【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【仕事】評価主義・成果主義 #11
2011年05月15日 (日) | 編集 |
『評価主義・成果主義』について色々と書いてきました【注①】が、これを制度化して組織を上手く運営しようと思った時にネックになるのが「評価する側(以下「評価者」)の能力」です。
バッサリ言ってしまえば、「組織を運営するための能力」と「評価者としての能力」は別物だと言うことです。
ここが理解できていない人が、あまりにも多い。。。
「組織を運営するための能力」には、「評価者としての能力」を含んでいるという声も聞きます。
しかし……そもそも「名選手、名監督にあらず」という言葉があることからもわかりますが、両方の能力を持っている人は多くはいません。
社会制度は人間が使っていくものですから、人間をベースに考えなければならないのですが、機械と同じ感覚で制度設計してしまうという愚をおかす……そこに問題の根はあります。

さて「山は上から見なければ、全貌はわからない」と言われます。
要するに……下から見ていても頂上は隠れてしまいますから、見えていない……ということです。
評価とか成果とか……そういう制度を考える時、この言葉はそのまま適用されます。
何であれ、"評価される者(以下「被評価者」)"よりも"評価者"の能力が高くなければ、"被評価者"の能力を把握できませんし、そうなるとキチンとした評価もできません。
となると……"評価者"の能力が"被評価者"よりも低い場合には、その評価そのものに問題が出ます。
この場合、上記の言葉の続きで対応するのがベターです。
続きは「……わからなければ、遠くから眺めれば、だいたいは見ることができる」というものです。
要するに「離れたところにいる者に評価させる」という手法です。
しかし、ここで考えなければならないのが、「たいたいは」という部分です。
遠くから眺めてわかるのは、あくまでも概要です。
山の全体像を理解することができるという意味ではベターの方法なのですが、それ以上のことはわかりません。
これを頭に置いておく必要があります。

問題になるのは、"本来の評価者"と次善の策として評価させた"離れたところにいる者に評価者"で、対象となる"被評価者"に対する評価に差が出た場合です。
ここのルールを整理しておく必要がありますが、これが難しい。
「ケース・バイ・ケース」という声も聞きますが、それだと「好き/嫌い」と大差はなくなります

結局、人間を機械と同じように扱おうとした結果の歪みはなくなりません。
キッチリ運用したければ、ルール作りの段階で「仕事をスポーツ化する行為」であることを認識して、制度設計することが必要【注②】となります。


------------------

【注①】
 ※参考:【仕事】評価主義・成果主義
【注②】
 ※参考:【仕事】評価主義・成果主義 #02-02 以下を参照のこと。
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】こうめ
2011年05月15日 (日) | 編集 |
相変わらず……"こうめ"はお風呂が大好きです。
今日もお風呂に突撃しました。

で、お風呂で一通り遊んで、その後は椅子でユックリくつろいでいます。

ume@201105furo14A.jpg

ume@201105furo14B.jpg
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】まーふぃーvsこうめ
2011年05月15日 (日) | 編集 |
"まーふぃー"と"こうめ"が日向ぼっこをしています。

mfy・ume@201105madogiwa14

で……"まーふぃー"が動き出して……それにつられて"こうめ"も移動を始めました。

ume@201105neru14U.jpg

こちらも……いい顔してねているのですが、全身を見ると……。

ume@201105neru14A.jpg

パソコンが使えないんですけど……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】まーふぃーvsこうめ
2011年05月15日 (日) | 編集 |
"まーふぃー"と"こうめ"が日向ぼっこをしています。

mfy・ume@201105madogiwa14

で……"まーふぃー"が動き出して、寝始めました。

mfy@201105neru14U.jpg

いい顔してねているのですが、全身を見ると……。

mfy@201105neru14A.jpg

おーい、犬の自覚はドコに行った???
テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #26-03(原発)
2011年05月15日 (日) | 編集 |
菅直人首相が突然発表した中部電力浜岡原子力発電所の停止要請ですが、この裏にあったものは何だったのでしょう?
メディアは、この案件についての賛否の報道ばかりが数日続き、その裏側であったことは国民には届いていません。
あのタイミングで『中部電力浜岡原子力発電所の停止要請』を行ったのは、裏側であったことを隠すためだったのでしょう。

