【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【武道】武道について #01
2011年03月15日 (火) | 編集 |
このBLOGに【武道】というカテゴリーを作っていますが、ここで色々書いていることが一般的に「武道」と言われることに属することなのかどうか……と思いながら書いています。
まあ、メモ帳のようなモノですから今のまま書いていこうと思いますが……。

さて、「武道って?」と聞かれることがあります。
これに対する答えはすごく難しい……。
正確には、『言語化するのがすごく難しい』と感じています。

まず思うのは、武道は精神論だけではないということです。
そして武道は、所謂「武道」というイメージの範囲に留まるものでもないとも思います。
何を言っているのか……よくわからないと思いますが……。
今、思い付く言葉から一番近い言い方をするなら『武道はそれを身に付ける人間、または人間の生活を形成するもの』であり、また『それを使って生活すること』ということになるでしょうか……。
う~ん、わかりにくい……。
しかも何か違うような気がする……。
書いていて、上手く表現できないのでイライラします。

切り口を変えてみます。
以前【注①】、武道を考える場合に場の考え方の違いがあると書きました。
その中で、武道の前提として「安全地帯に行く(戻る)までは気を抜いてはならず、動ける(対応できる)状態を保たなければならない」とも書きました。
そういう意味では……本当は道場に着いてから準備運動をして、身体を解して……というのは変だと言えます。
道場に着いてから行う準備運動は、『道場に着いた時点でアル程度は動くことができる』が、そこから先の動作や初めて行う挙動を練習する際のケガを防止するために行うものであるべきと思います。
要するに、ほとんどの準備運動は生活の中で完了している必要があるということです。

時間に遅れたりして稽古に合流するのが遅れることがありますが、私の準備運動はテキトウに見えるそうです。
これは、朝、家を出る前に「一日動くための最低限の準備運動」を終えているからです。
そして生活の中で意識してアチコチを動かすようにしています。
手首だったり足首だったり脹ら脛だったり……その時々で気になるところを動かすようにしています。

これが上記の「安全地帯に行く(戻る)までは気を抜いてはならず、動ける(対応できる)状態を保たなければならない」と繋がります。

(続く)


 budo.jpg

------------------

【注①】
 ※参考:【武道】武道の特徴
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #03-25(政権運営)
2011年03月15日 (火) | 編集 |
民主党内で反乱が続く中、今度は政府内からも首相退陣論が上がりました。
筒井農林水産副大臣は「(首相の)辞任もありうる。内閣総辞職になるのではないか」と述べました。【注①】
菅首相の政権運営が窮地に陥りつつある中では、「閣内一致」が当然視されるにも関わらず、副大臣が退陣に言及したのでは崩壊は加速するしかないでしょう。

この状況に山岡民主党副代表は「このままもし衆院解散ということになると、(民主党は)分裂になる」と述べ、菅首相の下で解散した場合には小沢元代表を支持するグループと首相支持のグループで党が分裂するとの見方を示しています。【注②】

このような状況に拍車を掛けようとしているのが、平成23年度予算案の衆院採決を欠席した渡辺衆院議員への処分です。【注③-A】
渡辺衆院議員は「不服申し立てはしない」と述べています【注③-B】が、「これは言っても無駄」だから言わない……ということなのでしょうか?
そうであれば溝は深まるばかりですし、会派離脱届を出した16人は、民主党執行部との対決姿勢を強くするでしょう。
また小沢氏についても不服申し立てを事実上却下する回答文書案を党倫理委員会に諮問することを決めました【注③-C】から、その影響は大きく出るでしょう。

そんな中、民主党は2011年度予算関連法案に関して今月末で期限切れとなる税負担の軽減措置を一定期間延長する「つなぎ法案」を議員立法で提出し、年度内成立を図る方針を決めました。【注④】
野党に正式に提示して協力を求めるよう考えており、野党側も柔軟に対応する姿勢を見せていますが、野党が反対している法人税の実効税率の5%引き下げなどの税制改正も含んでいるため、成立のめどが立っていません
相手があることなのですし、国民生活に影響が出ないことを目的とするのであれば、反対されるものは切り離すべきでしょう。
この辺りにも民主党政権の独善が見え隠れします。

この状況に自民党が動きを加速しています。
参院自民党若手が都内で西岡武夫参院議長と会合し、「西岡氏を囲む会」を発足させました。【注⑤】
この辺りは流石に抜け目がない……。
もともと西岡氏は保守的な思想・信条の持ち主であり、リベラル色の強い民主党執行部とは相容れず、民主党議員でありながら政府・与党に対して手心を加えるどころか、野党顔負けの辛辣な批判を続けています。
これで参議院の運営は、野党主導が益々強化されています。
一方の西岡氏は自民党の思惑は十分承知していますが、参院の選挙制度等参院改革に意欲を燃やしていますから自民党など野党の後ろ盾は欠かせないとの判断のようです。

