【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃーvsこうめ
2011年02月07日 (月) | 編集 |
"まーふぃー"のアップです。

mfy-up20110205.jpg

こういう時の"まーふぃー"の顔は、かなりかわいい。
近所の人にも可愛がられて、ご機嫌です。

一方……"こうめ"のアップです。

ume-up20110205.jpg

"こうめ"は目が大きい……。
この顔で、愛嬌を振りまきます。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #05-03(外交)外交オンチ
2011年02月07日 (月) | 編集 |
まったく……民主党政権にとって外交って何なのでしょう???
一方で「TPPだ!」と言っておきながら……。

菅総理は、尖閣沖事件の反省から「外交の大方針」を表明したようですが、それだけで終わっています。【注①】
その後に何かしたのでしょうか???
中国は、日本の南西諸島防衛強化に懸念を表明し、また尖閣沖の接続水域では中国の漁業監視船が航行を続けています。【注②】
これは、民主党政権が何も対応しようとしないから強気に出ているのであって、他の要素はありません。
民主党政権には、国土を守るという認識がないのでしょうか???

また菅総理は予定していた訪米を延期するとの報道がありました。【注③】
民主党政権による普天間問題のゴタゴタで、日米関係は悪化してしまいました。
この日本の後ろ盾と思われていたアメリカとの関係悪化で、中国もロシアも強気の対日外交に転じています。
尖閣沖の問題の背景にはあるのがアメリカとの関係悪化であり、そこでの対応を誤ったことがロシアとの北方領土問題を複雑化させた主因です。
したがって、今、必要なのはアメリカとの関係の修復です。
にも関わらず……訪米を延期する……。
意味がわかりません。
これで日本という国を守れるのでしょうか?

民主党政権は、何を守りたいのでしょうか???
自分たちの「政権与党という立場を守りたい」としか思えません。
決して「政権与党として国民の生活を守りたい」のではなく、自らの「政権与党という立場を守りたい」という保身にしかみえません。
ねじれ国会だから……という言い訳は通用しません。
その状況でも何とかする……という覚悟がなければ政権与党になってはならない、それができなければ国を支え、国を守ることはできません。
結局は、その程度だと言うことではないか……と思います。
与野党逆転した衆院選の際、「一度、民主党に政権を持たせてみれば……」というようなことを言っていた人がいます。
自民党への批判票として民主党に投票した人もいます。
そういう人たちに今、話を聞くと「やめておけばよかった」という話になります……それが現実です。
民主党は、少し現状を認識しては???と思います。【注④】


------------------

【注①】
 ※参考URL:首相、異例の外交方針表明へ…尖閣の反省踏まえ
【注②】
 ※参考URL:中国、日本の南西諸島防衛強化に懸念
 ※参考URL:尖閣沖の接続水域、中国の漁業監視船が航行
【注③】
 ※参考URL:首相訪米、6月下旬へ延期検討…国会情勢理由に
 ※参考URL:内政の停滞、同盟に影響…首相訪米延期検討
 ※参考URL:訪米6月下旬以降への延期、事実上認める…首相
【注④】
 ・実際には現状をよく理解しており、それが理解できているから解散できないのでしょうが……。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】地方選挙(愛知県及び名古屋市の選挙)
2011年02月07日 (月) | 編集 |
地方で民主党離れが急速に進んでいるようです。
というより……地方選挙で民主党が勝てていません
このため地方での会合では、厳しい声があがっています。【注①】
ただ、民主党執行部をフォローする気はないのですが……これを全て……とみるのは無理があります。
もともと和歌山県では民主党勢力が強いわけではないので、一時的な勢いが消えて、元に戻っただけ……と見た方が良いと思います。
また今回の愛知県での選挙は、『減税』と言う言葉に負けた……そういう感じであり、これはマニフェスト選挙で政権交代が起きた衆院選と同じような構図です。【注②】

