【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃー
2011年07月05日 (火) | 編集 |
窓際で外を眺める"まーふぃー"。
外からの目隠しがしてあるので、その隙間からしか外を見ることができません。

mfy@201107mado05B.jpg

で……誰も来ないとわかると……。

mfy@201107mado05A.jpg

コロンと横になって……眠ります。
おいおい……寝過ぎじゃないの???
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #25-26(東日本大震災)
2011年07月05日 (火) | 編集 |
松本復興相は就任後初めて被災地入りし、今後の復興の進め方について意見交換しました。【注①】

松本龍震災復興担当相
 ・私自身はあまり東京にいることなく、被災地に行き、ご用聞きのように住民の意見を聞いていきたい。


オイオイ……今さらですか???
震災直後からやっていなければならなかったことでは???
震災から何ヶ月過ぎたでしょう。
これが神戸震災時の与党との差です。
震災直後に現地に対策本部を作り、そこに権限を委譲する……それが必要だったことです。
しかし民主党政権は、あまりにもフットワークが悪すぎる
これ以上、状況を悪化させないことを願っています。

しかし……この松本復興相の暴言【注②-A】で国会が混乱しています。

松本龍震災復興担当相
 ・(震災復興について)知恵を出したところは助けるけど、知恵を出さないやつは助けない。
 ・九州の人間だから、(被災地の)何市がどこの県とか分からん。
 ・お客さんが来るときは自分が入ってから呼べ。
 ・県でコンセンサスを得ろよ。そうしないと我々何も知らんぞ。


天災として発生した部分については一概に否定しませんが、思ってはいても口に出すことはない内容です。
それを口に出してしまったのですから、反発されても仕方ないでしょう。【注②-B】

谷垣禎一自民党総裁
 ・内閣全体として早くお辞めになった方がいい。
 ・菅直人首相が閣内を掌握できていない1つの典型例だ。被災地の方々が怒られるのももっともだ。
 ・松本氏が『もう菅首相の下でやるのはいやだ』とやる気を失って、ああいう発言になったのではないか。
大島理森自民党副総裁
 ・(被災地の)志をつぶすような上から目線の発言は良くない。大臣としての見識を持ってもらわなくてはならない。強く反省を求める。
石原自民党幹事長
 ・(「知恵を出さないやつは助けない」などと発言したことについて)釈明をするか、釈明するつもりがないなら辞めるしかない。
 ・行政、政府の怠慢を地元に転嫁しているだけだ。
 ・釈明するつもりがないなら、『(東日本大震災の復興を)やりたくない』といっているのと同義語だから、(松本氏は)辞めるしかないのではないか。
逢沢一郎自民党国対委員長
 ・被災地が(政府の)いうことを聞かないなら、復興を手助けしないということは、暴言以外の何物でもない。
 ・(松本氏は)就任したばかりだが、その職を菅直人首相に解いてもらわなくてはいけない事態に発展するかもしれない。
山口公明党代表
 ・全体の言動を見れば見るほど不快極まりない。
民主党内の一部
 ・一日でも早く辞めさせた方がいい。


まあ、この反応は当然でしょう。
そもそも自分を客だと思っている時点で認識がおかしい
今回の災害は、に降りかかったものです。
そういう意味では、最初から国主導で対応しなければならないことです。
それを自治体に押し付けておいて、自分は客だと思っている……。
しかし災害のレベルから考えると、本来、復旧も復興も主体は国のはずです。
その認識がないのでは……。
そして……被災地からも反発が出ています。【注②-C】

宮城県議会
 ・(松本龍震災復興担当相の暴言について)発言が高圧的で当事者意識に欠けている。
畠山和純宮城県議会議長
 ・被災者がようやく立ち上がろうという雰囲気になっているのにこんな発言をして腹が立つというより情けない。
須田善明自民党宮城県連幹事長
 ・復興、再生に携わるすべての人の心を踏みにじる発言。
 ・『もし傷つけたとするならばおわび申し上げる』だったが、すでに傷つけている。その感性自体が理解できない


こんな復興相ではマトモな復興など望めません。
その上で現状維持するなら国会も混乱するでしょうから、管首相の居座りと同様の効果……すなわち現状ではマイナス効果……しかありません。
それが理解できないのであれば、そんな人たちは今回の復旧や復興に携わるべきではないでしょう。

