【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】こうめ
2011年06月02日 (木) | 編集 |
"こうめ"の寝顔です。

ume@201106neru06A.jpg

その手がかわいい……。

ume@201106neru06B.jpg

"こうめ"を見る度に「無事に大きくなってくれて良かった……」と思います。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #03-36(政権運営)
2011年06月02日 (木) | 編集 |
管政権包囲網が強化される中、懸命に管政権の延命を図ろうとしているのが現民主党執行部です。【注①】
民主党が野党時代に大好きだった世論調査で、どこまで国民がNo!を突き付けても、御都合主義によって国民の声は抹消されます。
枝野幸男官房長官
 ・(東日本大震災の)復興・復旧に遅れのないよう与党で粛々と否決してもらえると確信している。そもそも、こんな時期に首相を代えようとすること自体が困難だ。
  →困難なのは、民主党の人材の問題でしかないと知るべきです。
 ・与党において粛々と否決して頂けるものと信じている。不信任を求めている人は、可決後にどういう政治を、どういう枠組みで作ろうとしているのか。先のことを考えずにやるということは被災地のことを考えると、到底許されないことだ
  →そういうレベルの話ではないのでは……。
  →このレベルのTOPでは国がもたない……そういうことだと気が付かないのでしょうか?
  →そもそも被災地対応だけしていれば良いわけではありません。
  →外交、財政等……の通常業務をこなした上で被災地対応できないような集団に現状は任せられないということです。
  →現政権が国益に反するのかどうか?問題はそれだけです。
 ・(内閣不信任決議案に民主党の小沢一郎元代表が同調の考えを示唆していることについて)民主党の一員として自民党政治を変えるために尽力した小沢氏がこうした行動を取るとは、到底想像できない。
  →国益に反するのであれば、誰でもNo!と言うでしょう。
  →卑怯な牽制は止めましょう。
岡田克也幹事長
 ・不信任の話があるが党が一致して否決する。賛成や欠席なら厳重に対処することを役員会で確認する。
  →これが国民のためになると本気で思っているのでしょうか?
 ・不信任案への賛成、欠席がどういう意味を持つか理解していない議員がいるようだ。信じがたく、恥ずかしい話だ。
  →今の政権をそのままにしておく方が、よほど信じがたく、恥ずかしい話なのですが……。
  →国内のみならず、国外にまでウソの情報を垂れ流すような政府、それを存続させることに力を注ぐ……国会議員としてこれ以上に恥ずかしいことはないと思いますが?
安住淳国対委員長
 ・仲間ときちんと話して、同調が起きないように努力しよう。
  →民主党所属議員である前に国会議員であるという認識はないのでしょうか?
玄葉光一郎国家戦略担当相
 ・(民主党内からの造反の動きについて)被災地の方々は大変悲しみ、原発事故が収束していない福島県の方々は怒っていると思う。大切なのは全国会議員が政策的に共同対処し、『被災地第一主義』で前を向くことだ。
  →それができないのが民主党政権だから、国民はNo!と言っているのですが……。
  →不信任案を出される前に、キチンと能力がある人に変えてくれれば良いわけです。
  →不信任案を出される……それは民主党内で自浄能力がゼロと言われていることと同意ですから、恥だと思ってほしいものです。
 ・(不信任案提出について)戦前の政友会、民政党が政局優先を図ったばかりに悲しい歴史を招いたことを私たちはこういう時期に考えなければいけない。
  →まあ……野党時代の民主党は、常に政局しか意識してなかったのですから、最低だということでしょうか?
  →自分たちの過去の行動を見つめ直してから口を開くべきでしょう。
江田五月法相
 ・選挙を経て政策をきちんと提示して政権交代をした。これ以上の正当性はない。それが違うとなると、国民に信を問うのは当たり前ではないか。
  →まず……国民は菅直人という人がTOPの民主党を支持したわけではありません。話をすり替えないでほしいものです。
  →またマニフェストが夢物語とわかった現在、「政策をきちんと提示して」とは言えません。国民相手のマニフェスト詐欺だったと既に判明しているのですから。
 ・仮に一部に不信任案に同調する動きがあったとしても圧倒的な力でこれを葬り去る。本当に真剣に考えていただきたい
  →本当に真剣に考えるのは、現政権・現執行部の面々です。
  →政権交代して、マクロで日本に何か良いことがあったでしょうか?
  →具体的に何も挙げることはできませんから、結局は何もできなかったということです。。
  →権力にしがみつくのではなく、今、何が必要なのか?を真剣に考えてほしいものです。

