【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】「公平」ということ
2011年02月25日 (金) | 編集 |
公平ということについては、色々な記事の中で何度か触れています【注①】が、先日、年金について「公平」がテーマとなった記事がありました。【注②】

この記事によると、問題となっているのは『厚生労働省が今年1月から始めた専業主婦の年金切り替え忘れに対する救済策』です。
この救済策は
 (1).夫が転職や退職などをしたのに切り替え手続きを忘れ、国民年金の保険料が未納になっている専業主婦が対象。
 (2).直近2年分に限り保険料納付を求めるものの、それ以前は保険料を納めていたとみなし、将来、基礎年金も受け取れるとした。
というものです。

もともと、こういう発想が出ること自体に問題があります。
この救済策は、真面目に手続をして国民年金保険料を支払った者が損をする……そういう類のものです。
したがって、『手続きをきちんと行って保険料を支払った人との間に著しい不公平が生じるとして、この日の委員会では疑問視する声が相次いだ』ようです。

これについて細川厚労相は「今の段階では厚労省の結論が一番妥当ではないか」と反論。届け出忘れによる保険料の未納期間を厳格に年金受給額に反映させることについては「これからの年金行政に対する信頼を失うことも考えていかなければならない」と懸念を示した【注③】ようですが、意味がわかりません。
何をもって「一番妥当」なのか?が説明されていませんし、届け出忘れによる保険料の未納期間を厳格に年金受給額に反映させることについてが何故「これからの年金行政に対する信頼を失うこと」につながるのか?の説明もありません。

そもそも公平とか公正とか……は、制度に対して判定されるものです。
したがって、公平とか公正とか……を語る時に考えなければならないのは、制度をキチンと守っている者がマクロでマイナスにならないことが前提となります。
しかし……この救済策は、真面目な者がマクロでマイナスとなってしまいます。
真面目な者が損をするようなことを制度化して、どうするのでしょう?
これでは誰も真面目に手続をしたり、支払ったりしなくなります。

確かに『専業主婦の年金切り替え忘れ』については、そのままにしておくと低額の年金しか受給されない者が増えることを意味します。
これは、生活保護が増えることと連動しますから、どこかで国費を投入しなければならなくなることを考えなければなりません。
その辺りを考えての救済策だったのかもしれません。
しかし真面目な者が損をするようなことを制度化すれば、キチンとしない方が有利になりますから、マクロでは「手続をしないで放置して、救済してもらう」ことを考える者が増えるのは明かです。
このような稚拙な対応が、高コスト社会へと舵を切ることだと理解しておく必要があります。

もし、この救済策を継続するのであれば、キチンと手続をして国民年金保険料を支払った者には年金の上乗せをする必要があるでしょう。
そうでない場合には、直近2年分に限らず徴収すべきです。
そもそも生活保護は「何もできないから社会で支えなければならない」という者を対象とするものです。
キチンとしなかった者を救済する制度ではありません。
そういう運用をするのであれば、まず何らかのペナルティを課す必要があり、救済はその後でなければなりません。

真面目にすると損をする社会にだけはしてはいけないと思います。


------------------

【注①】
・例えば……
 2010-07-11 Sun ※参考:【社会】公平・平等 #01
 2010-08-03 Tue ※参考:【社会】公平・平等 #02
 2010-11-25 Thu ※参考:【社会】アメリカという社会
【注②】
 ※参考URL:専業主婦の年金切り替え忘れ、救済策に異議
【注③】
 ※参考URL:専業主婦の年金制度、見直しも

スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #03-21(政権運営)末期症状……
2011年02月25日 (金) | 編集 |
民主党政権の国会運営が末期症状となっています。

