【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【整体】関連痛 #01
2011年09月14日 (水) | 編集 |
よく整体を頼まれるのですが、その中に肘や膝の痛み、手足の痛みや痺れ等があるから……という人が多々います。
私が整体の看板をあげているわけではないので、来られる人は他を巡って……誰かから話を聞いて、その誰かを通じて依頼があります。
したがって、普通に痛みや痺れが取り除ける人は他で取り除けてしまいますので、ウチには来ることはほとんどありません。
ここでいう「普通に」は、痛みのある部位に何かがあるものです。
また「ほとんど……」と書いたのは、時々はそういうケースもあるからで「何故、取り除けないの???」と思いますが、手を使った施術には必ず相性の問題が付いて回りますから仕方ないか……とも思います。
これは腕の問題ではなく(そうであることもあるのでしょうが……)、柔道でも空手でも……同じですが、直接相手に触れて何かの作用をするものは、相性の問題はとても大きな要素で、俗に「手が合う」とか「合わない」とかが大きな要素として存在します。
施術する側も施術される側も、これを知っておく必要があります。

さて、「普通に」ではない場合ですが、この場合……消去法で考えれば当たり前なのですが……痛みや痺れがある部位以外に原因があります。
神経は中枢から始まって枝分かれして行き、末端まで伸びています。
痛みや痺れは、末端から中枢へ刺激が流れます。
その中で、同一の神経を使って刺激を伝える場合、刺激の発生部位の特定が間違ってしまうことが多々あります。
こういうことで発生する痛みを「関連痛」と言います。【注①】
肝臓の何らかの異常を右肩のコリや痛みとして認識したり、心臓の何らかの異常を上腕部の痛みとして認識したり……というものがありますので、まずは病院で確認することが大切です。

ということで、痛みや痺れがある部位から脊柱に遡って考える必用があります。
手指であれば、手首→肘→肩→下部頸椎/上部胸椎→上部頸椎とCheckする必要があるということです。
だいたいの傾向はあるのですが……。
痛みや痺れは、その部位だけで"取り除けるもの"と"そうでないもの"がありますので、施術する側も施術を受ける側も注意が必要です。


(続く)


 seitai@kokkaku-mokei(S).jpg

------------------

【注①】
 ※参考URL:関連痛(Wiki)
・関連痛が「ある部位の痛みを異なる部位の痛みと脳が勘違いをすることによって発生する」ものに対して、「病気の原因部位とまったくかけ離れた部位に現れる痛み」を放散痛と言います。
 ※参考URL:放散痛(Wiki)
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【政治】民主党政権 #01-26(責任)
2011年09月14日 (水) | 編集 |
おいおい……あまりに無責任ではないか……。
また、そう言わざるをえないことを平気でする民主党政権。
国会を4日で閉じるとのことです。【注①】
通年国会だ!と言っていた民主党ですが、結局はこのザマ。。。
管政権もダメダメでしたが、野田政権もスタートからダメダメです。
最初から口だけ……。
民主党は、あまりにも人材が不足し過ぎています。

野田佳彦首相
 ・政治に求められるのは、いつの世も、『正心誠意』の4文字があるのみです。私は国民の皆様の声に耳を傾けながら…


野田首相は、こう所信表明演説でと言ったものの、野党の声には耳を傾けません。【注②】
この意味が分かっているのでしょうか?
これをそのまま理解すれば、『野党に投票した人は、国民ではない』と言っていることになるのですが……。
それに管政権で停滞していた政治を前進させなければならない時に休会とは、ヤル気がないとしか思えません。
まあ、民主党が「内閣は不完全」(平野博文国対委員長)と認識している以上、逃げの一手なのでしょうが、国会議員は国民の前で議論して政治を前身させるのが仕事ですから、仕事を拒否している以外には考えられません。

これに対して野党は攻勢を強めています。【注③】

谷垣禎一自民党総裁
 ・国会は都合が悪いから逃げて、都合のいいところだけ協議を求めても、物事は進まない。
 ・民主党は自民党との対立軸であったマニフェスト(政権公約)や政策決定のあり方が破綻し、すり寄ってきた。この国会ではそれが真実なのか偽りなのか問いただす。
逢沢一郎自民党国対委員長
 ・会期が採決で強引に決められる。野田佳彦内閣の事実上の審議拒否だ。
 ・与党が数の力で会期を押し切ること自体が異常だ。
 ・野田佳彦首相が立法府に役割を果たすよう呼びかけ、その機会を封殺をすることがあっていいはずはない。
 ・与党として事実上の審議拒否が許されるはずがない。(延長に応じなければ)急速に国民の信を失うことは論をまたない。
山口那津男公明党代表
 ・予算委で生のやりとりをしようと野党側から要求しているのにゼロ回答。本当に対話や協力を語る資格があるのか。
漆原良夫公明党国対委員長
 ・4日間で閉じるとは不届き千万。
志位和夫共産党委員長
 ・予算委員会で一問一答で新内閣の基本姿勢を明らかにするために必要な会期の確保が当然だが、たった4日間で閉じようとしている。論戦をやる自信がなく、逃げていると言うほかない。
 ・(平野博文民主党国対委員長の「内閣は不完全」発言について)国政担当における当事者能力を欠いていることを自ら認めるに等しい発言だ。


こうも次々と与党としての自覚がない人をTOPに据える民主党
居座り内閣の次は、2軍内閣ですから……。

で、野党の中でも民主党寄りだった公明党にも横を向かれて、何ができるというのでしょうか?
そう言えば……管政権末期に管首相はマスコミに対してメッセージを発せず、よって国民に背を向けてTOPの座に居座りました。
今回の国会会期を4日しか確保しないということは、構造的には同じです。
国民にマイナスと評価される時には、国民に背を向けてでも現状維持をする……これが管内閣末期の構造ですし、野田内閣スタートの構造です。
となると……これが民主党の体質なのでしょうか?

そもそも民主党マニフェスト詐欺で政権交代した政党ですから、そこに良心があるとは思えません。
これについて八木秀次高崎経済大学教授は『「パンとサーカス」の古典的手法を活用した壮大な詐欺だ』と指摘しておられます。【注④】
まあ……掲げられたマニフェストは、全く実行されていないのですから、普通に考えれば契約解除に該当します。
民主党員、支持者等は『「全く実行されていない」とは何事だ!』と言うのでしょうが、『無駄を削減して実行する』というのがマニフェストですから、過去最大の赤字国債を計上した予算で実行したことはマニフェストを実行したことにはなりません。
あまりに言葉が軽すぎます(与党内での政権のたらいまわしは……と言っていたにも関わらず、平気で続けているところからも、言葉に無責任だと分かります)。
こんな無責任な人たちを信用して、国政を任せても良いのでしょうか???


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
[続きを読む...]
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記