【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】social worth standards
2011年04月19日 (火) | 編集 |
厳しいことを書きますが、英語で「social worth standards」という言葉があります。
日本語にすると「(人間としての)社会的価値」となります。
この辺りは、英語圏はハッキリしており「命は平等」の前提は『ヒト科の動物としての個体』に対してであり、わかりやすく言えば「生物学的には……」ということです。
したがって『社会生活を営む人間』としては……そのテーブルには載りません。
ここ(「生物学的な話」と「社会学的な話」)を混合して文句(クレームではない【注①】)を言う人がいるので、歪んだ制度になっています。
そして都合によって無茶苦茶に使い分けるので、その不公平の度合いは益々大きくなっています。

わかりやすく言います。
生物学的な話をベースにおくなら、命の重さは平等(公平)ですから、それを支えるものも公平に負担しなければなりません。
逆に言えば、負担できなければ群れにいることはできなくなります。
生物学的に群れの中で優遇されるとすれば、低年齢だけです。
性は?という話もありますが、これは役割分担の一種ですから、動物社会という「社会学的な話」に含まれます。
社会学的な話をベースにおくなら、「social worth standards」という言葉が示すとおり、最初から平等でも公平ではありません。
簡単な話で例えるなら、総理大臣が急死すると国はガタガタしますが、私が死んでも国がガタガタすることはありません。
要するに命に掛かっている影響範囲が違うということであり、等しいわけではないということです。

しかしながら、人間も生物ですから生物学的平等(公平)も許容される部分があっても良いとは思います。
そういう意味で社会学的な不公平も「ある程度」は許容できるとしても、不公平さの度合いが強くなれば人間は楽な方へと考えをシフトしていきます。
今後は「生物学的な話」と「社会学的な話」を整理し、制度を再構築していかなければ、益々立ちゆかなくなっていくと思います。


------------------

【注①】
 ※参考:【医療】国保と健保 #02
で書いたように、この類のものは「クレーム」ではありません。
 ・「クレーム」は「正当な権利を主張すること」を指します。
 ・権利は社会学的な概念であって、生物学的な概念ではありません。
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #11-03(高速道路無料化)
2011年04月19日 (火) | 編集 |
遅々として進まない高速無料化ですが、マニフェストを実施しているというアリバイ作りをするためか……2011年度の高速道路無料化の社会実験について、全車種を対象に6区間計約330キロを追加する方針を明らかにしました。【注①】
その一方で高速無料化について「見直しのベスト3に入っている。そういう世論も踏まえて方向性を明らかにしていきたい」と述べ、マニフェストの見直しもあり得るとの考えを示しています。【注②】
これについては、マニフェストと比してどうか?という話になっています。【注③】
結局……民主党が衆院選で掲げたマニフェストって何だったのでしょう?

そもそも民主党が衆院選で掲げたマニフェストが実現可能なものではなく、ただの夢物語だったことは、予算の組み替えや無駄の削減では実施できていない(できる見込みがない)現状が示しています。
民主党は何を求めて、何を目指して選挙を戦ったのでしょう?
結局は「票が取れれば、何でも良い!」ということだったのでしょうか?
その結果が、現状です。
政策は「何のために何が必要なのか?」を考えて立案されるべきものです。
民主党のコレは「票を取るために、できもしない夢物語が必要だった」ということだったのでしょうか?
だから無料化なのか割引なのか?その結論も出せない……。【注④】

それでも菅首相は、高速道路無料化について「思い通りには進んでいない」と認めつつも「マニフェスト(政権公約)の考え方は4年間で実現を目指す仕組みになっている。現在も基本は変わっていない」と述べ、原則無料化の実現の方針に変わりはないことを強調しています。【注⑤】
しかし財源確保の見通しがない以上、この言葉に重みはなく、現時点では既に「……という夢を持っている」としか受け取ることはできません。

その中で発生した東日本大震災……。
その対応に多額の国費を要することから、野党から施策の凍結するよう声があがっています。【注⑥-A】
山口那津男公明党代表
 ・(平成23年度予算案に対して)自然成立するだろうが、その中の不要不急の項目を削減し補正の財源に充てることは重要だ。
 ・(子ども手当や高速道路の無料化などを民主党の目玉政策を念頭に)民主党がマニフェストで掲げた給付中心政策を全面凍結し、関連予算を削減する姿勢を示すべきだ。それが被災地の国民や、被災地に貢献したいという国民の民意を受け止める基本的姿勢になる。
福島瑞穂社民党党首
 ・高速道路の無料化は停止すべきだ。子ども手当を停止すれば児童手当に復活になる。どこのの役所もてんてこ舞いになるので1万3千円のままやるのはいかがか。
 ・(法人税率の引き下げについて)復興公債などの発行にも限度がある。(撤回の)英断をお願いしたい。
これらの意見に対して民主党の岡田幹事長は、「高速道路無料化や子ども手当のためのお金を、被災地を中心に現物給付に充てることも考えられる」と述べ、方向転換を考えていることを示し【注⑥-B】、また民主党内でも「やむなし」との声が上がっています。【注⑥-C】
これについて脇雅史自民党参院国対委員長は、民主党が子ども手当や農家への戸別所得補償などの全面凍結を認めれば平成23年度予算関連法案の公債発行特例法案に賛成する考えを示しています。【注⑥-D】

民主党にとっては、方向転換する機会です。
今ならアレコレ言い訳しなくても方向転換できます。
マニフェストは票を稼ぐための道具だった」ことを公に口にしなくて済むのですから……。


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記