【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【武道】試合のルール
2011年08月27日 (土) | 編集 |
武道の試合のルールについて、色々と話をすることがあります。

以前、武道は『(本来は)競技の中では使うことができない技術まで練習しているわけで、その量を10とすれば、「あれ」と「これ」と「それ」は危険だから競技の中では禁止しようと決めて、練習した10に対して5とか7とかで競っているものではないかと思っています』と書きました。【注①】

これを前提に考えていますから、武道の試合におけるルールは「その試合の開会式で公開の場でクジ引きによって決定する」のがベターと考えています。
例えば空手の試合がわかりやすいのですが、例えば「顔面を手(拳を含む)で叩く行為の良否」について考えてみます。
(1).まず「顔面アリ」or「顔面ナシ」を決める。
(2).「顔面アリ」の場合、手は「素手」or「拳サポーター」or「グローブ」……を決める。
(3).「顔面アリ」の場合、顔の防具を決めます(もちろん「手」によって選択肢は異なります)。
このようにして色々な条件を大会毎に決めていきます(本当は試合毎が良いのですが、多くの時間を要するので現実的ではありませんから大会毎としています)。

なぜ、こんな面倒なことをしなければならないか?
答えは簡単で「武道だから」です。
スポーツでは、ルールが先に設定されており、その中で有効となるものを練習します(と言うより、それが正しい考え方です)。
ところが武道は、本来、危なくて平常時は使えない技術も含めて練習しなければなりません。
したがって、ルールを固定してしまうとスポーツと同じものになっていきます。
わかりやすく言えば、「ルールの中で有効な技術だけを練習するようになる」ということで、それは「武道の体系の中にはあるものの、ルールによって排除された技術は練習されなくなる」ということです。
これは、決して「スポーツとしての■■道」を否定するものではありません。
競技としての道はあっても良いと思います。
それは、底辺を拡げるには有効な手段ですし、技術を制限するということはルールの範囲内にある技術レベルは上がる傾向にあります。
しかし、その一方で「武道としての■■道」があっても良いのではないか?と思います。


 budo.jpg

------------------

【注①】
 ※参考:ルールと練習
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】はくと君 and あんなちゃんの帰省 #05
2011年08月26日 (金) | 編集 |
今回も"はくと"君と"あんな"ちゃんが帰省していた時の写真です。
各々単体で撮った写真です。

まずは"はくと"君。

 kisei@201108hkt14c.jpg
 (寝てますzzz)

 kisei@201108hkt14g.jpg
 (おもちゃを発見!)

次いで"あんな"ちゃん。

 kisei@201108an14a.jpg
 (くつろいでいます)

 kisei@201108an14c.jpg
 (フサフサしてオモチャみたいです)

そして相変わらずテーブルの上でゴロゴロしている"まーふぃー"。
臆病すぎです……。
というか……こんな写真しかないんですけど……。

 kisei@201108mfy14b.jpg

 kisei@201108mfy14c.jpg

で……2階で一人ユックリくつろいでいる"こうめ"。
気ままに過ごしていました。

 kisei@201108ume15m.jpg

 kisei@201108ume15k.jpg

うちのコたちは……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【etc】怒ると叱る
2011年08月26日 (金) | 編集 |
最近、色々な場面で「怒る」と「叱る」をキチンと分けてできない人を見かけます。
だいたい……見ていると何でも「怒る」になっている……。
子どもに対しても部下に対しても……。
それで相手にキチンと伝わるのか……と思います。

「怒る」と「叱る」の違いですが、
 ・怒る……感情の産物で、感情が高ぶった結果、威圧して脅しをかける行為。
 ・叱る……相手の良くない点を改めさせる手法として、威圧という手段を選択した行為。
という違いがあります。
子どもでも部下でも……キチンと導こうとすれば、当然ですが「叱る」という行為でなければなりません。
「叱る」は上記のとおり、あくまでも手段として選択したものです。
そういう意味では表現の一種と言っても良いでしょうし、わかりやすく言えば「怒る」という行為を演じていると言っても良いと思います。

指導したければ、キチンと叱りましょう!


 maga-tama03B(L).jpg
 (この写真については、こちら
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】こうめ
2011年08月25日 (木) | 編集 |
近所のおばあちゃんの膝に抱かれている"こうめ"。

 ume@201108dakko25C.jpg

いつもなら数分でジタバタし始めるのですが、おばあちゃんの膝にいる時は良い子にしています。

 ume@201108dakko25B.jpg

お~い、いつもと態度が違うぞ~。
なんで、そんなに良い子なんだ???

 ume@201108dakko25A.jpg

しかも本気で寝てるし……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【健康】特定保健用食品(トクホ) #03
2011年08月24日 (水) | 編集 |
前回(参考)の続きです。

トクホは、『「食品」でありながら、効能を食品のラベルに印刷して販売することを許可されるもの』です。
これが大前提です。
これはそれを摂取することで「効能がある(期待できる)」ということであり、それは『摂りすぎた場合には「望まない作用(所謂「副作用」)が出る可能性がある』ということです。
これを忘れてはいけないのですが、「薬ではないから……」と言って、薬ほど考えて摂取されているわけではありません。
トクホの認可までの道のりを冷静に考えれば、薬と比較して科学的な根拠が低いものの『効果がある場合もあるが、効果がない可能性もある』ということと薬と比較して科学的な根拠が低いため『副作用がある場合もあるが、副作用がない可能性もある』ということを知っておく必要があります。

