【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】こうめ
2011年07月16日 (土) | 編集 |
今日も伸びてま~っす。

ume@201107nobi16A.jpg

こらこら……。
野生という言葉は、どこかに置いてきてしまったのでしょうか?

ume@201107nobi16B.jpg

段々と警戒という言葉がなくなっているような……気がします。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー
2011年07月16日 (土) | 編集 |
今日も朝から窓際をキープしている"まーふぃー"。

mfy@201107mado16A.jpg

ガラスが冷たくて気持ちいいのか……窓に引っ付いています。

mfy@201107mado16B.jpg

でも……それも今のうちだけ……。
もう少しすると南向きの窓際は暑くて寝てられなくなるでしょう。
多分、もう少しすると……。

mfy@201105aomuke-neru01.jpg

……こうなると思います。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #26-11(原発)
2011年07月16日 (土) | 編集 |
『「何もできない」どころか「邪魔になる」』という最低のレッテルを貼られ、国民に見放されているにも関わらず、歴史に汚名を残したくないと必死になっている管首相
続ければ続けるだけ汚名が大きくなっているにも関わらず、何とかなると思っているようで……。
次々と延命のために無茶苦茶を繰り返し、ドンドン先が見えなくなっています。【注①】

谷垣禎一自民党総裁
 ・(政府が発表した原子力発電所の再稼働に向けた安全性に関する統一見解について)意味不明だ。政府の混迷は目に余る。これまで菅直人首相の対応を厳しく批判してきたが、いささか食傷気味だ。
石原伸晃自民党幹事長
 ・よく分からない曖昧な見解だ。(原発がある)地元がより不安になっているのではないか懸念を持っている。
 ・電力の安定供給は国民生活のみならず日本の経済力に直結する問題だ。代替エネルギーなくして再稼働を認めないのは政府として全く無責任だ。
石破茂自民党政調会長
 ・『将来的に原発をゼロにする』と言い切ったが、そこに至るまでの道のりが示されなければ、大きな疑念を抱かざるを得ない。単なるポピュリズムにしかならない。
田野瀬良太郎自民党幹事長代理
 ・新たな退陣の条件を示したようなもの。簡単に結論が出ない話を持ち出して、居座ろうとしている。
逢沢一郎自民党国会対策委員長
 ・退陣表明した首相が何を語っても、国造りは進まない。


これから本格的な暑い夏に向かいます。
エネルギーの確保なくして、先をどう考えるのか???
ここまで低レベルだとは思いませんでした。
エネルギー不足が何を生むのか?
経済の疲弊、それによるリストラや賃下げによる生活の圧迫。
既に始まっている省エネの意識付けの副作用による熱中症の増大。
これらの行き先は……。
誰にでも想像できるでしょうが、死亡者の増加です。
実は……管政権がやっていることは、そういうことです。
そして、先を見れば経済の疲弊を口実に加えての延命……を視野に入れているのではないか?と思います。
それは自作自演なのですが……。
不安をかき立てて……という悪徳商法型政治、そして自ら問題を作っておいて延命を謀る自作自演型政治……。
最低以外に言葉が浮かびません。

しかし……相変わらず何も考えていない人もいます。【注②】

福島瑞穂社民党党首
 ・英断だ。自民党ならこの段階で『原発に依存しない社会』とは言えなかった。


旧社会党系の人は、こういうレベルなのでしょうか?
これに合わせるかのように共産党からも……。

志位和夫共産党委員長
 ・首相はこれまで日本のエネルギーは原発を含む4本柱でやっていくとしてきた。『原発がなくてもやっていける社会を目指す』と述べたことは前向きな変化だ。


エネルギー問題をマクロで考えることができない……。
個人的には「地球温暖化」も「Co2排出量の増加」も信じていませんが、これを何とかしなければ……と思っているのであれば化石燃料にバックしなければならないような政策は、最初から議論のテーブルに上がらないはずです。
構造的に考える能力がない人に、政策に関わってほしくありません。
そういう人が関わるから、本当の無駄が増えていくのでしょう。

