【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃーvsこうめ
2012年02月23日 (木) | 編集 |
散歩から帰って玄関にいる"まーふぃー"。
何だかウハウハしていて、珍しく家に入ろうとしません。

 mfy-ume@20120223genkan01.jpg

で……家の中を覗くと……。
今日は、"たま(犬の置物のことです)"の横で"まーふぃー"の帰りを待っています。

 mfy-ume@20120223genkan02.jpg

"まーふぃー"が家に入ったら、一緒にリビングにダッシュ!がいつものパターンです。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【仕事】統計によると…… #05
2012年02月23日 (木) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

要は「統計によると……【注②】」的な発想を単純に持ってしまうこと自体が、大きなRISKになります。
必要になるのは、提示されている統計的な数値が正しいのかどうか?を判断する能力です。
これは、
 (1).設問の設定段階
 (2).集計段階
 (3).公表・報道段階
 (4).参照段階
のいずれの段階でも必要となります。
実情に合わない統計数値は、多々あります。
目にした統計数値が「実情に合わないような気がする」という場合には、意図的にバイアスが掛かっている【注③】等を含めて、上記の(1)~(4)のどこかに問題がある可能性があります。

また、統計資料を見る時に注意しなければならないのは、「平均」という言葉が付いているもので、
 (a).平均値を算出する手法が誤っている(何でも算術平均にしてしまっている)
 (b).サンプルの分布から考えると、そもそも平均を使うことが誤っている
ということが多々あります。

報道について言うならば、正しいから報道されているわけではなく、興味を持ってもらえるから報道されているということを知っておく必要があります。【注④】

これらから「統計によると……」的な発言は、それを鵜呑みにすると方向性を誤り、RISKを高めてしまうことが多々あることがわかります。
そういう言葉を簡単に信じないで、キチンと確認するようにしましょう。


------------------

【注①】
 【仕事】統計によると…… #04
【注②】
 ・これには「平均的には……」等の『統計的なものの集計から何かを発言するという行為』と思ってください。
【注③】
 ・集計する際に「不都合なサンプルを削除する」とか「計算段階で変な係数が入っている」とか……色々な手法があります。
【注④】
 ・これは、「間違ったことを報道している」というわけではなく、内容そのものは正しいものの全体を明らかにしないで判断に必要な情報を隠していたり、興味を持ってもらえる側の意見のみをピックアップしたり……という意味です。
 ・まあ……報道のリテラシーを考えると、このような行為も「間違ったこと」に含まれるのでしょうが……。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】こうめ
2012年02月22日 (水) | 編集 |
リビングで運動会をして疲れたのか???
クッションに入り込んだ"こうめ"。

 ume@20120222mattari01.jpg

この場所を時々、"まーふぃー"に取られていますから、いつでもこの場所でノンビリ……っということはできませんから、このスペースを占領できた時はなかなか動きません。

 ume@20120222mattari02.jpg

まあ……寝る時には"まーふぃー"と一緒に寝室までダッシュするのでしょうが……。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー
2012年02月21日 (火) | 編集 |
まったり過ごしている"まーふぃー"。
横目で"こうめ"を見ながら、ゴロゴロしています。

 mfy@20120221neru01.jpg

ゴロゴロしていると眠くなってきたのか……。

 mfy@20120221neru02.jpg

でも"こうめ"がウロウロすると……。

 mfy@20120221neru03.jpg

ユックリ眠ることができないようです。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【組織】アレルギー反応
2012年02月21日 (火) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

組織が疲弊してくると、それを何とかしようと色々なことを思い付いては組織改革をしようとしますが、ほとんどは上手くいきません。
理由は簡単です。
組織の中でアレルギー反応が発生している……そう考えれば理解しやすいと思います。

アレルギー反応の多くは、免疫が自分自身を攻撃することが原因です。
そういう意味ではアレルギーを持つ人の多くは、そうでない人と比較して免疫系の働きが強いと言えます。
要するに防御機能が強すぎることが原因と考えることができるわけです。

疲弊した組織が、色々なことをしようとするのは、防御機能を強化する動きに似ています。
そもそも組織が疲弊しているのですから、総体として弱体化している状況にあります。
この状況で何かをしようとすると……。
結果は簡単に理解できるでしょう。
組織改革が上手く行くよりもアレルギー反応が発生する方が先になることは、少し考えればわかるでしょう。
しかし……これが理解できない人が多すぎます。
したがって、良かれと思って実行したことが、一層、組織を弱体化させることになります。

こういう時に必要なのは、人体を考えればすぐにわかるのですが、全体の負担を軽減して少し体力を取り戻すことでしかないのですが……。

 (続く)

------------------

【注①】
 ※参考:【組織】トップダウンとボトムアップ

 
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】こうめ
2012年02月20日 (月) | 編集 |
家の中をウロウロして、暖かいところを見つけてはゴロゴロする"こうめ"。
これは寝室("こうめ"の後ろは私の書斎です)でゴロゴロしている姿です。

 ume@20120220neru01.jpg

ちなみに"こうめ"の頭側の壁にエアコンがあり、部屋の中で一番暖かいところです。

こちらはリビングのテーブルの下です。

 ume@20120220nobi01.jpg

床暖房が入っており、上をテーブルが囲っていますから、この位置はかなり暖かいポジションです。

とりあえず一番暖かいポジションは"こうめ"が占領して冬は過ぎていきます。
テーマ:日記
ジャンル:日記
【武道】身体の使い方(手の向き) #01-04
2012年02月20日 (月) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

この考え方は柔道に独特のものではなく、武道の基本動作を考えると色々なところに含まれます。
例えば、空手の突きの動作ですが、引き手は掌側が上を向きますし、突き手は掌側が下を向きます。
以前、書いた【注②】『手(腕)の力を抜いて体側に手を垂らした状態』にしてみると、引き手は掌側が前方を向いた状態ですし、突き手は掌側が後方を向いた状態です。

ただ……コレは分かりやすく書いているところがあり、実は肘の位置(向き)が大切だったりします。
いくら掌側を上に向けようとしても、肘が外に開いていては脇が開きますから効率は良くありません。
以前、「脇が甘い」ということについて書きました。【注③】
そこで書いた「絞る」という動作は、脇について言えば手の向きや肘の向き、位置を考える必要があります。
脇を「絞る」は、脇を「閉じる」とは意味が異なりますので……。

(続く)

 budo.jpg

------------------

【注①】
 ※参考:【武道】身体の使い方(手の向き) #01-03
【注②】
 ※参考:【武道】身体の使い方(手の向き)
【注③】
 ※参考:【武道】身体の使い方について
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
【日記】まーふぃー
2012年02月19日 (日) | 編集 |
今日も引っ付いて寝てしまった"まーふぃー"。

 mfy@20120219hittsuku01.jpg

しかし……なんて顔をして寝ているんだか……。
で……"まーふぃー"の位置なのですが……。

 mfy@20120219hittsuku02.jpg

このポジションが"まーふぃー"のお気に入りです。
夜、寝る時も布団に侵入して、このポジションをキープします。

でも布団の中でこのポジションを取ると、どういうわけか布団の上から"こうめ"が乗っかります。
写真で言えば、"まーふぃー"の右肩の辺りを"こうめ"がキープする感じです。
そうなると割合と重いんです。。。
テーマ:日記
ジャンル:日記