【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】こうめ
2011年07月26日 (火) | 編集 |
相変わらず「伸びてま~っす」。

ume@201107neru30A.jpg

今日はキッチンで伸びてました。

ume@201107neru30B.jpg

カメラを向けたら……一応、目を開けました。
そんな凛々しい顔をしなくても……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【社会】所謂「薬害エイズ訴訟」について #05
2011年07月26日 (火) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

これに
AIDという新種の病気の発生が重なります。
第1の問題点は、新種の病気であったということです。
新種の病気ということは、
 (1).どういう症状か?
 (2).原因は?
 (3).発症した時のRISKは?
 (4).治療法は?
ということがアル程度わからなければ対応できないということです。

(1)については、その病態を定義しなければ、研究する方針(方向性)を決めることができません。
したがってアル程度の絞込みが必要となります。

(2)は、そもそもウィルス性のものなのか?自己免疫疾患なのか?それとも……ということです。
これが特定されなければ、治療法は見つかりませんし、予防もできません。

(3)は、発症しても咳がでる(要するに風邪)程度であれば、RISKは低いのであわてることはありませんが、エボラ熱のように一気に死に向かうようなものであれば早急な対応が求められます。
世界中には様々な病気がありますから、RISKの高い順に対応していく……これは仕方がないことです。
また血友病治療に関して言えば、血友病と比較して発症RISKが低いのであれば、血友病治療を優先するのは当然のことです。

(4)は、極端なことを言うと「治療法があるのかどうか?」という話です。
現状で「ない」のであれば、どうすれば良いのか?を考えなければなりません。

新種の病気の発生は、これら(本当は他にも要素はありますが……)を整理をする必要があります。
血友病の場合、血友病の治療方針を変える(クリオに戻す)ことは、大きなRISKを伴います【注②】
またQOLも損ないます
これらから確実に『クリオに戻した方がベネフィットが高い』と言えなければ、方針変更はできないことでした。

またAIDSはウィルス性の病気です。
AIDSについて難しかったのは、「抗体反応をどう考えるのか?」という点です。
ウィルス性の病気に対しては、ウィルスの侵入に身体が反応して抗体を作ります。
したがって、「抗体があるのは身体が免疫機能を発揮してウィルスを駆逐した」ことを意味しています。
これが一般的な考え方です。
したがって、抗体の陽性反応がAIDS発症RISKが高いことを意味するとは考えられていませんでした。
これが世界的な見解でした。

これらから、ウィルス学者の研究を待つしか方法がなかった……それが現実でしたし、その時点では最良の判断でした。


(続く)


------------------

【注①】
 ※参考:【社会】所謂「エイズ薬害訴訟」について #04
【注②】
 ※参考:【社会】所謂「薬害エイズ訴訟」について #03


▼▼▼関連記事(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】まーふぃーvsこうめ
2011年07月25日 (月) | 編集 |
相変わらず仲が良い"まーふぃー"と"こうめ"。
今日も一緒にダラダラしています。

mfy・ume@201107nakayoshi25B

でも……しばらくカメラを向けていると……。

mfy・ume@201107nakayoshi25A

"こうめ"さん、カメラ目線ですか……。
"まーふぃー"もキリッとした顔をしてほしいなあ。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #02-16(マニフェストと政権交代)
2011年07月25日 (月) | 編集 |
やはり……マニフェスト詐欺だったようです。
民主党内からマニフェストについて撤回の意志が、次々と示されました。【注①】

