【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃー
2011年02月28日 (月) | 編集 |
"まーふぃー"で遊んでみた時の写真です。

mfy@taoru01.jpg

mfy@taoru02.jpg

思ったより嫌がらなかった……。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #07-14(政治と金)どうなることやら……
2011年02月28日 (月) | 編集 |
小沢氏の「政治と金の問題」の対応が遅れたことで、国会運営に支障が出ている感がありますが、どうやら……ようやく「表向きは」決着しそうな雰囲気です。

ようやく民主党常任幹事会は「判決確定まで党員資格停止」を提示しました。
この処分案に対して小沢氏は、民主党倫理委員会にて反論を列挙した弁明書「私の主張」を読み上げ、「(処分には)合理的な理由は見当たらない」などと不当性を主張した上で、倫理委に書面での回答を求め、約50分で退席したとのことです。【注①】
その主張の内容については脚注にのせましたが、
 (1).検察審査会の起訴と、通常の検察による起訴との違いについて
 (2).検察審査会の起訴議決が有効であるか否かについて
 (3).元秘書3名が逮捕・起訴されたことについて
 (4).衆議院政治倫理審査会への出席について
 (5).党員資格停止の不利益遡及について
の5点を主張するものです。
渡部倫理委員会委員長(党最高顧問)は「野党各党から小沢元代表の証人喚問を求められて困っている。2011年度予算案を通さなければいけない大切な時期で、党としてけじめをつけたい」と述べましたが、対する反論がコレでした。

この反論に対して民主党倫理委員会は、「判決確定まで党員資格停止」とした処分案を「容認する」ことを全会一致で決めました。【注②】
これは小沢氏の反論を無視するという行為です。
民主党執行部としては早期に決着して、野党の攻撃の的を一つでも減らしたいという思いでイッパイだったものと思われます。
しかし不利益処分を行う場合、その手順として「弁明の機会の付与」が必要となります。
要は『一方的に決めたものではなく、相手の言い分を聞いた上で決めた』としなければ、公平・公正な処分なのかどうか?と疑義が出るからです。
それが上記であり、そこで反論を述べたのですが、結局は小沢氏の主張は聞き入れられることはありませんでした。
小沢氏の反論に対する回答をしないまま、処分案を容認してしまいましたから、小沢氏側は何らかの動きを起こすモノと思われます。

この答申を受け、民主党執行部は常任幹事会を開き、処分を決定しました。【注③-A】
ここまで時間を掛かった割には、あまりに早急な決定ではないでしょうか?
小沢氏の反論に対する回答もなしに決定したのですから、小沢氏は処分に対して不服申し立てをするものと思われ【注③-B】、こうなると泥沼になるのではないか……と思います。
また、この決定方法により本格的に民主党内部がまとまらなくなるRISKを負ったのではないでしょうか?
結局、この時期まで問題を放置していたツケが、ギリギリになって噴出している状態です。
もっと早い時期であれば、アレコレ打つ手もあったでしょうが、この段階になってしまうと時間が足りません。
アレもコレも……時間がない……という状況になっています。

その結果、発生したのは民主党内の分裂です。
まず民主党で小沢氏に近いグループの16人が、会派離脱届を提出しました。【注④-A】
そして原口前総務相の「分党」騒ぎ。【注④-B】
続いて起きたのが、民主党国会議員で農水政務官の松木謙公氏の農水政務官辞任【注④-C】
これに呼応するかのように原口前総務相は自らが結成した「日本維新連合」の会合を開催し、松木氏ら小沢系議員を中心に約50人が集結しています。【注④-D】
また小沢氏を支持する衆院当選1回生約50人でつくる「北辰会」は、元代表を党員資格停止とした執行部に抗議する方針を確認し、2011年度予算案と予算関連法案への対応について「国民との約束を守ることになるのか、疑問を感じている。その点からどうなのか、という判断がある」と述べ、造反の可能性を示唆しており、さらに野党が内閣不信任決議案を提出した場合、離党覚悟で同調しようとの声も出始めているようです。【注④-E】
これらからは民主党の内部崩壊が始まっているようにしか見えません。
気になるのは、この動きに鳩山氏と小沢氏が前面にでていないことです。
良くも悪くも……現在の民主党は鳩山氏と小沢氏が作り、この二人が中心に動いていました。
その分だけ常に話題の中心にいたのですが、今回は姿を隠しています。
前面に出ていないだけに……何かあるのでは?……と思ってしまいます。

この状況の中で2011年度予算案採決をしなければならないのですが、会派離脱願を提出した16人がでの「造反」の可能性を示唆していることに対し、仙谷民主党代表代行「与党の一員として責任は当然ある。党名投票で当選した人たちが気分で行動するような子供じみた話はあり得ない」と言わなければならない状況になっています。【注⑤-A】
しかし……「与党の一員として責任は当然ある」と言うのであれば、

