【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【整体日記】2011年理事会@広島 #03 原爆ドーム
2011年01月11日 (火) | 編集 |
前回の続きです。

理事会終了の翌日、交通手段の時間までの間、原爆ドーム・平和記念資料館に行ってきました。

(原爆ドーム)
 20110110原爆ドームA

(平和公園)
 20110110平和公園A

(平和記念資料館)
 平和記念館


言葉が出なくなる……とは、このことです。
「悲劇」という以外に言葉が思い浮かびません。

自分の手を直接汚さずに命を奪うことができる……そうなると良心の痛みは小さいものなのかもしれません。
武器を作る(使う)ということは、そういうことが前提にあるのではないか???そう思ったりします。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【医療】小児科
2011年01月11日 (火) | 編集 |
医師不足と言われる小児科についてです。

小児科について思うのは、「大人を相手にする科より大変だろう」ということです。
柔道教室等で子ども達に接すると、大人と比較して会話を成立させるのが大変だとわかります。
わかりやすく言えば、大人同士であれば通じることが、子ども相手には通じず、何かを伝えるにも何かを聞き出すにも大人の数倍の労力(当然、時間も)を必要とします。
これと同じことが起きていると思います。

しかも、親を通して聞き出そうとすると、親というバイアスがかかりますから正確ではないことがあります。

また、親が自分のペースでしか来院しないとか、来院しても自分のペースでしか物を考えられないとか、医師の言うことを理解しようとしない(理解できないのではない)とか……で一層の労力(時間)を必要としています。

要は「大人相手より大変」な上、「大人もリスクファクター」になっているということです。
さらに、それだけ大変なことをしているにも関わらず、収入の面では恵まれていません。
普通に考えればいいのですが、労力(時間を含む)を2倍費やさなければならない作業に支払われる額が、2倍費やす必要のない作業と同じ程度で満足できるか?ということです。

このような状況では、その環境から逃げ出すのは当然ではないでしょうか?
そして逃げ出した結果は……人が減り、リスクを上げているというマイナスの循環になっている……それが現状だと思います。

 medical(S).jpg
 (この絵については、こちら
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記