今回の愛知県及び名古屋市の選挙についてですが、民主党系の候補者が敗れたことはイタいところでしょう。
また『地域主権』を掲げる民主党にとって、自分たちが応援する候補者が敗れるということは、国の方向性と地方の方向性に差が出ることが考えられます。
別項【注③】で書いていますが、そもそも『主権』という言葉の重みを考えれば、『地域主権』を掲げるということはアメリカ型の国⇔州の関係をイメージする必要があります。
そういう意味では、最近発生している子ども手当の地方負担拒否は、地方主権の表面化の一部です。
地方主権を前進させるということは、こういうことが多々発生するRISKを負うということであり、これは制度改正の際にスムーズに事が進まず状況を悪化させていく……そんなRISKを抱えていることを知らなければなりません。
もともとアメリカ型の国⇔州の関係は、アメリカの文化の上に成り立っているだけで、これが『正しい』というわけではありません。
文化が異なるのですから、日本でキチンと運用できるかどうか……どちらかと言えば問題が頻発すると思います。

それはそれとして……今回の愛知県の選挙についてです。
これについては、『減税』を掲げた候補が圧勝しました。【注④】
これが愛知県及び名古屋市の現在の民意なのでしょう。
ただ……減税の実施は、自動的に支出も減ってしまうということを理解しておく必要があります。
どこを削るのか???
民主党は「公共事業を削る」というマニフェストを掲げて政権交代しましたが、ここ数年(自民党政権時代からですが)公共事業を削った結果、この冬の地方での大雪への対応は遅れてしまいました。
地方での公共事業を削れば、地方の企業で重機を維持できませんから、大雪に対応しようにも道具がないことになります。
また国家公務員人件費の削減のため、地方事務所の人員体制は薄い状態になっています。
これにより情報収集も対応も遅れることになるのは明かです。
これは大雪に限らず、災害対応全てに当てはまります。
したがって、この辺りの経費を削るのは影響が大きく、Risk Management的には正しいとは言えません。
そうなると……どこを削るのか???
市議の「厚遇批判」については、賛否あると思います。
まあ……議員に支払われているものは、生活するための「給与」ではなく「報酬」なのですから、高額である必要はないとは言えます。【注⑤】
しかし、これも"それなりの人材"でなければならないことを考えると、"それなりの能力"を持っていることが条件となります。
その意味では、その能力に見合った額の支給は必要でしょう。
そういう意味では減税の話より、「ドコをどれだけ削るのか?」と「それによる影響」をキチンと考えておく必要があるのですが……。

この手法は「選挙権を持っている者に受けの良いことを公約として掲げている」が「その影響をキチンと明らかにしていない」という意味では、(現時点では)衆院選時の民主党のマニフェストと同列のものでしかありません。
したがって、本来、民主党は批判する権利を持っているとは思えません。
しかし……他人のことは「よく見える」のが民主党です。
民主党の岡田幹事長は、地域政党について「自民、民主両党が国民の期待に応えていないとの不満や失望感の受け皿になっている」と見ているようです。
また自民党の谷垣総裁は「地域課題の解決へ結成されたなら評価すべき点もあるが、人気取り的な主張もある」と指摘しています。
これらが正しい見方でしょう。【注⑥】
もっと冷静なのは、片山総務相の「(首長は議会と戦わなければいけないのに)名古屋の市長さんは、議会が言うこと聞かないからと、リングを降りてしまった。観客と一緒になって『こんなリングだめだ、解散させよう』というのが名古屋市」という意見でしょう。【注⑦】
これらについて、愛知県民や名古屋市民がどう考えるのか……少し冷静に考えてみた方が良いと思います。

もともと日本は、あまりにも振れ幅が大きいのが特徴です。
報道が煽っている面は否定できません(このため「日本には大衆紙はあっても高級紙はない」と言われます)が、キチンと考えれば「おかしいのでは……」とわかるようなことでも、なぜか信じ込んでしまう……。
そういう意味では、民意がRISKを高めている可能性も否定できません。
また国から地方交付税を受け取っていながら減税する……この手法の是非も問われるでしょう。
そもそも「減税できるぐらい裕福な自治体に交付税を出す必要性があるのか?」が問われます。

今回の愛知県と名古屋市の選挙結果が、10年後とか20年後の愛知県と名古屋市に良い影響を与えていることを願っています。


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼

[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記