そして公明党は外国人からの献金問題で辞任した前原前外相と専業主婦年金の救済策を決めた当時の厚労相だった長妻民主党筆頭副幹事長の参考人招致を要求しました。【注⑥】
これだけ国民の関心が大きな事案だけに無視するわけにはいきませんし、そうかといって応じれば問題が大きくなるRISKを抱えます。
民主党政権は難しい判断を迫られます。

そこに炸裂したのが土肥議員の「竹島の領有権主張中止」署名問題【注⑦-A】です。
これは小沢氏の政治と金の問題や前原氏が辞任した献金問題よりも悪質な行為です。
どんな言い訳も通りません。
こうなると民主党の主張は『国家の主権を放棄するような発言をする人が所属する党の主張』ということになります。
野党に問われるのは、このような党の主張に耳を傾けるのか?ということです。
また菅氏には、
 (1).日本の首相
 (2).民主党の党首
としての両面から『主権に関わるようなことをした議員に対する対応』が問われます。
民主党執行部民主党議員民主党関係者(党員やサポーターと呼ばれる人を含む)にも同様に『主権に関わるようなことをした議員に対する対応』が問われます。
ここを何もなしでやり過ごそうとするようなことは、許されません【注⑦-B】
これについて民主党の土肥衆院議員が、衆院政治倫理審査会会長を辞任する意向を固めたようです。【注⑦-C】
しかし「衆院政治倫理審査会会長として行動したことについての問題」ではありません。
あくまでも「国会議員として行動したことについての問題」ですから、これで終結というわけにはいきません。
問題をすり替えられては困ります。
それに「大騒ぎになると思わなかった」とは……問題外の発言ですし、色々と言い訳しているようですが国会議員という立場の人である以上は言っていることは全く言い訳になっていません【注⑦-D】
で……それに対して役員の辞任程度しかしない……民主党執行部も求めない……やったことの大きさが理解できているのだろうか?と思います。【注⑦-E】
土肥衆院議員にとっても民主党執行部にとっても……領土問題は「その程度のもの」だということなのでしょうか?
『何について、どういう責任を取るのか?』を考え、決着をつけてほしいと思います。

そして管首相に外国人からの献金問題が発覚しました。【注⑧-A】
これについては民主党内が管首相を擁護するグループ【注⑧-B】と責任を問うグループ【注⑧-C】に分かれています。
当然、野党は責任を問う方向です。【注⑧-D】
これで一層混迷を深めました

この状況では政権運営は困難でしょう。
政治の話には限らないことですが……だいたいにおいて色々な問題が単発で処理できている間は良いのですが、発生した問題が何らかの形で繋がり始めると、その執行部は末期です。
そこでジタバタすると、集団そのものの状況を悪化させます。
それが現状の民主党の状態です。
また民主党内では党執行部への不満が高まっており【注⑨】、岡田幹事長の手法を「庶民に銃を向ける恐怖政治だ」とリビアのカダフィ大佐になぞらえ、首相はその独善性から「生気のないカダフィ」と称せられているようです。
結果、党内で「人の意見を聞かないオカダ(岡田)フィ。それを背後で動かすのがカン(菅)ダフィだ」と揶揄されるようでは政権は運営できません。
党の運営もできない人たちに、国が運営できるはずはありません。
政権担当能力がなかったことを認め、潔く身を引くことを勧めます。


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #25-02(東日本大震災)情報#02
2011年03月15日 (火) | 編集 |
相変わらず……民主党政権による情報の混乱が続いています。【注①】
その責任を民間企業の責任にしようと躍起になっていますが、このような場合の責任は中央の対策本部以外にはありません

そもそも情報を流すルートをルール化していないのが問題です。
にも関わらず、民主党政権は責任転嫁を繰り返しています。【注②】
【菅直人首相】
 ・(東京電力の計画停電について)多くの国民に迷惑をかけているが、緊急避難的な対応をしている。協力してほしい。
 ・(福島第1原発の爆発事故の連絡が遅れたことについて)一体どうなっているんだ!
【枝野幸男官房長官】
 ・(東京電力が計画停電の発表が遅く、国民への周知が遅れ混乱を招いたことについて)結果的に今のような状況になったのは残念で遺憾だ。
 ・(計画停電の混乱について)関係機関の情報提供の中には、必ずしも適切でない部分が見受けられる。そのために必要以上の不安を国民に与えているのではないかと危惧している。政府の立場から適切にこうした点は注意すべきであると考えておりまして、こうした状況を皆さんにお詫び申し上げる。
 ・専門的な想定なので必要であれば次回(の会見で)答える⇒保安院でお尋ねを
【福山哲郎官房副長官】
 ・東電の発表の仕方に多少まずいところがあり、予断を持てないという表現に変わっている。政府としては13日の枝野幸男官房長官の発表通りで、計画区域でも電気が使えることもありえる。
 ・混乱は最小限に抑えたい。国民に節電への協力や理解を求めければいけないので、慎重に対応していただきたかった。
【仙谷由人民主党代表代行】
 ・(計画停電が交通機関や病院に与える影響を東電側に問い合わせ)あしたの計画はどうなっているのか!
 ・(担当者となかなか電話がつうじなかったうえ、連絡がついても明確な回答がなかったため)わかって対応しているのか!
これが与党の状況では、話になりません。
このような状況では、現場が混乱するのは当然ですし、現場は細かく変化を続けていますから情報は錯綜します。
それを現場に「整理しろ!」というのは無茶なことであり、対応が遅れるのは当然のことです。
そこを整理するのが、中心になる『本部』の仕事です。
それを放棄するのであれば、今すぐ『本部』の仕事を他者に渡すべきです。