これに呼応するのが、現与党の国民新党です。
下地幹郎国民新党国対委員長
 ・(民主党執行部が造反議員に対し除名処分する方針を強調していることについて)中途半端な脅しは意味がない。今は(反執行部議員と)対話し、党内をまとめる作業をすべきだ。
 ・民主党は衆院で300人超なのだから、不信任案が通るか通らないかと論議になること自体がおかしい。民主党執行部の怠慢でこういう事態になっており、不愉快だ。
  →今まで放置しておいて、人の話を聞かずにアレコレやってきたツケが一気に吹き出しているのですから、簡単ではないのです……。
  →まあ……打算絡みで何とかなるかどうか……というところでしょう。

この人たちには、権力の座に居座るということしか見えていないのでしょう。
国際的な評価の低下国益の損失には無関心ということです。

これに対して野党は攻勢を強めています。
谷垣禎一自民党総裁
 ・衆院東日本大震災復興特別委員会集中審議や6月1日の党首討論などの議論の推移をよく見て、他党とも連携して判断したいのでお任せ願いたい。
  →言語明瞭/意味不明瞭で党首討論を逃げようとしているのでしょうから、逃がさいでほしいものです。
大島理森自民党副総裁
 ・何か隠しているのではないか、と国民は思う。内閣の言葉は信頼を失った。
  →まあ……最初から信頼はないに等しいのですが……。
石原伸晃自民党幹事長
 ・菅さんに任せていたら、この国は不幸になるという確信を持っている。
  →同感です。
市田忠義共産党書記局長
 ・(内閣不信任決議案が提出された場合の対応について)原発問題で正確な情報を国民に示し、展望を明らかにするという政府の責任を果たしていない。信任できる内閣ではない。
  →政府の責任どころか、国会議員としての責任さえ果たしていないのではないか?と思います。

この動きが野党だけであれば民主党執行部は笑っていられるのでしょうが、民主党内にも同様の動きがあります。【注③】
小沢一郎元代表
 ・党内が穏便に収まるよう努力する。それでもダメなら決断する。
  →本来なら……即決しなければならないことだと思いますが……。
西岡武夫参院議長
 ・(内閣不信任案について)国会議員一人一人が本気で日本の将来を考え判断すれば、みんな賛成してもおかしくない。
 ・(菅首相の震災対応について)急流を渡る気がないと思うし、渡るだけの器量がない。原発の事故の問題の処理も菅さんの下でやったら、どうなるかわからないので心配だ。
 ・(民主党内で不信任案に同調する造反者に執行部が厳しい処分を検討していることについて)こんな事態になった執行部が処分されるべきだ。今の政権が国民に造反している。
  →そのとおりとしか言いようがありません。

