【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】こうめ
2011年03月26日 (土) | 編集 |
"こうめ"のお気に入り……それは段ボール箱です。
今日も大きな箱に飛び込んで、その中でドッタンバッタンやっています。

ume@box201103.jpg

それは別に問題ないのですが……段ボールの中に色々なものを隠すのはやめてほしい。。。
どうやったのか……"まーふぃー"のおもちゃまで持ち込んでます。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【仕事】評価=0
2011年03月26日 (土) | 編集 |
先日、4月の異動の内示が出ました。
異動はなかったのですが、組織そのものが変更になりますから……微妙な感じです。

前回の異動については、このBLOGの中で何度か触れました。【注①】
この時の異動は、『他部署で急に欠員が出たことに起因し、年内を期限に大作業があるにも関わらず満足に準備ができていない……それを何とかしてこい』というものでした。
中途で何度か「今の体制では無理。休みなしで働け!ってこと?」と上司に言ってみたのですが、体制の強化はされず……でも何とかしました……。
アチコチ身体は痛みましたが……。
この仕事は私より上級職の人が仕事を置いていったもので、それを下の者に何とかしろって?っと思いながらやっていました。

それを何とかしたのですから少しは良いことがあっても……と思うのですが、何も良いことはない……。
確かに中途にあった昇給のタイミングでも、昇給しませんでしたし……。
このタイミングでも給料が上がらない……。
実質……評価=0ということです。

上に書いたのですが、4月には組織が変更になり、他部署の一部が引っ付きます。
で、聞いてみたのですが……そこでも上級職の人が投げていた仕事があるとのこと。。。
正直……「またですか~」と思います。
しかも……そういう人はチャッカリ昇給のタイミングで昇給していたりします。

これでモチベーションを維持しろ!と言われても……無理です。
心がポッキリ折れました。
これまで無理を言われても何とかやってきましたが、あれだけやって評価=0なら仕事の仕方を考えた方が良いのかもしれません。
身体も治さなくてはいけませんし、少し……色々と考えてみようと思います。

------------------

【注①】
 ※参考:【仕事】異動……
 ※参考:【仕事】異動……その後……
 ※参考:【仕事】今回の異動について思うこと
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権@高校無償化
2011年03月26日 (土) | 編集 |
民主党政権の発足により高校無償化なる政策が実施されました。
この制度の導入も子ども手当と同様、充分な議論をしないまま制度を導入しました。
ところが……日本には朝鮮学校という種の学校が存在します。
この対応を議論しないまま制度を執行したのですから、混乱するのは当然のことです。

そもそも税金は、その国で財を得る者から集めますが、給付については道路の使用や警察・消防による保護という最低限のものなどについては国で生活する者を対象とするものの、それ以外は国民に対して行われるものです。
これは、税金が徴収される対象と給付される対象は違うということが理解できていれば、誰にでもわかることです。【注①】
その基本がわかっていれば、大きく混乱することはありません。

日本の財政が困窮している状況なのですから、まずは国民のために徴収された税を使う……それは悪ではなく、当然のことです。
そして将来に借金を残さないということを考えるのであれば、国民以外のための給付を抑えるのも当然のことです。
しかし、そこをハッキリしないのが民主党政権です。

政府は、北朝鮮による韓国砲撃に伴い政府が朝鮮学校への高校授業料無償化適用の審査手続きを停止していますが、これが問題になっているようです。
これについては東京都内の朝鮮学校を運営する学校法人から出された行政不服審査法に基づく不作為の異議申し立てに対し、現時点では審査手続きを再開しないことを通知しており、審査手続き開始の条件について北朝鮮が韓国との緊張緩和の姿勢を明らかに示すことなどが必要だと指摘しています。【注②-A】
これについて社民党は、北朝鮮の韓国砲撃で中断した朝鮮学校への高校無償化適用の審査手続きを、速やかに再開するよう要請しています。【注②-B】
しかし……そもそも日本に向けてミサイルを打つような国の学校に対して支援する必要性はありません
朝鮮学校については、上田埼玉県知事が助成凍結を打ち出しており、
 ・埼玉朝鮮初中級学校の教育内容を調査した担当課からは拉致問題に関する記述が教科書にはないと報告がありました。
 ・教科書に記載がなくても朝鮮学校の生徒には拉致問題には正しい認識を持っていただかなければならないと考えています。
 ・拉致問題の解決の小さな第一歩となることも期待できますし、何よりも日本社会に暮らす生徒自身にとっても大切なことだと考えるからです。
と議会で答弁しています。【注②-C】
朝鮮学校の教科書では
 ・拉致問題……日本当局が極大化した
 ・大韓航空機事件……韓国のでっち上げ
と記載されており、上田知事の朝鮮学校の教育内容に対する見解は常識的で教育的と言えます。
したがって上田知事の
 ・「私も歴史の教科書の一部を見てみましたが歴史的事象について北朝鮮側から見た一方的な記述になっている個所が見受けられました。日朝間の歴史認識に違いを生徒にはっきり知ってもらいたい。政治や社会に対して多角的で柔軟な見方を身につけることが日本社会に生きる朝鮮学校の子供たちにとっても極めて重要だと考えています」
 ・「朝鮮学校に対して、北朝鮮による拉致問題について生徒に正しく学ばさせること、歴史的事象について異なる見解がある場合に北朝鮮側からみた特定の見解のみを教えるのでなく、日本や国際社会の一般的な認識を踏まえた教育を行うこと、そしてそのさいには朝鮮総連の関与を受けることなく、学校が自主的に行うことなどを強く要請しました。運営費補助について学校からの回答を受けてから総合的に判断したいと考えています」
という意見は、もっともなものです。
これに対して文科省の政務三役も朝鮮学校の教科書記述を「個人的」にはおかしいと国会では表明しているものの、無償化適用は止まらないし、止めようともしていません。

国として何を守るべきなのか……民主党政権はわかっているのでしょうか?


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記