菅直人首相
 ・(平成21年衆院選マニフェストについて)財源について、やや見通しの甘かった部分があった。不十分な点があったことを国民に申し訳ないとおわびしたい。
 ・基本的な認識は幹事長と一致している。
 ・本質的な方向は決して間違っていない。
枝野幸男官房長官
 ・政権交代で大きな政策転換を一気に実現する意気込みが結果的にこうつながっている。見通しの甘さは私も率直におわび申し上げたい。
 ・目指すべき方向性は問題があったとは思っていない。いかに方向性に向けて政策を転換し実現するか。政府としてさらに努力したい。
 ・いまだ実現できていないものがあることは間違いない。マニフェストの作成過程で政策の必要性や実現の見通しについて、検討が不十分な点があったことは認めざるをえない。見通しの甘さについては、国民の皆さんにおわびしたい。
岡田克也幹事長
 ・(平成21年衆院選マニフェストで掲げた通りに子ども手当などの政策が実現していないことについて)残念ながらいまだに実現できていないものもある。マニフェスト作成において検討不十分なところがあった。
 ・見通しの甘さを国民に率直におわび申し上げたい。
 ・マニフェストには実現できていない政策がある。見通しの甘さを国民に率直におわびしたい。再度その必要性を検討する必要がある。
 ・政策の必要性と実現の見通しについて検討が不十分だった。見通しの甘さを国民に率直におわびしたい。
 ・震災復興に必要な予算措置と比べ、マニフェストの政策がより重要なのかという視点が必要だ。
玄葉光一郎国家戦略担当相(民主党政調会長)
 ・財源の検討の甘さはあったと言わざるを得ず、率直に見直すべきものは見直したい。
 ・東日本大震災もあったので、しっかり優先順位をつけ『申し訳ないができない』と切り分けることが必要だ。
 ・マニフェスト作成時に財源の検討の甘さがあった。見直すべきところは見直すことが国民にとって正直な姿勢だ。
細野豪志原発事故担当相
 ・財源の問題も含めて十分な事前の準備ができていなかった面があったとことは率直に感じている。
 ・子ども手当の満額支給よりは、被災者に対する政策が優先されるのは明らか。優先順位をつけて説明することは大きな責任と感じている。
野田佳彦財務相
 ・与野党協議をしなければ政治が前進しない。適時適切な表現だ。


その「できもしない夢物語」をマニフェストとして掲げたのですから、「できない」では済まされません。
できるという前提で票を集めたのですから、できないのであれば民主党議員は即時に議員を辞任すべきでしょう。
何と言っても税金で報酬を得ているのですから、「できませんでした」で済まされる話ではないはずです。
政治不信を加速させた責任を含めて、どう責任を負うつもりなのでしょうか?
いい加減では済まされません。
それでも権力にしがみついているのでしょうか?
そんな人たちが政治に関わっているのでは、日本が良くなるはずはないでしょう。
政治に関わり、何かをしたい……と言うのであれば、まずは国民に信を問うてからにすべきです。

しかし……この動きに対して民主党内では異論が出ています。【注②】

鳩山前首相
 ・命のように大切なものを投げ出してしまった。そもそも衆院選は何だったのかという話になる。納得するわけにはいかない。発言の撤回を求めたい!
松野頼久元官房副長官
 ・岡田さんは先の衆院選で鳩山代表のもとで幹事長だったのを忘れているんじゃないか!
鈴木克昌総務副大臣
 ・もう民主党じゃない……。
北沢俊美防衛相
 ・原理主義者が急に謝罪主義者になってみてもなかなか成果があがらない。彼が野党側と話をして成果があがったことはない!
小沢系グループ
 ・そこまで踏み込んで謝罪するなら解散しなければならない。
 ・党内議論は何もない。政権末期とはいえ放っておいてよいのか。
 ・われわれの存在意義を全否定された。


この人たちは、あの夢物語が実現できると思っているのでしょうか?
まあ……マニフェストですから、簡単に「できない」と公言するのは問題であり、民主党政権が続く限り実現に向けて努力すべき!ということは理解できます。
そういう意味では、こちら側の意見にも一理あります。
しかし、そうであれば「どの時期」に「どれぐらい」実現できるのか?を国民に示す必要があります。
既にマニフェストに併せて提示されていた工程表はダメになっています。
その上で、次期衆院選までに実現できるというのであれば、工程表を示してほしいものです。