小沢氏処分問題を巡り、民主党内でゴタゴタしている状況ですが、22日に処分を決定しました。
この処分内容によって、民主党内のゴタゴタが一層加速しました。【注①-A】
これが新たな火種となり、菅首相退陣衆議院解散に繋がることも考えられます。
これについては『何が悪かったのか?』と言われれば『この時期まで問題を放置していた民主党執行部が悪い』のですから、誰にも責任転嫁はできません。
そもそもここまで放置していたものを一気に片づけようとしても既に色々と絡まってしまっていますから、党内の反発が大きいのは当然です。【注①-B】
【山岡賢次副代表】
 ・結論ありきだ。政治家として議論する意味がない。
【川内博史衆院議員】
 ・11年度予算関連法案の見通しが立っていないのに、党が混乱するようなことをなぜするのか。
これでは党内の亀裂を大きくしただけではないでしょうか?
「熟議の国会」と言う割には、身内とも熟議できない……それで国会運営ができるとは思えません。
また会派離脱届を提出した16人については、振り上げた拳をドコに降ろすのか?を考える必要があります。
今のままでは、民主党政権が提案している予算及び関連法案に賛成するかどうか?微妙なところです。
相手のことも考えて打つ手を考えなければ、「勝手読み」にしかなりません。
これまでの失策は、「勝手読み」の積み重ねによるものだと思います。
この動きに呼応するかのように中間派とされる樽床衆院国家基本政策委員長らが退陣の可能性に言及していますし、菅政権を支えてきた前原外相グループ、野田財務相グループの空気も微妙に変化しているようです。【注①-B】
これで国民に何を訴えるというのでしょう?

また与謝野経済財政担当相と民主党内の不仲も政権運営に影を落としています。
与謝野経済財政担当相の掲げる政策は、民主党のマニフェストとは一致しません。
消費税増税という主張もあります。
このため与謝野経済財政担当相の政策では、民主党は戦えない……そういう思いがあります。【注②】
逆に与謝野経済財政担当相からすれば、民主党政権を担っているものの民主党とは違うということも主張しています。
与謝野経済財政担当相から見れば、民主党は「この政権は全共闘時代の新左翼崩れが集まって作った政権だ」と述べており、国会で自民党の平沢氏に「例えば総会屋や暴力団に毒されている会社でも、自分は経理だけやっているから全然関係ないということか」と問われると「そういう比喩と私の政治行動を比較してほしくない。私の仕事は首相が政治生命をかける社会保障、税一体改革の手伝いだ」と反論し、民主党とは一線を引いていることがわかります。【注③】
この辺りの影響が、どう出るのか?
ゴタゴタが複雑化する懸念があります。

このような状況を把握し、国民新党の亀井代表は「社民党と一緒に平成23年度予算関連法案を成立させるのは難しくなった」と発言しています。
これが与党が認識しなければならない現状です。【注④-A】
その上で、菅首相に対して『法案が参院で否決されるまでの間に自民、公明両党の議員も起用する第3次内閣改造を行うよう進言した』ことを明らかにし、「大連立という話ではなく自公や民間から人材をいただき、挙国一致内閣を作ればいい。(そうなれば)自公も抵抗できない」と述べています。
何とも……。
今、民主党政権に組み込まれれば、統一地方選が戦えなくなるのは明かです。
そんな状況下で自民党や公明党が、民主党と一緒に沈没するような選択をするようには思えません。
それに……前半は良いでしょうが、後半は……それは言わない方がベターではないですか???
これでは自民党も公明党も話にのってきません。
亀井代表も、民主党政権を支えようとしているのかどうか?疑問です。
案の定、公明党には横を向かれてしまったようですが……。【注④-B】
そのような状況にあるにも関わらず、国会で予算関連法案の柱となる赤字国債発行のための特例公債法案について野田財務相は「特例公債法および予算関連法案は予算と一体となって、年度内成立を目指すのが政府の方針だ」と述べています。【注④-C】
この強硬な態度が与野党協議を暗礁に乗り上げさせたと気付かないのでしょうか?
反省のない人に誰が協力をするというのでしょうか?

また原口前総務相の「分党」騒ぎも収まりを見せていません。【注⑤-A】
原口前総務相は、小沢元代表とも菅首相とも会談【注⑤-B】しており、どうしたいのか?が全く見えてきません。
しかし情勢は動き続けています。
両方にルートを確保しておき、ギリギリで態度を決めるつもりなのでしょうか?
もともと政治思想が一致しているわけではなく(一致しているとすれば与党になりたい!という欲望だけでしょう)、なんとなく集まって作ったのが民主党です。
そういう意味では、一緒にいる方が不思議な状態だと思います。
したがって分離しても何も不思議ではありません。
この状況について、みんなの党の渡辺代表は「第2弾、第3弾があるような気配だ。一度決壊したダムは全面決壊になっていくのが世の常だ。民主党は最後のあがきといっていい状況だ」と述べている【注⑤-C】ようですし、自民党の大島副総裁は「民主党には遠心分離器が働き始めている」と指摘しています【注⑤-D】し……焦臭い感じがします。