このような低レベルの対応を続ける『本部』は、批判を受けて当然です。【注③】
【石破茂自民党政調会長】
 ・計画的に情報を発信する努力がおろそかになっていたのではないか。
【山本一太自民党参院政審会長】
 ・東電の対応が二転三転して混乱している。政府の出番で、そのために国会も自然休会している。ちゃんとやっていただきたい。
【長島忠美衆院議員(自民党)】
 ・情報の錯綜で首都圏は大きな混乱に陥り、都心に出てこられない人が多い。今は与野党の(違いを)言っていられない。情報を出す能力が少ないのなら、私たち野党も使えばいい。
 ・地元自治体が機能不全に陥っているのだから、政府が音頭を取らなければ駄目だ。地震から(生存率が急激に下がるとされる)72時間の境目までに情報過疎が解消しないと大変なことになる。
 (平成16年の新潟県中越地震の際、旧山古志村(現・長岡市)村長として陣頭指揮に当たっていた経験から)
【自民党参院幹部会にて】
 ・(東電に対し福山哲郎官房副長官が不満を漏らしたことに)政治主導といっているのだから、政府がやるべきだ。
 ・こうした混乱のときに節電啓発担当の蓮舫氏が発言すべきなのに、逃げている。
 ・今は非常事態だから何も言えないが、後々問題になる対応だ。
 ・本当にこの内閣は大丈夫なのか…。
【山口那津男公明党代表】
 ・予見可能性を国民に早めに提供することが必要だ。

また、この状況に民主党内部からも批判が出ています。【注④】
【生方幸夫民主党選対委員長代理】
 ・(東日本大震災を受けて東京電力が同日実施するとしていた計画停電について)周知徹底してから行わないと大混乱になる。今日からというのは土台無理なのではないか。工場など大口(の電力使用者)から切ってもらうなど、ちゃんと準備してやらなければいけない。
 ・情報は細かく出さないといけない。『大丈夫だ』とばかり言っているようでは駄目だ。

計画停電だけではなく、原発の問題があるにも関わらずコレでは……。
自民党参院幹部会で「本当にこの内閣は大丈夫なのか…」との声があがったようですが、ハッキリ言えば……大丈夫ではありません
緊急時に情報の整理ができないような人たちが『本部』を作っても、混乱するだけです。
そんな中、菅首相は相次ぐ福島第1原子力発電所のトラブルに政府と東京電力が一体となって対処するための、首相を本部長とする統合対策本部を立ち上げることを明らかにしました。【注⑤】
管首相は「憂慮すべき状況が続いている。この危機を陣頭指揮を執って乗り越えたい。被害が広がらないようにありとあらゆる手を打つ」と語ったようですが、今の対応をみていると……この人に『陣頭指揮』を任せることが適切だとは思えません

今、必要なのは情報整理のプロです。
現場での対応を規定し、「どのレベルで『本部』に情報を持ち上げるのか?」や「どこまで判断するのか?」を整理しなければなりません。
基本的には、良い/悪いを考えないで、全ての情報をリアルタイムで『本部』に持ち上げることが必要です。
情報にレベル(緊急とか未確認とか……)を付けることを忘れてはいけませんが……。
その判断は『本部』で行えば良いのであって、現場で判断をさせるから混乱が大きくなる……それだけのことです。
また緊急の対応を要するモノについては、現場で判断して対応し、事後報告すれば足ります。
情報の出口も『本部』に一本化すれば良いのであって、それを現場で対応させるから問題が大きくなっているだけです。
この辺りのルール化が必要にも関わらず、既に何日も放置されています。
これが状況を混乱させている原因であり、他に原因はありません。
これが政治主導のなれの果てです。【注⑥】

大局から判断するのが『本部』の仕事です。
それをする能力が『本部』にないのであれば、『本部』のメンバーを入れ換えるか『本部』に外圧をかけて外から動かすか……しか状況は変えられません(自然に落ち着くのを待つのであれば話は別ですが……)。


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼


[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記