東日本大震災前の管首相は、在日韓国系金融機関の元理事から政治献金を受けていたことが判明して辞任直前でした。
この案件について告発を受けていたのですが、この告発を東京地検特捜部に受理されました。【注①】
しかし、このニュースはほとんど無視されています。
各メディアは、その持てる範囲(時間/空間)内で伝える内容を決めますから、発生した事案の全てを報道に載せることはできません。
これを悪用したのが、今回の『中部電力浜岡原子力発電所の停止要請』です。

なぜなら『中部電力浜岡原子力発電所の停止要請』の根拠も、そういう判断に至った経過も国民に説明されていないからです。
あれだけパフォーマンス好きな民主党ですから、キチンとした協議の結果であれば、時間を取って説明するでしょう。
しかし……それがされていません。
そう考えると「理由は何でも良いから大きなネタを発表して、マズい事案を隠したい」という意図のもとに為されたこと、それ以外に考えられません。
管首相は、文部科学省地震調査研究推進本部の推計値を持ち出して「30年以内にマグニチュード8程度の想定の東海地震が発生する可能性は87%と極めて切迫している」ためだと言っていますが、この数字にどれだけの現実性があるのか?疑問です。【注②-A】
原発が危険度については、首相が本部長を務める福島原発事故対策統合本部も『30年以内に震度6強以上の地震が起きる各原発の今年1月1日時点での確率』を発表しています。
その中では、
 ・浜岡原発……84%
 ・福島第1原発……0・0%
 ・福島第2原発……0・6%
となっています。
現実では、今年1月に発生率0・0%と分析されていた地域で、3月にはマグニチュード9・0の大地震が発生しています。
したがって、この数字をもって「浜岡原子力発電所だけが突出して危険である」ということはできませんし、「他は安全だ」という首相をはじめとする政府の言葉は信頼性に欠けます
そんなことは高額な報酬を受け取っている人たちですから、認識していたはずです。
しかし……このような発表をしました。
となると、考えられるのは一つです。
「理由は何でも良いから大きなネタを発表して、マズい事案を隠したい」……それ以外にはありません。
さて……このような状況での停止要請ですから、誰も何も説明できません。
しかし夏に向かって電気の消費量は増えますから、何らかの方法で発電量を確保しなければなりません。
電力供給が減少するなかで求められているのが、他社の定期点検中の原発の運転再開ですが、浜岡原発と地元の原発の違いを住民に説明できなければ原発の運転再開はできません。
浜岡原発を否定しながら、なぜ地元の原発だけは安心だといえるのかについて、合理的かつ詳しい説明ができないのですから仕方がありません。
そのような状況を想定できていないのですから、キチンとした議論がなされた結果とは言えません。
エネルギー戦略を考えていない……。【注②-B】
この状態で運転停止した原発の再稼働ができるでしょうか?
それを「地元の同意のもと……」などと逃げている民主党政権は何を考えているのでしょうか?
無責任としか言いようがありません。
これは国民の生活を害する行為でしかないことを認識すべきです。【注②-C】
浜岡原発等の民主党政権の動きに対しては、
 ・再生可能エネルギーへの投資が増えるだろうが最終的には原子力に頼らざるを得ないだろうという予測。
 ・太陽光発電は日本はスタートは早かったが今やヨーロッパに遅れをとっている、風力については送電が最大の課題、地熱は観光資源を破壊するだろう。
 ・英国の気候変動パネルは5月9日に、英国のエネルギーの40%を原子力でまかなうことを助言した。
等……国際的にも疑問(と言うより否定的)の声が出ています。【注②-D】
これが現実であり、それを踏まえて政策決定するのが政府の仕事です。
しかし、そんなことは考えていません。
国を滅ぼそうというのでしょうか?

