【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃー
2011年08月20日 (土) | 編集 |
"まーふぃー"が何かを狙って、伏せをしています。

 mfy@201108fuse20A.jpg

こんな顔でおねだりされたら……。
アチコチでおやつをもらうのは、こんな顔でおねだりするからでしょうか?

で……アップ。
mfy@201108fuse20B.jpg
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #10-09(米軍基地)
2011年08月20日 (土) | 編集 |
沖縄県民に期待を与え、票を投じてもらったにも関わらず、結局は状況を変えられないままの民主党政権。
与党であれば、本来は『票と公約の実行』がペアなのですが、民主党では『期待と票』をペアにしてしまう暴挙に出ています。

管首相は、仲井真弘多沖縄県知事と会談し、米軍普天間飛行場の移設問題を協議しました。【注①】

管首相
 ・早い段階で(普天間を)返還するには、私の言っているやり方以外では決まらない。
  →「日米安全保障協議委員会(2プラス2)」で同県名護市辺野古に建設する代替施設の工法が決まったことを受けての発言。


いくら理解を求めても、選挙時に口にしていたことと違うのですから反発を受けるしかないでしょう。
何を根拠に「県外移設」などと口にしていたのか?
まずは、それを説明すべきでしょう。
何も根拠なく口にしていたのであれば、それは無責任であり、それこそ「マニフェスト詐欺」です。
これに対して当然ですが沖縄県側は反発します。

仲井真弘多沖縄県知事
 ・極めて遺憾だ。
 ・2プラス2で辺野古が残ったのは極めて遺憾だ。(名護)市長も反対し、実行は極めて難しい。
 ・首相は『普天間移設の実現は辺野古が一番早い』と言ったが、逆だ。時間はものすごくかかる。


これまでは非公式な反発だったのですが、今回は公式に反対を表明しました。
これでは話は先に進みません。
いくら日米で協議をしても、沖縄県知事許可が出なければ着工できない……それが現行法です。
この法律を変えてでも実行する気があるのかどうか?
その覚悟があるのかどうか?
そこが問題でしょう。

そして……の稲嶺進沖縄県名護市長は、日米安全保障協議委員会が米軍普天間飛行場の名護市への移転で合意したことに抗議し、受け入れを拒否する考えを表明しました。【注②】
まあ、当然の話でしょう。
「今さら何を言っているのか!」
これが沖縄県民の大多数の気持ちでしょう。
できもしないことを公言してきたのですから……。
最低の政権です。
あまりにも大きなウソをつき、それでも権力にしがみつく……。
そんな人たちに国政に携わる権利はありません


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼

[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記