで考えようとしている「保険料のうちの会社負担分」は、社員への支払額を決める際には、経費の部分に含んで計算します。
したがって会社としては、実際には
 ①.保険料の会社負担をなくして全額を社員が負担する場合
 ②.現行のように会社が1/2、社員が1/2負担する場合
の何れであっても、数字上は同じ計算となります。

これを整理すると前提は『医療費として必要となる金額から窓口負担分を引いた残額の1/2を被保険者が保険料として負担する』のですが、健保においては実際には『医療費として必要となる金額から窓口負担分を引いた残額を被保険者が保険料として負担する』と同じとなることがわかります。
そして「窓口負担分」についても被保険者が負担しているわけですから、医療費全てを被保険者が負担していると考えても間違いではないこととなります。

※ここで書いているのは原則論です。実際には、医療費が予想よりも多額になり不足することがありますが、この場合には税金が投入されることがあります。

 medical(S).jpg
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ※参考:【医療】国保と健保 #02
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【Risk Management】#16-03_成果/評価主義
2010年10月12日 (火) | 編集 |
※別項でも書いたので、この項は重複する内容があります。【注①】

既存の「年功序列」が良いとは言えないかもしれませんが、現在の「成果/評価主義」よりはマシだったと考えられる面は多々あります。

現在の「成果/評価主義」の導入によって一番変わったのは「後輩を育てる」と言う面です。
現在の「成果/評価主義」は「個人の成績」をメインに点数化しますから「他人のことにはかまっていられない」わけですし、他人より良い評価を得たいと思えば「他人の成績が低ければ、自動的に自分の成績は良く見える」と言うことになります。
要は以前は「後輩を育てれば自分の仕事が楽になる(給料には影響しない)」だったのが、「後輩を育てて、後輩の成績が良くなると自分の評価が下がる(給料が下がる)」ことになるので、育てなくなった状況にあります。
併せて業界にもよりますが、ある程度成長すると条件の良い他社に移ってしまう状況にもあり、組織全体としてはデメリットが出ています(中には顧客ごと持って行かれることもあります)。

また「成果/評価主義」は『絶対評価』が前提となりますから、全ての者の成績が良ければ青天井に支払額が増えることになるのですが、これを『相対評価』で運用しているところが多々あり、ヤル気を失う一因となっています。
このため従来は3人でできていた作業に4人必要となったりして、人件費が増となってしまうと言う笑えない話も出ています。

結局、大枠で見ると言う視点を欠いての制度導入は失敗することが多く(結果オーライのこともありますが)、そのような時にはスペシャリストの視点が必要となります。

(続く)

 Risk Management(S)
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ※参考:別項=カテゴリー「仕事(評価/成果主義)」
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】こうめ
2010年10月09日 (土) | 編集 |
決定的な瞬間の写真を撮ろうと思ったのですが、起きてしまいました。

ume@ossan.jpg

この格好で寝ていて……思わず「おっさんか……」と声に出してしまいました。
これまで留守中は、"まーふぃー"が小さい頃に入っていたゲージで生活していましたが、この度、3階立てのゲージにバージョンアップしました。

ゲージ

写真の左側が、今までのもの("まーふぃー"が小さい頃に入っていたゲージ)、右側がバージョンアップ後です。
写真は、その3階部分です。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【社会】「場」を考える #02
2010年10月07日 (木) | 編集 |
ここ数年、エコリサイクルが叫ばれていますが、本当にリサイクルエコにつながるのか?

例えばペットボトルの回収について言えば……ですが、ペットボトルを回収するためにはリサイクル業者が回収車を走らせる必要があります(ある会社の商品しか取り扱っていないのであれば、その会社が配達のついでに回収することも考えられますが、商品と「ゴミ」を同一スペースに置くことはないと思いますので)。
都市部のように店舗が集中して存在している場合、回収車が短い距離を走れば、それなりの空きペットボトルを回収することができます。
しかし田舎では店舗が散在しているため、回収車の回収効率は悪くなります。

これは回収するために必要となるエネルギー(具体的にはガソリン)が多く必要となると言うことであり、その意味で田舎ではガソリンをバラ撒いてペットボトルを回収しているとも考えられます。

この例は、一つのことに目を奪われて他が見えなくなっていることの一例ですが、何かを実行する(または実行しようと思う)場合には、必ず「それが効果を発揮できる環境の中で……」と言う条件が付きます。
このことを忘れてはいけないと思います。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】「科学的」と「真」ということ #02-02
2010年10月05日 (火) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

上記(B)については、さらに難しくなります。
何が難しいかと言えば、上記の実験については「実際の効果の有無を測定している」のであって、「なぜ効果があるのか?」を調べたものではないからです。
科学は、最終的には「なぜ……?」を追求するものですが、科学を現実世界で使用するために「なぜ……?」抜きで世の中に出されているものは多々存在します。

前回、薬の例を書きましたので、今回も薬の例を書きます。
例えば、頭痛薬の多くについては、前回書いたような試験が行われており、その効果には"それなりの"根拠があります。
ただし、これは「どう投与すると効果がある」という統計的な数値であって、根本的な部分の話ではありません。
科学的には、「その薬が何故効くのか?」を調べる必要があるのですが、実際には「アル程度の作用機序はわかっているものの、キチンとした機序がわかっているものは少ない」のが現状です。【注②】
これは麻酔薬についても同じようなことが言えます。