この動きについて野党側の反応は、冷たい……。【注③】

谷垣禎一自民党総裁
 ・(岡田民主党幹事長が平成21年衆院選マニフェストが達成できていないことを陳謝、見直しを示唆したことについて)法案を撤回するならば国民に信を問うて、筋を通すべきだ。今後も追及しなくてはならない。
石破茂自民党政調会長
 ・岡田氏は『マニフェストを見直す』とはひと言も言っていない。
小池百合子自民党総務会長
 ・謝ったから頭を下げたからいいという、人情話ではない。
 ・(民主党が)突然、全く違うことを言い出すというのも癖である。言葉だけではなかなか信用できない。


まあ……言葉を額面通りに受け取ることができないのが民主党です。
もともとがウソで固めたマニフェストで政権を奪取した集団なのですから、どこまで言葉を信じて良いのかどうか?というところでしょう。
与党の前首相のように簡単には騙されない……。
野党に必要なのは、この態度でしょう。

ただ岡田幹事長は、こんなことも言っています。【注④】

岡田克也幹事長
 ・自民党内にいろんな意見、思惑があることは承知しているが、子どもを持つ家庭からすれば非常に重要で、もてあそばない方がいい。


おいおい……。
自民党がもてあそんでいるのではなく、そもそも民主党がもてあそんでいるのではないでしょうか?
できもしないことをマニフェストに掲げたこと……それは国民の生活そのものをオモチャにしたということです。
自分のことを棚にあげないで、まずはキッチリ考えるべきでしょう。


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】こうめ
2011年07月24日 (日) | 編集 |
"こうめ"の首輪です。
ちょっと買ってみたのですが……。
この首輪は、ヤンチャな"こうめ"の動きに着いていけず、どこかで外れてしまいます。
それにレースの部分が気になるのか?ボリボリします。

ume@201107fuse24A.jpg

気を取り直して……首輪を変えて……。
そうするとヤンチャ全開で、今日も窓に飛び乗って外を偵察しています。

ume@201107mado24A.jpg

何かが見えるのか?と思い、"こうめ"の後ろから外を見るのですが、特に何があるというわけではありません。
"こうめ"には何が見えているのでしょうか?
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー
2011年07月24日 (日) | 編集 |
"まーふぃー"の凶悪モードです。
ボールを見ると、いつもではないのですが、こんな感じになります。

mfy@201107ball24A.jpg

「俺のだ!返せ!」って感じでしょうか?

mfy@201107ball24B.jpg

これでは「ボール、取ってこい!」って感じでは遊べません。。。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】こうめ
2011年07月23日 (土) | 編集 |
"こうめ"は、相変わらずダラダラしています。

ume@201107daradara23B.jpg

銀色のところは、車のハンドルカバーです。
冷たくて気持ちが良いのか……「僕のモノ」状態です。

ume@201107daradara23A.jpg

とても気持ちよさそうで、満足そうな顔をしています。
こんな顔をされると……取り上げることができません……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #03-49(政権運営)
2011年07月23日 (土) | 編集 |
いつまで権力にしがみついているつもりなのでしょうか?

先日、こんなことを書きました。【注①-A】

 既に始まっている省エネの意識付けの副作用による熱中症の増大。
 これらの行き先は……。
 誰にでも想像できるでしょうが、死亡者の増加です。
 実は……管政権がやっていることは、そういうことです。


また、こうも書きました。【注①-A】

 電力不足・省エネの影響は大きく、直接/間接を問わずに考えると人命に影響するものです。
 原発の問題も大きな影響があるものですが、これと比較してどちらが影響が大きいか?と考えると現状では、こちらです。
 そういうことも考えることができず、思い付きで口を開くのでは、デメリットしか生みません。
 これを無責任と言わずに何と表現するのでしょうか?


