【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】文化の違い #02(寄付行為)
2011年06月16日 (木) | 編集 |
ボランティアと同様に日本に根付かないのが、寄付という行為です。
日本とアメリカで個人の年間寄付額を比較すると、2000億円対20兆円です(この数字は少し前のものですし、アメリカ側の数値はレートによっても変わります)。
この差には、当然ですが集団の母数によるものもありますが、基本的には文化の違いだろうと思います。

アメリカでは、毎週のようにどこかから寄付のお願いが回ってきます(どこでも……ではありませんが……)。
そうなると「ありふれた光景」になりますから、寄付という行為が特別なモノではなくなります。
「ありふれた光景」になる……消費税でも導入時は「なぜ?」と思われていたのですが、支払い続けている間に『支払い自体が、ありふれた光景』になってしまいました。
特別なモノでなくなると何となく(良い意味で……です)対応してしまう……これが差になって出ているのではないでしょうか?

「どこかから寄付のお願いが回ってくる」という環境ができあがっているのは、やはりキリスト教的文化が背景にあるからでしょう。
キリスト教的文化は一神教ですから、善悪を観ている者は単数であり、正義は一つに集約されます。
要するに評価する権限を持っているのが単数であり、一つの視点から評価される……したがって、その一神に対して直接的/間接的を問わず何をするのか……それが文化の根底にあります。

また「できることをする」というプライドも文化に刻まれているのでしょう。
したがってアメリカにおける寄付行為は、同情等から行われることが多い(ほとんど)の日本の寄付とは、根本的に異なる行為です。
これを理解しておかなければなりません。
日本のように控えめな行動が評価されるわけではないという文化とは異なりますから……。

ボランティアも寄付も……文化的な違いがあります。
文化の違いということは、そこに本来は善悪はありません。
そこに善悪をつけたいと思うのは、御都合主義の論理でしかないと言えます。
それでも、アメリカ型の寄付やボランティア行為を根付かせたいと思うのであれば、考え方を変える必要があります(私は変える必要があるとは思いませんが……)。
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #26-08(原発)
2011年06月16日 (木) | 編集 |
浜岡原発の理由なき停止による電力不足は予測されていたことですが、これも「やりっぱなし」で放置していた結果、地方から反乱を受けてしまいました。
橋下徹大阪府知事
 ・(関西電力の節電要請について)関西広域連合として節電対策を打ち出すために、関電側に早い段階から電力需要のデータ開示などを求めてきたのに、一切の答えがなかった。この期に及んで15%の節電と言われても、まったく納得できない。僕は協力するつもりはない。
確かに関西電力の対応も悪かったのでしょうが、そもそも原因を作った管首相何も始末をしないのでは、周りも混乱し、次の対応が決まりませんから仕方ないことだろうと思います。
そういう意味では、管首相がキッチリ説明して状況を解しておくべきだったのであり、その混乱に巻き込まれた関西電力に文句を言うのは少し違うように思います。
まあ……停電になった時には管首相の責任が問われるしかないのですから、橋本府知事の言葉は管首相に向けられたものと言えなくもないと思います。

さて……問題の原発ですが……。
管首相の発言が二転三転している【注②-A】ことから考えると、官邸に情報整理できる人材が欠けていたことが分かります。
これは混乱を拡大し、被害を拡散したことを意味します。
菅直人首相
 ・(東京電力福島第1原発1号機への海水注入について)その当日に海水注入があったことの事実関係は伝わってきている。
海江田万里経済産業相
 ・首相に『海水注入ですね』と当日に報告をした。
おいおい……。
首相が海水注入を知ったのは「5月20日」でなかったのですか?
衆院東日本大震災復興特別委員会で首相は「注水自体、報告がなかった」と発言していたのでは???
都合が悪くなると事実を隠し、それがバレると答弁が二転三転する……。
これまでもありましたから今さら……とは思いますが、あまりにもヒドイ……。
こんな人に国を任せたくはありません。
で……さらに発覚した放射性物質拡散予測結果の公表漏れ……。【注②-B】
枝野官房長官
 ・情報やデータが公表されなかったことが重なったのは大変遺憾で、申し訳ない。
 ・緊急時における情報の伝達と公開について、しっかりしたシステムを作ることが大切だ。
緊急時に必要なのは、そういうシステムです。
それを構築する能力もなく、今まで来てしまったのが悲劇の原因です。
要するに……民主党政権の無能さが被害を拡大したということです。

で、東京電力に責任を被せて逃げようとしている管政権ですが、あまりにも被害が拡大してしまったため、国が負担を被ることになりました。
政府は14日、東京電力福島第一原子力発電所事故を巡る東電の賠償を支援するための「原子力損害賠償支援機構法案」を閣議決定しました。【注③-A】
海江田経済産業相
 ・国会の会期延長は微妙な段階だが、出来るだけ早く成立させたい。
しかし……そもそも国の責任は棚上げです。
何度も書いていますが、今回の被害拡大の原因は、
 (1).地震・津波という自然災害によるもの
 (2).民主党政権の対応遅れによるもの
 (3).原発の想定値の設定によるもの
が複合されたものです。
東京電力が負うべき責任(3)についてのみですから、(1)と(2)によるものは国の責任で対応しなければなりません。
そして(1)については、原子力事故の損害賠償を定めた原子力損害賠償法で『異常に巨大な「天災地変」の場合に電力会社は免責され、国が責任を負う』と定められています。【注③-B】
にもかかわらず民主党政権は、この点について明確な説明をしない(これに限らず、説明責任という言葉をしらないのでは?と思えるぐらいです)まま、東電の「無限責任」を前提とした支援体制づくりを進めています。
しかし、この部分については最初から国の責任で対応すべきものです。
そして(2)については税金で対応するのは、おかしいでしょう。
おいおい……民主党のミスを税金でカバーすると?っという感じです。
いいかげんにしてほしいものです。
とりあえず、まずは民主党議員は全ての財を国に差し出してから税での負担を考えてほしいと思います。

