【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃーvsこうめ
2011年08月17日 (水) | 編集 |
本当に仲が良い"まーふぃー"と"こうめ"。
"まいふぃー"の目の前をウロウロしています。

mfy・ume@201108gage16A

おーい、ドコ行くの?("まーふぃー")
で……

mfy・ume@201108gage16B

そこかよ……。
そこは"まーふぃー"のゲージだよ。

この後、"こうめ"は"まーふぃー"のゲージ中でくつろいでいました。

スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【組織】組織と人体
2011年08月17日 (水) | 編集 |
組織というカテゴリーを作りました。
ここでいう組織は「集団」と言い換えても良いと思います。
キッチリと組み立てられたものだけでなく、人が集まって何かをしようとする際のグループでも考えておいた方が良いことですし、広い意味では「社会」そのものにも当てはまることだろうと思います。

さて、最初に書いておいた方が良いと思うのは、「人間が作るものは、人体の延長上にあるものでしかない」ということです。
これは狭義ではそのままの意味ですが、広義では人間の持った身体感覚の延長上にあるものを含んでいます。
ですから、どんなに空想の世界で色々と考えても、どこまで非現実的に見えるモノでも……所詮は人間の延長上のものしか作ることはできません。
色々な特撮ものやアニメがありますが、そこに出てくる怪獣とか怪人と呼ばれるモノでも、やはり人間(もしくはその身体感覚)の延長上にあるものでしかないことは、少し考えればわかると思います。

これらから……何かについて考える時、それを人間(もしくはその身体感覚)に戻して考えることが必要ではないか?と思っています。
で、組織を考える時に必要となるのも、話を人体に戻して考えるということではないか?と……。
この『組織』というカテゴリーは、そんな視点で考えてみようと思って作りました。

上記のとおり『人間が作るものは「人体の延長上にあるもの」もしくは「人間の持った身体感覚の延長上にあるもの」でしかない』ということを考えれば、このような視点で組織を考えることは大きなベネフィットをもたらすモノではないか?と思います。
具体的には……これができれば組織で発生する様々な問題は、軽減されるのではないか?と思っています。

今回は「序」的なものですから、これぐらいにしておこうと思いますが、アル意味では今回書いたことが全てだったりします。


 (続く)

 
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記