【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃーvsこうめ
2012年01月02日 (月) | 編集 |
活発に動き回る"まーふぃー"and"こうめ"。
写真を撮ろうにも、上手くいきません。

"まーふぃー"と"こうめ"が並んだ~シャッターチャンス!と思ったのですが、"まーふぃー"がウロウロし始めてこんな写真になってしまいました。

 mfy-ume@20120101uro-uro.jpg

次のシャッターチャンスは……"まーふぃー"が"こうめ"の匂いを嗅ぎ初めて、こんな写真に……。

 mfy-ume@20120101kun-kun.jpg

おいおい、"こうめ"の匂いじゃなく、近所のワンコの匂いを嗅いで仲良くしておくれ。。。

ということで、別々に取った写真を並べました。

 mfy-ume@20120101up.jpg

スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【武道】身体の使い方(手の向き) #01-03
2012年01月02日 (月) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

さて背負い投げで上手く投げることができなかった場合ですが、この場合、相手を違う方向にコントロールすることになります。
この時によく使われるのが、相手を後方に押し倒すという動作です。

やってみると分かるのですが、この時に手の向きを変えるだけで全く効果が変わります。
この場合に使われるのが釣り手で、自分の方を向いている掌を相手側に向けるようにして押し倒すと効率よく力が伝わります。
ちょっとしたことなのですが、慣れないと上手くできません。
相手との体格差があれば、力ずくで……でも可能でしょうが、技として覚える(教える)のであれば、ここは逃せないところです。

前方から後方に、または逆に後方から前方に相手をコントロールする時には、手の向きを変えてみると効果の大きさが変わります。

併せてですが、このような力の使い方をした方が、何か……の時に大きなケガをしにくいということも頭に置いておくと良いと思います。

(続く)

 budo.jpg

------------------

【注①】
 ※参考:【武道】身体の使い方(手の向き) #01-02
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記