しかし……これに対して民主党政権では"火消し"に必死であり、本人も政権も辞任には否定的です。【注③-A】

松本龍震災復興担当相
 ・このまま真っすぐ向いて復興にあたっていく。
枝野幸男官房長官
 ・個々の発言については承知していない。前後の文脈もあるのでコメントは控える。私の方から確認するような性格のものではない。
 ・松本氏は被災者の思いを最も強く受け止めている。復旧復興の加速に対する強い責任感と使命感を持っている。
 ・松本氏の責任と使命感で発言した。私からあえて確認をするような性格のものではないだろう。
 ・真意が十分伝わるよう本人がいろいろと工夫、努力することが何より大事だ。


いくら"火消し"しようとしても……次から次に問題が起きるのでは……。
民主党政権は、ヤル気があるのでしょうか?
それとも問題を起こして、管首相退陣を早めるのが目的なのでしょうか?
一体、何がしたいのか?理解できません。
その上で、こんなことを言う人も……。

亀井静香国民新党代表
 ・現場の声を前提にした対策でないと意味がなく、言っていることは正しい。
 ・(野党が追及していることについて)問題にする方がおかしい。辞めろ、辞めろといえば政治だと思っている政治家がいる。
 ・持ち味を出して思い切ってやることが大事だ。


政治家として最低の言い分です。
政治家として「口にして良いこと」と「そうでないこと」を切り分けるのも能力のうちです。
その能力がないから、混乱しているという現状を直視すべきです。
そうなると能力が欠如しているという事実しか浮かび上がりませんから、辞めろ!と言われるのは当然でしょう。
それに暴言を持ち味とは……。
政治家は、言葉で票を得ることにより権限を持ちます
したがって政治家の言葉は軽くはないことを認識すべきです。
そうでない人こそ、政治家として問題があるのではないかと思います。

そして……言い訳……。【注④-A】

松本龍震災復興担当相
 ・(「知恵を出さないやつは助けない」について)発言は問題ない。(自発的に)首相に説明するつもりもない。
 ・(「お客さんが来るときは自分が入ってから呼べ」について)呼ばれて入ったら(村井氏が)3、4分出てこなかった。だから怒った。九州の人間は、お客さん来るとき、本人はいるものです
 ・(会談では)行儀の悪さというか、長幼の序ということをわきまえた方がいい、という話をした。


あくまでも今回の災害への対応は「国を挙げて……」のはずです。
そうであれば主体は国であって、地方自治体ではありません。
そう考えると、今回の会談の主体は松本震災復興担当相であり、それに被災地の知事が状況を報告するために行われるものです。
それを自治体任せ……。
そういう感覚しか持っていないから、こんな発言になるのではないでしょうか?
自治体も被災地であり、自治体職員も被災者ですから、その機能は崩壊していると考えなければなりません。
しかるに……そういうことが頭にない。
その上で、訳の分からないことまで言い出す……。【注④-B】

松本龍震災復興担当相
 ・博多(の)人間やけんですね、語気が荒かったりしたとは思う。
 ・B型で短絡的なところがあって、私の本意が伝わらないという部分がある……


おいおい……。
博多の人は、被災地に行ってあんな理不尽なことを口にするのか?
B型の人は、被災地に行ってあんな理不尽なことを口にするのか?
こう書けば、この言い訳も問題発言だとわかるでしょう。
失礼なことを言っていると気付かないのでしょうか?
今回の問題発言は、「博多の人」でも「B型」でもなく、松本龍震災復興担当相という個人の問題です。
それをすり替えないでほしいものです。
大体、血液型占いは全く根拠がなく、世界的には問題外のものです。
それを公の立場で持ち出すとは……。
あまりにも低レベルな話です。