しかし……何の根拠もなく、何の道筋も示さず、言いたいことだけ言っている管首相【注③】
民主党のマニフェストと同じレベルの話を必死にしている姿は、既に醜悪を越えています。

菅直人首相
 ・(国民の)節電の協力が得られれば、今年の夏と冬の必要な電力供給は可能だ。


その根拠は???
根拠もなく、国民生活に直結するようなことをしようと言うのでしょうか?
上にも書いたとおり、電力不足・省エネの影響は大きく、直接/間接を問わずに考えると人命に影響するものです。
原発の問題も大きな影響があるものですが、これと比較してどちらが影響が大きいか?と考えると現状では、こちらです。
そういうことも考えることができず、思い付きで口を開くのでは、デメリットしか生みません
これを無責任と言わずに何と表現するのでしょうか?
これが民主党TOPのレベルです。

その民主党内でも政府内でも、管首相の発言に対してNo!の声があがっています。【注④】

鳩山由紀夫前首相
 ・原発は過渡的なエネルギーとして必要性を認めて今日まで進めてきた。大事なことは、(全廃までの)時間軸をどのぐらい取るかという話だ。
 ・(具体的な工程は)新しい政権が考えればいい。
細野豪志原発事故担当相
 ・安全性を確保した上で、しっかりチェックが入った再稼働は認めるべきだ。
西岡参院議長
 ・(首相の「脱原発」発言について、代替エネルギーの確保が難しい現状から)『脱原発』という単純なものの言い方を首相が軽々しく口にすべきではない」と批判。そのうえで、「『脱原発』のスローガンに基づく首相の考えによってエネルギー政策が進めば、確実に来年の春には日本の原子力エネルギーは存在しなくなる。
中野寛成国家公安委員長
 ・(菅首相が「脱原発依存」の方針を表明したことについて)首相の発表は閣僚に諮っての政府見解、政府の要請という意識を持たれる。そのことを意識した行動をとってほしい。
 ・今後も必要とあらば(苦言を)申し上げていきたい。
閣僚の一人
 ・(首相の原発全廃方針について)知らなかったし、そこまで記者会見で言うとは思わなかった。
 ・原発を減らすことと全廃とは違う。周辺産業や原発従事者への影響もある。もっと注意深く使い分けなければいけないのに。
小沢一郎元代表グループの若手議員
 ・原発問題を政局にしている首相の罪は重い。あわよくば首相自身の延命に結びつけようとしている。


思い込みだけで動いているから、誰にも理解してもらえないのでしょう。
独善もココまでくると「善」という文字を使いたくなくなります。
ただの「独りよがり」でしかない……。
政治の私物化以外の何ものでもないでしょう。

この発言の影響の大きさに驚いたのか……政府民主党では、またも火消しです。【注⑤】

枝野幸男官房長官
 ・首相は脱原発依存とは言っていない。原発への依存を段階的に減らす先の目標を示した。
 ・原発への依存度を段階的に減らすことは従来方向性を示している。
 ・遠い将来の希望については、まさに首相の(個人的な)思いだ。国民的議論のスタートとして方向性を示した。
 ・我が国はどの国よりも厳しい安全性の下で(原発を)当面活用していく。輸入する側がどう受け止めるかを含めて、中期的に検討する。
玄葉国家戦略相(民主党政調会長)
 ・政府内でも、原子力の依存度を徐々に減らしていくことはほぼコンセンサス(意見の一致)がある。ただ、ゼロにするかどうかの大きな議論は、もう1回やらざるを得ない。
海江田経済産業相
 ・(長期的なエネルギー政策の見直しについて)原子力発電の位置付けを含め、今後のエネルギー政策のあり方は予断なく議論を行う。
輿石東参院議員会長
 ・首相の職を辞さねばならないので、自分の思いを国民に訴えておきたいという気持ちがあっても不思議ではない。
岡田幹事長
 ・もちろん党(の方針)ではなく、首相としての発言だ。
前原誠司前外相
 ・(脱原発の)方向性はその通りだ。しかし、(ポスト菅の)しっかりした体制で取り組むべきだ。
城井崇衆院議員
 ・首相方針には党内の議論を踏まえた部分がまったく感じられない。
民主党内
 ・党が了承したものではない。