そのようなことをしているのですから、何らかの形で……国民の目に触れる形で……検証される必要があります。
これは、『浜岡原子力発電所の停止要請』についてだけではなく、『東日本大震災後の東京電力原発事故』についても同様です。
しかし……会議の議事録がほとんど作成されていないとのことです。【注③】
枝野幸男官房長官
 ・(東京電力福島第1原発事故の対応をめぐり開催された会議の議事録がほとんど作成されていないことを明らかにし、政府は今月中旬にも原発事故調査委員会を発足させるが、枝野氏は議事録がない部分について)多分、記憶に基づく証言などを求められることになる。
 ・(事故調査委の発足にあたり)首相だけでなく私も含めた政府関係者や東京電力の事故以前と以後のプロセスを、すべて検証しなければならない。
 ・原子力災害対策本部などについては一定の議事メモは残っているが、危機管理対応で議事録を取る場がほとんどなかったのが実態だ。
細野豪志首相補佐官
 ・(東電より)むしろ政府の対応が検証対象になる。私もお白州に座ってすべてをしゃべる覚悟ができているし、当然、首相も様々な判断が検証対象になる。
しかし、検証しようも何も……資料がないのでは水掛け論にしかならないように思います。
これが無責任と言わずして、何と言うのでしょうか?

その無責任さには、民主党内からも相変わらず批判が出ています。【注④】
西岡武夫参院議長
 ・(浜岡原発の運転停止要請について)何をもって、そういう判断をしたのか。日本経済を全部計算した上で判断したのか、大きな疑問を持っている。
 ・( 〃 )日本経済、国民生活全体への影響を計算した上での判断なのか疑問だ。首相としての資格があるのかどうか改めて疑わざるを得ない。
 ・(第2次補正予算案の提出時期を臨時国会に先送りする政府・民主党の方針について)復興構想会議の結果を見てからということなら、内閣、国会は何のためにあるのか。首相は何を考えているのか、不可思議としか言いようがない。
 ・( 〃 )国難にあたって首相としての資格があるのか改めて疑う。
 ・(消費税増税を検討していることについて)そういう発想がどこから出てくるのか私には理解できない。
 ・( 〃 )ただでさえ日本の経済は大変な状況になる。消費税による財源(確保)はあり得ない。当面は国債を発行するしかない。
当然の批判なのですが、権力にしがみつきたい人には理解できないでしょう。

その菅直人首相ですが、中部電力に対する浜岡原子力発電所の全面停止要請について
 ・行政指導であり、私の政治判断だ。評価は歴史の中で判断いただきたい。
 ・(要請した理由について)熟慮を重ね、国民の安全と安心のために必要だとの結論に達した。
と述べました。【注⑤-A】
要するに原子力安全委員会や経済産業省原子力安全・保安院に一切相談せずに決断したと……。
おいおい……専門家の意見も聞かないで勝手に判断したということは、つまり根拠も何もなく、気分や思い付き、思い込みで決めたということに他なりません。
その上、民主党内での議論もなされていません。【注⑤-B】
川内博史衆院議員(民主党)
 ・(浜岡原発停止方針について)党内では全く議論が行われていない。代替エネルギーをどうするのか含めて精緻な議論が必要だ。
と述べ、過程の不透明さを批判しました。
結局、独善でしかないということです。
この無責任さ……そして「評価は歴史の中で判断」とは、よく口にできたものです。
それは、自分が死んでからの評価になるから、痛くも痒くもないということです。
そんな人には、今すぐに辞任してほしいものです。
また内閣府原子力委員会専門委員で独立総合研究所の青山繁晴社長は、3月12日の首相の福島第1原発視察について
 ・午前6時50分に『(首相の受け入れ)準備をするように』と東京電力本店から現場に指示があり、その準備が他の作業に加えて必要だったことは間違いない。
と述べ、事故対応の遅れに影響したと指摘しました。
このことについてのみでも責任を取るべきでしょう。
それでも管政権の続投を認める民主党には、呆れるを通り越して怒りを覚えます。


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記