この無責任な管首相独りよがりが、予想どおり死者を増やしています。【注①-B】
総務省消防庁がまとめた調査で、7月4日から10日までの1週間に熱中症で病院に搬送された人が前年同期の897人から5倍以上の4,520人に達し、うち8人が死亡していることが分かりました。
全国規模の節電ムードの中、今月に入って観測史上最大級の酷暑となった昨年を上回る暑さが直撃しました。
冷房の設定温度を上げたり、使用を極力自粛する傾向が強まったことが、こうした被害の拡大に拍車をかけた可能性があります。
この原因は……言うまでもなく管首相無意味にしてしまった原発停止です。
全く影響を考えず勝手なことを公言したことに起因しています。
人命を何とも思っていないのでしょうか?
そもそも熱中症は屋外で起きるものと思われがちですが、実は建物内で発症するケースが多いことは常識です。
したがって夏を前にしてすることではありません。
完全に人災です。

菅直人首相
 ・(熱中症患者の急増について)本当に申し訳ないといいましょうか、静養いただかなければならない問題だ。


しかし死者は静養しても元には戻りません。
今年の夏は暑くなるとの予測は出ていました。
その上で実行したのですから、管政権責任です。
その責任をどう取るのか?
無責任に逃げるのでしょうか?

しかし、それでも管政権が継続しなければ、権力を手放さなければならなくなる人は必死です。【注②-A】

亀井国民新党代表
 ・殿が『切腹する』と言って、まだ腹にも(刀を)当てていないのに、臣下が『介しゃくをやらせろ』と刀を振り回している。与党がそんなことをやって、恥がない。
 ・(郵政改革法案成立のメドが立っていないことについて)(成立の約束を)2度もだました。今度だましたら『ペテン師、うそつき』と言って回るので覚悟しておけ(と首相に伝えた)。
 ・単なる(所属議員)6人の野党になっては何もできないから、バカにされながらもやっているのが国民新党の姿だ。


人命に影響が出始めても権力にしがみつこうとしているから、バカにされているのでしょう。
アレコレ言っても、説得力はありません。
状況を認識することです。
国益を害している者に味方するなら、同じコトをしているということです。
その自覚があるのでしょうか?
こちらの人も相変わらずです……。【注②-B】

北沢俊美防衛相
 ・『方向性は正しいが実現のプロセスが出来上がっていない』と言うのなら、プロセスを大いに議論すべきだ。
 ・政治の空白をつくらずスムーズに(政権を)移行するため、首相をサポートしながらたいまつを引き継ぐ環境をつくるべきだ。
 ・いつ辞めるか言ったら政治は一瞬にして止まる。それを性急に要求し、野党と一緒に首相を責めれば自分の身が安全になるような錯覚を起こしている。


管首相が辞任に追い込まれれば、この人も民主党内に居場所がなくなる……そういうことなのでしょうか?
延命に必死です。
これだけ国が疲弊しているのです。
その疲弊の原因はハッキリしているのですから、打つ手は決まっているはずです。
にも関わらず、閣僚がコレでは……。
日本が良くなるはずがありません。

こんな閣僚がいる一方で、管首相反旗を翻している閣僚もいます。【注③-A】

海江田万里経済産業相
 ・(菅首相が脱原子力発電を掲げて衆議院の解散に踏み切るとの観測がでていることについて)現時点で原発に賛成か反対かということで民意を問うことに賛成ではない。
 ・(閣議で閣僚に求められる解散詔書決定の署名について)それには署名できない。


いきなり階段をはずされるようなことをされては、こうなるのは仕方ないでしょう。
信用できない上司のもとでは、マトモに働けない……それは、どの世界でも同じです。
人の上に立つ人間には、それなりの素養が必要です。
それが欠如していると……下の人間は不幸になります。

大塚耕平厚生労働副大臣
 ・いずれは辞めると明言した以上は、現場が混乱しないように党首として、首相として最大限努力してもらわないと困る。
中山義活経済産業政務官
 ・(首相の脱原発依存発言について)(説明は)まったくない。いつもの通り。唐突に出る。原発だけ取り上げてエネルギーを語ると、とんでもない間違いを起こす。
 ・われわれには覚悟がある。そのときは、海江田万里経産相も、行くときは一緒だよと(言っている)