枝野氏は、何だか火消しばかりしているような印象があります。
野党時代の切れ味はなくなり、言語も意味も不明瞭なものになっています。
そのせいか……かなり印象が悪い
枝野氏管首相と共に沈没するのでしょうか?
まあ……連帯責任を問われるのは、わかっているでしょうが……。
いずれにしろ、あまりに稚拙な発表をしたTOP。
日本のエネルギー戦略や経済情勢に十分目配りをしたとは到底言い難いレベルの話を公言するのでは、危なくてどうしようもありません。

ほとんどの人に背を向けられ、大慌てで前言撤回を始めたのが管首相です。【注⑥】

菅首相
 ・今日までの経緯を含め、総合的にこの辺りで国民に方向性と自分自身の決意を述べておく時期ではないかと考えて記者会見した。


ここまで能力が欠如しているとは……。
首相どころか国会議員としての能力もないのでは?と思います。
あまりにも言葉に対する責任がない
政治家としての最低限必要とされるのが、言葉に対する責任です。
それが欠如している以上、議員バッジを付ける資格はありません
早々に議員バッジを外してほしいものです。

当然、このような無責任な行動に野党が黙っているはずはありません。【注⑦】

山本一太自民党参院政審会長
 ・首相が発言したことは首相の言葉だから、『自分の思いを言っただけで政府や党とは関係ない』という言い訳自体あり得ない。本当に真剣にこの国を再生させようと思っているとは到底思えない。
渡辺喜美みんなの代表
 ・首相の個人的な思いを語ったというが、記者会見なのにこんなバカな話はない。政治の劣化を目の当たりにするようで、政治家の1人として大変恥ずかしい。


こんな人をいつまで野放しにしておくのか?と思います。
この人が首相になって、国民に何かメリットがあったか?と言えば、何もありませんでした。
それどころか……あったのは、何も進まなくなってしまったというデメリットだけです。
恥ずかしくないのか?と思います。

そして民主党内の早期退陣への動きが具体化してきました。【注⑧】
民主党の中堅・若手議員で作る「国益を考える会」が呼びかけ人となって、菅首相即時退陣を求める決起集会を国会内で開きました。
この集会には、民主党の衆参両院議員32人が出席し、首相の下では東日本大震災の復興や東京電力福島第1原発事故の早期収束は実現不可能だとして即時退陣を求める決議を行いました。

長島昭久衆院議員
 ・首相と海江田万里経済産業相の閣内不一致があり、首相自ら内閣の一体運営の基本原則を壊した。一日も早く退陣してもらわなければいけない。
吉良州司衆院議員
 ・現実を見ずに国民に幻想を振りまくエネルギー政策を思い付きのように打ち出した。日本経済を壊滅させかねない。
国益を考える会
 ・首相は政権運営にとり致命的な失態を繰り返している。3条件に関係なく即刻退陣すべきだ。
出席者
 ・両院議員総会で党規約に代表リコール制度を設けるべきだ。


民主党議員は、現状をどう考えているのでしょうか?
そもそも……こんなレベルの人をTOPに選んでしまった民主党責任は重く、現状までに日本が被ったマイナスを算出し、民主党議員の財で埋めてもらいたいと思います。
そうしないのであれば、あまりにも無責任です。
何もできない、何かを進めるような能力がないことは、それまでの行動からわかっていたことだと思います。
それを知った上で選出したのですから、責任を背負うのは当然です。

とりあえず、現状における日本にとっての最大のRISKは、管首相であるということは理解しておくべきでしょう。


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記