要は『「科学的に……」と言った場合には、二つの視点が必要が必要となる』ということを頭に置いておかなければならない、ということです。

------------------

【注①】
 ※参考:【社会】「科学的」と「真」ということ #02-01
【注②】
 ・「作用機序はわからないが、何らかの効果がある」ということは、言い換えれば「なぜ効いているのか、わからない」ということです。
 ・効果の原因が不明であるということは、「身体の何に対してアプローチしているのか不明である or 少なくとも確定できない」ということです。
 ・これらが、後になって副作用や後遺症の原因と重なっているように思います。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【社会】国勢調査
2010年10月03日 (日) | 編集 |
10月1日は、国勢調査の基準日でした。
国勢調査は国の調査……と言いながら、実際にバタバタしているのは市町村……。
本当は国の調査らしいのですが、国は何をしているのか???よくわかりません。
結局、市町村がバタバタして集めた情報を掠め取り、おいしいところだけを持っていく……国家公務員得意のパターンでしょうか?

自治体への権限委譲の話は、自民党が与党だった頃から出ており、国家公務員人件費の削減の話と相まって、都道府県や市町村に仕事が移っているようですが、よく考えてみると「おいしいところ」だけは国に残しており、面倒なことは都道府県や市町村へ……そんな感じに見えます。
面倒なことを都道府県や市町村へ押し付ければ、確かに国家公務員は減らせますし、それは国家公務員人件費の削減になるでしょう。
でも……押し付けられた側は???
まだ都道府県は、下に市町村がありますから、面倒なことを市町村に押し付ければ良いのですが、最下層の市町村は仕事が増えるだけです。
ところが市町村で潤っているのは一部の自治体だけですから、ほとんどの自治体では仕事は増えても人を増やすことはできません。
その意味は……一番身近なところのサービスが低下することに他なりません。
そう考えると、本当に必要なのは「仕事そのものを減らす(仕事を集約する)」ことであって、移管することではないということがわかります。
本当は、これ(仕事そのものを減らすこと)が「事業仕分け」のはずで、お金を少しずつ削るような方法をメインに考えている時点で、現状の事業仕分けは上手く行くはずがありません(一時的にはメリットがあるかもしれませんが、長い目で見ればデメリットの方が大きくなるでしょう)。

さて、国勢調査ですが、本当に必要なのでしょうか?
国勢調査で集められる情報そのものは、国際的な比較等の指標になりますから、必要でしょう。
ただ、今の形態で必要か?と言われれば、かなり疑問です。
国勢調査で集められた情報は、色々な場面で使われますが、他に代用できそうな情報がないのか?と考えると、ありそうな気がします。
それらをキチンと繋ぐキーがあれば……ですが……。
かつて総背番号という話がありました。
その時に実現しておけば、国勢調査の方法も変わってきていると思います。
無駄を省く……と言いながら、総背番号に反対したのが現与党の民主党です。
そう考えると……国勢調査で使われる税金は、民主党が作った無駄なのかもしれません。

そうは言っても、日本国民ですから法律で決まっているものに「No!」というのもどうか……とは思いますが……。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権@国土
2010年10月03日 (日) | 編集 |
今朝のテレビで「尖閣諸島周辺の島を中国人に売買する」という話が出ていました。
本当かどうか……わかりませんが……。
ただ……現在、国と国の間で争いの基となっている島を、その相手国に売買できる状況を知っていながら何も対応していない状態です。
テレビで某大臣は、「色々なことを考えた上で……」と言っていましたが、この発言自体が一国の大臣として不適切だと気付いていないのでしょうか?
今の状況を考えれば、「色々なことを考えた上で……」ではなく、とりあえず状況が悪化しないように手をうっておく、それが必要なことです。

政府の仕事は「国を守ること」です。
この「国」には、『国民』は当然含まれますが、『国土』も含まれています。
国土を守れないような政府は、政府とは言えません。

国を守るために何が必要か???キチンと考えたことがあるのでしょうか?
国土を巡る問題で、歴史上どれだけの血が流れたか?理解できていないのでしょうか?

すぐにでも特例を定めて、法で縛りをかけなければならないと思います。

これは尖閣諸島周辺だけの問題ではなく、日本の山林にも同じコトが言えます。
近年、海外資本が日本の土地を買い取っています。
外貨が入ってくるという意味では、悪いことではありませんが、これは一時的なことです。
日本の水は山林が作ります。
人間が生きるためには、水が必要です。
その水を守るためには、山林を守らなければならない……それは少し考えればわかることです。
ところが何も手を打っていない。

民主党政権は、一体、日本をどうしたいのでしょうか?
どこの国の政府なのでしょうか?
理解できません。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー
2010年10月02日 (土) | 編集 |
"こうめ"が成長するにつれ、"まーふぃー"も大きくなったなあ……とシミジミ思います。

mfy@chibi01.jpg

ウチに来た頃は、こんな感じでしたから……。
仕事から帰るまで、「生きているだろうか???」とか……色々と考えていました。
子猫は何度も育てた経験がありますが、子犬を育てた経験はなかったので、不安いっぱいでした。
とりあえず……良いか悪いかは別として、人を噛まない犬に育ってくれて、良かったと思います。
臆病なのが難点ですが……。

"こうめ"も元気に大きく育ってほしいものです。
テーマ:日記
ジャンル:日記