その上で予算関連法案が通る見込みがない状況では、八方ふさがりです。
この状況については、菅首相が「予算の執行が遅れることは、日本にとって好ましくない。国会審議でしっかり説明し、理解を得たい」と述べ、社民党との協議をしていく意向を示しています。【注⑥-A】
しかし今の状況で民主党政権側に付くということは、国民から見放される可能性がありますから難しいのではないか?と思います。【注⑥-B】
その上で民主党政権では、法案可決を統一地方選挙後にしようとしています。
これは
 (1).統一地方選挙後であれば、野党の反発が一度は収まるだろう
 (2).法案が可決されなければ、野党にも批判が向けられるため、譲歩が考えられるだろう
という戦略なき発想によるものです。
(1)については統一地方選挙の結果によっては、民主党政権への不支持が一層明白になる可能性があります。
そうなった場合に民主党政権が作った予算をそのまま執行することの是非が問われます。
したがって野党の反発が収まるどころか、反発が一層激しくなることも考えられます。
(2)については完全な言い訳です。
議会を運営するのは与党の責任です。
これを野党への批判頼りに運営しようというのは、あまりに無責任な発想ですし、そこに行き着くと言うことは政権担当能力が欠如している証拠です。
都合が悪いから、野党の責任にしてしまえ!という態度が見え見えですから、マスコミが踊らされないことを願います
しかし……民主党の問題への対応の遅さには驚かされます。
小沢氏への対応が年度末近くになってドタバタしている状況で、予算関連法案も先送り……。
民主党政権になって色々ありましたが、時間と共に悪化したモノばかりで、好転したモノがないことに気付かないのでしょうか?
この時期に予算がドタバタすれば、与党が何らかの選択をしなければならないということは最初からわかっていたはずです。
その上で、この時期まで強硬論で突き進んでしまった……その結果が現状です。
要は、対応の遅さが野党に攻撃オプションを増やす要因となったということであり、完全な民主党執行部の戦略ミスです。
もっと早い時期に小沢氏の証人喚問や首相退陣を決定していれば、状況は違ったかもしれませんが、この時期では相手にしてもらえないでしょう。
提案されている予算関連法案の可決については、野党から「首相退陣を関連法案賛成の条件にする考えはもっていない」と突き放されています【注⑥-C】から、全く目途が立っていません。
現状のままだと……選択肢は『予算案及び関連法案の全面的な修正』または『解散総選挙』しかないように思います。

民主党にとっては、あまりにも選択肢がない状況になってきました。
しかし……それでも権力にしがみつきたい人がいるのでしょう。
これだけ支持率が低下した状況になっても、「私が聞く限りでは、菅直人首相には全くそういう考えはない」とのことです。【注⑦-A】
国民に支持されていないにも関わらず……どうしたいのでしょう?
これについて厳しい批判を投げかけたのが たちあがれ日本の園田博之幹事長で、「これほど国民から信頼されていない菅さんが、なぜいつまでも辞めないのか。個人の権力や名誉を中心に考えているなら、ますます首相としての資格はない」と批判ました。【注⑦-B】
国会は、国民の支持のもとに機能するものです。
国民の意思は無視するということでしょうか?
その上で枝野官房長官は「法案の賛否を政局的な駆け引きに使うべきではない。そのような前近代的な議員が21世紀の日本にいるとは思えない。」と述べた【注⑦-C】ようですが……それを繰り返してきたのは野党だった頃の民主党です。
野党時代にそんなことばかりやっていて……今さらコレでは……誰も信用しません。
第一「予算の執行が遅れることは、日本にとって好ましくない」ということがわかっているのであれば、国民に支持されない政権は早急に退陣するべきです。
言っていることが無茶苦茶だと早く気付きましょう!

