【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】こうめ
2011年12月17日 (土) | 編集 |
久しぶりに「猫キック」を引っ張り出した"こうめ"。
実は「猫キック」、普段は隠してあります。
理由は……"まーふぃー"が取って、ガジガジして破ってしまうから。。。
それで隠していたのですが、"こうめ"が発見して引っ張り出してきました。

 ume@201112neko-kick17A.jpg

で、キックキックキック。
時々、周りを見渡して……。

 ume@201112neko-kick17B.jpg

そしてキックキックキック。

そして……"まーふぃー"のマネをしてガジガジ……。
"こうめ"、そこはマネしなくても良いんですけど……。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【医療】神奈川県におけるポリオの不活化ワクチン摂取開始について
2011年12月17日 (土) | 編集 |
先日、神奈川県において国内未承認のポリオ不活化ワクチンの摂取を開始したとの報道がありました。【注①】
日本で承認されているのは生ワクチンですが、こちらの摂取については100万人に約1.4人の割合でポリオに感染し、手足に麻痺が残る副作用が報告されています。
そこで出てきたのが不活化ワクチンで、こちらは現在までのところ副作用は確認されていないようです。
で、神奈川県では国の承認を待たずに公式に不活化ワクチンの摂取を開始しました。

マスコミ各社はこの動きを後押ししているようで、厚生労働省では不活化ワクチンの導入時期は早くても2012年度末としていましたが、小宮山洋子厚生労働相は「来年秋の(予防)接種に間に合うよう指示した」と述べ、前倒しする考えを示しました。【注②】

この動きは世論は全体的に拡がっていますが、本当に大丈夫なのでしょうか?

そもそも生ワクチンは、生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたもので、これを接種すると軽度の感染が起きます。
これにより対象としている病気にかかった場合と同じように液性免疫【注③】細胞性免疫【注④】を作ることができます。
この両者を獲得することにより、また両者が連携して働くことにより、より高い免疫効果を得ることができ、長期にわたって対象としている病気から身を守ることができます。
しかし「毒性を弱めたもの」ですから、当然ですが何らかの軽い症状が出ることは珍しいことではありません。

これに対して不活化ワクチンは、細菌やウイルスを殺し免疫をつくるのに必要な成分を取り出して毒性をなくして作ったものです。
これを摂取した場合ですが、そもそも「毒性をなくした」ものですから、生ワクチンと同様の免疫を作ることはできませんし、できた免疫は長期間は持続しません。【注⑤】
これは不活化ワクチンは、細胞に感染する能力が失われているため(ですから副作用が少ないのですが……)であり、つまり細胞性免疫は獲得できないということです。

また不活化ワクチンには
 ・スプリット型……ウィルスの構成要素をバラバラにしたもの
 ・全粒子型……ウィルスの構造を壊さないで不活化したもの
の2種類あります。
今回、神奈川県で摂取を開始したポリオの不活化ワクチンがどちらなのか分かりませんが、スプリット型は全粒子型と比較すると効果は小さく、しかし副作用も小さいものです。

要するに生ワクチンで作られた免疫は本物に近いもの(つまり実際に対象となる病気になり、治った場合と同じようなもの)であるのに対して、不活化ワクチンで作られた免疫は模造品(要するに似てはいるが偽物)と考えることができます。
この差が、副作用が出るかどうかの差になるのですが……。

これらをまとめれば、
 ・効果の大きさ……生ワクチン>不活化ワクチン(全粒子型)>不活化ワクチン(スプリット型)
 ・副作用の大きさ……生ワクチン>不活化ワクチン(全粒子型)>不活化ワクチン(スプリット型)
と言うことができます。
まあ……そもそも『効果が大きなものほど副作用も大きい』のは常識ですし、『副作用が全くないものには効果もない』のも常識なのですが……。

そして……よく考えると分かるのですが、不活化ワクチンで作られた免疫に持続性がないということは、対象としている病気になってしまうRISKは高くなるということです。
単純に副作用の差だけが取り上げられますが、本当に必要なのは
 ・生ワクチン摂取による副作用の影響で重得な症状が残る確率
 ・不活化ワクチンの摂取により、本物の免疫が作られず、対象となる病気にかかって重得な症状が残る確率
の比較です(もちろん効果の大きさの比較が前提ですが)。
これなしに「安全性」などと報道しているのは、あまりにも無責任だと思います。

さて……この流れが吉と出るか、それとも凶と出るか……。

 medical(S).jpg
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ※参考:ポリオ:神奈川県、不活化ワクチンの接種開始…国内未承認(mainichi)
 ※参考:不活化ワクチン接種始まる 神奈川県が独自に(asahi)
 ※参考:ポリオ不活化ワクチン接種-神奈川県「承認」待たず実施(J-Cast)
 ※参考:神奈川県、不活化ポリオワクチンの接種開始(yahoo)
【注②】
 ※参考:来年秋に前倒し指示=ポリオ不活化ワクチン導入―厚労相(jiji)
 ※参考:ポリオ不活化ワクチン「来秋の接種に間に合うよう」 小宮山厚労相が前倒しへ意欲(msn/sankei)
【注③】
 ※参考:液性免疫@Wiki
【注④】
 ※参考:細胞性免疫@Wiki
【注⑤】
 ※参考:ワクチン@Wiki
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー
2011年12月17日 (土) | 編集 |
朝、起きると……外は真っ白でした。
布団から出たがらない"まーふぃー"を起こして、朝の散歩に出かけました。
久しぶりの雪に少し戸惑いながら、いつものコースをテクテク歩く"まーふぃー"。

 mfy@201112yuki17A.jpg

久しぶりの雪で……。
でも毎年恒例の雪への顔面突撃。

 mfy@201112yuki17B.jpg

雪の中、寒空の下、雪と戯れると、とりあえず落ち着きました。

 mfy@201112yuki17C.jpg

後は、いつものコースを短い散歩でした。

もう少し歩かないと"こうめ"と同じように関節に負担が掛かるよ……。
テーマ:日記
ジャンル:日記