で……不信任案提出への動きが加速し……とうとう不信任案が提出されました。
当然、与野党で駆け引きが激化しています。

まずは野党ですが……。【注④】
谷垣禎一自民党総裁
 ・菅さんは独裁者だ。この首相に勝負を挑むのは野党の責任だ。私どもは責任を必ず果たす!
  →こんな無策無能な独裁者も珍しいのですが……。
  →こんな人をTOPに選んだのですから民主党のレベルがよくわかります。
 ・あなたが辞めれば、与野党を超えて新しい体制をつくる工夫はいくらでもできる。
  →まあ……今より悪い状況になるとは想像できませんから……。
 ・総理に申し上げたいことはただ一つ、お辞めになったらどうかということだ。
  →もっと早く口にしても良かったのでは……。
  →証文の出し遅れ気味です。。。
大島理森自民党副総裁
 ・あなたが首相になって選挙に勝ったことがありますか。信任を得られないあなたが、この危機を乗り越えるのは無理なんだ!
  →そのとおりでしょう。
  →誰にも指示されていないのですから、今の状況を任せてはいけないのは誰の目にも明かです。
 ・言い訳はもうよい。あなたには真心も誠意もない
  →管政権から言い訳を取ったら……何も残りませんね……。
  →保身しか考えていないのですから、真心や誠意があるはずはないでしょう。
舛添要一新党改革代表
 ・菅直人首相ではこの危機を乗り切るのは無理だ。もし衆院に議席を持っていれば賛成する。
  →まあ……このような状況でなくてもTOPの器でないのですから、国益を損ね続けるだけなのでしょうが……。
 ・(管首相が太陽光パネル1千万戸設置を事前調整なしに表明したことについて)この人は首相どころか政治家でない。ユートピア的なことを言う評論家なら、政治家という職業を去るべきだ。
  →そもそも政治家の能力試験がないことが問題なのでしょう。
  →せめて一般教養レベルの試験に合格してから被選挙権を持つようにするべきでしょう。
 ・(管首相が参院本会議で今国会の会期延長と追加補正予算案提出を検討する考えを表明したことについて)首尾一貫せず政局的なマヌーバー(策略)にすぎない。自分の権力を維持する視点からしか物事を考えていない。
  →そもそも保身しか頭にないのですから……。
 ・(菅内閣の不信任決議案に同調する意向を示している民主党の小沢一郎元代表らのグループとの連携について)政策的に手を携えて国を救うということで一致できれば、一緒にやることはやぶさかではない。
  →まあ……この状況ですから、必要であれば手を組むことは仕方ないでしょう。
 ・50人以上が造反すれば、何らかの地殻変動が起こるだろうし、起こさなければいけない。国難の時でもあり、小異を捨てて大同につくことが必要だ。
  →そういうことなのですが……民主党所属議員に理解できるでしょうか?
志位和夫共産党委員長
 *内閣不信任決議案の衆院本会議採決を棄権する方針を表明
  →この状況で……管政権の続投の是非が問われている時に「棄権」ですか……。
  →無責任です。
  →そんな政党に存在意義はありません。
社民党
 *衆院本会議採決を棄権する方向で最終調整
  →この状況で……管政権の続投の是非が問われている時に「棄権」ですか……。
  →無責任です。
  →そんな政党に存在意義はありません。

対する管政権、民主党現執行部は……。【注⑤】
菅直人
 ・危機の中、次の段階まできちんとつないでいくのが自分の役目だと考えているので、その義務を果たしていく覚悟だ。
  →国民の支持がない人に、そんな役目を果たす権利も義務もありません。
 ・(平成23年度)1次補正予算の執行に足りないものがないか各党各会派の議論もうかがい、2次補正予算案の中身を作り、必要な国会会期の延長を含めて前向きに検討したい。
  →前向きも何も……あなたが復興の最大の障害だと早く気付くべきでしょう。
 ・今は与野党超えて、どうやればこの東日本大震災を復興できるのか、原発事故を収束に向かって位置付けることができるのか(考え)、責任を果たしていかなければならない
  →そのための障害が管首相自身なのですから、どうすれば良いのか……わからないのでしょうか?
 ・(鳩山前首相に対して)東日本大震災への対応があり、辞めるわけにはいかない。不信任案に反対してほしい。
  →管首相では後手後手にしかならないことは、これまででハッキリしています。
  →これ以上、状況を悪化させないためには無策無能なTOPが辞することです。
 ・(2011年度第2次補正予算案の今国会提出と会期延長について)前向きにしっかりと検討していきたい。
 ・(6月22日までの今国会の会期について)大震災の時でもある。通年国会ということも含めて国会の延長を考えたい。
  →そろそろ延命ばかり考えるのは止めてほしいものです。
  →みっともない。あまりにも醜悪です。
岡田克也幹事長
 ・不信任案が可決すれば首相は絶対に解散する。
  →直近の国政選挙で惨敗しているのですから、民主党に大儀はありません。
  →ウソで固めたマニフェストで取った票なのですから、一度、国民に信を問うべきです。