そんな中、爆弾が投じられました。
原子力発電所の新規建設を中止する「脱原発」構想を打ち出している橋下徹大阪府知事は、電力消費地の都市部がリスクを引き受けるべきだとの考えを示しました。【注④-A】
橋下徹大阪府知事
 ・もし原発が本当に必要なら、電力消費地の大阪に造るという話にして、(建設の是非を)府民に問いかけるしかない。
 ・府民は原発を自分のこととして考えていない。
 ・原発が必要だと府民が決めて大阪湾に造るなら、それなりのリスクは覚悟しないといけない。(造る地域は)神戸とか京都でもいい。
爆弾投下が好きな人だと思いますが、これは正論でしょう。
東京も大阪も……電気によって機能を支えられていながら、そのRISKを考えていません。
管首相のお膝元にも原発を作ってみてはどうでしょうか?
他人の褌で相撲を取る……それが都市部の姿です。
それを自覚する必要があります。
そして原発に対する現状での現実的な意見がコレです。【注④-B】
石原伸晃自民党幹事長
 ・(反原発の動きが広がっていることについて)あれだけ大きな事故があったので、集団ヒステリー状態になるのは心情としては分かる。
 ・反原発は簡単だ。脱原発というのも簡単だ。しかし生活を考えたときどういう選択肢があるのか示さなければいけない。
感情論として反発が出る可能性がある表現ですが、実際にはそういうことなのだと思います。
理想……それはそれで良いでしょうが、現実は……。
現在、反原発と声高に叫んでいる人たちを見ると、第二次世界大戦中もこんな感じだったのかな~?と思ってしまいます。
まあ……日本人の特徴(振り幅が大きい)と言えば、そうなのですが……。
この意見に対して反発したのが、やはりコノ人です。
福島瑞穂社民党党首
 ・『命を大事にしたい』という生身の人間の感覚からほど遠い。
 ・自民党が原発を推進してきた結果、福島第1原発事故が起きた。世界の人々の気持ちが全く分かっていない(原発)利権の政党だ。
部分の総和は全体にならない……という19世紀には言われていたことを再度勉強し直してほしいものです。
反原発の人たちは、Co2排出による地球温暖化問題をどう考えているのでしょうか?(個人的には正しいとは思いませんが……)
原発だけ取り出してアレコレ言っても何もならない、そういう社会であることが理解できていないのでしょう。
原発による発電を止めれば、どうなるのか?
選択肢は大きく二つに分かれます。
 【01】現在の社会を維持したい。
 【02】現在の社会の状態を維持しなくても良い。
この選択肢のうち、【02】を選択する人は良いでしょう。
エアコンは使わない、コンピュータは使わない、工場は止める……極端なところでは病院の生命維持装置も止めるという選択も出てきます。
こういうことを想定しているのか?ということです。
これにNo!という人は、全て【01】しか選択できません
なぜか?
要するに水力にしろ風力にしろ……自然に頼ることになりますから、安定的な電気供給は保証できませんので、それを安定的に供給しようと思えば電気代は上昇するしかなくなります。
その環境で上記の例を維持できるかどうか?考えてみれば誰でもわかるでしょう。
火力発電についてはもっとわかりやすく、これまで他で使っていた原料を発電用に使用することになりますから、その原料の需要は増えます。
そうなると……当然ですが値上がりしますので、電気代も上昇します。
この値上がりは電気代だけには留まらず、経済活動全体に拡がります。
これらを認めなければならないということです。
それに火力発電を増やせば、Co2排出量は増えます。
そこまで考えているのかどうか?
どこかで書きましたが、部分的な最善手が全体での最善手になるとは限りません
しかし……そんなことばかり言っている人たちがいます。
とりあえず、問題は大きなテーブルの上に置いてから議論しましょう


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【Diary】体調最悪
2011年06月16日 (木) | 編集 |
あまりにも体調が悪い今日この頃。
忙しい仕事が完了して、体調が戻るのか?と思えば、それなりにバタバタする毎日。
きちんと心身を休める時間がないせいか……少しずつ何かがおかしくなっている感じがします。
歯根膿胞は相変わらずで、一度は良くなったのですが、現在また治療中です。
耳は悪い状態に慣れてしまい、左耳で聞き取って、生活しています。
頭痛も収まらず……ですから、少し長引きそうな感じです。

これに何か……自律神経が上手く機能していないような感じが加わりました。
交感神経と副交感神経の切り替えが上手くいっていない、そんな感じです。
歯根膿胞も、実はコレが原因なのかもしれません。

少し休めれば……と思うのですが、そういう状況でもありませんし……。

やはり一度、変になるとドミノ式に変になるものです。
4月に上司には「まずは体調を戻したい」と伝えたのですが……。
もう少し……騙し騙しやっていくしかないかも……と思っています。
テーマ:日記
ジャンル:日記