【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃー
2011年04月13日 (水) | 編集 |
膝に乗って甘えている"まーふぃー"のアップです。

mfy@2011hiza-up01.jpg

というより……膝に乗られてはアップしか撮ることができません。
毎日毎日、引っ付いています。

mfy@2011hiza-up02.jpg

小さい頃は良かったのですが、今はさすがに重い……。
大きくなったなあ~っと思います。

mfy@2011hiza-up03.jpg

ここまで色々とありましたが、何とか無事に大きくなって良かったと思います。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #05-11(外交)
2011年04月13日 (水) | 編集 |
相変わらず……外交オンチな民主党政権。。。
東日本大震災を言い訳にできると思わないでほしいものです。

先日、ロシア空軍機が日本の領空に接近しました。
これについて松本剛明外相は「各国からお見舞いの言葉や支援の申し出をいただいているという気持ちを信じて、お付き合いしていくのが今の私どもの立場だ」と述べ、ロシア側に抗議しない考えを示しました。【注①】
おいおい……この人は国境を何と考えているのでしょう?
あまりにも意識が低すぎます。
東日本大震災対応への善意とロシア機の領空接近とは次元が違います。
何を考えているのでしょうか?
単純に考えても領空侵犯の可能性があるため、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)で対応しましたが、これに必要となる費用は税金です。
余分な税金を使わされているということです。
そもそも民主党政権は、様々な要因を考えもしないで総勢23万人の自衛隊のうち10万人を被災者支援や復旧活動にあたらせていますから、防衛が手薄になっています。
したがって、外交で抑え込まなければならない
抗議すべき時にはキチンと抗議する、それが政府の仕事です。
しかし……それをしない……。
これは国民と国土の平和と安全を守るということが、頭にないということです。

また南西諸島西側の東シナ海の日中中間線付近で26日夕、中国国家海洋局所属の海洋調査船の搭載ヘリコプター「Z9」が、警戒監視中の海上自衛隊の護衛艦「いそゆき」に急接近し、周りを1周しました。【注②-A】
国際慣例上、それ以上近づいてはいけないとされるは
 ・高度約150メートル
 ・水平距離約450メートル
です。
しかし、この時の接近距離は
 ・ヘリの高度は約60メートル
 ・水平距離は約90メートル
でしたので、国際慣例に対して大きく違反していることになります。
当然、これについても抗議すべきです。
さらに東シナ海の日中中間線の中国側海域で中国国家海洋局所属の航空機が、警戒監視中の海上自衛隊の護衛艦「いそゆき」に異常接近し、周囲を2周したとの発表がありました。【注②-B】
そろそろキッチリと対応してほしいものですが……中国に対して厳しく対応するどころか反対の行動に出ようとしています
政府が閣議決定する「規制・制度改革の基本方針」の中に中国の個人観光客に対して有効期間内なら何度でも日本に入国できる数次査証(マルチビザ)を発給する緩和策が盛り込まれているようです。【注②-C】
何を考えているのでしょう……???
中国人向けのビザは昨年、発給要件を緩和したばかりで、中国人の不法就労者増加などが懸念されており、与党内からも「拙速だ」との声が上がっています。
どこからか……お金が流れ込んでいるのでしょうか?
マトモに議論をすると承認されないので、震災のドサクサに紛れて押し通そうという思惑が透けています。

さて……今年の外交と言えば、教科書問題です。
韓国の権哲賢駐日大使は、外務省に松本剛明外相を訪ね、竹島(島根県隠岐の島町)を日本固有の領土と明記した来春から使われる中学校教科書について抗議しました。【注③-A】
しかし……そもそも韓国の領土であったとする公式な資料が提示されているわけではなく、単に言っているだけですから、言いがかりも甚だしい話です。
当然、日本側としては受け入れられるはずはありません。
その上で韓国は、竹島近海で「総合海洋科学基地建設事業」などを進めています。【注③-B】
「盗人猛々しい」とは、このことでしょう。
佐々江賢一郎外務次官は、韓国の権哲賢駐日大使を外務省に呼んで抗議したようですが、外務大臣本人が強く抗議すべきでしょうし、もっと強く領土を守るよう行動すべきです。
まあ……管総理が韓国籍の人物から献金を受けていた【注③-C】のでは、韓国に対して正当な主張もできないのでしょうが……。
これについて管首相は見苦しくも「外国籍とは全く承知していなかった」と言っていますが、責任が大きな立場にいるのですから、身の処し方を考えるべきです。
ダメダメにも程があります。

また国際的に公約してしまったCo2削減もどうするのでしょうか?
枝野幸男官房長官は、民主党政権が掲げる温室効果ガスを2020(平成32)年までに1990(平成2)年比25%削減するという地球温暖化対策の中期目標について「東日本大震災の前と後でわが国の取り巻く状況が大きく変化した。今回の震災の課題を踏まえて検討しなければならない」と述べ、見直しの対象になるとの考えを示しました。【注④】
ということは……民主党の考えには事故ということは入っていなかったということになります。
浅はかというか……何というか……。
何にでもRISKは存在しますし、原子力については原爆被害を受けた国なのですからRISKを高めに設定していなければならないはずです。
それが……コレでは……。
他の案件も含めて考えてみると……都合が悪い要素は考慮しない……それが民主党の思考回路の中心のようです。

で……子ども手当に代表されるバラマキ政策は続けるものの、ODAは削減するようです。【注⑤】
確かに他国に投入するお金があるのであれば、国内に投入するべきという考え方は理解できます。
しかし……それならバラマキ政策は止めなければ話になりません。
実際、この災害でどれだけ国際的に助けられているのか……。
方向性がバラバラでは、理解してもらえるはずがありません。
キチンと議論すべきです。

東日本大震災の対応は重要ですが、それは通常業務をやった上でしなければ意味がありません【注⑥】
国際情勢は、日本の事情とは関係なく動いています。
その対応ができないのであれば、国益に反すると言わざるをえません。
そんな政権には、日本を任せておきたくありません。


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼

[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記