で……当然の如く辞任【注⑤-A】
これについて民主党内の反応です。【注⑤-B】

鳩山由紀夫前首相
 ・被災者の神経を逆なでするような発言を何度もしており、復興担当相としての職をこなすことができなくなると思っていた。辞められるのは、当然ではないか。
安住淳民主党国対委員長
 ・(被災県の知事への応対は)誤解を受ける態度、発言だったことは否定できない。残念だがやむを得ない。
枝野幸男官房長官
 ・菅直人首相も私も『寝耳に水』だった。
 ・被災者の皆さんに大変ご心配をお掛けしている。復興への影響ができるだけ小さくなるよう最大限の努力をしたい。
細川律夫厚生労働相
 ・本人の意気込みが強く出たのだろうが、もう少し慎重に話した方が良かった。
野田佳彦財務相
 ・『被災地に寄り添う』と言うなら、言葉でももう少し寄り添う工夫が必要だった。
玄葉光一郎国家戦略担当相(民主党政調会長)
 ・震災以来培ってきた人間関係の中で出た発言だと思うが、被災地の皆さんの心情に心を配る必要があった。
細野豪志原発事故担当相
 ・被災者に申し訳ないと思っている。今私ができることは与えられた役割をしっかり果たすことに尽きる。
平野博文元官房長官(民主党大阪府連会長)
 ・復興への思いが強かった人。辞任については何とも言えないが、不適切な発言ではあった。政権の責任が厳しく問われるだろうが、復興を遅滞させることがあってはならない。
尾立源幸参院議員(民主党大阪府連幹事長)
 ・知事とのやりとりは、被災地の人たちの心を傷つけたと思う。ただ、陳謝したし、昨日の時点では前向きに頑張ると言っていたので、辞任は驚いている。被災地の復興の歩みを後退させるわけにはいかない中、自分の存在が復興の障害になると判断したのではないか。
森本実民主党大阪府連府連事務局長
 ・辞任は仕方がない。復興相は今一番、国民に寄り添わないといけない重要なポジション。あんな発言をするとは話にならない。一刻も早く辞めてほしかった。
 ・そもそも、首相や官房長官が復興の仕事を丸投げしているように見える。もっと大きな権限を持った人がアクションを起こすべきだ。


民主党内からこの反応ですから、もっと早く辞任すべきだったと思います。
そもそも被災地のことを考えれないような人を任命するとは……。
お粗末すぎます。
これが管政権の限界なのでしょう。
そして与党は……。【注⑤-C】

下地幹郎国民新党幹事長
 ・決断としては良かったと思うが、復興担当相は復興のシンボルの人事だっただけに、政権へのダメージは大きい。


亀井代表が「問題ない」と言ってしまったのですから、どうしようもないでしょう。
いくら与党内にいるからといっても、善悪の区別は必要でしょう。
連帯責任をどう取るのか?
それを考えなければならないでしょう。
この辞任に野党は当然との見方をしています。【注⑤-D】

石破茂自民党政調会長
 ・(東日本大震災の)復興自体を非常に甘く考えているということだ。
逢沢一郎自民党国対委員長
 ・あれだけの国民も驚くような言葉、態度からするといたしかたない。
山本一太自民党政審会長
 ・(松本氏の辞任は)やむを得ないことだ。すごく被災地の方々の気持ちを傷付けた。
脇雅史自民党参院国対委員長
 ・あまりにも不適切な発言だから責任を取るのは当然だ。
漆原良夫公明党国対委員長
 ・震災復興は地元との信頼関係がなくなったらやってはいけない。辞任は当然だ。


まあ……そういう反応になるでしょう。
これからは管首相任命責任の追及に矛先が向かうでしょう。
そして被災地の反応は。。。【注⑤-E】

県幹部
 ・昨日『前を向いて復興に当たる』と話していたばかりなのに……。
 ・これでまた復興への議論が止まってしまう。残念としか言いようがない。
県関係者
 ・松本氏の言動は最低だった。辞任はいいことだ。
県外避難している被災者
 ・あまりにも腹が立って…。辞めて当然で、顔も見たくない。村井知事がどれだけ忙しいかも考えてなかっただろうし、被災地から遠い東京の感覚だと思った。
 ・被災者は強い気持ちで生活している。それに比べ、すぐ辞めるのは気持ちが弱いのではないか。
 ・被災地を上から見下す発言に憤慨しており、辞任は当然。国が率先して支援をするべきだし、そのために被災地入りしたのではないか。そもそも任命した首相が悪い。復興担当相が辞めるだけでなく、内閣全体を変えたほうがいい。
 ・後任は、被災者の気持ちに寄り添って実行力のある人になってほしい。


混乱させた責任を取って……ということなのでしょうが、そもそも任命したのは誰?という話です。
当然、任命責任管首相にありますから、責任は免れないでしょう。


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記