閣内でも信用されていない【注③-B】のでは、国民に信頼されるはずがありません。
そんな人がTOPに居座る……その感覚が信じられません。
それどころか議員バッジを付け続けていることが信じられません。

また閣僚だけでなく、与党内でも反旗が翻っています【注④】

岡田民主党幹事長
 ・(2011年度第3次補正予算案について)中身のあるものにしなければならない。そのためには、新しい体制の下で議論するだけの時間的余裕がいる。
 ・幹事長の仕事は7月末で終わりにしてほしい。


党幹事長No!を突き付けられるのでは、話が進まないのはわかったことです。
現行の体制で国会を進めていくこと、それに賛成している人がどれぐらいいるのでしょうか?
管首相は、民主主義をどう考えているのでしょうか?
あくまでも有権者の支持があることが政権の前提です。
次の選挙までの間は……などというのは言い訳にすぎません。
有権者に見放された段階で、その政権は権限を失います
だから権限を委ねることができるのであって、そうでなければ誰かに権限を委ねることなどはできません。
その基本から外れてしまっている以上、この政権は国益を害している状態にあるとしか言えません。

当然、野党の追求は厳しくなる一方でしょう。【注⑤】

山本一太自民党参院政審会長
 ・首相がもし辞めなかったら参院で問責決議案を出す。審議がストップしても国民に理解されるタイミングは8月中に絶対やってくる。
小池百合子自民党総務会長
 ・国の基本政策を思い付きで変更し、国益よりも自らの政権の延命を優先している。


国民は、どこまで我慢すればいいのでしょうか?
人命に影響が出るようなことをしたとわかった時点で、責任を取るのは筋でしょう。
どうも……民主党政権には、そういう発想がありません。
他人には「TOPの責任」と大きなコトを言いますが、内部には責任の欠片もない……。
それが今の民主党の姿です。
それをどう考えているのでしょうか?

で……政権運営が厳しくなっている時期にサッカー女子ワールドカップで日本代表「なでしこジャパン」優勝しました。
これを政権浮揚に利用しようとしている管政権【注⑥-A】

菅直人首相
 ・女子スポーツが世界的にも大変活躍している中で、男子選手との比較で不十分な点があれば改善されるべきだ。
 ・先行されても絶対に諦めない気迫が素晴らしい結果をもたらした。私もやるべきことがある限りは、諦めないで頑張らなければならないと感じた。
 ・国民全体、特に(東日本大震災の)被災地の皆さんに大きな勇気を与えていただいた。本当にうれしく、ありがたい。
 ・日本国民に最高の贈り物をした。被災地の皆さんも喜んでいた。


色々と言っているようですが、民主党政権は事業仕分けというイベントを開催し、スポーツ振興費を削減したという前科があります。
そんな苦境を作っておいて、この発言はないでしょう。
まずは謝罪から始めなければなりません。
しかも「諦めないで頑張らなければならない」とは……。
それは能力があれば……という前提です。
しかもスポーツの世界の話です。
政治のように失策が国民全体に影響するというようなものではありません。
その違いを考えなければならないはずです。
しかし……そんなことは頭にありません。
その一方で、沢主将は首相へのアドバイスを尋ねられたようですが、冷たい回答が待ちかまえていました。

沢主将
 ・(首相へのアドバイスを尋ねられ)ないです。


まあ……普通に考えれば、この回答しか出てこないでしょう。
スポーツ選手を苦境に陥れた民主党のTOPに、何を言えば良いのでしょうか?
苦情しか出てこないと思います。

とにかく何も進展しない状況になっている以上、その状況を作っていること自体が責任を取らなければならないということです。
最後ぐらいは、TOPとしての責任をキチンと果たしてほしいものです。


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記