【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【日記】まーふぃーvsこうめ
2012年02月13日 (月) | 編集 |
ぬいぐるみを発見した"まーふぃー"。

くわえてブンブン振り回して……
投げ飛ばして……
ダッシュして……

 mfy-ume@20120213bokuno01.jpg

それを繰り返してドタバタしています。

で……そのドタバタに危険を感じたのか……。

 mfy-ume@20120213kakurenbou01.jpg

"こうめ"が隠れたのは……ココ……。
それじゃあ、全然RISKは減っていないんだけど……。
スポンサーサイト



テーマ:日記
ジャンル:日記
【健康】ストレスの解消
2012年02月13日 (月) | 編集 |
一般的に言われるストレスを解消するためには、「身体から外に何かを出す」という行為が有効です。
ここで「一般的に言われるストレス」と書いたのは、ストレスは外部から受ける刺激を指していますから、それにはプラス/マイナスがあるからです。
ストレスは、生体的に有益である『快ストレス』と不利益である『不快ストレス』に分かれます。
一般的に言われるストレスは、『不快ストレス』を指していますが、各々が適度な量だけ存在しなければ、生体が有しているべき適応性が失われてしまいますので適度には必要と言えますが、過剰なストレスによって生体のバランスが失われてしまうことがあるため、様々なストレス反応が生じ、ストレスがある一定の限界を超えてしまうと身体や心に摩耗が生じてしまいます

話を戻しますが、一般的に言われるストレスを解消するための方法として「身体から外に何かを出す」という行為には、
 ・大声を出す
 ・涙を出す
 ・汗を出す
等が含まれます。
綺麗な例ではないのですが、排尿や排便も含まれます。
そういう意味では、『外部からの刺激を内部に溜め込まないで、何らかの方法で外に出せば良い』という当たり前の結論になります。
ただし「過ぎたるは及ばざるがごとし」のとおり、外に出しすぎるのは「それ自体が『不快ストレス』になる」可能性もありますので、注意が必要です。

 helth(S).jpg
 (この絵については、こちら
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記