基本的には「何らかの作用がある」ということは、それが望まない方向に働いた場合には副作用が出るということが前提です。

トクホそのものを危険だと言うわけではありませんが、これらを理解した上で使用する必要があります。

 helth(S).jpg
 (この絵については、こちら
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】まーふぃーvsこうめ
2011年08月23日 (火) | 編集 |
今日も引っ付いている"まーふぃー"。

mfy・ume@201108daradara23A

暑いのに……。
脚にベッタリ引っ付いています。
毎日毎日、どんなに暑くても"まーふぃー"には引っ付く時間が必要なようです。

一方の"こうめ"は、少し離れて寝ています。

mfy・ume@201108daradara23B

でもね……寝るなら目はキチンと閉じましょう。。。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】大阪維新の会の条例案について
2011年08月23日 (火) | 編集 |
先日、大阪維新の会が、府議会と大阪、堺両市議会に議員提案する「職員基本条例案」と「教育基本条例案」の最終案を固めたとの報道がありました。【注①】

その内容は、
 ・年功序列の廃止。
 ・「抜てき人事」を可能にする。
 ・連続最低ランクの人事評価の場合は分限免職にできる。
 ・国歌斉唱時に起立しない教職員を分限免職にできる規定も盛り込む。
など政治主導の「アメとムチ」で公務員制度改革を進める内容のようです。
これについては、有識者らからは早くも反対論が噴き出しています。

何が問題なのか?と言えば、上記の上から3つは評価主義や成果主義の持つ構造的な欠陥をどう補うのか?(別項【注②】参照)の議論を先にしなければならないにも関わらず、その話が出てきていないことです。
簡単に書きます。
年功序列の廃止』は、先行きが見えないことから生じるデメリットを考えなければなりません。
一番大きいのは、安心して働くことができないことから、収入の多くを貯金してしまう現象が発生するということです。
現状、消費が冷え込んでいる一因が、この現象です。
「抜てき人事」を可能にする』については、これは「好き嫌い人事を容易にする」ということと同意です。
抜てき人事そのものを否定するつもりはありませんが、ここを整理しておかなければ上手く機能するはずはありません。
また……そもそも「抜てき人事」が今までなされていないとは考えられませんから、これを強調する必要があるのかどうか?疑問です。
連続最低ランクの人事評価の場合は分限免職にできる』についてですが……これが一番問題が大きいでしょう。
国を見ても、民主党政権になって干されてしまっている官僚が存在します。
それまでは、それなりの働きをしてきたにも関わらず……です。
これが成果・評価制度の構造的な欠陥です。
そもそも日本で運用されている成果・評価制度は多くの問題点を抱えています。
それについては別項【注②】に記載していますが、一例を挙げれば「好き/嫌い」というバイアスを取り除くことを制度に含んでいないということです。
これなしで運用しようとすれば、「YESマンだけいれば良い」という状態になってしまうriskを抱えます。
これによるマイナス面は大きく、それを知っている人はそうならないように考えて組織づくりをします。【注③】

もともと日本という国の文化は、その土台に「和」を含んでいます。
これを良くも悪くも切り捨てることが、成果主義や評価主義の根底になければなりません。
しかし、これが集団をスムーズに運営できなくする一因ということは、誰が考えてもわかりそうなものなのです。
また間違った評価を下した場合の責任は、その評価を決定した者が負うことになりますから、その点を整理しておく必要があります。
日本における成果主義や評価主義には、往々にしてこの視点が抜けています。
個に対する評価を行う以上、その責任は個で背負わなければならない……その覚悟をしなければなりません。

何かしたい……という点は理解できますが、準備不十分で走り出すとどうなるのか?は、民主党政権という悪い例がありますから、よくわかると思います。


------------------

【注①】
 ※参考URL:公務員、抜てき人事や分限免職も…維新が条例案
【注②】
 ※参考URL:【仕事】評価主義・成果主義
【注③】
 ・私が所属する整体協会の理事長は、「理事会にYESマンはいらない」と言っていました。
 ・理由は簡単で、「YESマンだけの理事会であれば、自分が決めれば良く、そんなアリバイ作りのための理事会であれば時間の無駄」というものです。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】はくと君 and あんなちゃんの帰省 #04
2011年08月22日 (月) | 編集 |
またも"はくと"君と"あんな"ちゃんが帰省した時の写真です。
写真を整理してみると……"こうめ"が別行動していたのが、よくわかります。
一緒に写っている写真が、あまりにも少ない……。

kisei@201108mfy・hkt・an15b

ということで、ワンコ・グループの写真です。

まずは"はくと"君と"あんな"ちゃん。

kisei@201108hkt・an14c

kisei@201108hkt・an15c

で、"まーふぃー"と"はくと"君。

 kisei@201108mfy・hkt15a

ダイニングテーブルの上が気になる"あんな"ちゃん。

 kisei@201108hkt・an14a

それをマネする"はくと"君(腰が悪くなるから……と怒られていました)。

 kisei@201108hkt・an14b


で……一人2階でダラダラしている"こうめ"です。

 kisei@201108ume15e.jpg

 kisei@201108ume15c.jpg
テーマ:日記
ジャンル:日記