野党からの追求だけでも手一杯な状況にも関わらず、与党内部や民主党国会議員、民主党の地方支部からも横を向かれているTOPが、何をしようというのでしょう?
民主党国会議員で農水政務官の松木謙公氏が、農水政務官を辞任するとの行動に出て【注⑧-A】、民主党執行部が揺れています。
民主党執行部では、一斉に批判に回るかと思ったのですが……
【民主党 松野衆院議院運営委員会筆頭理事】
 ・大事な時に党内が荒れることをすべきではない。
【参院幹部】
 ・昨年から党内融和を訴えていたが、菅直人首相らの強硬姿勢が招いた残念な帰結だ。こういうことが拡大しないように党をまとめたい。
【民主党 岡田幹事長】
 ・内閣が対応することだ。
【副大臣の一人】
 ・驚きはない。淡々とやればいい。
【首相支持派の副幹事長】
 ・政務官というのはそんなに軽い仕事なのか。
【民主党 斎藤国対委員長代理】
 ・平成23年度予算案の衆院での審議が終局段階に来ている中で、唐突に辞めることは納得できない。
【国民新党 亀井静香代表】
 ・俺が言うことではない。
という程度【注⑧-B】ですから、予想された転回なのかもしれません。
会派離脱届を提出した16人に続き、小沢グループによる現執行部への攻撃……この先、波状攻撃はさらに続く可能性もありますから、予断を許しません。
この会派離脱届を提出した16人ですが、執行部は離脱届を受理していないものの「すでに民主党会派を離脱した」という認識で一致しているため、民主党の代議士会に欠席する方針を決めたようです。【注⑧-C】
これに呼応するかのように原口前総務相は自らが結成した「日本維新連合」の会合を開催し、松木氏ら小沢系議員を中心に約50人が集結しました。【注⑧-D】
原口前総務大臣は「古い壁を壊すためには大胆な勇気ある行動も必要なのだろう。松木氏はもちろん同志だ」と語っています【注⑧-C】から、今後どう転回していくのか……見当がつきません。
そして与党内からも「民主党内が全くまとまっていない。予算案の採決で(賛成が)300を割れば、菅直人首相は退陣せざるを得ない状況になる。(国民新党 下地幹事長)」との声があがっています。【注⑧-E】
そして頭が痛いのが小沢氏の影響力が強い岩手県での動きです。
現在、小沢氏は県連代表になっており、任期は近く開催予定の県連大会までとされていますが、県連幹部は今後も小沢氏の続投を求めていることから留任する可能性もあります。【注⑧-F】
こうなると民主党執行部との整合性が取れないため、執行部としてはアクションを起こさなければなりません。
しかし……そうなると集団離党ということも考えられますので、対応には慎重にならざるを得ません。
また、民主王国と言われる愛知県の民主党県連で菅総理退陣要求を採択する方針を固めとのことです。【注⑧-G】
これが民主党内・周辺での動向ですから、動きが取れません。
そして……現民主党執行部が一番イヤな発言は、鳩山元総務相が民主党の牧義夫衆院厚生労働委員長や小泉俊明国土交通政務官ら親しい民主党中堅議員数人と会談した際の「民主党とも小沢一郎とも心中する必要はない。国会議員を立派に続けろ。」とし、「俺が受け皿になってやるよ。新党を作るのなら1年くらい面倒を見てやってもいいぞ。」と語りかけたことでしょう。【注⑧-H】
また鳩山家の財で何かが動き出す……そういう可能性を示唆していますから、民主党執行部としては怖い発言だと思います。
この動きについて、野党は
【自民党 石原幹事長】
 ・大きな山が崩れるときは、小さな石がコロコロと落ちて大崩落が起こる。菅直人内閣の大崩落の予兆ではないか。ニュージーランド地震で、内輪もめをしている余裕は日本国にない。まさに無責任だ。
【公明党 山口代表】
 ・足下から自壊作用が始まっている。
 ・(菅直人首相は)自らを省みず野党を攻撃するような状況ではないことを自らに厳しく戒めるべきだ。『松木現象』ならぬ末期症状だ。
【社民党 又市副党首】
 ・政権政党の体をなしてないから余裕がないのかもしれないが、最近の内閣支持率を見ると、菅内閣は国民から権利停止を宣告されているのではないか。
と一斉に批判を強めています。【注⑧-I】

国民無視の国会……。
まずは支持率を持ち直してから色々言うべきでしょう。
そもそも直近の国政選挙で惨敗した政党が、大きなことを言えるわけがないのですが……。


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記