民主党内の反管グループの動きは……。【注⑥】
鳩山元首相
 ・どのくらいの覚悟をもった政治集団を作ることができるかが試されてきたのが民主党だ。今まさに覚悟が求められている!
  →今度は口だけで終わらないでほしいものです。
  →ウソはマニフェストだけにしてください。
 ・民主党が分裂しては何の意味もない。挙党態勢のため退陣を表明してはどうか。
  →そうしないような人をTOPに選ぶ程度の集団なら、一度、清算した方が良いでしょう。
小沢一郎元代表
 ・首相には辞めるつもりはなさそうだ。このままでは日本はだめになる。同志と共に行動する。
  →日本をダメにしないための選択をしてほしいと思います。
 ・首相の自発的な辞任が望ましい。そうならないのならば不信任案に賛成するしかない。
  →民主党内で調整できない理由が理解できませんが……。
  →まあ……国益のための選択を願っています。
 ・原発の状況はますます悪くなっている。今動かなければ、皆さんは今の政治に関わった政治家として、将来非難されることになるんだぞ!
  →現状で……既に民主党所属というだけで加害者です。
 ・今は非常事態だ。きのう、鳩山(由紀夫前首相)さんが(自発的辞任をするように)菅(直人首相)さんを説得しようとしたが、ダメだった。なんとかしないといけない。
  →口だけではダメです。
  →行動で示してください。
原口一博前総務相
 ・どうしても(執行部が)両院総会を開かないのなら僕にも覚悟がある。明日になったら覚悟ある行動をしたい。
  →息抜きしたいだけですか?
  →本気で国益を考えるなら、そんな条件は必要ないはずですが?
 ・そのときは(造反議員が)新党をつくって政界再編という形になる。(造反議員が)民主党に残るのは、政党人としては理屈にあわない。
  →と言うより……現民主党は鳩山前首相の財と小沢元代表の手腕でできているのですから、現執行部が出ていくのが筋ではないか?と思うのですが……。
 *不信任案に賛成する意向
  →本当なのかどうか……信用できません。
  →行動で示してほしいものです。
田中真紀子元外相
 ・今の政権はできるだけ早く辞めた方がいい。
  →口だけは達者ですから……。
  →行動で示してほしいものです。
鈴木克昌総務副大臣
 ・不信任案に賛成する。菅さんの指導力やスピード感に不信感を抱いている。
  →そんなことは随分前からわかっていたと思いますが……。
  →ようやく……今……ですか……。。

で……独善で突っ走っていくのが民主党政権なのですが、再度出ました……国内での協議なしでの国際会議爆弾発言……。
鳩山前首相が行ったCo2排出量削減目標も国内での討議も何もないまま口を開き、帰国後にアチコチから批判を浴びたにも関わらず、その反省は民主党にはありません。
今度は管首相が、フランスで行われた主要8か国(G8)首脳会議での「太陽光パネル1000万戸設置」の表明について、事前に海江田経済産業相らに相談していないまま口にしてしまったとのことです。【注⑦】
海江田万里経済産業相
 ・(菅直人首相がOECDの演説で太陽光パネルを1千万戸設置すると表明したことについて)報道を通じて知った。聞いていない。
 ・( 〃 )共通の目標として頑張っていこうという話になった。これからしっかりとしたプランを作る。
と述べました。
この変化は……。
管首相に「文句を言うなら交代」とでも言われたのでしょうか?
権力にしがみついていたいのは管首相だけではない……そういうことなのでしょうか?
こういう時にキチンと諫めるのも各大臣の仕事のはずなのですが……。
しかし……どこまでも独善が続く民主党政権……。
同じ過ちを繰り返すような政党に、国は任せられません。

まあ……これで民主党の本質が見えるでしょう。
権力にしがみつきたい人の集団なのか……それとも……そういう人は一部なのか……。
いずれにしろ民主党のための政治は止めてほしい……つくづく思います。


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記