民主党(特に執行部)には与党として国会を正常に機能させる責任があります。
それを棚にあげて、よく言えるものだと思います。
八方塞がりになると都合の良い棚が出てくるのが、民主党の常套手段のようです……。
八方塞がりと言えば……樽床衆院国家基本政策委員長は「現下の状況での解散は国のためにならない。(菅政権は)八方ふさがりの状態だ。政権交代の原点を忘れてはならない」と語りました。【注⑤-B】
後半は良いのでしょうが、「現下の状況での解散は国のためにならない。」の意味がわかりません。
国民支持を受けられていない政権により提案され、強行採決して自然成立を待たなければ成立しない予算……そして成立の見込みがない関連法案……。
こんなもので国を動かすなんて……冗談にもなりません。
イイカゲンにしてほしい!
財政においても外交においても……政権担当能力がないことが証明されたのですから、自ら辞するべきでしょう。
国会は、民主党議員に財を配布するためにあるのではないことに気付いてほしいものです。

野党の反対で予算関連法案が可決できない状況にありながら、党内を割るようなことを「熟議」もなしに決定してしまう……。
これが民主党のスタンスのように思います。
国会運営でも然り……。
民主党執行部は、与党になったことを独裁が可能になったことのように考えているのではないでしょうか?
党内の動きも国会運営も完全に独善ですから、賛同者は増えず、やること全てが裏目に出てしまっています。
まあ……独裁国家の末期は、こんなものでしょう。

しかし……どうも……小沢氏も民主党も……国民とはズレているように思います。
以前も書きましたが、民主党内の処分で全てが解決というわけではありません
国民が望んだのは「きちんとした説明」であって、民主党内部の「甘口の処分」ではありません。
逆に言えば「きちんとした説明」さえしてもらえれば、民主党内の処分はどうでもいい話です。
そういう意味では、民主党はゴチャゴチャ言わないで、野党が提案している証人喚問に同意すれば良いだけの話です。
また、一方の小沢氏も国会での説明がイヤなのであれば、どこかで記者を集めて、その場が納得するような質疑を行えば良いだけの話です。
どうしてできないのか???

今回の処分騒動について言えば、「処分する」とか「処分しない」とはどちらでもいい話なのですが、これで「ケジメをつけた」と言う【注⑥】のは筋が違います。
こんなことで民主党は「処分したからケジメがついた」、小沢氏は「処分されたからケジメがついた」とか……と思わないでほしいものです。
あくまで望まれているのは「説明」ですから、これでは『ほしくもないものでも貰ったのだから、納得しなさい』と言っているのと同じであり、意味をなしていません。
そういう意味では、「党員資格停止」という処分より「証人喚問への呼出」の方が、国民目線に近いでしょう。
まあ……国民の思いとは離れたところでアレコレしている政党ですから……そんなことはしないのでしょうが……。


------------------

【注①】
 ※参考URL:小沢元代表が弁明、党員資格停止の処分案は不当
【注②】
 ※参考URL:民主倫理委、小沢元代表の処分「容認」で一致
【注③-A】
 ※参考URL:民主党、小沢氏の党員資格停止を正式に決定
 【注③-B】
 
※参考URL:民主党が党員資格停止処分 小沢氏は不服申し立てへ
 ※参考URL:修復不可能な亀裂「法案の賛否を政局に使うな」「いずれにしても選挙だな」(1/3)
 ※参考URL:修復不可能な亀裂「法案の賛否を政局に使うな」「いずれにしても選挙だな」(2/3)
 ※参考URL:修復不可能な亀裂「法案の賛否を政局に使うな」「いずれにしても選挙だな」(3/3)
【注④-A】
 ※参考URL:【民主崩壊】小沢系16議員「会派離脱」 菅首相の3分の2戦略破綻
 ※参考URL:小沢系16人が民主会派に離脱届 予算案反対に言及、事実上の党分裂に発展(1/2)
 ※参考URL:小沢系16人が民主会派に離脱届 予算案反対に言及、事実上の党分裂に発展(2/2)
【注④-B】
 ※参考URL:原口前総務相が分党論 月刊誌のインタビューで
 ※参考URL:「菅政権は打倒せねば…」原口氏、民主分党提唱
【注④-C】
 ※参考URL:松木辞表提出騒動 小沢系の政権攻撃“第2波” 内部崩壊が始まった
 ※参考URL:小沢系幹部の松木農水政務官が辞表 党員資格停止処分に反発
 ※参考URL:松木政務官、農相に辞表提出…首相宛て
 ※参考URL:松木氏辞任、内閣の中から揺さぶり…連鎖を警戒
【注④-D】
 ※参考URL:小沢氏の別動隊?…維新連合の準備会合に58人
 ※参考URL:「維新連合」準備会合に出席した国会議員一覧
【注④-E】
 ※参考URL:松木政務官辞任、倒閣運動の序章?執行部が警戒
【注⑤-A】
 ※参考URL:仙谷氏、16人「子供じみた話はあり得ない」
【注⑤-B】
 ※参考URL:民主・樽床氏「菅政権は八方ふさがりの状態」
 ※参考URL:輿石氏らが大阪4者会談 「四面楚歌の八方塞がり」 解散反対で一致
【注⑥】
 ※参考URL:「けじめつけた」と菅首相


▼▼▼関連記事(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記